iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

nagaoka P-601GPのレビュー

タワーレコード渋谷店にて1,980円で購入。 主な特徴
・色は「グレープ」「ブラック」「ブルー」「ホワイト」「ピンク」「イエロー」「ラスタカラー(左がグリーン・右がレッド・逆パターンもあるらしい)」などがある模様。
・メーカーサイトに掲載されていないのは何故。
・主にCDショップで販売。家電量販店では、あまり見かけない。
・コードはY字型1.2mでL字型プラグ。クセは少し付きやすい。L字型プラグは厳密には120度らしい。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては、やや少なめ。
・イヤーチップは独特の形をしており、S、M、L3種類が付属。私はファインフィットに交換している。
・音漏れは国産のカナル型イヤホン並み。本体横に音抜けの穴が1つあるが通常の音量で聞くには問題ない。図書館などでは音量に注意したい。
・遮音性は、それほど高くない。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・ケースなどは付属しない。
・デザインは普通だが、色は面白い。特に「グレープ」や左右で色の違う「ラスタカラー」は他で中々見かけない。
・音場感は普通・もしくは少し広い。

音質、音域のバランス(ファインフィットMサイズを使用)
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは低音域が強い。
・高音域は、やや刺激があり、女性ボーカルによっては少し痛さがあるかも。
・中音域は、やや力強さのある音。男性ボーカルは人によっては少しかすれている感じもする。
・低音域が最大の特徴。迫力や音圧のある音。やや量が多め。
・女性ボーカル向けのイヤホン。声が高めの男性ボーカルも良い。
・サ行の痛さはやや感じる。

音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・価格の割には全般的に良いと思います。
・低音域が強い機種が好きな人向け。
・色が多彩で面白い。
・イヤーチップの形が面白い。私は形が合わなかった。

スペック
・形式:密閉ダイナミック型ステレオヘッドホン
・ドライバー:9mmドライバー
・再生周波数帯域:20-20,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・最大入力:30mW
・出力音圧レベル:100dB/mW
・コード長:1.2m(Y字型コード、L字型(120度)プラグ)
P-601GP
詳細はこちら(メーカーサイトが見つからないため、タワーレコードにリンク)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。