iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SENNHEISER MX760のレビュー

サウンドハウスの通販にて5,210円(送料、代引費用含む)でチタン色を購入。本体のみは4,580円。
ビックカメラなどの量販店では6,980円。 主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」「チタン」の3色。メーカーサイトの「チタン」はシルバーっぽい色だが、私が持っているのは茶色っぽい色である。
・コードは全長45cm。コード分岐前までは15cm程度。Y字型コードでストレートプラグ。胸ポケットで使用する人向けの長さ。1m延長の延長コードが同梱。
・開放型なのでタッチノイズは気にならない。
・ポーチが付属。延長コードも含め付属品が収納可能。
・開放型なので音漏れする。電車内などで使用する場合は音量に注意。
・装着感は普通。本体の大きさは「MX500」並のサイズだが、耳の乗せる部分の厚みが薄くなったので装着感は良くなっている。
・遮音性は開放型なのでほとんどない。
・音場感はかなり広い。上、斜め上、横方向に広がる。
・音量はとりやすい。ボリュームコントロール最大なら、iPodの最大音量の6.5割程度で十分。
・デザインは良い。

音質、音域のバランス(イヤーパッドなし)
・音質は良い。4,580円ならお買い得。6,980円なら普通か少し良い程度。
・音域のバランスは高音域が強め。
・高音域は量は相当多め。正直過剰な量である。やや疲れるかもしれない。
・中音域は量自体は出ているが高音域に負ける印象。高音域が混ざるような音。
・低音域は比較的出ているが、やはり高音域に負ける印象。質は良い。
・女性ボーカル向けのイヤホン。きれいに聞こえる。
・サ行の痛さは、あまり感じない。
・全体的に軽い印象

音質☆☆☆★

音域のバランス(イヤーパッドなし)
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆★


音質、音域のバランス(イヤーパッドあり)
・高音域が抑えられ、相対的に中~低音域が増える。少し低音域よりになるがバランスは非常によくなる。
・音はイヤーパッドなしに比べ温かみや力強さのある音になる。
・高音域は程良く抑えられた量に。疲れる音ではない。
・中音域は力強さのある音に。聞きやすい音になる。
・低音域は大きく印象が変わり最も量、迫力が出る音域に。家で聞くと少し多めに感じるが問題はないだろう。
・イヤーパッドありが本領と言える機種。無くさないように。

音域のバランス(イヤーパッドあり)
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・イヤーパッドありが本領と言える機種。
・開放型なので電車内などで使用する場合は音量に注意。
・「MX500」より耳の乗せる部分の厚みが薄くなった。
・散歩のお供に。
・写真は「MX760」の写真です。機種名の箇所が光って見えませんが。
・6,980円なら☆☆☆☆★。

スペック
・周波数特性:18~21,000 Hz
・接続ケーブル:全長45cm(コード分岐前までは15cm程度、Y字型コード、ストレートプラグ)
・インピーダンス:32Ω
・音圧レベル:114 dB
・付属品:イヤーパッド、延長ケーブル1m、キャリングポーチ、ケーブルワインダー
MX760
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。