iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Monster Cable Beats Tourのレビュー

アップルストア銀座店にて15,000円で購入。 主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・コードはY字型1.2mでストレートプラグ。赤いフラットコードは質が良く使いやすい。少し目立つ。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては普通程度。
・イヤーチップはS、M、Lに加え、3段キノコ型のS、Lサイズの計5種類が付属。チップが全般的に柔らかく、やや使いづらい。気になる人は固めのイヤーチップに交換。
・音漏れは、かなり少ない。音量次第で図書館でも使える。
・遮音性は比較的高い。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割で十分。
・ケースが付属。少し大きめで使いやすい。内側にあるポケットにイヤーチップが入るのが良い。
・デザインは特徴的。本体もそうだが、特に赤色のフラットコードをどう感じるか。私は良いと思っている。
・音場自体は上下方向には広がらず、横一線に並ぶ印象。どちらかと言えば臨場感重視。


音質、音域のバランス
・音質は中々良い。
・音域のバランスは少しドンシャリ。
・高音域の量は問題ない。特段これといった癖が無い。
・中音域は埋もれること無く聞こえる。非常に力強さがある。
・低音域が最大の特長。かなり低い低音が聞こえる。可聴周波数域チェッカで30Hzは認識できる。
・男性・女性ボーカルどちらも良いが、より女性ボーカル向け。
・サ行の痛さは少し感じる。
・全般的に大きな癖はないが、高音側に出ていない(出づらい)音域がある気がする。


音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・全般的に大きな問題点が無く、使いやすい。
・音漏れがあまり無く、遮音性もそこそこ。コードの質も良い。
・イヤーチップの質がもう一歩。


スペック
・本体重量(ケーブル除く):20g
・形式:ダイナミック密閉型
・使用ユニット:8mm
・周波数特性:10 ~ 22,000Hz
・インピーダンス:32Ω
・感度:94dB
・ケーブル長:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
Beats Tour
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。