iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Ultimate Ears super.fi5のレビュー

アップルストア銀座店にて19,800円で購入。 主な特徴
・アメリカのamazonでは152.69ドルで定価は169.99ドル。つまり15,000円くらい。
・色はシルバー(リキッドシルバー)。左右が分かるよう、右耳側の本体耳側は半透明の赤色になっている。分かりにくいので公式サイトを参照。
・コードはY字型1.22mでストレートプラグ。クセは少し付きやすいが問題ないだろう。
・装着方法は2通りあり、普通に装着する方法と、耳にコードを回す方法。
・コードの性質上、耳にコードを回す装着方法の場合、コードスライダーを少し詰めないと装着しづらい。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては少し多め。耳にコードを回す方法ならタッチノイズは相当減る。
・イヤーチップはS、M、L、スポンジタイプの4種類が付属。
・音漏れは国産のカナル型イヤホンより少ない。通常の音量で聞くには問題ない。図書館などでも音量次第で聞ける
・遮音性は国産カナル型イヤホンより高い。声は比較的通しやすい。ノイズアイソレーションは26dB。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割で十分。
・プラスチックケースが付属。「super.fi4」と同じモノである。
・デザインは普通。
・音場感はやや広め。

音質、音域のバランス
・音質は比較的良い。
・音域のバランスはフラット系統だが、やや低音域が強い。
・高音域は量、質ともに問題なし。痛さを感じず聞きやすい。
・中音域も痛さなどが無く、聞きやすい音。他の音域にも埋もれない。
・低音域が量的には最も多い。篭ったりしない。
・男性・女性ボーカルどちらも問題ない。
・サ行の痛さは少しだけ痛い。
・全体的にこれといった特徴が無い。また、非常に聞きやすい。


音質☆☆☆☆(☆☆☆☆★に近い)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

「Super.fi 5 PRO」と少し比較
・両者比較的近い傾向。
・音質自体は「Super.fi 5 PRO」の方が上。
・「Super.fi 5 PRO」に比べ「Super.fi 5」は様々な点で抑え気味な気がする。特に「音の派手さ」や「音の痛さ」を抑えている感じがする。
・低音域の量自体は「Super.fi 5 PRO」の方が多い。

オススメ度☆☆☆☆
・2万円台前半の「Super.fi 5 PRO」の比べると劣るのでオススメ度は下がる。
・低音域が少し強い機種が好きな人向け。
・普通に装着する場合、タッチノイズには注意。
・個人的には好みの機種である。

スペック
・周波数特性:15Hz ~15kHz
・感度:115dB
・インピーダンス:13Ω
・コード:1.22m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:イヤーチップ(S、M、L、スポンジタイプ)、クリーニングツール、プラスチックケース
super.fi5
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。