iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Ultimate Ears Super.fi 3 Studioのレビュー

amazonにて9,800円(本体のみ)でブラックを購入。
量販店では14,700円で販売。 主な特徴
・色は「ホワイト」「ブラック」2種類。
・コードはY字型1.3mでL字型プラグ。クセはやや付きやすい。コードのタッチノイズは、かなり少ない。
・コードは自力で交換できるので断線しても本体ごと買い換える必要は無い。
・新発売の新型コードはストレートプラグ。3,150円だが、現在は入手が難しい。
・イヤーチップはS、M、L、2段キノコ型、スポンジタイプの5種類が付属。
・装着は耳に回す方法。
・音漏れは国産のカナル型イヤホンよりも少ない。図書館などでも爆音でなければ問題ない。
・遮音性は国産カナル型イヤホンより高い。ただ、声は比較的聞こえやすい。
・音量は非常に取りやすい。iPodなら最大音量の5割で十分。
・メタリックケースが付属。
・デザインは安物にしか見えない。正直好みが分かれるだろう。
・音場は非常に広い。「Super.fi 5 PRO」とは、ほとんど変わらない広さ。

音質、音域のバランス
・音質はなかなか良い。10,000円以内で購入できるなら、お得。
・音域のバランスは、この価格帯では珍しいカマボコ型。
・高音域は痛さが無い音。音場も広く良い。
・中音域は前面に出てくる。こちらも聞きやすい音である。
・低音域は少し控えめ。家で聞く分には不足感は無いが、外で聞くと、ほとんど聞こえない場合も。
・男性・女性ボーカルどちらも良い。
・サ行の痛さは少し感じる。
・全体的に「軽い」「明るい」「元気が良い」というイメージの音。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・全般的に良い機種。特にタッチノイズの少なさ、コードが交換できる、音場が広い、音量のとりやすさは良い。
・低音域がやや弱いので注意。特に外で使う場合は量が減る。逆を言えばクリアであるが。
・デザインは安物っぽい。

スペック
・スピーカータイプ:シングルドライバ(バランスド・アーマチュア)
・入力感度:115dB/mW
・周波数特性:20Hz~13kHz
・ノイズアイソレーション:26dB
・インピーダンス:13Ω
・ケーブル長:約130cm(低摩擦なノイズ遮断素材採用、Y字型コード、L字型プラグ)
・重量:約14g(ケーブル含む)
・同梱物:シングルフランジシリコンイヤチップ6個(小2、中2、大2)、ダブルフランジ・シリコンチップ2個、使い捨てフォームチップ2個、サウンドレベル・アテニュエータ 、クリーニングツール、メタリックケース
Super.fi 3 Studio
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。