iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SONY MDR-EX76LPのレビュー

ビックカメラ有楽町店にて2,980円でブラックを購入。 主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」「シルバー」3色。
・コードはu字型約1.2mでL字型プラグ。クセはやや付きづらい。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては普通もしくは少し多め。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。「MDR-EX700SL」と同じモノが使われているようだ。芯の部分硬いのが特長。
・装着感は良い。
・音漏れは他の国産カナル型イヤホンに比べかなり多い。「MDR-EX85SL」のようにイヤホンの平らな部分からも音が出る。「MDR-EX85SL」ほどではないが、それに近い感覚である。
・遮音性は他の国産カナル型イヤホンに比べ少し低い。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7割で十分。
・布製ポーチが付属。
・デザインは小ぶりでよい。
・音場感はやや広め。

音質、音域のバランス
・音質は価格より少し良い。
・音域のバランスは少し低音域より。
・高音域は量の問題なし。突き刺さるような音でなく聞きやすい。質はもう一歩か。
・中音域は力強さを感じる。SONYのイヤホンとは思えない中音域の量。個人的には破綻しない程度に膨らませたという感じがする。
・低音域は迫力がある。ぼやけたり、篭らないので聞きやすい。
・男性ボーカル向けのイヤホン。女性ボーカルも悪くないが男性ボーカルとの相性と比べると劣る。
・サ行の痛さはやや痛い。

音質☆☆☆(☆☆★と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・電車やバスで使用するのは辛い。
・サ行の痛さもやや気になる。
・イヤーチップの性能は良い。
・SONYにしては中音域の量が多い。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:口径9mm
・感度:103dB/mW
・再生周波数帯域:6-24,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・コード:約1.2m(u字型コード、L字型プラグ)
・質量(コード除く):約4g
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。