AKG K314Pのレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/22 /2009 (Sun)

フジヤエービックのジャンク市にて1,000円でブラックを購入。
主な特徴
・色は「ホワイト」「ブラック」の2種類。
・コードはY字型1.15mでL字型プラグ。クセはやや付きづらい。
・コードにはボリュームコントロール搭載。最小にしても音は聞こえる。
・開放型なのでタッチノイズは然程気にならない。カナル型だったらタッチノイズは多いだろう。
・開放型なので音漏れする。電車内などで使用する場合は音量に注意。開放型にしては音漏れが少ない気もする。
・遮音性は開放型なので、ほとんどない。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・本来ならケースが付属。私はジャンク品なので付属していなかった。
・デザインは良いと思うが、下位機種の方がデザインが良いと思う。
・装着感は良いが、イヤーパッド無しではイヤホンがすぐに外れてしまい使いづらい。
・音場感は上方向には広めだが、左右方向には広がらない。
・生産終了。


音質、音域のバランス(イヤーパッドなし)
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは高音域より。
・高音域は広がりのある綺麗な音。特にピアノの音の相性が良さそう。少し聞き疲れしやすい。
・中音域は他の音域と比較すると少し遠い印象だが、埋もれることは無く聞こえる。また、やや軽い印象。
・低音域は程よい量が出ている。それなりに音圧もある。
・女性ボーカル向け。男性ボーカルは少し軽く感じる。
・サ行の痛さは少し感じる。
・全体的に綺麗な音。低音をガンガン響かせる音楽には向かないが、ピアノや女性ボーカルは相性が良い。

音質☆☆☆

音域のバランス(イヤーパッドなし)
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆


音質、音域のバランス(イヤーパッドあり)
・イヤーパッドも付属していなかったので、家にあった適当なイヤーパッドを使用。
・音はイヤーパッドなしに比べ温かみや力強さのある音になる。
・高音域は柔らかくなり、刺激の少ない音になる一方で、売りであった綺麗な音の響きはなくなってしまう。
・中音域は力強さのある音になる。やや軽く感じた音も問題ない。
・低音域はドッシリとした音に。
・イヤーパッドあり、なしのどちらも良い機種。どちらにも良い特徴があるので使い分けれる。

音域のバランス(イヤーパッドあり)
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆☆
・1,000円で購入なので。
・生産終了です。
・イヤーパッドあり、なしのどちらにも良い特徴がある。

スペック
・タイプ:セミオープン
・周波数特性:17Hz~23kHz
・感度:108dB/mW(1mW)
・インピーダンス:17Ω
・ケーブル:1.15m(Y字型コード、L字型プラグ)
・重量(ケーブル含まず):5g
・カラー:ブラック、ホワイト
・付属品:キャリングケース、イヤパッド
K314P

メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 23:58:36 2009/11/23 by

Comment

コメント拝見いたしました。
ご指摘ありがとうございます。

Posted at 21:38:58 2009/11/24 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback