iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

「audio-technica ATH-EM700Ti」のレビュー

ビックカメラ渋谷店で5,980円で購入。 主な特徴
・色は「チタン色」1色。
・コードはY字型1.2mでストレートプラグ。クセは少し付きやすい。
・ポーチが付属。同社のイヤホンのポーチよりも大きめ。
・装着感は良い。
・音漏れは非常に多い。電車では使いづらい。
・遮音性は低い。
・音場は狭い。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度必要。
・デザインは比較的良いと思う。
・生産終了。下位機種「ATH-EM700」も生産終了。


音質、音域のバランス
・音質はこの価格でも少し悪い。せめて5,000円以下。
・音域のバランスは、中音域が多く、低音域が少なめ。
・高音域は刺激的で金属的。
・中音域は近くで聞こえるが、独特の金属音。正直疲れる。
・低音域は家で聞いて、ようやく聞こえる程度。
・サ行の痛さは少し痛い。
・男性ボーカルが向いているが、ボーカルものには向かないと思う。
・全般的にキンキンする金属音が目立つ。聞いていて疲れる。
・前作「ATH-EM7」に比べ、バランスはマシになり、聞き疲れは改善した一方、音質自体はほぼ同じか少し落ちる気がする。

音質☆☆☆(☆☆★と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆

オススメ度☆☆★
・デザインは比較的良いと思うし、装着感も中々良い。
・バランスは旧機種よりも良くなっているが、音質はほぼ変わらない。
・生産終了であるが、無理して購入するほどのモノではない。
・耳かけ型が欲しければ「ATH-EW9」や「HP-AL1000」の方が遥かに良い。
・癖の強い音。価格.comで褒められている理由が不明。


スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー:28mm
・出力音圧レベル:100dB/mW
・再生周波数帯域:14~24,000Hz
・最大入力:100mW(JEITA)
・インピーダンス:32Ω
・質量(コード除く):29g
・コード:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:ポーチ
ATH-EM700Ti
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。