iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SHURE SCL4-Kのレビュー

サウンドハウス通販にて22,800円で購入。 主な特徴
・色は「ホワイト」「ブラック」の2色。
・コードはY字型。ホワイトは157cmで、ブラックは141cm。L字型プラグ。クセは付きづらく良い。
・コードのタッチノイズは、ほとんど無い。
・イヤーチップは多種多様なモノが付属。黄色いフォームチップ、ソフトフレックス、黒いフォームチップ(いわゆる弾丸チップ)、3段キノコ型が付属。
・音漏れは、ほぼゼロ。電車バス、図書館でも問題ない。
・遮音性はかなり高い。ソフトフレックスだと声は比較的通す傾向。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・セミハードケースが付属。本体は楽に収納できるが、付属品を全て収納することは出来ない。
・デザインはシンプルで良い。
・音場感はやや広め。耳から少し離れた位置で音が鳴る。
・「E4c」にリネーム版。
・現在は入手が困難。

音質、音域のバランス(ソフトフレックスイヤーチップ)
・音質は良い。
・音域のバランスはフラット傾向だが少し高~中音域が強い。
・高音域は量、質ともに、それほど問題なし。やや刺激的で長時間家の中で聞くと疲れる人もいるだろう。
・中音域はクッキリと聞こえる。こちらもやや刺激的な印象。
・低音域は必要最低限といった印象。
・男性、女性ボーカルどちらも問題なく聞ける。
・サ行の痛さは、やや感じる。
・全体的に「やや刺激的」「ノリが良い」という印象。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

・3段キノコ型を使うと、刺激的な音はなくなり、低音が出るようになるが、閉塞的に聞こえるので、個人的にはあまりオススメしない。
・いわゆる弾丸チップを使うと、3段キノコ型とソフトフレックスの中間のような音に聞こえる。サ行の痛さは、やや残る。


オススメ度☆☆☆☆★
・全般的に面白い機種。
・やや刺激的でノリが良い機種です。
・音漏れは非常に少なく、遮音性も高い。タッチノイズも少なく、電車バスなどでの使用に向く。
・入手が困難なのは残念。


スペック
・周波数特性:22-19,000Hz
・感度:109dB
・インピーダンス:29Ω
・コード:Y字型(ホワイトは157cm、ブラックは141cm。L字型プラグ)
・質量:31g
・付属品:セミハードケース、ステレオミニ⇔標準変換プラグ、クリーニングキット、イヤーチップ(黄色いフォームチップ、ソフトフレックス、黒いフォームチップ(いわゆる弾丸チップ)、3段キノコ型)
SCL4
メーカーサイトは見つからない。
☆印の評価についてはこちらで説明します。