【レビュー記事】AKGの新ハイブリッドイヤホン「N30」をN40と比較試聴!姉妹機の音はどんな風に違うのか?

Category: 新製品ニュース  02/16 /2017 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】AKG初のデュアルダイナミック型イヤホン「N25」速攻レビュー。これまでにない新しいタイプのサウンド

Category: 新製品ニュース  02/16 /2017 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

AKG、フィルタで音を調整する約3万円のハイブリッドイヤフォン「N30」とデュアルダイナミックイヤホン「N25」を2月24日発売

Category: 新製品ニュース  02/16 /2017 (Thu)

ハーマンインターナショナルは、AKGブランドのイヤフォンとして、ハイブリッドの「N30」と、ダイナミック型のデュアルドライバを搭載した「N25」を2月24日に発売する。
概要は以下の通り。

・「N40」と「N20」の間にラインナップされる2モデル。
・仕様面での位置づけとしては、「N30」が「N40」の“弟分”、「N25」は「N20」の“兄貴分”にあたる。
・どちらもハイレゾ対応。
・なお、上位モデルの「N40」は実売約45,880円だったが、約39,880円に値下げ。
・価格差を抑えた製品ラインナップが揃う形になる。

ハイブリッドの「N30」
・価格は29,880円。
・カラーはマットブラック、サテンシルバー。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを中高域用に、低域用にダイナミック型ユニットを採用。
・上位機の「N40」もハイブリッドだが、「N30」に搭載しているBAは、N40に搭載しているものと同じ。
・口径8mmのダイナミック型ユニットは、「N30」用にチューニングされたもの。
・電気的なネットワークは使っておらず、アコースティックにチューニング。ハイブリッドながら、自然な音の繋がりを実現。
・ノズルの先に搭載したフィルタは交換でき、透過性が異なる交換用フィルタとして「BASS BOOST」が付属。
・出荷時に取り付けられているのは「REFERENCE」で、2種類の音を楽しめる。
・装着は耳掛け式。
・ケーブルは着脱式で、MMCX端子を採用。
・ただし、イヤフォン側の端子が、少し奥まった場所にあるため、交換するリケーブルによってはプラグが届かずに接続できない場合がある。
・なお、「N40」のケーブルは「N30」に接続できない。
・ハーマンでは今後「N30」に対応するMMCXリケーブルの発売も検討。
・再生周波数特性は20Hz~40kHz。
・感度は86dB/mW。
・入力プラグはステレオミニで、ケーブル長は1.2m。マイク付きリモコンも装備。
・ケーブルを含まない重量は19.5g。
・イヤーピースはXS/S/M/L。
・フライトアダプタやキャリングケースが付属。

デュアルダイナミックドライバ「N25」
・価格は19,880円。
・カラーはブラック、ベージュ、ティールグリーン。
・中高域用に5.8mm径、低域用に9.2mm径のダイナミック型ユニットを搭載したデュアルダイナミックドライバのイヤフォン。
・再生周波数特性は20Hz~40kHz。
・感度は92dB/mW。
・インピーダンスは16Ω。
・改良を加えたアングルドイヤーチップ構造を採用しており、フィット感を高めている。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・ケーブルは着脱できない。長さは1.2mでリモコンマイクも装備。
・入力プラグはステレオミニ。
・ケーブルを省いた重量は15g。
・フライトアダプタやキャリングケースなどを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Unique Melody、ハイブリッドイヤフォン第二世代のユニバーサル版「MAVERICK II」、「MAVIS II」を2月20日発売

Category: 新製品ニュース  02/16 /2017 (Thu)

ミックスウェーブは、Unique Melodyのユニバーサルイヤフォンの第二世代として、ハイブリッドの「MAVERICK II」と、ハイブリッドかつデュアルダイナミックの「MAVIS II」を2月20日に発売する。
概要は以下の通り。

「MAVERICK II」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は137,600円前後。
・低域用に10mm径のダイナミック型ユニット×1、バランスド・アーマチュア(BA)×1、中域にBA×1、高域にBA×2を搭載。
・ハイブリッドの4ウェイ5ドライバ構成。
・従来モデルから、ダイナミック型ユニットと、中域用BAを変更。
・クロスオーバーポイントの最適化も行なったほか、フェイスプレート上のベントを2ポートにする事で、音の空間表現を拡張。
・ノズル部分には、プラチナ塗装を施した合金製サウンドチューブを採用。音をよりストレートに鼓膜へ届ける。
・再生周波数特性は10Hz~20kHz。
・入力感度は111.7dB。
・インピーダンスは23.3Ω。
・入力端子はステレオミニ。
・ケーブルは着脱も可能で、2ピン端子を採用。
・イヤーピースはシリコンタイプとフォームタイプを同梱。メタリック キャリングケース、クリーニングツールなどを同梱。

「MAVIS II」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は111,000円前後。
・低域用に7mm径のダイナミック型ユニットを2基、中域用にBA×1、高域用にBA×1を搭載。
・3ウェイ4ドライバ構成。
・クロスオーバーポイントの最適化、フェイスプレート上のベントを2ポートにした空間表現拡張、プラチナ塗装の合金製サウンドチューブも採用。
・再生周波数特性は10Hz~18kHz。
・入力感度は110.6dB。
・インピーダンスは24.3Ω。
・入力端子はステレオミニ。
・ケーブルは着脱も可能で、2ピン端子を採用。
・イヤーピースはシリコンタイプとフォームタイプを同梱。
・メタリック キャリングケース、クリーニングツールなどを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP