iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Pioneer SE-EX9のレビュー

ビックカメラ渋谷店にて5,980円で購入。 主な特徴
・色は「ブラック」1色。
・コードは0.6m。u字型コードでストレートプラグ。1mの延長コードが付属。
・入力プラグが金属製のため重く高級感がある。iPodのケース次第ではケースが邪魔になり、接続できない場合もある。
・音漏れはかなり多め。耳側は密閉型構造だが、外側は開放型。これで密閉型と言えるのか。
・遮音性は皆無に近い。
・音量はiPod最大音量の半分程度で十分聞ける音量が取れる。
・本体も40mmドライバのため、かなり大きく、重め。
・音場感は40mmドライバのため広い。
・本体とフックの接続部分に髪の毛が挟まりやすい。気をつけること。
・フック自体はやや細めな印象だが、眼鏡をかけている人が装着するのは厳しそう。
・装着感自体は良いが、は耳かけ型としては重い。
・メタリックはデザインは私には好印象。
・実際に商品を見ると「AKG K26P」のようにイヤーパッドが厚そうに見えるが、実際は予備のイヤーパッドが乗せてあるだけ。要は2つのイヤーパッドが重なって見えているだけ。
・ポーチなどは付属しない。

音質・音域のバランス
・音質は低価格な耳かけ型ヘッドホンよりは1歩上の印象。
・ややドンシャリ傾向。
・長い時間聞くと高音域にせいで疲れる。
・低音域はやや低めの音が出ていて好印象。量も適当。
・男性ボーカルの曲はボーカルが少しかすれて聞こえる。

音質☆☆☆

音のバランス
高音☆☆☆☆☆
中音☆☆☆★
低音☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆★
・音漏れが盛大で、遮音性もない点はマイナス。密閉型と名乗ってはいけないと思う。
・入力プラグが金属製のため重い。ポータブル機用に作ったとは思えない。
・髪の毛が挟まる仕様をどうにかしてほしい。
・音質そのものは耳かけ型としては良い。音質重視の耳かけ型としてオススメできる。
・コストパフォーマンスが悪いわけではないが、メーカーにはこのレベルの耳かけ型を3,000円程度で販売してほしい。

スペック
形式:密閉型ダイナミックステレオヘッドホン
再生周波数帯域:14~24,000Hz
インピーダンス:32Ω
感度:105dB
使用ユニット:40mm
コード長:0.6 m
質量(コード除く):60 g
付属品:1m延長コード、交換用イヤーパッド×2
SE-EX9

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。