iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Ultimate Ears super.fi4のレビュー

アップルストア銀座店にて15,800円で購入。 主な特徴
・色は「シルバー」1色。
・コードは約1.2m。Y字型コードでストレートプラグ。
・コードは癖が付きづらいタイプ。タッチノイズはやや多めだが、遮音性の高さや普通の装着方法では仕方ない。
・プラスチックケースが付属。他のサイズのイヤーチップを収納するには小さい。
・イヤーチップはS、M、Lサイズに加え、2段キノコ型が付属。装着感は良く、遮音性や音漏れ対策も良い。やや厚めのシリコン製。
・音漏れはほとんどない。音抜けの穴もない。電車やバス、図書館でも問題ないだろう。
・遮音性は国産カナル型イヤホンよりもかなり上。同社上位機種の「Super.fi 5 PRO」と同じくらい。従来使われていたイヤーチップと違う。
・音場感はやや広め。全体的に音が上方向に離れた位置から、しかも少し後方から聞こえる。これは好みが分かれそう。
・音量が少し取りにくい。iPodなら最大音量の6.5~7割必要。
・デザインはシンプルで良いと思う。

音質、音域のバランス
・音質は価格なりの価値がある。
・音域のバランスはやや高音域より。
・高音域はきれいに出る。尖った音ではなく、聞きやすい。
・中音域も聴きやすい音。高音域に近い量が出ている。
・低音域は家で聴く分には不満がないが、外で聞くとやや量が減ってしまう。篭らず聞きやすい。
・「サ行」は痛さは少しだけ感じる。
・女性、男性ボーカルどちらも聞けるが、より女性ボーカル向け。
・分解能は良い。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆★
・基本的な性能に問題はない。
・低音域に期待する機種ではありません。高音域に期待する機種です。
・販売されている店舗は、「アップルストア」や「あきばぉ~」くらいしかなく、やや入手しづらい。
・「タッチノイズ」や、わずかに感じる「サ行の痛さ」が惜しい。
・音場感は広めだが、好みが分かれそう。

スペック
・スピーカータイプ:ハイデフ・バランスド・アーマチュア・ドライバ搭載
・入力感度:105 dB
・周波数特性:20Hz~15kHz
・インピーダンス:29Ω
・ケーブル長:約1168mm(面倒なので約1.2mと表記しました・Y字型コード、ストレートプラグ)
・完成品重量:約14g
・ノイズ分離(低減):26dB
・付属品:キャリングケース、イヤーチップ(S,M,Lサイズ、ダブルフランジチップ1セット)、サウンドレベルアテニュエーター、日本語ユーザーガイド
super.fi4(2)

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。