iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Pioneer SE-CLX50のレビュー

ビックカメラ有楽町店にて5,980円でブラウンを購入。 主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」「ブラウン」の3種類。
・コードはY字型1mでストレートプラグ。クセが少し付きやすく、粘着性があるが極端に使いにくいことはない。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては、かなり多め。
・「コード芯材に「銀メッキOFCリッツ線」を採用。音質の劣化を防ぎ、広がりのあるクリアな音を再生します」、とのこと。
・イヤーチップはXS、S、M、L4種類が付属。かなり柔らかいので気になる人は交換。
・装着感はかなり良いが大きい。私は問題ないが、装着できない人がいるかも。
・音漏れはややある。もともとは開放型イヤホンで、その上に大きめのカバーを被せている構造。音抜けの穴も多い。
・遮音性はあまり高くない。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・ケース、ポーチ類は付属しない。
・デザインは微妙。
・音場感は決して広くはないが、横方向にはある程度広がる。


音質、音域のバランス
・音質は微妙。5,000円を切れば悪くない。
・音域のバランスは中~低音域よりで、特に低音域が強い。
・高音域は量自体はそこそこだが、痛さは感じずに聞ける。伸び上がる印象は受けない。
・中音域はある程度の力強さがあり好印象。落ち着いて聞ける。
・低音域が最大の特徴。「ボーン、ボーン」と低い音が聞こえ、かなり低い低音も出ているようだ。
・男性ボーカル向けのイヤホン。
・サ行の痛さは全くと言ってよいほど感じない。
・全体的に「落ち着いている」という印象が強い。音自体も「太い」と言うイメージ。

音質☆☆☆(☆☆★と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質自体は微妙だが、モノ自体は良い機種だと思う。
・サ行は痛くない、落ち着いているという点から、家での使用にも問題ない。
・デカイ。試聴ではなく、試着の必要があるかも。

スペック
・形式:密閉型ダイナミック
・再生周波数帯域:5Hz~24,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・最大入力:100 mW
・出力音圧レベル:105dB
・使用ユニット:13.5mm
・接続コード長:1.0m(Y字型コード、ストレートプラグ、コード芯材に「銀メッキOFCリッツ線」を採用)
・質量(コード除く):9g
・付属品:0.5m延長コード、イヤホンチップ(XS、S、M、L 各2個)
SE-CLX50
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。