エレコム初の完全分離型イヤフォン「LBT-TWS01」を9月中旬発売

Category: 新製品ニュース  08/29 /2017 (Tue)

エレコムは、左右完全分離型のBluetoothワイヤレスイヤフォン「LBT-TWS01」を9月中旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10,800円前後。
・スマホ向けの型番が「LBT-TWS01MP」で、カラーはBlackとMixed(ブラック+レッド)。
・AV機器用の型番は「LBT-TWS01AV」でカラーはブラックのみ。

・Bluetoothワイヤレスイヤフォンで、左右をつなぐケーブルがない完全分離型。
・エレコムとしては初の完全分離型で、ユニットは6.0mm径のETEMドライバを採用。
・磁器回路を外磁型とすることでドライブ能力を強化し、PETフィルム振動板により、ワイドレンジ再生を可能とした。

・音道の先端にドライバを設置するDirect Contact Mount構造により、鮮明なサウンドを伝達。
・バックキャビティ容積を確保し、低音再生能力を高めた。

・耳へのフィット感を高めるために、3Dイヤーアームが付属。
・S/M/Lの3サイズから好みのフィット感を選べる。

・Bluetooth Ver.4.1に準拠。
・対応プロファイルはA2DP、AVCRP、HFP、HSP。
・コーデックはSBC。
・マイクを備えており、通話に対応。
・片耳だけでの利用も可能。

・ヘッドフォン部の外形寸法は16×15×18mm。
・重量は約12g。

・充電は付属のケースで行ない、連続再生時間は約3時間。
・ケースは430mAhのバッテリを内蔵しており、ヘッドフォンを約4回充電できる。
・ケース部の外形寸法は64×30×32mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約35g。

画像などは記事で。



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

実売2,980円のエレコムハイレゾイヤフォン「RH1000」とリケーブル対応「RH2000」を9月上旬発売

Category: 新製品ニュース  08/29 /2017 (Tue)

エレコムは、実売2,980円でハイレゾ対応のイヤフォン「EHP-RH1000A」とマイク付きの「EHP-RH1000M」を9月上旬より発売する。
また、MMCX端子を採用し、リケーブルにも対応する上位シリーズ「EHP-RH2000A」も9月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

「EHP-RH1000A/M」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「EHP-RH1000A」が2,980円前後、「EHP-RH1000M」が3,480円前後。
・10mm径のダイナミック型ドライバーを搭載したイヤフォン。
・カラーはBLACK、RED、MIX、WHITEの4色。
・振動板の素材には6ミクロンのチタンコートPETフィルムを採用。
・表面に36本のリブを設けて、異常振動を防止し、歪みの少ない透明度に優れる音とレスポンスの良い音を実現する。
・リアハウジングはすり鉢形状に設計することで定在波を抑制。
・再生周波数帯域は10Hz~45kHzでハイレゾ対応。
・音圧感度は95dB/mW。
・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は10mW。
・ケーブル長は1.2mのY型で、「EHP-RH1000M」は通話用マイクを装備する。
・リケーブルには対応しない。
・S/M/Lの3サイズのイヤーキャップやケーブルキーパーを装備。

「EHP-RH2000A」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,980円前後。
・12mm径のダイナミック型ドライバーを採用。
・CCAWボイスコイルの採用によりレスポンスを向上している。
・カラーはBLACK、REDの2色。
・振動板の素材には9ミクロンのチタンコートPETフィルムを採用。
・表面に30本のリブを設けて、軽量かつ高剛性化を実現。ローリングなどの異常振動を防止し、歪みの少ない透明度に優れる音とレスポンスの良い音を実現。
・リアハウジングはすり鉢形状に設計することで定在波を抑制。
・再生周波数帯域は10Hz~45kHzでハイレゾ対応。
・音圧感度は98dB/mW。
・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は10mW。
・MMCX端子を備えており、リケーブルに対応。
・付属のケーブルは1.2mでエラストマー素材を採用するほか、ナイロン線を加えることで強度を高めている。
・プラグは3.5mmステレオミニ。
・S/M/Lの3サイズのイヤーキャップやケーブルキーパーを付属する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

鼓膜の生体工学を振動板に応用したイヤフォン「KC09」を9月5日発売

Category: 新製品ニュース  08/29 /2017 (Tue)

IC-CONNECTは、OSTRY製のダイナミック型イヤフォン「KC09」を9月5日より発売する。
概要は以下の通り。

・MMCX端子のリケーブルに対応し、価格はオープンプライス。
・店頭予想価格は14,000円前後。
・eイヤホンで8月29日に先行予約受付を開始。

・10mm径ダイナミックドライバを搭載したイヤフォン。
・鼓膜の生体工学技術を応用したという厚さ2μmの薄型振動膜や、CCAWコイルを採用。
・ハウジングにはチタンコーティングを施し、高級感と耐久性を向上。
・フェイスプレートには黒のレザーをあしらい、左右チャンネルを判別しやすいデザインとした。

・発売済みのイヤフォン「KC06」や「KC06A」からデザインやドライバ設計を見直し。
・中高域のクリアさや低域の高いレスポンスとアタック感など、サウンド面を大幅に進化させた。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・感度は101dB。
・インピーダンスは32Ω。

・OSTRYのイヤフォンとして初めてMMCXリケーブルに対応。
・MMCXコネクタは接続強度と安定性の問題を解消しつつ、互換性もあるという特別設計のものを採用。
・ケーブル長は1.3mで、銅線に銀メッキを施した。
・メッシュ生地の被膜によってクセがつきにくく、タッチノイズも軽減。

・入力プラグはステレオミニ。
・今後、アップグレード用のケーブルを発売予定で、銀線ケーブルや単結晶銅線ケーブルなどを用意。

画像などは記事で。



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

開放的なサウンドのハイレゾ対応イヤフォン「LYRA Classic」を9月5日発売

Category: 新製品ニュース  08/29 /2017 (Tue)

IC-CONNECTは、Astrotec製のインナーイヤー型ハイレゾイヤフォン「LYRA Classic」を9月5日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は17,000円前後。
・eイヤホンで8月29日に先行予約受付を開始。

・ダイナミック型15mmドライバを搭載。
・同社のイヤフォン「LYRA6」の後継機種。
・開放的なサウンドを継承しながら、ドライバを改良して各音域が干渉して音が潰れないようにした。

・再生周波数帯域は15Hz~40kHzで、ハイレゾ再生に対応。
・感度は108dB/mW。
・インピーダンスは32Ω。

・デザインも見直し、本体をスリム化して装着感を向上。
・十字型のメッシュ部で強度と通気性を両立。
・ハウジングにマイクロ多孔質フィルターを採用し、音ヌケを良くしてヘッドフォンでのリスニングを思わせる広大な音場や自然で透明感ある音を実現。

・ケーブル長は1.2mで、PU Silver Wireを採用し、繊細かつダイナミックな音の表現が可能。
・装着は耳に掛ける方法と、下に垂らす方法のどちらにも対応。
・耳の小さいユーザー向けのウイングチップなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JH Audio trifi(型番:JHA-2441)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/27 /2017 (Sun)

フジヤエービックにて63,600円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エレコム、装着感にこだわった実売3,480円のBluetoothイヤフォン「LBT-HPC13シリーズ」を9月上旬発売

Category: 新製品ニュース  08/22 /2017 (Tue)

エレコムは、装着感にこだわったセミオープン型のBluetoothイヤフォン「LBT-HPC13シリーズ」を9月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3,480円前後。
・スマホ売り場向けのMP型番製品はブラック、ミックス1、ミックス2、ピンク、スマイル1、ホワイト、フェイスの7色展開。
・AV機器売り場向けのAV型番はブラック、ミックス1、スマイル1、ホワイトの4色展開。

・「しっかりと装着でき、至高のフィット感を実現する」というBluetoothイヤフォン。
・珠間切痕(耳たぶと耳珠の間のくぼみ)角度と、「外耳道(耳の穴)」角度を計測し、耳への最適な挿入角度およびケーブルの向きをデザイン。
・抜け落ちにくくぴったりとした装着感を実現。

・9.2mm径のダイナミック型ドライバを備え、コンパクトながら明瞭感ある高域と透明度ある中域、豊かな低域を実現。
・振動板は6.0ミクロンのPETフィルムで、振動板表面に40本のリブを設け、振動膜の変形や、分割振動、ローリングなどの異常振動を防止、歪の少ないリニアな出力特性を実現。
・ハウジング部の前後に小さな穴を設け、開放感を高めた。

・対応BluetoothプロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。
・BluetoothコーデックはSBC。
・リモコン部にはマイクを備え、通話も可能。

・バッテリ駆動時間は4.5時間(音楽再生時)。
・重量は約13g。
・イヤーチップはXS/S/M/Lの4種類が付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

マクセル、ロングストロークドライバで低音強化したBluetoothイヤフォン

Category: 新製品ニュース  08/22 /2017 (Tue)

日立マクセルは、低域再生を強化したネックバンド型Bluetoothイヤフォン「MXH-BTC400」を28日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,500円前後。
・カラーはブラック、ブルー、ピンク、ホワイト。

・Bluetooth 4.1に準拠した軽量14gのワイヤレスイヤフォン。
・左右を繋ぐケーブルの間にバッテリを備え、ハウジングを小型化して耳にすっきり収まるサイズを実現。

・8mm径のダイナミック型ドライバを搭載。
・振動板の振幅を大きくした「ロングストロークドライバ」でハウジング内部の空気を押し出す力を高め、低音を増強する。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・音圧感度は87dB/mW。
・インピーダンスは10Ω。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エレコム、aptX対応の士郎正宗デザインBluetoothイヤフォンを9月上旬発売。実売6,480円

Category: 新製品ニュース  08/22 /2017 (Tue)

