SENNHEISER MX90 VC Styleのレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/06 /2009 (Wed)

秋葉原のあきばぉーにて1,999円で購入。
主な特徴
・色は「シャンパンゴールド(?)」のみ。
・コードは、Y字型約1.2mでL字型プラグ。クセは付きやすく、やや扱いづらいかも。タッチノイズは開放型なので気にならない。プラグはSENNHEISERにしては珍しく金メッキされている。
・コードには細い棒状のボリュームコントロールが付いている。最小値にしても音は聞こえる。
・付属品が多い。
・付属品のうち、「ラバーリング」はスピーカ部分に取り付けるドーナツ状のモノ。「ラバーパッド」は本体上部に取り付ける円形のモノ。
・ラバーパッドは各サイズ何故か3個ずつ付属。1個余る。
・ケースは「CX95 Style」と同じモノ。イヤホン本体しか収納できない。
・装着感は非常に良く、簡単には外れない。ジョギングなどには使いやすい。私の場合ラバーパッドはLサイズ、ラバーリングはMサイズを使用。色々試してみましょう。
・デザインは特徴的。色は良いと思う。
・開放型なので音漏れには注意。
・遮音性は開放型なのでほとんどない。
・インピーダンスは64Ωとやや高めだが、感度も117dBと高め。iPodなら最大音量の6.5割程度で音量が十分とれる。

音質、音域のバランス(ラバーパッドLサイズ、ラバーリングMサイズを使用。)
・私が購入した価格なら音質は良い。量販店販売価格の8,800円だと明らかに音質は悪い。
・心なしか下位機種の「MX75 Sports」の方が音質が良い気がする。何故だろうか。
・音域のバランスは低音域より。
・高音域は痛さの無い音だが、やや遠い印象。というより低音域の量が多すぎる模様。
・中音域は割と聞こえるが、やはり低音域に押される印象。この音域だけ音質が少し悪い気がする。
・低音域が最大の特徴。量が多く圧力がある。やや篭って聞こえる印象。
・男性・女性ボーカルどちらも問題ない。
・サ行の痛さの痛さは全くと言って良いほど感じない。
・全体的に所謂「解像度」とか「分解能」とかではなく、音の圧力や迫力で聞かせるタイプ。

音質☆☆☆(やや☆☆★に近い)

音域のバランス

高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆★
・量販店での価格は明らかに高い。
・上手く装着すれば簡単には外れない点は良い。
・開放型なので、バス・電車での使用は注意。

スペック
・再生周波数帯域:18~22,000Hz
・インピーダンス:64Ω
・感度:117dB
・ケーブル長:約1.2m(Y字型コード、L字型プラグ)
・付属品:ケース、ラバーパッド(S×3、M×3、L×3)、ラバーリング(M×2、L×2)、イヤーパッド1セット
MX90 VC Style
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

はじめまして

アシと申します。
とてもマニアックな内容のブログで驚くと共に感動しました。
私も自身の生活にiPodは欠かせません。当然イヤホンも欠かせません。
参考にさせてもらいますね♪

Posted at 13:56:22 2009/05/07 by アシ

Comment

アシ様
初めまして。コメントありがとうございます。

参考程度にするのが良いかと思います。
そうでないと私のようにイヤホンスパイラルに陥ります。

Posted at 21:56:35 2009/05/07 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback