iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

PHILIPS SHL9600のレビュー

秋葉ダイレクト(浜田電機)にて6,980円で購入。 主な特徴
・色は「ブラック」1色。
・コードは1.2m。両出しコードでストレートプラグ。1.8mの延長コードが付属(説明書に書いてるが付属していたか覚えていない)。
・コードの途中に、50円玉と同じ大きさの円形のボリュームコントロールがある。
・ポーチは付属しない。
・折りたたみ機構はヘッドバンドの途中が折れ曲がり、内側に折りたためる。携帯性は良い。
・所謂耳乗せ型タイプ。イヤーパッドの素材は合皮素材。
・装着感は耳乗せタイプとしては、なかなか良い。側圧はやや強めで、耳で支えている。ヘッドパッドもあるのが良い。2時間程度の使用なら大丈夫そう。
・音漏れは非常に少ない。バスや電車でも問題ない。音量を抑えれば図書館でも問題なさそう。
・遮音性はやや高め。国産カナル型イヤホンと同等、もしくは少し高い遮音性。
・音場の広さは普通。広くはない。
・ヘッドバンドの広さは、私の場合最大まで広げて丁度良い。今まで装着できなかったヘッドホンがある場合は注意。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度必要。
・重さはほとんど感じない。
・デザインは良い。黒く小さめのデザインなので、スーツでも問題なさそう。

音質、音域のバランス
・音質は価格より少し良い。
・音域のバランスは少しドンシャリ。最初はかなりドンシャリだが、エージングすると中音域がやや前に、高音域はやや抑えめになる。
・高音域はほど良い量。キツさも感じない。
・中音域は、嫌みのある音ではないが、やや癖のある音。特に男性ボーカルはこの癖の影響を受ける。響きはややあっさりとしている。
・低音域はやや量が多め。篭ってはいない。
・サ行の痛さはほとんど感じない。
・女性ボーカルの方が向いている。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音漏れが少なく、遮音性も高めで、コードの長さが1.2m、しかも小さく折りたためる。ポータブルヘッドホンに必要な要素がそろっている。
・私の場合、ヘッドバンドの長さが最大まで広げて丁度良い。今まで装着できなかったヘッドホンがある場合は注意。
・販売している店舗が少ないのは残念。

スペック
・再生周波数帯域:10~28000Hz
・出力音圧レベル:106dB
・インピーダンス:32Ω
・最大出力:50mW
・ケーブル長:1.2m
・付属品:3.5-6.35mm変換プラグ
SHL9600

詳細はこちら(メーカーサイトが見つからないので秋葉ダイレクトにリンク)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。