iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

SHURE E500PTHのレビュー

フジヤエービックにて39,800円で購入。
中古品です。
同等品「SE530PTH」の新品はビックカメラなどでは64,800円、PTHなしの「SE530」は59,800円で販売中。 主な特徴
・現在は生産終了?「SE530(PTH)」に置き換えられている。
・色は「ブロンズメタリック」1色。
・コードは約46cm。Y字型コードでストレート字型プラグ。コードは少し太めでクセが付きやすい。また、重さを感じる。ツルツルしたコードで摩擦が非常に起きづらく、 タッチノイズがほぼ無い。
・ケースはセミハードタイプ。少し大きく感じるが、延長コードをを入れることを考えるとちょうど良い。
・イヤーチップは「フレックス・イヤパッド(透明のイヤーチップ。S、M、Lサイズ)」、「ソフト・フレックス・イヤパッド(シリコンラバー素材。S、M、Lサイズ)」、「フォーム・イヤパッド(スポンジ型)」、「トリプルフランジ・イヤパッド(3段キノコ型)」が同梱。
・装着感は良い。他社製のイヤーチップに交換する必要はない。コードを耳に回す形で装着するので、コードが不快に感じる人もいるかも。
・音漏れは少しある。普通に使う分には問題ないだろう。
・遮音性は高い。特にスポンジ、3段キノコ型は非常に遮音性が高い。
・付属品が多い。特に2タイプの延長コードが付属しているのはうれしい(約23cmと約91cm)。
・音量は問題なく取れる。iPodなら最大音量の5.5~6割で十分。
・音場はやや広め。
・デザインは普通。メタリックなデザインで好みが分かれそう。

音質、音域のバランス
・音質はイヤホンとしては相当高い。「ER-4S」より上。「Triple.fi 10 Pro」とは互角。
・音域のバランスはやや中~低音域が強め。
・高音域は少し控え目。
・中音域の量は丁度良い。男性ボーカルもはっきり聞こえる。
・低音域は少し量が多め。もう少し量が少ない方が好み。質は良い。
・「サ行」の痛さはわずかに感じる。
・男性ボーカル向けの機種。
・分解能は良い。
・Push-To-Hearコントローラは不要。使用すると全体的に音がぼやけてしまう。音質も☆☆☆☆★(下手をすると☆☆☆☆)レベルに落ちる。新しく購入される方はPush-To-Hearコントローラの無いものを選びましょう。5千円程度安くなります。

音質☆☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★(39,800円で買った私は☆☆☆☆☆)
・とにかく高音質なイヤホンを求める人へ。イヤホンの最高級品の一つ。
・「Triple.fi 10 Pro」では鮮やか過ぎるという人へ。低音域が強いが、高音域はやや落ち着いています。
・コストパフォーマンスがもう一歩「Triple.fi 10 Pro」に及ばない。「Triple.fi 10 Pro=IE40」が最安で4万円前後なのに対し、「E500=SE530(PTHが付いていなくても)」は5万円前後。

スペック
・トランスデューサ:バランスド・アーマチュア3機
・感度:119dB(SPL/mW(1kHz))
・再生周波数帯域:18Hz~19kHz
・公称インピーダンス:36Ω(1kHz)
・コード:約46cm(Y字型コード、ストレートプラグ)
・質量:約14g(ケーブル、コネクタ含む)
・付属品: キャリングポーチ、フレックス・イヤパッド(S, M, L)、ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L)、フォーム・イヤパッド、トリプルフランジ・イヤパッド、クリーニングツール、レベルコントローラ、標準プラグアダプタ、延長ケーブル(約23cm、約91cm(ともにストレートプラグ))、Push-To-Hearコントローラ、単4形乾電池
E500

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。