audio-technica ATH-CM700Tiのレビュー

Category: イヤホンレビュー  07/19 /2008 (Sat)

フジヤエービックにて7,800円で購入。中古品です。
新品は13,800円前後で販売。
主な特徴
・色は「チタン色」1色。メーカーサイトはシルバーに見える。
・コードは1.2m。Y字型コードでストレートプラグ。
・開放型なのでタッチノイズは気にならない。タッチノイズそのものは多そうなコード。
・布製ポーチが付属。特段問題は無い。
・開放型なので音漏れするが、開放型としては少なめ。それでも電車内などで使用する場合は音量に注意。
・装着感は普通。棒状のデザインで顔に当たる人もいるかも。
・遮音性は開放型なのでほとんどない。
・音場感は普通、もしくは狭い。横方向には、あまり広がらない。
・音量は比較的取りやすい。iPodなら最大音量の6.5割程度で十分。
・デザインは非常に良い。

音質、音域のバランス(イヤーパッドなし)
・音質は価格程度(13,800円)の音質はある。
・音域のバランスはやや高音域よりかドンシャリ。他の音域も不満は無い。
・音自体がやや金属っぽい音。
・高音域の量はやや多め。金属的な音なので好みが分かれそうだが、私は好きである。
・中音域の量は問題ないが少し癖がある。特に男性ボーカルは全般的に音が少し高い気がする。
・低音域の量は問題ない。篭ったりしない。「ATH-EC7」の低音域よりも存在感がある。
・「サ行」の痛さは全く感じないと言ってよい。
・女性ボーカル向け。
・分解能はなかなかよい。

音質☆☆☆☆

音域のバランス(イヤーパッドなし)
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★


音質、音域のバランス(イヤーパッドあり)
・高音域が抑えられ、相対的に低音域が増える。中~低音域よりになる。
・イヤーパッドなしでは、高音域の量が多いため、音量は低くてもよかったが、イヤーパッドありではiPodなら最大音量の7割程度必要となる。
・付属のイヤーパッドは少し厚手かもしれない。
・音はイヤーパッドなしに比べ、温かみのある音になる。少し違和感のあった男性ボーカルも普通に聞ける。
・イヤーパッドなしと比べ、どちらが良いかは、好み次第。

音域のバランス(イヤーパッドあり)
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆(7,800円なので)
・カナル型全盛(?)の中、頑張っている開放型。なかなか良いと思います。
・開放型なので電車内などで使用する場合は音量に注意。
・イヤーパッドあり・なしで音が変わります。両方試して見ましょう。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー:15.4mm
・出力音圧レベル:100dB/mW
・再生周波数帯域:10~24,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・質量(コード除く):6g
・コード長:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ。)
・付属品:ポーチ、イヤパッド
ATH-CM700Ti
メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (6) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

No title

質問です。このATH-CM700Tiと普通の
ATH-CM700では音質に差があるのでしょうか?


Posted at 00:37:36 2008/07/20 by リョウ

Comment

No title

リョウ様
コメントありがとうございます。

「ATH-CM700Ti」と「ATH-CM700」の音質差ですが、正直分かりません。個人的には「それほど差は無い」と思っています。

この価格差は「素材(チタンとアルミ)の価格差」と「チタンの加工費(チタンは加工しづらく、アルミは加工しやすい)」だと思います。
音質面で差があるとすれば、「チタンが振動に強く音がぶれにくい」「チタン・アルミの違いによる音響効果」かもしれません。

長々と失礼いたしました。

Posted at 09:39:58 2008/07/20 by H.A

Comment

No title

質問にお答えいただきありがとうございます。

そうだったんですか!実は前からATH-CM700TiとATH-CM700で
どっちを買うか悩んでおり、価格の高いATH-CM700Tiの方を買おうとしていましたが、
音質がほぼ同じとのことなので安いATH-CM700を買おうと思います。

本当にありがとうございました。

Posted at 17:08:56 2008/07/20 by リョウ

Comment

No title

リョウ様

少なくともメーカーでは「ATH-CM700Ti」、「ATH-CM700」に性能(再生周波数帯域)の差はありません。
「再生周波数帯域」自体はそれほど意味の無いスペックですが、メーカーでは、上位・下位機種で「再生周波数帯域」に意図的に差をつけます。

これに差がないということは、同格の機種と言えると思います。
私自身も「ATH-CM700」を試聴できる機会があれば試聴してみようと思います。

Posted at 00:39:36 2008/07/21 by H.A

Comment

No title

ATH-CM700Tiを購入して、丁度1年が過ぎたころに(保障期間がきれたごろ)、コードとジャックがつながっている部分の接触が悪くなり、故障しました。
原因はおそらくコードの根元についた折れ目だと思います。
扱いはかなり慎重な扱い方をしており、使用後は毎回付属のポーチに収納していました。
このイヤホンはコードとジャックの付け根のゴムの部分が、他のイヤホンと比べて、急激に折れ曲がりやすい構造になっているので、コードの故障が起こりやすい機種だと思います。

Posted at 21:36:10 2008/08/03 by

Comment

No title

名無し様
コメントありがとうございます。

確かに根元の部分は折れやすそうです。
なるべく真っ直ぐ収納するほうが良さそうです。

Posted at 22:33:30 2008/08/03 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback