iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SONY MDR-XB40EXのレビュー

ヨドバシカメラ秋葉原店にて4,980円で購入。 主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・コードはY字型1.2mでL字型プラグ。フラットコードでクセが付きづらく良い。丈夫そうである。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては、やや少なめ。
・イヤーチップはハイブリッド型で、S(オレンジ色)、M(緑色)、L(水色)の3種類が付属。
・音漏れは国産のカナル型イヤホンより少し多い。側面に円状の音抜けの穴がある。ある程度の音量ならバス電車は使える。図書館などでは、ほぼ使えない。
・遮音性は国産カナル型イヤホンより少し高い。
・音量はやや取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・布製ポーチが付属。
・デザインは普通だが好みが分かれそう。装着すると丸い本体は、ほとんど隠れる。
・音場感は少し広め。上下方向には広がらないが、横方向に広がる。

音質、音域のバランス

・音質はそれなり。
・音域のバランスは低音域が強いが、「低音だけ」ではない。
・高音域は量、質ともに問題なし。痛さも無い。この音域だけ妙に音質が良い気がする。
・中音域は少し埋もれている印象を受ける。
・低音域が最大の特徴。様々なイヤホンがあるが、その中でも量は多い部類に入る。
・女性ボーカル向けのイヤホン。男性ボーカルには向かない気がする。
・サ行の痛さは、ほぼ痛さを感じない。
・ロックなど低音が必要な音楽に向いている。が、それ以上に「女性ボーカルとバイオリン・ピアノなど」の高音域に特化した音楽に向いている気がする。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・メーカー側から「こういう音です」と言う機種は珍しい。
・とにかく低音域が強いが欲しい人向け。
・高音域が綺麗。
・きしめんコードこと、フラットコードは丈夫そうである。使いやすさは兎も角として。
・遮音性は比較的高いが、音漏れは、そこそこあるので音量に注意。
・クリップが付属しているが使ったことが無い。
・音漏れを気にしないなら☆☆☆☆★。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:口径13.5mm
・感度:105dB/mW
・再生周波数帯域:4-24,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・最大入力:100mW
・コード:約1.2m(Y字型コード、L字型プラグ、フラットコード)
・質量(コード除く):約9g
・付属品:ハイブリッドシリコンイヤーピース(S/M/L)各2個、キャリングポーチ、クリップ
MDR-XB40EX
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。