audio-technica ATH-CK300S/Mのレビュー

Category: イヤホンレビュー  10/26 /2008 (Sun)

ビックカメラ有楽町店にて1,980円でブラックを購入。
主な特徴
・私が購入したのは「ATH-CK300S」。
・いずれの機種も色は「ブラック」、「ガンメタリック」、「レッド」、「シルバー」、「ホワイト」、「イエロー」の6色。
・コードは0.6m。Y字型でストレートプラグ。ややクセが付きやすいが、スベスベしたコード。タッチノイズは普通。
・「ATH-CK300S」と「ATH-CK300M」の違いはコードの長さのみ。前者が0.6m、後者が1.2m。いずれもストレートプラグ。
・イヤーチップは「XS、S、M、L」の4種類が付属。ちなみに上位機種に使用されている「ファインフット」は採用されていない。
・音漏れは国産のカナル型イヤホン並。音抜けの穴はない。
・遮音性は国産カナル型イヤホン並。
・音量のとりやすさは普通。iPodなら最大音量の7割で十分。
・布製ポーチが付属。この価格で付属しているのはありがたい。
・デザインは比較的良い。また、「イエロー」は珍しい色である。
・音場感は少し広め。男性ボーカルは頭の位置から聞こえる。

音質、音域のバランス
・音質は普通。
・音域のバランスはフラット傾向。
・高音域はキンキンせず聞こえる。響くような伸びはないが、聞き疲れしないように聞こえる。
・中音域も聞きやすい音。わずかにこの音域が強調されているようにも感じる
・低音域も量は出ているが篭ったりしないのは良い点。
・女性ボーカル向けのイヤホン。比較的声の高い男性ボーカルも良い。声が低めの男性ボーカルは向かない。
・サ行の痛さは、本土痛さを感じない。
・全体的に安っぽい音ではあるが、前作の「ATH-CK31」から改善が見られる。音の傾向は同じだが、聞き疲れしないように作られたと思える。


音質☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音自体は安っぽいが、全般的に悪い点はない。
・街中でよく見かける機種の一つです。
・なぜファインフィットを採用しなかった。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー:8.8mm
・出力音圧レベル:100dB/mW
・再生周波数帯域:20~20,000Hz
・最大入力:40mW
・インピーダンス:16Ω
・質量(コード除く):約3g
・コード:ATH-CK300S:0.6m(Y字型コード、ストレートプラグ)、ATH-CK300M:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:ポーチ、イヤピース(XS、S、M、L)
ATH-CK300
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

やっぱり

この価格帯で「無難な」イヤホンではありますよね~(^^;
見た目から「どうせ低音出ないんだろーな」って思って購入後、意外と出ていてびっくりした覚えがあります。

ファインフィットについては、単純に上位と差を付けてるだけなのでしょうけど、ケチ臭いというかなんというか。
個人的には、試した結果ファインフィットは合わないように感じましたけども。
代わりにビクターの低反撥(EP-FX4)付けて、見た目もまさに耳栓状態で使ってます(笑)

Posted at 21:48:25 2008/10/26 by もで

Comment

No title

もで様
コメントありがとうございます。

「無難なイヤホン」。
確かにそういえる機種です。

ファインフィットはケチっているのでしょうね。全機種で余ったイヤーチップを使っているだけかもしれません。

Posted at 22:01:15 2008/10/26 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback