iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SHURE SE115のレビュー

ビックカメラ渋谷店にて9,980円でブルーを購入。 主な特徴
・色は「レッド×ブラック」、「ブルー×ブラック」、「ピンク×ブラック」、「ブラック」の4色。
・コードはY字型。約45cmでストレートプラグ。クセは付きづらく良い。91cmの延長コードが付属。
・装着方法は「耳にケーブルを回す」のが普通だと思うが、耳にケーブルを回さなくても装着可能。ロゴは逆になってしまうが。
・コードのタッチノイズは「耳にケーブルを回す」場合、カナル型イヤホンとしては相当少ない。耳にケーブルを回さない装着方法の場合、少し多め。
・イヤーチップはソフト・フォーム・イヤパッドとソフト・フレックス・イヤパッドが、それぞれS、M、L3種類が付属。
・音漏れは、ほぼ無い。
・遮音性は非常に高い。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・ポーチが付属。大きさも丁度良く、内側にメッシュポケットがあり使いやすい。SHURE製品で一番使いやすいポーチだと思う。
・デザインは普通。色は全体的に暗め(ピンクを除く)。
・音場感は上下方向にやや広い。

音質、音域のバランス
・音質はこの価格ならまぁまぁ。8,000円以下なら中々良いと思う。
・音域のバランスは所謂ピラミッドバランス。
・高音域は、ある程度の高さまでは出ているのだが、それ以上は聞こえづらい。痛さは感じない。
・中音域は低音域に埋もれず聞こえる。全般的に言えるが、特に男性ボーカルは少し上ずっている気もする。
・低音域が最大の特徴。非常に音圧や厚みを感じる音。
・女性ボーカル向けのイヤホン。男性ボーカルは違和感あり。
・サ行の痛さは全くと言って良いほど感じない。
・全体的に音圧や厚みを感じる機種。「SE102-K」とは真逆の印象。
・合う曲には非常に合うが、合わない曲には合わないと思う。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・合う曲には非常に合うが、合わない曲には合わないと思う。
・独特の良さはあるとおもいます。
・低音域が強い機種が好きな人向け。
・タッチノイズが少なく、音漏れが少ない。遮音性も非常に高く、バス・電車・図書館向け。
・自転車での使用は大変危険ですので御遠慮ください、というより禁止です。
・ダイナミック型です。
・「SE115」を聞いた後、「SE102-K」を聞くとスカスカに聞こえます。そのくらい違います。

スペック
・ドライバー:ダイナミック型×1
・感度:105dB SPL/mW(1kHz)
・再生周波数帯域:22Hz~17.5kHz
・公称インピーダンス:16Ω(1kHz)
・入力コネクター:3.5mmステレオ・ミニプラグ、金メッキ
・ケーブル長:約45cm(Y字型コード、ストレートプラグ)
・質量:約30g(ケーブル、コネクター含む)
・色:「レッド×ブラック」、「ブルー×ブラック」、「ピンク×ブラック」、「ブラック」の4色
・付属品: ソフト・フォーム・イヤパッド(S, M, L)、ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L)、クリーニングツール、91cm延長ケーブル、キャリングポーチ
SE115
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。