SHURE SE102-Kのレビュー

Category: イヤホンレビュー  01/12 /2009 (Mon)

ビックカメラ有楽町店にて7,980円で購入。
主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・コードはY字型45cmでストレートプラグ。コードは短いが91cm延長コードが付属する。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては、かなり少ない。
・装着は耳に回す方法で装着する。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。普通のシリコンタイプより厚みがある。
・音漏れはほぼ無い。図書館などでも大丈夫だろう。
・遮音性も非常に高い。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・ポーチが付属。付属品がギリギリ入る大きさ。
・デザインは微妙。
・音場感は、上下方向には普通だが、前後には少し広い。
・「E2c」にあった「フィルター」や「他のイヤーチップ」は付属しない。

音質、音域のバランス
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは少し高音域より。
・高音域は量は少し多めで、質は少しエッジ(鋭さ)を感じるが、ある程度の刺激があり良い。
・中音域は量・質ともに問題なく、聞きやすい。上ずるなどの癖も感じない。
・低音域は割とタイト(固め)な低音。篭ったりせず聞きやすい。
・男性・女性ボーカルどちらも良い。
・サ行の痛さは少し感じるが、個人的には許容範囲内。
・全般的にスッキリとした音である。

音質☆☆☆★(☆☆☆☆と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆☆
・音漏れの少なさ、遮音性の高さともに非常にレベルが高い。
・個人的に気に入っています。
・持っていないので比較は出来ませんが、「E2c」とは違うようです。
・デザインは微妙。
・コードが45cmでは短いが、延長コード込みの136cmでは長い。
・型番の「-K」は何?

スペック
・ドライバー:ダイナミック型
・感度:105dB SPL/mW(1kHz)
・再生周波数帯域:22Hz~17.5kHz
・公称インピーダンス:16Ω(1kHz)
・ケーブル長:約45cm(Y字型コード、ストレートプラグ)
・質量:約30g(ケーブル、コネクター含む)
・カラー:ブラック
・付属品:ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L)、91cm延長ケーブル、キャリングポーチ
SE102-K
(画像クリックで拡大)

メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (12) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

はじめまして

いつも参考にさせてもらっています

いわゆる1万以下近辺のカナルではAURVANAを愛用しておりますが
歩き使用時の足音という一点だけ気になっております
このSE102-Kはその点いかがでしょうか?
また音質的にはAURVANAのと比較するとどんな印象をお持ちでしょうか?
よろしければご意見お聞かせいただけると助かります。

Posted at 21:29:21 2009/01/12 by hana

Comment

hana様
初めまして。コメントありがとうございます。

足音と言うのはタッチノイズではなく、足音が響くと言うことでしょうか。
「AURVANA」や「SE102-K」に限らず、カナル型の宿命とも言えることでしょう。
どうしても気になるなら開放型にするしかないです。

音質自体は「AURVANA」の方がよいと感じています。
バランスは「SE102-K」の方が高音域が派手で量も出るように感じます。

Posted at 23:10:25 2009/01/12 by H.A

Comment

ありがとうございます

H.A様

AURVANAは少しだけ他のカナルより足音が響く気がしたもので、、、
やはりその点は仕方ないのですね。

高音がポイントなのですね
参考にさせていただきます。

Posted at 10:34:53 2009/01/13 by hana

Comment

お世話になっております。

音質は「E2c」より万人向けにチューンされましたね。
スッキリ感が増しました。同感です。
「リファイン」という意味では正しい方向性だなと思います。

「帯に短し、襷に長し。」
コードの長さ配分だけは見直して欲しいものです…。

Posted at 18:06:57 2009/01/13 by waka

Comment

hana様

本日「SE102-K」と「AURVANA」を使いましたが、「SE102-K」の方が耳に回すことにより、足音の響きがわずかに少なく感じます。
しかし、密閉度の高さからか足音自体は響きます。

Posted at 21:20:53 2009/01/13 by H.A

Comment

waka様
コメントありがとうございます。

コードの長さは、元の長さが70cm程度、延長コードが50cm程度にして欲しいです。

Posted at 21:25:26 2009/01/13 by H.A

Comment

H.A様

レーポートありがとうございます。

Posted at 09:04:00 2009/01/14 by hana

Comment

hana様

疑問がございましたら、私が分かる事であれば、お答え致します。

Posted at 21:03:43 2009/01/14 by H.A

Comment

こんにちは

とても役に立つレビューが沢山で、いつも感謝しています。


今までCLX7(紛失)→SE102と使ってきました。

CLX7は弦楽器に程よいエッジ、柔らかさを感じていて、なかなか気に入っていたのですが、
SE102のダイナミック型にしては少し繊細で、元気の良さでで押し切る感じも嫌いじゃないです。

ただ、私の耳ではSE102のサ行は痛いほど刺さります。
そこで3万~以上のクラスのイヤホンに乗り換えたいのですが、
繊細でフラットかつ、パワーと柔らかさ、鮮やかさがあってサ行やシンバルの刺さりがきつくない物は存在しますでしょうか…?

Posted at 09:05:19 2009/05/26 by keita

Comment

keita様
コメントありがとうございます。

「SE102-k」でサ行が痛いと言うことは、かなり痛さを抑えた機種でないとダメですね。

その上で「3万円以上」「繊細でフラット」「パワーと柔らかさ」「鮮やかさ」「サ行やシンバルの刺さりがきつくない」物。
繊細さとパワーですか?相反する機能を両立するものは中々ないですね。
あえて言えば「Image X5」が近そうですが、試聴しないと分からないと思います。

Posted at 22:01:27 2009/05/26 by H.A

Comment

こんばんは

アドバイスありがとうございます。
やはり相反は厳しいですよね…

プレーヤーはiAudio U5を改造したものなのですが、プレーヤー自体繊細でパワーがある感じで、私好みの音を出すようになってきています。
現状SE102でもなかなかの音が出せるようになりました。
特にシンバル、サ行は刺さるのですが、非常にクリアに刺さるのでこれはこれで良しぐらいに思えるようになりました。

実は候補がImage X10でしたが、まだ視聴したことがないので、一度視聴してきて見ます。
JBL Reference 220の乾いた音が好きで以前の候補だったのですが、もう少し高次元の音がほしくなってしまいました。

Posted at 23:16:34 2009/05/26 by keita

Comment

keita様

「Image X10」は私も持っていないので、アドバイスのしようが無いです。
試聴できるのであれば試聴しましょう。

なんだかんだ言っても、結局本人が気に入るかどうか、ですから。

Posted at 22:28:08 2009/05/27 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback