Victor HP-FX33のレビュー

Category: イヤホンレビュー  10/15 /2006 (Sun)

ビックカメラ有楽町店にて2,480円で購入。
以前に記載した「主な特徴」も再度記載します。
主な特徴
・色は、「ブルー」、「ブラック」、「オレンジ」、「グリーン」、「ピンク」、「シルバー」、「ホワイト」の7色と多彩。
・本体のコードは0.8m(Y字型ストレートプラグ)。付属のコードは0.7m(L字型プラグ)。タッチノイズは大きい。ビクター製品の持病か。
・ケースなどは付属しない。
・イヤーチップ(スポンジ)は2組付属しているが、大きさは同じ。かなり固めでその割には元の大きさに膨らむまでが早い。
・これまでの国産カナル型イヤホン(HP-FX55など)に付属しているシリコン製イヤーチップの流用が可能。装着感が良くなる。
・音漏れはかなり少ないと感じた。特にHP-FX55と比べるとかなり少ない。
・本体下部に音抜けのため(?)の穴が開いており、音漏れがしているが極端には漏れていない。
・遮音性はやや高い。これまでの国産カナル型イヤホン(HP-FX55など)に比べると密閉度が高い。その分、耳に詰まっている感じが強い。
・音場感は普通。もしくは少し狭い。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度必要。
・デザインは良いと思う。

音質(HP-FX55との比較含む)
・音質は価格なり。
・音域のバランスは低音域より。
・高音域の量はほどほど。エージング前は高音域があまり出ないが、エージング後は高音域がかなり出るようになる。
・中音域は他の音域比べ若干量が少ない。男性ボーカルは埋もれず聞こえる。
・低音域はかなり量が多め。量が単純に多い。
・「サ行」の痛さはほとんど感じない。
・男性、女性ボーカルどちらも問題なし。どちらかと言えば女性ボーカル向けか。
・分解能はなかなか良い。
・音質そのものはHP-FX55と変わらない印象。
・音のバランスはHP-FX55と比べるとやや低音域が多い印象。これ音抜け用の穴が少ないため。

音質☆☆★

音のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・個人的にスポンジの装着感は良好。
・低価格帯としては「音漏れの少なさ」、「色の多さ」が良い。
・低価格帯カナル型イヤホンの新たな選択肢に十分なりうる。
・タッチノイズの大きさで評価がマイナス。
・低音域を求める人にオススメ。

スペック
・再生周波数帯域:8Hz~23,000Hz
・感度:93dB/1mW
・最大許容入力:200mW(IEC※規格)
・コード:0.8 m(ストレート型プラグ、Y字型コード)
・付属品:イヤーピース2組、0.7m延長コード(L字型プラグ)
・質量:(コード含まず) 3.2 g

・以下の写真では、片側にSONYのシリコン製イヤーチップを装着している。スポンジは製品に4つ付属している。
HP-FX33

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

No title

VICTOR製品はやけに感度が低いんですね。>93dB/1mW

Posted at 21:22:16 2008/03/28 by うひちゃん

Comment

No title

うひちゃん様
コメントありがとうございます。

そうですね。確かにビクターは感度が低い機種が多いです。感度は高めでも100dB程度です。
ちなみに「インピーダンス」が記載されていないのも、ビクターの特徴です。

Posted at 21:50:20 2008/03/29 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback