JVC、“重低音&タフ”で14時間聴けるネックバンドBluetoothイヤフォンを8月上旬発売

Category: 新製品ニュース  08/02 /2017 (Wed)

JVCケンウッドは、“重低音&タフ”をコンセプトにした、JVCブランドのネックバンド型Bluetoothイヤフォンを8月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。・店頭予想価格は、カーボン振動板とメタルボディを採用した「HA-FX33XBT」が10,000円前後、「HA-FX11XBT」が8,000円前後。
・カラーは、「HA-FX33XBT」がブラック&レッド、レッド、シルバーの3色。「HA-FX11XBT」は、ブラック&レッドとブラックの2色。

・「XX(XTREME XPLOSIVES)」イヤフォンのワイヤレスモデルで、Bluetooth 4.2に準拠。
・10mm径のネオジウムドライバユニットを搭載し、ユニットの性能を引き出すためにエクストリームディープバスポートを採用。
・「パワフルかつクリアでキレのある重低音」で再生できるとする。
・内蔵アンプで低音を増強するバスブースト回路も搭載し、オン/オフ切り替えが可能。

・「HA-FX33XBT」のみメタルボディを採用し、外部からの衝撃を抑えて不要振動を低減。
・ドライバにはカーボン振動板を採用し、キレのある重低音再生を実現する。

・いずれも連続14時間再生できるバッテリを内蔵し、充電時間は約3時間。
・音楽再生操作、ハンズフリー通話可能なリモコンマイクも備える。

・プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応。
・コーデックはSBC。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。

・フレキシブル素材で首周りにフィットするネックバンドを採用し、安定した装着感で音楽を楽しめる。
・ハウジングにはエラストマー素材のタフラバープロテクタを備え、衝撃からガードする。
・S/M/Lの3サイズのイヤーピースと充電用USBケーブルが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP