【レビュー記事】“完璧”という言葉がふさわしい 無償アップグレードで音を磨いたMrSpeakers「ETHER」シリーズを聴く

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2016 (Wed)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】モニターヘッドフォンの鉄板ならこれ、「HA-MX100-Z」を聴く

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2016 (Wed)

ascii.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】圧倒的ライブ感を生み出すハイブリッド型イヤホン、エレコム「EHP-R/HH1000A」レビュー

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2016 (Wed)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】パナソニックお洒落ヘッドホンの新旧“ 神7!”を対決させてみた

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2016 (Wed)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Westone、円高でカスタムイヤフォン「ES60/ES50」を2万円オフ。8月末まで実施

Category: 新製品ニュース  06/29 /2016 (Wed)

テックウインドは、ユーザーの耳型に合わせて作るWestoneのカスタムイヤフォン「ES60」(オープンプライス/実売18万円)と「ES50」(同15万円)の購入価格から20,000円を割り引くキャンペーンを7月1日~8月31日まで実施する。
概要は以下の通り。

・購入には別途耳型の採取が必要。

・「夏休み限定円高還元特価キャンペーン」と銘打ち、バランスド・アーマチュア(BA)×6ドライバの「ES60」や、BA×5ドライバの「ES50」を注文すると、それぞれ20,000円を割り引く。

・実施店舗は、e☆イヤホン全店、フジヤエービック本店、宮地楽器 神田店、ロックオンプロのほか、ビックカメラの池袋本店、渋谷東口店、有楽町店、新宿西口店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店、名古屋駅西店、札幌店、なんば店。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

SoundMAGIC、メタル筐体イヤフォン「E10M/C」などを7月11日発売

Category: 新製品ニュース  06/29 /2016 (Wed)

トップウイングは、中国SoundMAGICの新製品として、ダイナミック型イヤフォン「E10M」、「E10C」と、NFC/aptX対応のBluetoothヘッドセット「BT100」を7月11日より発売する。また、既発売のダイナミック型イヤフォン「E10」、「E80/E80S」の値下げも行なう。
概要は以下の通り。

・4月の発表当初、「5月下旬~6月上旬に発売」としていたもので、発売日と価格の詳細が決定。

リモコン付きダイナミック型イヤフォン「E10M/E10C」
・価格はいずれも5,500円。
・10mm径のダイナミック型ネオジウムドライバを搭載したイヤフォン。
・専用設計の軽量なメタル筐体を採用。
・カラーはレッド、グレー、ゴールド。
・「E10M」のみのカラーとしてパープルを、「E10C」のみブルーもラインナップ。
・ケーブル(1.2m)にはタッチノイズをより小さく、引っ張り強度も増したツイストペア4芯ケーブルを採用。
・リモコンマイクを備え、スマートフォン接続時に着信応答や曲送り、音量調整の各操作が行なえる。
・「E10M」はiPhoneなどのiOS端末対応。「E10C」はiOS/Android両方に対応。
・周波数特性は15Hz~22kHz。
・インピーダンスは46Ω。
・感度は100dB。
・重さは11g。
・プラグは60度のアングルをつけて使いやすさを向上。
・イヤーピースはドーム型、フラット型を各3サイズ、さらにダブルフランジのMサイズも同梱。
・なお、E10M/E10Cの発表に伴い、従来のリモコン付きイヤフォン「E10S」は流通在庫のみとなる。

NFC/aptX対応のBluetoothヘッドセット「BT100」
・価格は、E10M/E10Cが各5,500円、BT100が18,000円。
・53mm径のダイナミック型ネオジウムドライバを搭載。
・Bluetooth 4.0に準拠するヘッドセット。
・対応プロファイルはA2DP/AVCTP/AVRCP/HSPで、ワイヤレスで音楽再生やハンズフリー通話が可能。
・aptXコーデックに対応。
・NFCによるワンタッチペアリングや、通話時の音質を向上させる、CSRのCVC(Clear Voice Capture)技術もサポート。
・周波数特性は10Hz~30kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・感度は95dB。
・バッテリを内蔵し、最大連続18時間使用が可能。
・入力はステレオミニやmicro USBを備える。
・ハウジング部にチルト機構を備え、ヘッドバンドの長さもセルフアジャスト機構で調整可能。
・重さは316g。

現行製品の「E10」、「E80」は値下げ
・既発売のダイナミック型イヤフォン「E10」、「E80/E80S」の値下げを7月11日から実施する。
・「昨今の為替動向や企業努力を反映した」という。

各製品の値下げ後の市場想定価格は下記の通り。いずれも現行価格より2,000円安くなっている。
・E10:5,000円(現行価格:7,000円)
・E80:11,000円(現行価格:13,000円)
・E10:12,000円(現行価格:14,000円)

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】進化したフラグシップ、ゼンハイザー「HD 800 S」レビュー。“違う個性を持つもう一つのHD 800”を聴く

Category: 新製品ニュース  06/28 /2016 (Tue)


ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Venture Electronics、開放型イヤホン「VE MONK+」を7月初旬発売

Category: 新製品ニュース  06/28 /2016 (Tue)

Juice Bar(ジュースバー)は、中国Venture Electronics(ベンチャーエレクトロニクス)の新製品として、開放型イヤホン「VE MONK+」を7月初旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は1,500円(税込)。
・4月に発売されたN40ネオジムマグネット採用の15.4mm口径ダイナミック型ドライバーを搭載した入門機「VE MONK」の音質を強化したモデル。

・再生周波数帯域は18Hz~22.5kHzから16Hz~23kHz(±10dB)へ向上。
・インピーダンスは32Ωから64Ωに変更。
・感度は112dBから122dB(1mW)になり、比較的音量が取りやすくなった。

・最大入力は1,200mW。
・ケーブル長は1.2m。
・イヤーパッドは、孔有りと孔無しの2種類を付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エレコム、パステルトーン6色のスマホ用マイク付きイヤフォンを7月上旬発売

Category: 新製品ニュース  06/28 /2016 (Tue)

エレコムは、パステルトーンカラーのカナル型(耳栓型)イヤフォン「EHP-CN300M」を7月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は2,280円。
・カラーはグレー、ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイトの6色。
・10mm径ダイナミックドライバを搭載したカナル型イヤフォン。
・筐体は曲線でやわらかいデザインに仕上げ。

・ケーブルにはスマートフォンと接続時に着信応答/通話終了を手元で操作できるリモコンマイクを装備。
・収納時の絡まりなどを防ぐスライダーも付いている。
・ケーブル長は1.2m。
・プラグ形状はL型の3.5mmで4極ミニ。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は5mW。
・音圧感度は95dB/mW。
・XS/S/M/Lの4サイズのシリコンイヤーピースを同梱する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】8ドライバーの新星カスタムIEMモデル、qdcの実力は?

Category: レビュー記事紹介  06/27 /2016 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

C・ロナウド監修Bluetoothヘッドフォン「ROC Sport Black Platinum Over-Ear」を6月29日発売

Category: 新製品ニュース  06/27 /2016 (Mon)

完実電気は、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手が監修した米MONSTER製のヘッドフォン新モデルとして、Bluetooth接続でオーバーイヤー型のワイヤレスヘッドフォン「ROC Sport Black Platinum Over-Ear Bluetooth Headphones」を6月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・直販価格は54,620円。
・同シリーズのBluetoothヘッドフォン「ROC Sport Freedom」は既に発売されているが、よりハウジングの大きなオーバーイヤータイプ。
・更にBluetooth接続に対応したのが「ROC Sport Black Platinum Over-Ear Bluetooth Headphones」となる。
・ハウジングは密閉型。

・クリスティアーノ・ロナウド選手とMonsterが共同で開発。
・「ロナウド監修によるエクスクルーシブなライフスタイル商品。
・究極のデザインとクオリティを追求すべく、ロナウドの探究心から誕生したROC SPORTは彼のライフスタイルの1ピースを体験できる最高のアイテム」だという。

・ギタリストの指の動きやヴォーカリストの息づかいなど音楽の細かなニュアンスも再現するという「Pure Monster Sound」技術も採用。
・ハウジングにはタッチセンサーを備え、スワイプ操作でボリューム調整、タップで曲の再生/停止、曲送り/戻し、通話のコントロールが可能。
・ハウジングは回転式で、DJプレイにも利用可能。

・Bluetooth 4.0に対応し、aptXコーデックもサポート。
・重量は350g。
・バッテリの持続時間は約20時間。
・約1.4mのCTUケーブルと、USB充電ケーブルも同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

小雨でも通話できる撥水加工のBluetoothイヤフォン「BackBeat GO 3」を6月30日発売

Category: 新製品ニュース  06/27 /2016 (Mon)

プラントロニクスは、カナル型(耳栓型)のBluetoothイヤフォン「BackBeat GO 3」を6月30日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は13,500円(税込)。
・フル充電が2回できる充電ケース付きモデルも用意し、価格は17,820円(税込)。
・カラーはコバルトブラックとコッパーグレー。

・Bluetooth Ver.3.0準拠のワイヤレスイヤフォン。
・6mm径のカスタムダイナミック型ドライバを搭載。
・P2iナノコーティングテクノロジーによる撥水加工を施し、小雨の中でも通話できるが、完全防水ではない。

・対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。
・ケーブルにインラインコントロールを備え、電源オン/オフや音量調節、着信応答/通話終了に対応。
・スマートフォンなどと接続することで、内蔵のMEMSマイクロフォンによるハンズフリー通話が行なえる。
・全二重エコーノイズリダクション機能も搭載。
・通信距離は約10m。

・充電池を内蔵し、連続通話時間は約5時間、連続再生時間は約6.5時間、待受は約14日間。
・省電力モードの「DeepSleepモード」を備え、フル充電の場合は電源を切らなくても最大6カ月間(約180日間)、いつでも通信可能な状態を維持。
・重さは19g。
・S/M/L 3サイズのイヤーピースや、USB充電ケーブル、スタビライザーが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

audio-technica ATH-CKB50のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/26 /2016 (Sun)

ハードオフにてゴールドを1,080円で購入。中古品です。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Klipschイヤフォン「X10」の記念モデルを19,800円で6月24日から限定販売。通常モデルは終了

Category: 新製品ニュース  06/24 /2016 (Fri)

フロンティアファクトリーは、Klipschの創立70周年を記念し、イヤフォン「X10 Rev.1.2」をリーズナブルにした記念プライスパッケージを数量限定で、6月24日に発売する。
概要は以下の通り。

・通常モデルは26,800円だったが、記念価格として直販サイトにて19,800円(税込)で発売する。
・なお、通常モデルは出荷終了。

・Klipsch製品を利用しているユーザーに向けて、「Klipsch製品で聴くおすすめの1曲」をTwitterでツイートすると、抽選で10人に、New Xシリーズの製品がプレゼントされるキャンペーンも実施。
・詳細は70周年記念ページでアナウンス。

・「X10」は、米Klipschが2007年に発売、日本では2008年夏から販売された。
・細身のハウジングに、フルレンジバランスド・アーマチュアユニットを1基搭載。
・人気モデルとなったが、その後販売を終了。
・2014年に「X10 Rev.1.2」として復活。
・記念プライスパッケージのイヤフォン自体は既存のモデルと同じだが、70周年記念の専用のパッケージデザインを採用。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Etymotic Research、新たな最上位イヤフォン「ER4SR」と低域強化の「ER4XR」を発売

Category: 新製品ニュース  06/24 /2016 (Fri)

サウンドハウスは、米Etymotic Researchのイヤフォン最上位2機種を発売する。
概要は以下の通り。

・フラットな音質のスタジオリファレンスモデル「ER4SR」と、低音強化の「ER4XR」を用意。
・価格はいずれもオープンプライスで、販売価格は34,800円。

・「ER4SR」は、高い人気を持つ従来モデル「ER4S」の音を受け継ぎつつ、高解像度で原音に正確なサウンドを追求したフラッグシップモデル。
・「ER4S」より大きな出力音圧レベルも実現。

・「ER4XR」は、低音を強調することで、高解像度を維持しながら「今までのEtymotic Researchには無い、躍動感あるサウンドを実現した最上級リスニングイヤホン」としている。
・中域と高域は原音を色付けせず、存在感のある低音に埋もれることなく鮮明に聴ける。

昼間は29,800円だったはずなのに夜になったら34,800円に。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

アルミと革を活かした、MASTER & DYNAMICのBluetoothヘッドフォン「MW60」を7月1日発売

Category: 新製品ニュース  06/24 /2016 (Fri)

アユートは、ニューヨークのブランド「MASTER & DYNAMIC」によるBluetoothヘッドフォン「MW60」を7月1日より発売する。
概要は以下の通り。

・直販サイト「アキハバラe 市場」のほか、家電量販店やオーディオ専門店などで販売。
・直販価格(税込)は66,600円。
・カラーはGUNMETAL/BLACKとSILVER/BROWNの2色。

・Bluetooth 4.1対応の密閉型ヘッドフォン。
・45mm径のダイナミック型ネオジウムドライバを搭載。
・ハウジングにアルミ素材を使い共振を抑制。

・左チャンネル側の下部にクラス最高レベルの受信感度を実現するというBluetooth用アルミアンテナを装備。
・音切れなどのストレスなく音楽を楽しめる。
・コーデックはaptXをサポート。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFPに対応。
・ハウジングに音量調整やミュートなどの操作が行なえるコントローラーを備えるほか、ノイズアイソレーションマイクも内蔵。
・スマートフォンとワイヤレス接続してハンズフリー通話に対応。

・ヘッドバンド表面とハウジングにプレミアムレザー(ヘビーグレイン・カウハイド)を、ヘッドバンド裏面とイヤーパッドにはラムスキンを採用。・イヤーパッドはマグネットで着脱可能。
・ハウジング位置の調整部には耐久性の高いステンレススチールを採用。
・コンパクトに折りたためる機構も備える。

・バッテリを内蔵し、USB充電に対応。
・連続再生時間は約16時間。
・4極 3.5mmの入力端子を備え、付属のオーディオケーブル(約1.25m)でプレーヤーと有線接続して利用できる。
・重量は約345g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】安くて高音質! 5千円程度で買える人気イヤフォンを聴く【RHA S500】

Category: レビュー記事紹介  06/23 /2016 (Thu)


AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】安くて高音質! 5千円程度で買える人気イヤフォンを聴く【SATOLEX DH298-A1】

Category: レビュー記事紹介  06/22 /2016 (Wed)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

テスラ技術搭載イヤフォンが「AK T8iE MkII」に進化。海外での価格は999ドル

Category: 新製品ニュース  06/21 /2016 (Tue)

アユートは、Astell&Kernとbeyerdynamicがコラボしたイヤフォン「AK T8iE」の後継モデル「AK T8iE MkII」を発表した。
概要は以下の通り。

・詳しい価格や発売日は未定だが、海外での価格は999ドル。
・日本発売は7月頃の予定。
・昨年発売した「AK T8iE」に対して、ユーザーなどから寄せられた多くの意見を反映させ、進化したという後継モデル。
・具体的には、ユニットのボイスコイルを新型にしているほか、ケーブルもよりハイグレードなものに変更。
・MMCX端子もブラッシュアップ。

・ケーブルは着脱可能で、MKIIではケーブルをよりハイグレードなものに刷新。
・従来モデルと同様にMMCX端子を採用しているが、ゴールドメッキを施し、形状にも工夫をこらし、より確実な接続を実現。
・通常の 3.5mm/3極ケーブルに加え、2.5mm/4極バランスケーブルも同梱。
・イヤーシェイプ(耳甲介)型のハウジングデザインを採用する事で、耳に挿入しやすい。
・スムーズにフィットするよう最適化した、独自デザインのシリコンイヤーピースを5サイズ、さらにコンプライも3サイズ付属。

・再生周波数特性は8Hz~48kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・許容入力は10mW。
・音圧レベルは109dB。
・ケーブルを省いた重量は7g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ラディウス、Lightning直結の192kHz/24bit対応のDAC内蔵ポタアン「AL-LCH81K」を6月25日発売

Category: 新製品ニュース  06/21 /2016 (Tue)

ラディウスは、iPhoneやiPadなどのLightningコネクタに接続し、最大192kHz/24bitまでのハイレゾデータを再生できる、DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「AL-LCH81K」を6月25日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は27,000円前後(税込)。
・カラーはBlack。
・iOS機器のLightning端子と直結できるDAC内蔵ヘッドフォンアンプ。
・iPhone/iPad内の音楽をデジタルで伝送し高音質で再生。バスパワーで動作する。
・出力はステレオミニ。

・PCMデータの192kHz/24bitまでの処理が可能。
・iOS用のハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」と組み合わせる事で、より使いやすくハイレゾ楽曲が楽しめるという。
・無料の「NePLAYER Lite」と合わせてのハイレゾ再生も可能。

・DACは旭化成の「AK4430」を採用。
・新開発のアドバンスド・マルチビット方式を採用したDACで、SN比が格段に向上。

・バスパワー駆動ながら、最大出力130mW×2ch(16Ω)も実現。
・周波数特性は20Hz~20kHz(0dB~-0.5dB)、20Hz~90kHz(0dB~-3.0dB)。
・SN比は106dB以上(@JIS-A)。
・対応インピーダンスは16Ω~300Ω。

・音質劣化の要因となる出力コンデンサを省き、アンプを駆動する電源を内部で生成するOCL構造を採用。
・「ノイズの低減や、低音域を損なわずヘッドフォンを高音質かつパワフルに駆動できる」という。
・リモコン機能も備えており、再生、一時停止、音量調節、曲送り、曲戻しなども可能。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】iPhoneユーザー注目の平面駆動型オンイヤーヘッドフォン。AUDEZE「SINE」

Category: レビュー記事紹介  06/20 /2016 (Mon)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ティアックの最上位ポタアン「HA-P5」レビュー。小型ボディに凝縮した機能を総検証

Category: レビュー記事紹介  06/20 /2016 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】人気シリーズ「CKR」第2世代機はどう変わったのか? オーディオテクニカ開発者に聞く

Category: レビュー記事紹介  06/20 /2016 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】3000円の安物イヤフォン「Piston Classic」の音は1万円クラスに匹敵

Category: レビュー記事紹介  06/20 /2016 (Mon)

ascii.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】安くて高音質! 5千円程度で買える人気イヤフォンを聴く【Philips SHE9720】

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Top Wing Cybersound Group、「Witch Girl Pro」など、AROMA新イヤフォンを7月16日発売

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)

Top Wing Cybersound Groupは、香港AROMAのユニバーサルタイプ・イヤフォン2機種を7月16日に発売する事を決定した。
概要は以下の通り。

共通
・どちらのイヤフォンも、Knowles製の最新BAドライバを採用。
・ドライバ数が多くなると大きくなり、付け心地にも影響するため、「Witch Girl Pro」は全てハンドメイドで筐体を製作。
・シェルとフェイスプレートのつなぎ目に、一切の切れ目がない仕上げで、「カスタムイヤホンと同等のフィット感、長時間つけていても疲れない」とアピール。

「Witch Girl S」
・価格は3ウェイ5ドライバの「Witch Girl S」が92,000円、3ウェイ6ドライバ「Witch Girl Pro」が125,000円。
・ユニット構成は全てBAで低域×2、中域×2、高域×1の5ドライバ。
・感度は122dB/mW。
・インピーダンスは48Ω。
・再生周波数特性は20Hz~20kHz。
・ケーブルはOCCで1.2m、入力プラグはステレオミニ。
・2ピン端子で着脱もできる。

「Witch Girl Pro」
・価格は3ウェイ5ドライバの「Witch Girl S」が92,000円、3ウェイ6ドライバ「Witch Girl Pro」が125,000円。
・ユニット構成は中域×2、高域×2はBA、低域は8mm径のダイナミック型ドライバ×2の合計6ドライバ。
・感度118dB/mW。
・インピーダンス16Ω。
・周波数特性20Hz~20kHz。
・ケーブルはOCC 1.2mで、入力プラグはステレオミニ。
・2ピン端子で着脱もできる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DynamicMotion、世界初のダイナミック+BA同軸配置イヤフォンを6月29日発売

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)

サエクコマースは、DynamicMotionの新製品として、世界で初めて、ダイナミック型ユニットとバランスドアーマチュアユニット(BA)を同軸上に配置したハイブリッドイヤフォン「DM200H」を6月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は29,500円前後。
・ダイナミック型ユニットとBA型ユニットの2つを同軸上に配置。
・点音源再生のメリットが生まれ、優れた音場再現性や音像定位を実現。
・この同軸ドライバは「Bulls Eye Driver」と名付けられている。

・ダイナミック型ユニットには、ネオジウムリングマグネットを採用。
・同軸配置する事で、BAとダイナミックドライバが干渉せず、位相特性に優れた自然な音調表現と、高い解像度を両立。
・再生周波数帯域は5Hz~40kHzでハイレゾ対応。
・インピーダンスは24Ω。

・ハウジングは、人間工学とコンピュータで空気の流れをシミュレーションして設計。
・ケーブルは1.25mで、導体の中央にケブラー繊維を配置。強度を高めると共に、導通特性にもこだわった。
・サエクとコラボする事で、最適なケーブルとのマッチングを実現。

・ケーブルを含めた重量は15.6g。
・イヤーピースはXS/S/M/Lを同梱。コンプライのフォームチップも付属。
・キャリングケース、ケーブルクリップ、航空機用プラグアダプタなどを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Campfire、チューブレスでBA×5基の最上位「ANDROMEDA」(アンドロメダ)」を6月18日発売開始

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)

ミックスウェーブは、Campfire Audioのイヤフォン「ANDROMEDAの発売日を6月18日から発売を開始した。
概要は以下の通り

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は129,300円前後。
・壮大なアンドロメダ銀河から名付けられたフラグシップモデル 。
・クアッドドライバの「JUPITER」を超えるサウンドを実現。

・BAは5基で、低域用×2、中域用×1、高域用×2で構成。
・「JUPITER」と同様に、「Resonator assembly(レゾネーター・アセンブリー)」と名付けられたチューブレス設計を採用。
・「JUPITER」から中域の表現力を改善し、「低域から高域にかけて、 より安定した階調が得られている」という。

・筐体にはアルマイト加工を施したアルミニウムを採用し、人間工学に基づいた筐体設計。
・感度は115dB。
・再生周波数特性は10Hz~28kHz。
・インピーダンスは12.8Ω。

・ベリリウム銅加工されたMMCX端子を採用し、ケーブルの着脱が可能。
・ALO audioの「Ritz Wire Earphone Cable」が付属。
・入力端子はステレオミニ。
・イヤーピースはシリコン、フォーム、コンプライの3タイプ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

フレディ生誕70年を記念したQUEEN仕様のオンキヨー製ハイレゾプレーヤー&ヘッドフォンを日本限定で9月発売

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)

ロックバンドQUEENのフレディ・マーキュリー生誕70周年と、オンキヨーの創業70周年を記念したハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーとヘッドフォン/イヤフォンが日本限定で9月に発売される。
概要は以下の通り

・価格は、プレーヤー「DP-X1」が74,800円、ヘッドフォン「H500MB」が29,800円、イヤフォン「E700MB」が19,800円。
・オンキヨー直販サイトのONKYO DIRECTと、UNIVERSAL MUSIC STOREでの先行予約を6月22日12時から12月26日12時まで行なう。
・9月から順次発送し、いずれのモデルも無くなり次第予約受付を終了。
・なお、3製品の売上の一部は、エイズ基金財団の「The Mercury Phoenix Trust」に寄付。

ハイレゾプレーヤー「DP-X1」
・本体背面にQUEENロゴをレーザー彫刻し、専用オリジナルレザーケースにもロゴを彫刻。
・また、QUEENのハイレゾ音源を5曲収録。
・「当時のQUEENサウンドそのままの臨場感と感動を余すところなく高音質で体験できる」としている。
・収録曲のタイトルは6月22日に掲載される販売ページで発表予定。
・さらに、膨大なQUEENの秘蔵写真から厳選したものをmicroSDカードに収録予定。

ヘッドフォン「H500MB」
・左右のハウジングに、日本国内で加工したQUEENロゴのステンレスプレートを装飾。
・QUEENロゴをプリントしたオリジナルキャリングケースも付属。

イヤフォン「E700MB」
・ハウジングに、日本国内のジュエリー職人がQUEENロゴを彫刻したスターリングシルバープレートを使用。
・ロゴを型押ししたオリジナルキャリングケースも付属。


画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Beats、UNDERCOVERデザインのスポーツ向けBluetoothイヤフォンを7月中旬発売

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)


Beats by Dr.Dreは、ファッションブランドのUNDERCOVER(アンダーカバー)とコラボレーションしたワイヤレスイヤフォン「Beats X UNDERCOVER Powerbeats2 ワイヤレスイヤフォン」を7月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は26,400円。
・一般販売に先駆け、東京・新宿にオープンするUNDERCOVERのポップアップストア「UNDERCOVER ISETAN THE STAGE(伊勢丹新宿本店1F ザ・ステージ)において数量限定の先行販売も実施。期間は6月22日~28日。

・耳掛け型のスポーツ向けBluetoothイヤフォン「Powerbeats2」(通常モデル20,600円)の、本体カラーや付属品などのデザイン変更をしたコラボモデル。

・本体カラーにベージュやブルーグレイ、オレンジを組み合わせている。
・「日本の伝統色にインスパイアされた落ち着いた色合い。高橋氏が長距離を走るときに味わう、静かな瞑想状態にありながらアドレナリンに満ちた感覚を表している」という。
・付属のケースも本体に合わせたデザイン。

・PowerBeats2は、スポーツ向けのBluetoothイヤフォンとして2014年9月に発売。
・IPX4準拠の耐汗・防沫仕様。RemoteTalkケーブルでハンズフリーでの電話応答やミュージックプレーヤーの操作が可能。
・バッテリ駆動時間は最大6時間。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