nagaoka P-603のレビュー

Category: イヤホンレビュー  01/11 /2010 (Mon)

HMVにて2,480円でレッドを購入。
主な特徴
・既に販売していない店舗が多いのか、インターネット上での情報は非常に少ない。
・色は「レッド」以外は不明。
・コードはY字型1.2mでストレートプラグ。クセは付きづらく良い。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては少なめ。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。装着感自体は良いが、装着して歩くとイヤーチップが揺れる(?)のかペコペコと音がする。安定しないと言うべきか。
・音漏れは少しある。背面に音抜けの穴が1つある。混んでいる電車・バスでは注意。
・遮音性は、この手のイヤホンと同等。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割で十分。
・ポーチなどは付属しない。
・デザインはメタリックな赤は良いと思う。
・音場感は普通。

音質、音域のバランス(純正Lサイズ使用)
・音質はこの価格で販売されているイヤホンと同等程度。
・音域のバランスは中~低音域が強い。
・高音域は、量は他の音域に負ける印象。伸びも、もう一歩な気がする。痛くない点は良い。
・中音域は音圧のある音。特に打ち込みは得意。
・低音域が最大の特徴。重低音が響く音。
・女性ボーカル向け。男性ボーカルは少し違和感がある気がする。が、それ以上にサウンドトラック向き。
・サ行の痛さは、ほとんど感じない。むしろ、タ行の痛さの方が気になる。
・全体的に普通。ノリが良いわけでもなくマッタリでもない。ただ上記の通り、打ち込みが得意で重低音が出る。

音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・低価格帯ではドンシャリ系統が多い中、ちょっと方向性の違う機種。
・打ち込み&重低音が得意。
・音量は取りづらく、音漏れも少しある、イヤーチップに癖あり、ポーチ無しと弱点も多い。
・タッチノイズは少なめ。デザインも好み。
・ナガオカトレーディング社にはホームページにイヤホンコーナーを掲載してほしい。

スペック
・ドライバ:9mm(ネオジウムマグネット採用)
・本体:アルミハウジング
・周波数特性:20~20,000Hz
・感度:95dB
・インピーダンス:16Ω
・コード:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・質量:12g
・付属品:イヤーチップ(S/M/Lサイズ、ラバー製)
P-603
メーカーサイトは見つからない。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback