JTS IE-6のレビュー

Category: イヤホンレビュー  07/06 /2008 (Sun)

サウンドハウスにて17,800円で購入。
主な特徴
・色は「クリア」1色。
・コードは約1.4m。Y字型コードでL字型プラグ。
・コードはやや太めだが、癖が付きづらく扱いやすい。タッチノイズはかなり少なめ。
・セミハードケースが付属。小さく扱いやすい。
・イヤーチップはS,M.Lサイズが付属。装着感はなかなか良い。「E3c」などのイヤーチップが流用可能。
・音漏れはほとんど無し。しっかり装着すれば図書館などでも問題なさそう。
・遮音性は国産カナル型よりもやや強め。
・音場感はやや広め。上下方向に広がり、左右方向にはあまり広がらない。
・音量はとりやすい。iPodなら最大音量の6割で十分。
・デザインは補聴器に見えるかも。好みが分かれる。

音質、音域のバランス
・音質は価格なり。
・音域のバランスは少し高音域より。
・高音域は量が多め。比較的鮮やかだが、ややシャリつき、鋭い感じがする。少し量が減ると良いと思う。
・中音域は聞きやすい音。男性ボーカルはかなり目立つ位置にある。
・低音域は非常に良いと思う。締まりがあり、聞きやすい。
・「サ行」はかなり痛い。最大の弱点といえる。
・女性、男性ボーカルどちらも問題ない。より女性ボーカルの方が向いている気がする。
・分解能はなかなか良い。
・全体的に非常に派手な音である。ダイナミック型で聞いているように聞こえる。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆
・サ行の痛さが最大の弱点。高音域もやや鋭い。これに耐えられるかどうか。非常に個性的な機種。
・「E3c」のイヤーチップを使うと見た目が「E2c」になります。
・次回作はサ行の痛さと高音域の量を減らして欲しい。

スペック
・ドライバ:デュアル・バランスドアーマチュア(Tweeter/Woofer)
・再生周波数帯域:20~18,000Hz
・インピーダンス:22ohm
・感度:120dB
・コード長:約140cm
・重量:約27g(ケーブル除く)
・付属品:キャリングケース、クリーニングロッド、交換用イヤチップ(S/M/L)
IE-6

詳細はこちら(サウンドハウスにリンク)
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (13) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

レビューお疲れさまです。


IE-6はすごい低音の出る機種だと聞いていましたが、低音はエージングでおさまって、高音域の耳につく感じが残ってしまった感じなんでしょうか。

17800円出すなら他にもいい機種がありそうですね。

Posted at 21:07:51 2008/07/06 by cermet

Comment

No title

cermet様
コメントありがとうございます。

高音域の耳につく感じが残ってしまった感じ。かなりイメージは近いと思います。

すごい低音の出る機種では無いと思います。しっかりとした低音は出ていると思います。
JTSの高音域はどうにかならないものか、と改めて思った機種であります。

Posted at 22:56:17 2008/07/06 by H.A

Comment

5ROとの比較お願いします。
同じデュアルドライバなので気になります。

Posted at 16:39:41 2008/07/11 by BC

Comment

No title

BC様
コメントありがとうございます。

「Super.fi 5 PRO」と「IE-6」の比較ですが、以下のとおりです。

音質
・「Super.fi 5 PRO」の方が上。

全般的
・「Super.fi 5 PRO」は派手さは無く、全般的に落ち着いている。
・「IE-6」は派手な音。

高音域
・「Super.fi 5 PRO」は量はそこそこだが、落ち着いていて、エッジ(鋭さ)もきつくなく、聞きやすい。
・「IE-6」の特徴が高音域。量が多く、ややシャリ付いている。

中音域
・低音域で有名な「Super.fi 5 PRO」だが、割と近くで鳴るボーカルも特長である。聞きやすい音。
・「IE-6」はやや離れた位置で音が出る。悪くは無いが、やや派手な鳴り方をする。

低音域
・「Super.fi 5 PRO」は量こそ多めだが、厚みはそれほど無い。他の音域を潰さないのが特長。
・「IE-6」は単純な量や厚みは「Super.fi 5 PRO」より上。低音域については「IE-6」の方が良いと思う。ただ、高音域の量に負ける。

結論
・基本的には「Super.fi 5 PRO」。
・派手さや、サ行の痛さ、シャリ付いても良いので高音域が欲しい人は「IE-6」。


何か「He&Bi」様みたいな書き方になってしまいました。

Posted at 22:46:18 2008/07/11 by H.A

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 23:03:03 2008/07/11 by

Comment

装着はshure掛けでしょうか?
それとShure110とは音のキャラは違いますでしょうか。

Posted at 01:30:53 2009/11/09 by YoshiYoshi

Comment

YoshiYoshi様
コメントありがとうございます。

装着は、いわゆるshure掛けです。
「SE110」とは全く違う傾向です。
「SE110」もレビュー済みです。

Posted at 21:51:56 2009/11/09 by H.A

Comment

No title

今更な書き込みになりますが・・・。

IE-6のイヤーピースはE2c用ではなく、それ以外のEシリーズやSEシリーズのものが流用可能なのではないでしょうか?
こちらでSHUREのソフト・フォーム・イヤパッドを装着した場合、ピッタリ一致しました。
また、E2c用のソフト・フレックス・イヤパッドは内径が大きく、装着できませんでした。

Posted at 09:02:55 2010/05/08 by 紅い稲妻

Comment

No title

紅い稲妻様
コメントありがとうございます。

仰るとおりです。径の細いBA型タイプのイヤーチップが適合します。

ご指摘ありがとうございます。

Posted at 22:30:31 2010/05/09 by H.A

Comment

No title

今更かもしれませんが
CK10との比較お願いします。
同じような高音寄りデュアルドライバなので気になります。

Posted at 23:00:39 2010/06/21 by

Comment

No title

名無し様
コメントありがとうございます。

どちらも高音が出ますが、音の雰囲気はだいぶ違います。

典型的なBA型の音がする「ATH-CK10」、中~低音域が太めな「IE-6」。

どちらも別売りですが、フォームイヤーチップを使用するとサ行の痛さは緩和されます。

他の事は各レビューご覧ください。

Posted at 00:05:02 2010/06/22 by H.A

Comment

No title

CK10と比べて
高音の絶対的な量はどうですか?

Posted at 22:49:36 2010/06/23 by

Comment

No title

名無し様

「ATH-CK10」と「IE-6」の高音の量について、ほとんど変わりませんが、少し「IE-6」の方が多い気もします。

Posted at 23:02:05 2010/06/24 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback