iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

audio-technica ATH-CK6のレビュー

ビックカメラ新宿店にて4,480円で購入。 主な特徴
・色は、「ブラック」、「シルバー」の2色。
・コードは1.2m。Y字型コードでストレートプラグ。タッチノイズは普通。
・本体スピーカー部分の形が楕円形になっている。他社のカナル型イヤホンのイヤーチップの流用はできるが外れやすい。
・ポーチが付属。
・ループサポートが3種類同梱されているが、ほとんど意味が無い。
・イヤーチップは楕円形と通常の円形2種類が同梱されているが、管理人は通常のイヤーチップMサイズを使用。
・スピーカーの口径が10.7mmと「ATH-CK5」や「ATH-CK31」の11.5mmよりも小さめ。
・音漏れは国産カナル型イヤホンとしては普通のタイプ。「ATH-CK5」と同じくらい。
・遮音性はカナル型としては普通。
・音場感は普通。もしくは少し狭い。
・音量が少し取りづらい。iPodなら最大音量の7~7.5割程度必要。
・デザインは普通。
・最近は2,980円に値下げされている模様。
・楕円形のイヤーチップを使用すると音漏れが増え、遮音性は低くなるが、装着感は良くなる。
・生産終了。

音質・音域のバランス
・音質は価格より下。2,980円なら妥当。
・音域のバランスはややドンシャリ。
・高音域の量は普通。ややシャリつくのが気になる。
・中音域は他の音域比べ若干量が少ない。男性ボーカルは埋もれず聞こえる。
・低音域はかなり量が多めだが、基本的に問題ない。
・「サ行」の痛さは少し感じる。
・男性、女性ボーカルどちらも問題なし。どちらかと言えば女性ボーカル向けか。
・分解能はそれなり。
・音量を上げすぎると音割れする。
・下の評価は円形のイヤーチップを使用した場合。楕円形を使用するとフラットに近くなる。

音質☆☆☆(限りなく☆☆★に近いと思ってよい。)

音域のバランス(円形イヤーチップMサイズを使用。)
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

音域のバランス(楕円形イヤーチップMサイズを使用。)
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★


オススメ度☆☆☆★
・オーディオテクニカの製品と思って購入すると裏切られる。
・「カナル型イヤホンで大量の低音域を求める人」にはオススメする。
・正直、4,480円は高く、コストパフォーマンスはやや悪い。2,980円なら頷ける。
・今までのカナル型イヤホンのイヤーチップが合わなかった人は試しても良いかもしれない。

スペック
口径:10.7mm
感度:100dB/mW
再生周波数帯域:15 ~28,000Hz
インピーダンス:16Ω
質量(コード、プラグ除く):約4g
コード長:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
付属品:ポーチ、丸形イヤーピース(黒)/S, M, L、楕円形イヤーピース(グレー)/S, M, L、ループサポート/A, B, C
ATH-CK6

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。