iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

audio-technica ATH-CKM70のレビュー

ダイナミックオーディオにて6,615円で購入。中古品です。
量販店では9,800円で販売。 主な特徴
・色は「シルバー」のみ。
・コードはY字型。全長0.6mでストレートプラグ。クセは少し付きやすい。
・コード分岐前までは20cm程度しかない。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては普通。ちなみに「ATH-CKM90」とは違うコードである。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。ファインフィットである。
・音漏れは少しある。音抜けの穴はないが、本体内で反響して響いている。電車、バスなどではやや注意。
・遮音性は国産カナル型イヤホンより少し低い。特に人の声は殆ど遮音できていない模様。
・音量は少し取りにくい。iPodなら最大音量の7割で十分。
・布製ポーチが付属。いつものオーテクのモノとは違い、少し大きめ。
・デザインは普通。個人的にはメタリックなデザインは好きである。
・音場感は普通。上方向に少し広がる。
・少し重さを感じる。手に取ると重量感がある。

音質、音域のバランス
・音質は微妙。9,800円は価格なりと言えるかは微妙。8,000円なら頷ける。
・音域のバランスは中音域より。
・高音域は割と綺麗に出て、量も多めである。量自体はあるがキンキンとした音ではない。「ATH-CKM90」よりも量が多い。
・中音域は最も目立つ。作られた感じのする音である。
・低音域は篭ったりはしない音。量自体も多め。いわゆるボコボコ鳴る音ではない。
・男性・女性ボーカルどちらでも問題ないが、女性ボーカルは少し違和感を感じるかも。
・サ行の痛さは全くと言ってよいほど感じない。
・全体的に自然な音ではなく、作られたような音。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆
・音漏れが最大の弱点。個人的には家用と思う。
・割と面白い音。好みは分かれそうだが。
・正直、「ATH-CKM90」よりも「ATH-CKM70」の方が好きである。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー:12.5mm
・出力音圧レベル:106dB/mW
・再生周波数帯域:5~24,000Hz
・最大入力:200mW
・インピーダンス:16Ω
・質量(コード除く):約10g
・プラグ:φ3.5金メッキステレオミニ
・コード長:0.6m(Y型)
・付属品:ポーチ、1.0m延長コード(L型プラグ)、イヤピース(S,M,L)
ATH-CKM70
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。