iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SoundCage PCS500のレビュー

JR浜松町駅、貿易センタービルにて製作し、42,000円でグレーを購入。 主な特徴
・耳の型を取る、いわゆるカスタムイヤホン。
・色は「ブラック」1色。
・イヤーチップの色は製作の際に選べる。「ティント(肌色?オレンジ?)」、「ブルー」、「グレー」の3色。左右の耳で違う色も選択可能。
・コードは約1.3m。Y字型コードでストレートプラグ。
・コードはKink-resistantケーブルを採用。絡み難い素材の切れ難いケーブルだが、人命に拘わる張力が発生した場合は切断される強度に設定されている。
・コードは自体はやや細め。絡みづらいが、少し癖が付きやすい。タッチノイズはやや多め。コード途中にあるクリップを活用しましょう。
・セミハードケースが付属。やや小さい。もうちょっとだけ大きくても良いと思う。
・イヤーチップは購入の際に製作。耳の形に合わせているため。装着感は非常に良い。見た目は変になるが、一応「E3c」や「ER-4S」のイヤーチップが流用できる。
・音漏れはほとんど無し。図書館などでも問題なさそう。
・遮音性はかなり高い。完全な遮音性は無く、少し外から声が聞こえる。
・音場感はやや広め。特に横方向に広がり、上下方向にはそれほど広がらない。
・音量は比較的とりやすい。iPodなら最大音量の6.5~7割で十分。

音質、音域のバランス(ER-4Sとの比較も含む)
・音質は非常に良い。個人的には「Triple.fi 10 Pro」より良いと思う。
・音域のバランスはフラット。外で聞くと低音域が不足気味に聞こえ、かまぼこに近く感じる。少なくとも低音域に期待する機種ではない。
・バランスドアーマチュアドライバだが、ダイナミック型っぽい感じもする。「ER-4S」の音とは違う。
・高音域、中音域、低音域いずれも問題ない。極端に強調する音も無い。
・中音域が耳に近い位置で鳴る。
・低音域は人によっては量が少なく感じるかも。「ER-4S」のバランスがダメな人はダメだろう。
・「サ行」の痛さも感じない。
・ノリが良い機種ではない。音は少し違うが「ER-4S」のような傾向である。
・女性、男性ボーカルどちらも問題ない。
・分解能は良い。

音質☆☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・ややタッチノイズが多めだが、他に問題点は無い。
・外で聞くと低音域が不足気味かも。
・今年度中に発売予定の「PCS700pro」はどうなることやら。

スペック
トランスデューサー:デュアルバランスドアーマチュア
感度:95.0dB SPL±3dB at 1KHz for 0.083 Vrms input
インピーダンス:31.0Ω ±15% at 500Hz
最大音圧レベル:112dB SPL at res.
平均重量:約15g(イヤーピース含む)
ケーブル:1.3m(Kink-resistantケーブル、Y字型コードストレートプラグ)
外部遮音性能:約20~30dB
PCS500

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。