iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Audio Interu USTearphoneのレビュー

オーディオ インテルの通販にて16,170円で購入。代引手数料込みの価格です。
現在は新しい製品となっいます。
このイヤホンは旧製品で、現在は手に入りません。

新しいUSTイヤホンは21,000円(本体のみの価格)。
性能が向上しているとのこと。 主な特徴(MDR-E931(930)LP(SP)の特徴)。注意:私は「MDR-E931」を持っていません)
・色は「シルバー」1色?
・SONY「MDR-E931LP」の色自体は「ブラック」と「シルバー」の2色あるので「ブラック」が良い人は注文の際に聞いてみてください。
・コードは1.2m。u字型布製コードでL字型プラグ。「MDR-E931LP」自体が布製コードである。
・SONYでは0.5mコードの「MDR-E931SP」もあるが「Audio Interu」様では1.2mコードの「LP」しか取り扱っていない模様。
・「ドライバーユニット」は16mm(E931)と13.5mm(E930)の2種類。「Audio Interu」様では両タイプとも購入可能。
・タッチノイズは布製コードが災いしやや多め。
・布製コード自体は癖が付きづらく非常に扱いやすい。
・プラスチック製ケースが付属。非常に扱いやすい。
・開放型なので音漏れする。電車内などで使用する場合は音量に注意。
・装着感は非常に良い。イヤーパッドが無くても落ちたりしない。
・遮音性は開放型なのでほとんどない。
・「USTearphone」の音場感は非常に広い。上下左右いずれの方向にも広い。また極端には気にならないが、音はやや後方から聞こえる。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の6.5割~7割程度必要。
・デザインは普通だが良い。

音質、音域のバランス
・音質は価格以上。3万円前後のイヤホンでも十分対抗できる。
・音域のバランスはかなりフラット。わずかに低音域が少ないか。
・高音域は量こそ多めだが、他の音域はつぶしていない。音は頭の上に非常によく広がる。
・中音域はしっかりとした音。量は丁度良い。音は頭の位置で鳴っている。響きは割とあっさりしている。嫌みはないので、特に問題ないが、少し硬い感じのする癖がある。
・低音域の質感は良い。普通に見れば量自体は十分だが、この機種に限ればもうちょっと量が欲しい。
・「サ行」の痛さは感じない。
・男性、女性ボーカルどちらも問題ない。女性ボーカル、特に声が高め人は聞いていて面白い。
・分解能自体はなかなか良い。
・特定の男性・女性ボーカルでエコーがかかったように感じることがある。特に声を出し続け伸ばす個所で気になる。聞いていて唯一、気になった点である。

音質☆☆☆☆☆(☆☆☆☆★と迷いました。)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆☆
・音質自体は相当良い。開放型イヤホン最高レベルと言ってよい。
・当然のことながら音漏れします。バス、電車では注意。
・この機種自体は入手不可。欲しい人は少し高くなり改良された新製品を購入しましょう。


スペック
・追加技術:UST技術組込み
・追加デザイン:USTの手彫り文字
・公称インピーダンス:16Ω(1KHz)
・音圧感度:108dB/mW
・再生周波数帯域:10~23,000Hz
・コード:1.2m(U字型、L字型プラグ、布巻コード)
・質量:約6g(コード含まず)
・形式:オープンエア
・ドライバーユニット:16mm
・付属品:コンパクトケース、イヤーパッド
USTイヤホン

☆印の評価についてはこちらで説明します。
メーカーサイトはこちら
SONYのメーカーサイトはこちら