audio-technica ATH-CKM50のレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/31 /2009 (Sun)

ダイナミックオーディオにて2,940円でブラックを購入。中古品です。
家電量販店では4,980円前後で販売。
主な特徴
・色は「ブラック」「ブルー」「ブラウン」「レッド」「ホワイト」の5色。 
・コードはY字型0.6mでストレートプラグ。1mの延長コードが付属。クセはやや付きやすく残念。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては、かなり多め。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。ファインフィットである。
・音漏れは国産のカナル型イヤホン並みか、やや漏れない。本体にに音抜けの穴が2つあるが通常の音量で聞くには問題ない。図書館などでは音量に注意したい。
・遮音性は国産カナル型イヤホンと同等。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割で十分。
・ポーチが付属。オーテクの製品に付属している普通のポーチである。
・デザインは普通だが目立たないかも。色は多彩で面白い。
・音場感は広がりがあまりなく、頭の中で響く。


音質、音域のバランス
・音質は同価格帯と同等のレベル。
・音域のバランスは低音域が強い。
・高音域の量は問題ない。質も大きな問題はないが、やや聞き疲れしやすいかも。POPSなどを聞く分には低音域に少し負けてしまう。
・中音域は量こそ低音域に負けるが埋もれることなく聞こえる。こちらも少し聞き疲れしやすいかも。
・低音域が最大の特徴。量が多く、ボンボン鳴っている。人によっては篭っていると言うかも。
・男性・女性ボーカルどちらも良いが、より女性ボーカル向け。
・サ行の痛さは少し感じる。
・全体的に家で聞くと、やや聞き疲れするかも。外で使いたい。
・低音域の量が多いが、音自体は上ずるなどの大きな癖は無い。


音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆(曲によっては☆☆☆☆★)
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・全般的にまぁまぁ。
・低音域が強い機種が好きな人向け。
・タッチノイズには注意。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー:12.5mm
・出力音圧レベル:104dB/mW
・再生周波数帯域:5~24,000Hz
・最大入力:200mW
・インピーダンス:16Ω
・質量(コード除く):約7g
・コード長:0.6m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:ポーチ、1.0m延長コード、イヤピース(S,M,L)
ATH-CKM50
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

お世話になっております。

カラバリが追加された際にケーブルの質が変わったとの噂もありますね。
自分で確かめたわけではないので確かなことは言えませんが~。

Posted at 22:52:18 2009/06/01 by waka

Comment

waka様
コメントありがとうございます。

検索したところ、価格.comで書かれていました。
私も実際に確かめたことはありませんが、タッチノイズが減っているかもしれないですね。

Posted at 23:14:03 2009/06/01 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback