AKG IP2のレビュー

Category: イヤホンレビュー  07/27 /2008 (Sun)

池部楽器リボレ秋葉原店にて10,479円で購入。
主な特徴(「K324P」との比較を含む)
・色は「グレー」1色。
・コードはY字型1.15mでL字型プラグ。クセは付きづらく扱いやすい。何故や「K324P」も、このコードを採用しなかったのか。
・コードのタッチノイズはカナル型イヤホンとしては相当多め。「K324P」と変わらないが。コードが真っ直ぐ伸びる分マシである。
・イヤーチップはS、M、L3種類が付属。装着感は良くイヤーチップを他社製に交換する必要は感じない。
・音漏れは国産のカナル型イヤホンよりも、やや少なめ。音抜けの穴などはないが、本体の接合部分に隙間があり音漏れしているようだ。
・遮音性は国産カナル型イヤホンより少し高い。
・音量は十分とれる。iPodなら最大音量の5.5割で十分。
・布製ポーチが付属。AKG製品全体にいえるが、やや封が開きやすい。
・デザインは普通。「K324P」がブラックに対し、「IP2」は完全にグレー。
・音場感は普通。明らかに「K324P」より狭い。特に男性ボーカルの位置は、「K324P」が頭の上から聞こえたのに対し、「IP2」頭の位置から聞こえる。

音質、音域のバランス
・音質はそれなり。
・音域のバランスはフラット。
・高音域、中音域、低音域の量、質ともに問題なし。比較的聞きやすい音。
・男性、女性ボーカルともに良い。より男性、特に声が低めの男性ボーカルに向く感じがする。
・サ行の痛さはわずかに感じる。
・モニター用とのことだが、それにしては全体的に音がやや派手な気がする。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

=================================================
「AKG K324P」と色々比較。

コード
・「K324P」はY字型で金メッキプラグ。クセが付きやすい。
・「IP2」もY字型で金メッキプラグ。コードは大きく違い、一般的に見てもクセはつきづらい。

付属品
・両方とも同じ。

音場
・先ほども説明したが、「IP2」の音場感は普通。特に男性ボーカルの位置は、「K324P」が頭の上から聞こえたのに対し、「IP2」頭の位置から聞こえる。
・「K324P」はかなり広い。

音質、音域のバランス
・音質自体は同じと言ってよい。
・音域のバランスはやや違う。「K324P」はややドンシャリ。「IP2」はフラット。
・「K324P」は「IP2」に比べ、ドンシャリで派手な音。
・「IP2」は「K324P」に比べ、やや大人しい。
・中音域は「K324P」では、やや擦れるように聞こえるが、「IP2」では感じない。
・「サ行」の痛さはわずかに「IP2」の方が痛くない。

その他
・音漏れや、遮音性は同じ。
・音量のとりやすさは、「IP2」の方が音量がとりやすい。

結論
・明らかに同じように見えますが、聞き比べると結構違います。
・どちらが良いかは好み次第。「派手な音」や「音場の広さ」が好きなら「K324P」。「フラット」で「落ち着きのある音」が良いなら「IP2」。
・同程度の価格なら、個人的には「IP2」の方が好み。何よりコードの質が改善されたのは大きい。
=================================================

オススメ度☆☆☆☆★
・コストパフォーマンスが優れる機種ではありませんが、割と好きな機種です。
・意外にもフラットです。
・色がグレー。結構珍しい気がします。
・音量は取りやすく、音漏れは比較的少なめで、遮音性も問題なし。外で使う分には、ほとんど問題はないはず。
・タッチノイズには、やや注意。
・代理店の「ハーマンインターナショナル」では取り扱っていない模様。
・手に入れるのはやや難しい。

スペック
・周波数特性:12Hz~23.5KHz
・感度:121dB
・インピーダンス:16Ω
・ケーブル:1.15m(Y字型コード、L字型プラグ)
・重量:3g(ケーブル含まず)
・カラー:マット・グレイ
・付属品:プロテクト・ケース、キャリング・ポーチ、イヤーチップ3サイズ
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (5) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 15:57:57 2008/07/28 by

Comment

うーむ

当方も両イヤフォンを所持しておりますが、管理人様とは全くの逆の印象です。
というのも、音量もK324Pのほうが明らかに上で、サ行もIP2のほうが刺さります。
音がこすれたカンジはIP2のほうが強く、K324Pは比較すると艶やかな音です。

サウンドハウスにもIP2が偽者ではないかと現物を送り確認してもらいましたが、
それでも本物であるとのこと。
他のユーザーの方のレビューをみても、私の印象とは明らかに違うので、どう考えても偽者であるとしか思えないのですが。

Posted at 15:13:54 2009/05/18 by 赤い悪魔

Comment

赤い悪魔様
コメントありがとうございます。

なかなか難しい問題ですね。
どこかで試聴出来れば一番比較しやすいのですが、試聴機も中々見当たりません。

サウンドハウスで仕入れているものが特殊なのか、マイナーチェンジされたとでも言うでしょうか。
いずれにせよ答えは出ませんね。

Posted at 22:14:56 2009/05/18 by H.A

Comment

そうなんですよね。

IP2を視聴できる場所というのが見当たらないので、
比較のしようがないのです。
成田にあるサウンドハウスにいくのも手ですが・・・。

あと、それぞれのイヤフォンの印象としては、
・K324Pはどんな音源でもそれなりに良く聴かせてくれる。
・IP2は質の悪い音源はめちゃくちゃ悪く、良い音源はそれなりに良く聞こえる。
といったカンジです。

Posted at 08:44:01 2009/05/19 by 赤い悪魔

Comment

赤い悪魔様

量販店でも置いていないし、ダイナやフジヤにもありませんからね。
都内からわざわざサウンドハウスに行くにも遠いです。
どうしようもないですね。

Posted at 22:48:50 2009/05/19 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback