iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

audio-technica ATH-ANC3のレビュー

ビックカメラ有楽町店にて12,800円でブラックを購入。 主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」の2色。
・コードはY字型1m。プラグはストレート。
・プラグから電池ボックス(ユニット)までで25cm。
・電池ボックス(ユニット)からコード分岐前までで42cm。コード分岐後からイヤホン本体まで40cm。プラグの根元から、イヤホン本体の先端までの全長は1.2m(電池ボックス含む)。
・タッチノイズはかなり大きめ。
・やや大きめのセミハードケースが付属。
・イヤーチップはS、M、Lサイズが付属。ファインフィットなので装着感は良い。
・イヤーチップは「SONY MDR-EX90SL」と同じように、正面から見ると斜めについている。
・音漏れは少しあり。爆音で聞かなければ、音漏れの心配はあまり無い。 音抜けの穴は5か所。背面のマイク部分からの音漏れが少しある。
・NC(ノイズキャンセリング)機能を使わなくとも遮音性はそれなりにある。
・音場感は普通。少し上方向に広がる。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7割で十分。
・NCユニットが軽く小さくて良い。単4電池1本で駆動。クリップ、モニターボタンあり。ボリュームコントロールはない。
・デザインは悪くない。

ノイズキャンセリング(以下NC)機能について
・NC機能はONでもOFFでも音楽が流れる。
・NC前後で音域のバランスの変化はほとんどなし。音量はNC前後でほんのわずか変化あり。基本的には同じ音量。
・NC後のホワイトノイズは「サー」という音はほとんど聞こえない。
・NC性能そのものはやや強めの部類。「SONY MDR-NC22」よりも上。
・圧迫感は少し感じるが、許容範囲内。

NC性能を確かめるため、地下鉄日比谷線で以下のことを確かめた。
・地下鉄ホームにおいてある空調の音で「ゴー」という騒音は。ほとんど消えた。
・男性、女性の声(アナウンス含む)は、少し声が遠くなるが問題なく聞き取れる。
・電車内の空調の音はほとんど消えた。
・電車が加速する際の「ウィーン」という音はキャンセルできなかった(ほとんどの機種で消音できない)。
・低音域~中音域を消すのに重点を置いている(NCイヤホン、ヘッドホンはそういうもの)。

音質・音域のバランス
・NC機能が付いている分、音質は値段には見合っていないが、これはヒドイ。2,000円以下のクラス。
・NC機能使用前後で音の変化はない。
・音域のバランス自体はかなりフラット。少し低音域が強め。
・「サ行」の痛さはやや感じる。
・全般的に普通の音だが、聞いているとイライラしてくる。

音質☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆
・音質、サ行の痛さ、タッチノイズと3つの欠点があるが、音質の低さはどうにかしてほしい。
・これではNC機能が1万円か、と言われかねない。
・NC機能はかなり良い。15,000円以上のモノには勝てないが、イヤホンタイプとしてはレベルが高い。
・音質さえ良ければかなり良い機種。次回作に期待。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ドライバー:12.5mm
・再生周波数帯域:15~22,000Hz
・ノイズキャンセルレベル:最大-22dB
・出力音圧レベル:104dB/mW(ノイズキャンセル使用時)、104dB/mW(ノイズキャンセル不使用時)
インピーダンス:90Ω(ノイズキャンセル使用時)、16Ω(ノイズキャンセル不使用時)
・電源:単4形アルカリ乾電池×1本
・電池寿命:約50時間
・質量:約25g(電池別、コードを含む)
・コード長:1.0m(Y字型、ストレートプラグ)
・付属品:延長コード 0.5m(ストレートプラグ)、航空機用変換プラグ、単4形乾電池×1本(動作確認用)、専用キャリングケース、イヤーピース各1セット(S/M/L)
ATH-ANC3

メーカーサイトはこちら