iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Westone UM3Xのレビュー

ミックスウェーブオンラインストアにて34,900円で購入。
アウトレットです。 主な特徴
・カスタムインイヤーモニターの「ES3X」と同じ技術を使い、最高峰プロフッショナル使用のトゥルースリーウェイ、バランスアーマチュアドライバを搭載。全周波数帯域において驚くほどスムーズなレスポンスを実現している、とのこと。
・色は「クリア」と「ブラック」。クリアは外からBAドライバが見える。ブラックは見たことが無い。
・メーカーサイトにはコードの長さの表記なし。
・コードの長さは計測したところ、Y字型約0.93mでL字型プラグ(コード分岐前まで)。
・コードのクセは非常に付きづらく良い。タッチノイズは非常に少ない。
・イヤーチップはスポンジタイプが4セットが付属。短いSタイプと長いLタイプが2セットずつ。
・イヤーチップは「BA型の細いタイプ」なら流用可能。
・音漏れは少ない。バス・電車。図書館でも使える。
・遮音性は非常に高い。僅かに声を通す程度。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割で十分。
・ソフトケースが付属。内側にメッシュポケットがあり使いやすい。
・デザインは良くない。耳から飛び出さない点は良い。
・音場は狭い。近くで全ての音域が聞こえる印象。臨場感重視。

音質、音域のバランス
・音質は良い。
・音域のバランスは中~低音域が強い。
・高音域はもうちょっと量や伸びが出ると嬉しい。痛さは感じないし質は良い
・中音域が一番特長。表現は難しいが「濃い」という言葉が合う気がする。特に電子楽器や男性ボーカルは良いと思う。
・低音域も表現は難しいが、どっしりしていると言えそうな気がする。
・男性、女性ボーカルどちらも問題ないが、特に声の高い女性ボーカルはやや不向き。
・サ行の痛さは少し感じる。
・全体的に音が中央に集まり、BA型特有の音の薄い印象は受けない。

音質☆☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・全般的に良い機種だと思います。
・中音域が濃い機種が好きな人向け。
・音場は狭い。
・デザインが良くない。ブラックはどんなデザインなのか。
・音量がとりやすく、音漏れは少なめで、遮音性も問題なし。耳から飛び出さず、タッチノイズも少ない。
・個人的には「Westone3」よりも好み。高音は負けるが。

スペック
・入力感度:124dB SPL
・周波数特性:20Hz~18KHz
・インピーダンス:56Ω
・スピーカー:3バランスアーマチュアドライバー
・クロスオーバー:パッシブ3Wayクロスオーバー
・付属品:ソフトポーチ、フォームティプス、Wax
・コード:Y字型約0.93mでL字型プラグ(コード分岐前まで)
UM3
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。