Pioneer SE-MJ7NSのレビュー

Category: NCヘッドホン・イヤホンレビュー  12/16 /2006 (Sat)

ビックカメラ有楽町店にて6,980円で購入。
主な特徴
・色は「ブラック」1色。
・コードは1.5m。片出しコードで着脱可能。L字型プラグ。
・付属のポーチはフリースの様な柔らかい素材。
・折りたたみ機能はイヤーカップが90度回転し、バンド(頭を抑える部分)が半分に折れる。大きさの割には携帯性は非常に良い。
・装着感はやや側圧が強い。1週間程度使用すると側圧が弱くなる(もしくは私が側圧に慣れた)。イヤーカップが革張り。大きさは、ちょうどは耳が入る大きさ。余裕がなく、人によっては内側に耳が当たるかもしれない。
・音漏れはやや少ない。ノイズキャンセリング(NC)ヘッドホンとしてもかなり少ない部類に入る。
・遮音性は普通。
・音場感はこの大きさとしては普通程度。ほんの少しだが横に広い。
・ヘッドホン本体に「集音マイク」や「電池ボックス」など全ての機能を集められた点は評価できる。
・ヘッドバンドの長さは少しだけ余裕がある。
・音量は取りづらい。iPodならば最大音量の8割程度の音量で十分取れる。
・デザインは普通だが、メカニックに見える気がする。

ノイズキャンセリング(以下NC)機能について
・NC機能はONでもOFFでも音楽が流れる。
・NC前後で音域のバランスはほとんど変わらない。また、音量もほとんど変わらない。
・NC後のホワイトノイズは「サー」という音が聞こえる。外で使用するにはほとんど気にならないが、静かな室内では気になる。音楽が流れれば気にならない。
・NC性能はそれなりに強い。少し圧迫感を感じた。SONYよりは圧迫感は少なめ。

NC性能を確かめるため、地下鉄日比谷線にて以下のことを確かめた。
・地下鉄ホームにおいてある空調の音で「ゴー」という騒音はかなり消えた。「サー」という音はほとんど消えなかった。
・マイクのせいなのか、NCスイッチを入れる前には聞こえなかった「サー」という音が聞こえる。しかしホワイトノイズではない。
・男性、女性の声(アナウンス含む)は問題なく聞こえた。
・電車内の空調の音はほぼ消えた。
・電車が加速する際の「ウィーン」という音はキャンセルできなかった。
・個人的感覚だが、地下鉄内における騒音は約1/4程度になった。
・中~低音域の騒音はほとんど消すことが出来たが、高音域はあまり消すことが出来なかった。

NC機能総評
・全般的にNC機能はそれなり。NCヘッドホン特有の圧迫感を感じるがそれほど強くない。
・通常のNCヘッドホン同様、高音域の騒音はあまり消えず、低音域(不快な音)を消すことに重点を置いている。
・「SE-MJ7NS」と「HP-NC22」のNC効果について、総合力は「SE-MJ7NS」の方が上。低音域のNC効果に限れば「HP-NC22」の方が上。

サラウンド機能について
・NCヘッドホンでこの価格にも関わらず機能が付いている。
・サラウンド機能を使用すると全音域の音場感がかなり広くなる。特に高音域と低音域の音場感が広がる。
・サラウンド機能を使用しても音質自体に変化はない。ただ、音が響くため音質が良くなっているように感じるかもしれない。
・サラウンド機能を使用すると、音域のバランスがかなり変化する。詳しくは下で紹介。
・サラウンド機能を使用した際の音場感は、頭の上から顎の辺りまで音が出ているように感じる。

音質・音域のバランス
・NC機能が付いているにも関わらず音質はそれなり。価格で言えば4,000円前後の音と感じる。
・NC前の音域のバランスはかなりドンシャリ。中音域も出ているがやや曇っている。
・NC後の音域のバランスは。ドンシャリではあるが、NC前に比べ曇りが晴れ、すっきりとしたバランスに。
・サラウンド機能を使用すると、音域のバランスがかなり変化する。高音域と低音域の量がかなり増えるが、中音域はほとんど変わらない。男性ボーカルの場合、歌手によってはボーカルが引っ込んでしまうことがあった。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

サラウンド機能使用後の音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆
低音域☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音漏れが少なく、携帯性が良い。ポータブル機にオススメ。
・「電池ボックス」や「集音マイク」がヘッドホン本体に全て組み込まれている点は評価できる。
・ノイズキャンセリング機能もこの価格としてはかなり良い。
・この機能で6,980円という価格はNCヘッドホンとしてはかなり安い。今後はこの程度の価格で優良なNCヘッドホンが出ることを望む。
・サラウンド機能は一度はまったら止められませんが性能が中途半端。
・装着感は慣れないとやや側圧がキツイかも。慣れるまで我慢。

スペック
・形式:密閉ダイナミック型(オーバーヘッドタイプ)
・使用ユニット:直径40mm
・インピーダンス:24Ω(NC機能ON)、52Ω(NC機能OFF)
・音圧感度:103dB/mW(NC機能ON)、100dB/mW(NC機能OFF)
・再生周波数帯域:20 ~ 20,000Hz
・雑音抑圧量:15dB以上(300Hzにて)
・電源:単4形乾電池×2
・重さ:約200g(コード、電池を含まず)
・電池持続時間:アルカリ単4形乾電池2本で約?時間(公表されていない)
・付属品:キャリングポーチ、アルカリ単4形乾電池2本、接続コード(1.5m)、航空機用プラグ
SE-MJ7NS

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (1) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

Pioneer
■Pioneer(パイオニア) -日本 日本のAV機器メーカー。 ポータブルからモニター、サラウンドヘッドフォンなどAV機器メーカーならではの多彩にとんだラインナップ。 Pioneerのヘッドフォンに関するレビューやトラックバックを募集しております。 ■関連リンク ◇メ

2007.01.27 (Sat) | ヘッドホン初心者のリンク集