エレコムは、士郎正宗デザインのBluetoothイヤフォン「LBT-SL100シリーズ」を9月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,480円前後。
・カラーは、ブラック、レッド。

・「アップルシード」、「攻殻機動隊」などの作品を生み出した士郎正宗氏がプロダクトデザインを担当したイヤフォン「EHP-SL100シリーズ」(2016年10月発売)をBluetooth化。
・独特のデザインのハウジング部に加え、バッテリケースやリモコンも士郎正宗氏が手がけており、「アニソンのリスニングに最適なチューニングを施した」という。

・10mm径のダイナミックドライバーは、チタンコートPETフィルムによる振動板で、豊かな低域と明瞭感ある高域を実現。
・強力なネオジウムマグネットを採用し、キレの良い低音を実現。
・ボイスコイルにCCAWを採用することで、振動レスポンスを向上し、ワイドレンジでクリアな音質を実現。

・BluetoothプロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。
・BluetoothコーデックはSBCだけでなく、aptXやAACなどの高音質コーデックに対応。
・「(2,000円程度のイヤフォンながら)音質の良さが好評となったEHP-SL100シリーズの良さを生かすため、aptXなどコーデックにこだわった」という。

・リモコン部にはマイクを備えており、通話も可能。
・バッテリ駆動時間は6時間(音楽再生時)。
・重量は約14g。
・イヤーチップはS/M/Lの3種類が付属し、奥行きを2段階で調節できるデプスフィットイヤーキャップを採用。


画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ADVANCED M4のレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/20 /2017 (Sun)

クラウドファンディングMakuakeにて3,980円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

FitEarのユニバーサルイヤフォン「FitEar Universal」を8月30日発売。実売73,000円

Category: 新製品ニュース  08/17 /2017 (Thu)

須山歯研は、カスタムイヤーモニター(カスタムIEM)をベースとしたユニバーサルタイプイヤフォン「FitEar Universal」を8月30日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は73,000円前後。
・FitEar Univeralは、2017年7月販売開始のカスタムIEM「FitEar Custom」をベースに開発したユニバーサルタイプのイヤフォン。

・耳型採取不要で、FitEar Customの音を実現するために、新開発の「オーバルホーンステム」を採用。
・これまでのカスタム製作で得たノウハウと形状、サイズ傾向から最適なステム形状を検討し、外耳道への干渉を抑え、Customで採用したミドルレッグシェルと同様の音導孔開放位置を得られるよう設計されている。
・これにより、「プロフェッショナルの現場で培われた強調の無い端正な音を手軽に、どなたにでもお届けする」という。

・Parterreから採用する音導孔開放部のホーン形状も採用。
・高域減衰を抑制し、カスタム設計時に想定された本来の遮蔽性と音質バランスを実現。

・ユニット構成は非公開。
・付属ケーブルは「FitEar cable 005シルバー 3.5mm3極ステレオミニプラグ」。
・付属品は、セミハードケース、ケーブルクリップ、クリーニングブラシ、イヤーチップなど。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JVCケンウッド HA-FX711Sのレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/06 /2017 (Sun)

セブンイレブンにて1,077円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JVC、“重低音&タフ”で14時間聴けるネックバンドBluetoothイヤフォンを8月上旬発売

Category: 新製品ニュース  08/02 /2017 (Wed)

JVCケンウッドは、“重低音&タフ”をコンセプトにした、JVCブランドのネックバンド型Bluetoothイヤフォンを8月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。・店頭予想価格は、カーボン振動板とメタルボディを採用した「HA-FX33XBT」が10,000円前後、「HA-FX11XBT」が8,000円前後。
・カラーは、「HA-FX33XBT」がブラック&レッド、レッド、シルバーの3色。「HA-FX11XBT」は、ブラック&レッドとブラックの2色。

・「XX(XTREME XPLOSIVES)」イヤフォンのワイヤレスモデルで、Bluetooth 4.2に準拠。
・10mm径のネオジウムドライバユニットを搭載し、ユニットの性能を引き出すためにエクストリームディープバスポートを採用。
・「パワフルかつクリアでキレのある重低音」で再生できるとする。
・内蔵アンプで低音を増強するバスブースト回路も搭載し、オン/オフ切り替えが可能。

・「HA-FX33XBT」のみメタルボディを採用し、外部からの衝撃を抑えて不要振動を低減。
・ドライバにはカーボン振動板を採用し、キレのある重低音再生を実現する。

・いずれも連続14時間再生できるバッテリを内蔵し、充電時間は約3時間。
・音楽再生操作、ハンズフリー通話可能なリモコンマイクも備える。

・プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応。
・コーデックはSBC。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。

・フレキシブル素材で首周りにフィットするネックバンドを採用し、安定した装着感で音楽を楽しめる。
・ハウジングにはエラストマー素材のタフラバープロテクタを備え、衝撃からガードする。
・S/M/Lの3サイズのイヤーピースと充電用USBケーブルが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP