NuForce、カーボンファイバー&無垢真鍮材を使った新イヤホン「NE-800M」「NE-750M」を7月10日発売

Category: 新製品ニュース  06/30 /2015 (Tue)

フューレンコーディネートは、同社が取り扱うNuForceの新イヤホン「NE-800M」「NE-750M」を7月10日に発売する。
概要は以下の通り。

・「NE-800M」(税抜23,000円)はカーボンファイバー製のハウジングを採用。
・ノズル部は無垢の真鍮製で、不要振動を低減するとともにサウンドを最適化。
・クリアで歪みのない音像と強力な低音再生が特徴。
・スマホ用マイクリモコンも用意。
・チタンコーティングを施した振動板とネオジウムマグネット、銅被覆アルミ製ボイスコイルを採用した8.6mmドライバーを搭載。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・感度は113dB/±3dB。
・インピーダンスは16Ω。
・質量は18gと軽量。
・付属品として、コンプライ製イヤーピース(M/L)のほか、シングルフランジイヤーピース(S/M/L)、ケーブルクリップ、キャリーポーチ、機内用プラグを用意。

・「NE-750M」(税抜15,000円)はチタンコーティングを施した振動板とネオジウムマグネット、銅被覆アルミ製ボイスコイルを採用した8.6mmドライバーを、航空機グレードのアルミ製ハウジングに搭載。
・ハウジングには2つの音響室を設けて低音再生力をアップさせている。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・感度は113dB/±3dB。
・インピーダンスは16Ω。
・スマホ用マイクリモコンを搭載。
・質量は15g。
・付属品として、シングルフランジイヤーピース(S/M/L)、ケーブルクリップ、キャリーポーチを用意。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Klipsch、スポーツ仕様の耳掛け型イヤフォン「AW-4i」「AS-5i」を7月17日発売

Category: 新製品ニュース  06/30 /2015 (Tue)

フロンティアファクトリーは、Klipschのスポーツイヤフォン「AW-4i」と「AS-5i」を7月17日より発売する。
概要は以下の通り。

・「AW-4i」はカナル型、「AS-5i」はイヤーフックを備えた耳掛け型。
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は「AW-4i」が12,800円前後、「AS-5i」が14,800円前後。
・カラーはブラックとブルー。

・いずれもドライバに8.5mmのデュアルマグネット・ダイナミック・ムービングコイルマイクロスピーカーを搭載。
・「繊細さと力強さを備えたプレミアムサウンドが楽しめる」という。

・いずれも防水/防滴加工を施しており、スポーツやアウトドアでも使用可能。

・ケーブル部は、「AW-4i/AS-5i」ともに、Apple製品対応の3ボタンリモコンマイクを内蔵。
・「AW-4i」はグローブを付けたままでも使える大型の3ボタンリモコンとしている。
・「AS-5iでは、ケーブル部はケブラー繊維を採用し、強度を確保。断線を防いでいる。

・再生周波数帯域は10Hz~19kHz。
・出力音圧レベルはAW-4iが110dB(1mW)、AS-5iが107dB(1mW)。
・インピーダンスは18Ω(AW-4i)/17Ω(AS-5i)。
・重量は14.7g(AW-4i)/19g(AS-5i)。
・4サイズのOval Ear Tipsと、キャリングケースが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ケーブル取り回しを改善した、ネックストラップ付きBluetoothイヤフォンを7月中旬発売

Category: 新製品ニュース  06/30 /2015 (Tue)

エレコムは、ネックストラップ付きのBluetoothイヤフォン「LBT-NS10シリーズ」を7月中旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は7,690円。
・カラーは、ブルー、ピンク、レッド、ホワイトの4色。

・スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで受信して聴けるBluetooth 4.1対応のイヤフォン。
・ネックストラップ部の裏側にバッテリ内蔵のBluetoothレシーバを配置したことでイヤフォンのハウジング部を小型化し、ケーブルの取り回しもシンプルにしたのが特徴。
・ネックストラップにはキャンバス生地を使用し、長さは480mm。
・ケーブル長は270mm。
・イヤフォンのドライバユニット径は9mm。

・NFCもサポートし、対応スマホをレシーバ部にタッチしてペアリングできる。
・Androidアプリの「かんたんBT」でもBluetoothの接続設定が可能。
・BluetoothのプロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応。
・スマホなどの音量調節や音楽の再生/停止、曲送り/曲戻しなどの操作が可能なボタンを装備。
・スマホの通話やチャットも利用でき、音楽再生中の着信にも対応。
・著作権保護のSCMS-Tもサポート。
・音声コーデックはSBCのみ対応。

・内蔵バッテリでの利用時間は、音楽などの再生が最大8時間、通話が最大9時間、待受が最大90時間。
・充電はmicroUSB端子から、付属ケーブルを使って行なう。
・電池残量/充電中やペアリングモード中の状態などがわかるLEDランプも備える。
・重量は約32g。
・イヤーピースはXS/S/M/Lサイズが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

フジヤエービック、FitEarとコラボしたオリジナルイヤホン第2弾を7月11日に発売

Category: 新製品ニュース  06/29 /2015 (Mon)

フジヤエービックは、FitEarとコラボしたオリジナルイヤホンの第2弾「FitEar FUJIYA AVIC 212」を7月11日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は72,800円(税込)。
・現在同社直販サイトにて、ひとり1台限定・初回販売30台で予約を受け付けている。
・なお、中野ブロードウェイの店舗(Part3)にてデモ機を展示中。
・7月11日の「ポタ研」会場でも販売される。

・「FitEar FUJIYA AVIC 212」はフジヤエービック30周年記念モデル。
・第一弾モデル「FUJIYA AVIC 111」の「後継というより拡張版の位置づけとなるモデル」(同社)とのこと。
・シングルBAドライバー構成にあわせて設計された純チタン削り出しのテーパードポートシステムはそのままに、さらに空気感と繊細な再生の追究を目指した。

・シェルはフジヤエービックのコーポレートカラーであるピュアレッド。
・リケーブルはFitEarタイプコネクターのものに対応。
・デフォルトのケーブルは「FitEar cable 006」。
・付属品として、イヤーチップ4種類(S/M/L/ダブルフランジ 各1セット)、ケーブルクリップ、クリーニング用ブラシ、専用ポーチが用意。

名称的にデュアルドライバでしょう。この価格ですと、「Parterre」「fitear」に比較的近い価格帯です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

職人手作りのイヤホンが発売1カ月半で年間目標を達成

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  06/29 /2015 (Mon)

日経トレンディネットに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】“ちょうどいい”音とデザイン、夏ヘッドフォンは「Fidelio F1」で決まり!

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2015 (Mon)

ascii.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】中音域良すぎ! 好みにカスタムできるイヤフォン「DN-2000J」

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2015 (Mon)

ascii.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】編集部員が語る、SHURE「SRH144/145」が“初めてのヘッドホン”にオススメな理由

Category: レビュー記事紹介  06/29 /2015 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

B&O、スピーカーやテレビなどを8月1日に値上げ

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  06/29 /2015 (Mon)

バング&オルフセン ジャパン(B&O)は、一部製品の価格を8月1日より改定すると発表した。
概要は以下の通り。

・生産コストと輸入コストの高騰や、為替の変動が理由。
・テレビやスピーカー、ヘッドフォンなどの値上げを行なう。
・価格改定の対象となるのは、B&Oブランドのテレビ、スピーカー、ミュージックシステムのほか、AV製品の付属品、リモコン、ヘッドフォン、イヤフォン。
・主な製品の価格改定率は平均約113%。
・ただし、カジュアルライン「B&O PLAY」11製品のうち値上げされるのは、Bluetoothスピーカーの「BeoPlay A2」と、ヘッドフォンの「BeoPlay H8」と「BeoPlay H2」の3製品。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ninewave NW-STUDIO PROのレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/27 /2015 (Sat)

ビックカメラ有楽町店にて2,138円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】1万円台からのハイレゾ!! 今おススメのスピーカー&ヘッドフォン

Category: レビュー記事紹介  06/24 /2015 (Wed)

ascii.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

KEF、ヘッドホン「M500」に新色のブラックとホワイトを追加。6月中旬発売

Category: 新製品ニュース  06/24 /2015 (Wed)

KEFは、ヘッドホン「M500」に新色となるブラックとホワイトの2モデルを追加する。
概要は以下の通り。

・6月中旬発売。
・価格は35,000円(税抜)。
・これで「M500」は既存のシルバーモデルもあわせて3つのカラーバリエーションが揃う。

・「M500」は、KEFが新開発した40mmのネオジウムドライバーを搭載。
・ボイスコイルにはKEFのスピーカーにも用いられている銅被膜アルミを使用し、高域のレスポンスや低音の質感を強化。

・フレームはアルミ製で、軽量かつ剛性が高い。
・イヤーパッドとヘッドバンドには、通気性が高く汗に強い形状記憶フォームを採用。

・筐体のヒンジ部分には独自の「スマートヒンジ」を装備。
・ひとつのヒンジでイヤーパッドを折りたたみ、かつ回転させることができるため、装着感の向上に加え、折りたたみも容易。

・ケーブルは着脱式で、iPhoneの操作が可能な3ボタンマイクリモコン搭載ケーブルと、もつれにくいフラットケーブルのストレートタイプを同梱。
・ケーブル長は1.3m。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・感度は108dB(IEC-318 at 1kHz)。
・インピーダンスは32Ω。
・質量は208g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

デノン、ペルソナ4キャラの録り下ろしボイスを収録したNC/BTヘッドホン受注受付開始

Category: 新製品ニュース  06/24 /2015 (Wed)

デノンは、アトラスが6月25日に発売するPlayStation Vita用ソフトウェア『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(P4D)』とのコラボによるノイズキャンセリング対応Bluetoothヘッドホン「AH-GC20 P4D スペシャルエディション」を発売する。
概要は以下の通り。

・価格は39,800円(税抜)。
・本機は完全受注生産モデル。
・文受け付け期は6月23日(火)から8月25日(火)23時59分まで。
・出荷開始予定は9月末頃を予定。

・「AH-GC20 P4D スペシャルエディション」は、デノン「AH-GC20」をベースに、本機でしか聴くことのできないP4Dキャラ 5名による録り下ろし音声ガイダンスを収録。
・本機はBluetoothやノイズキャンセリング機能のオン/オフ、バッテリー残量をP4D キャラの音声で確認することが可能。

ボイス収録キャラは以下の通り。
・鳴上悠(CV:浪川大輔):収録ボイス例「やあ、鳴上悠です」「待ってくれ、接続先を検索中だ」
・久慈川りせ(CV:釘宮理恵):収録ボイス例「やっほー!りせちーだよ♥」「うん!繋がったみたい!」
・花村陽介(CV:森久保祥太郎):収録ボイス例 「うーす、花村陽介っす!」「なるほど、バッテリーはと...残り20時間だぜ!」
・里中千枝(CV:堀江由衣):収録ボイス例「やあやあ、里中千枝っすよー!」「行っくよー、ノイキャ~ン...オーン!」
・堂島菜々子(CV:神田朱未):収録ボイス例「こんにちは!堂島菜々子です!」「またね、おにいちゃん!」

・製品パッケージは、AH-GC20を装着した主人公:鳴上悠をフィーチャーしたP4Dスペシャルエディション専用パッケージ。
・イラストは副島成記氏による新規描き下ろしを予定。
・特典として、スペシャルパッケージ用の描き下ろしイラストをB2サイズ(515×728mm)で楽しめる大判タペストリー「描き下ろしパッケージビジュアル B2タペストリー」と、シリアル No 付きサンクスカードが付属。
・購入者の中から抽選で合計10名にボイス収録キャラの声優サイン色紙をプレゼント。

・ヘッドホン性能についてはAH-GC20と同様。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】フィリップス「F1」レビュー - ハイレゾをカジュアルに楽しめるヘッドホン

Category: レビュー記事紹介  06/23 /2015 (Tue)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

RHA、DualCoilドライバ搭載イヤフォン「T20」を7月15日発売。31,200円

Category: 新製品ニュース  06/23 /2015 (Tue)

ナイコムは、RHA製の新カナル型イヤフォン「T20」を7月15日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は31,200円。
・独自の「DualCoilダイナミックドライバ」を搭載したイヤフォン。
・輪形のマグネットの同心円上に2つの独立したボイルコイルを配置。特別に設計された振動板を駆動するもの。
・外側のコイルは中高音~高音域、内側は中低音~低音域を担当し、「超効率的に洗練された高解像度のパフォーマンスを達成する」としている。

・ハウジングはメタルインジェクション(金属粉末射出成形)加工で作られたステンレス製。
・エルゴノミックデザインを採用。
・フィルタの交換によって音をカスタマイズでき、リファレンスフィルタに加え、Bassフィルタ、Trebleフィルタも付属。

・再生周波数特性は16Hz~40kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・最大出力は5mW。
・感度は90dB。

・ケーブルの長さは1.35m。
・ケーブルはマルチコアOFC銅線。

・イヤーピース12ペアに加え、可変タイプのイヤーフックやケースも同梱。
・なお、現時点でApple製品互換のリモコン付きモデルの発売予定は無いとしている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

BlueGear、補聴器のノウハウを投入したイヤフォン「CS-2」に黒モデルを7月1日発売

Category: 新製品ニュース  06/23 /2015 (Tue)

zionoteは、BlueGearブランドのイヤフォン「CS-2」のカラーバリエーションとして、ブラックモデル「CS-2 TransparentBlack」(CS-2-Black)を7月1日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は34,000円。
・なお、1月から発売しているグレーモデルは、6月23日から直販サイトのzionoteDirect限定販売モデルとなる。

・BlueGearは、「補聴器の世界的メーカーと、最新のイヤフォン技術が融合してできた」というブランド。
・補聴器のノウハウを用いて、様々な大きさや形の耳で、高いフィット性が得られるという形状が特徴。

・ドライバはバランスド・アーマチュアユニットを2基搭載。
・再生周波数帯域は20Hz~19kHz。
・感度は109dB。
・インピーダンスは22Ω。

・ケーブルを耳の後ろに回す装着タイプで、ケーブルは断線を防ぐ耐久性を備える。
・また、断線した場合も着脱が可能で、ケーブルを交換できる。
・ケーブルの長さは138cm。
・入力端子はステレオミニ。
・シリコンとComplyのイヤーピースを同梱。
・重量は約16g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】使い倒してわかったオーディオテクニカのヘッドホン「SOLID BASS」シリーズの重低音の魅力

Category: レビュー記事紹介  06/22 /2015 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Ultrasone IQ Proのレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/21 /2015 (Sun)

フジヤエービックにて52,800円で購入。


Comments (3) | Trackbacks (0) | TOP

カナルワークス、EDMやヒップホップに最適なカスタムIEM「CW-L33BB」の受注生産を7月4日開始

Category: 新製品ニュース  06/19 /2015 (Fri)

カナルワークス(株)は、EDMなどのダンスミュージックやヒップホップのリスニングに最適だという重低音再生モデルのカスタムIEM「CW-L33BB」の受注生産を7月4日から開始する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンだが、直販サイト価格は110,000円(税抜・耳型採取費用別途)。
・3ウェイ5ドライバーのカスタムIEM新モデル。
・低音用に2基、中音用に2基、高音用に1基のバランスドアーマチュアドライバーを備える。

・低音用には複数の音響管とチャンバーによる新規開発の高次音響フィルターを搭載。
・これにより、ボーカル域への音のカブりを最小限に抑え、キレのある重低音を得ることに成功。

・すべてのドライバーをバランスドアーマチュア型で構成することにより、重低音でのビート再生時に起こりがちな音潰れを感じさせない高解像度の再生を可能にした。
・中域も低域同様デュアルドライバーとし、ダイナミックレンジが広くクリアな再生を実現。
・高域はシングルながら、最適な音響管設計によりワイドレンジ化を実現。

・中高域のクロスオーバーネットワーク回路には高性能オーディオ用フィルムコンデンサを使用し、電解コンデンサ、セラミックコンデンサを排除することにより、歪み感の少ないクリアな再生が楽しめる。

・感度は123dB。
・インピーダンスは18Ω。
・ケーブルはクリアとブラックを用意し、長さは127cmと162cmから選択可能。
・オプションとして、銀コート処理を施したステルスケーブルも選択可能。
・付属品として、ハードケース、ソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスを同梱。

・同社のカスタムIEMは21色のカラーラインナップを用意していたが、今回、「ガラス」「アクアマリン」「サクラ」「ハニー」の4色を追加し、全25色展開に。
・フェイスプレートのカラーについても選択可能。

・CW-L33BBの発売により、これまで“クラブミュージック用”とアピールされていたCW-L31は販売終了。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ドスパラ、IPX8対応の防水カナル型イヤホン「DN-12877」を発売開始

Category: 新製品ニュース  06/19 /2015 (Fri)


ドスパラは、IPX8対応の防水カナル型イヤホン「DN-12877」を直販サイト上海問屋などで販売開始した。
概要は以下の通り。

・価格は1,299円(税込)。
・IPX8対応の高い防水性能を備えた耳かけタイプのイヤホン。
・運動をして汗をかいたり、突然の雨で濡れてしまっても安心とアピール。
・耳かけ部分の芯材は曲げたり伸ばしたりと、好みの形に変えることが可能でしっかりフィット。外れにくくなっている。

・ドライバーサイズは9mm。
・インピーダンスは16Ω±15%。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・質量は約15g。
・カラーはブラックとシルバー/ブラックの2色。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】審査員・鴻池賢三が語る、「VGP」ゼンハイザー27製品受賞の理由:イヤホン編

Category: レビュー記事紹介  06/18 /2015 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JBL、夜のランニング向けに反射材搭載、運動中も外れにくいイヤフォン「REFLECT MINI」を6月25日発売

Category: 新製品ニュース  06/18 /2015 (Thu)

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのスポーツ向けイヤフォン「REFLECT MINI」を6月25日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、直販サイトでの価格は5,880円。
・カラーはブラック/レッド/ブルー/グリーンを用意。

・密閉型のカナル型イヤフォン。
・ユニットはダイナミック型。

・「REFLECT」シリーズの機能を継承しながら、軽量・コンパクトなデザインを採用。より快適な装着感を実現した。
・人間工学に基づいた設計の、スポーツ用スタビライザーを備えたイヤーピースを同梱。運動中でも外れにくい。
・サイズはS/M。通常のシリコンイヤーピースもS/Mが付属し、日常使いにも対応。

・ケーブル部に、モデル名の由来でもある反射材(リフレクタ)を装備。
・夜間のランニングやウォーキングの安全性を高めている。

・ユニットは5.8mm径のダイナミック型。
・「クリアで抜けの良い中高音とタイトでスピード感のある低音再生を可能にした」とする。

・周波数特性は10Hz~22kHz。
・感度は98dB/mW。

・インピーダンスは16Ω。
・ケーブル長は1.2mで、1ボタンリモコンを装備。

・プラグは4極。
・ケーブルを除いた重量は2g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オンキヨー初のカスタムイヤフォン7月17日発売。約59,800円~。約7営業日で出荷

Category: 新製品ニュース  06/16 /2015 (Tue)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、オンキヨーブランドとして初のカスタムイヤモニター3機種を7月17日に発売する。
概要は以下の通り。

・いずれもバランスド・アーマチュア(BA)ユニットを採用。
・価格はオープンプライス、店頭予想価格はフルレンジ1基の「IE-C1」が59,800円前後、2ウェイで2基の「IE-C2」が79,800円前後、3ウェイで3基の「IE-C3」が119,800円前後。
・耳型採取の費用は含まれていない。

・なお、発売記念キャンペーンとして、6月19日~7月16日の期間中に、東京・八重洲のGibson Brands Showroom TOKYO、およびシーメンス補聴器コンセプトストア 銀座店で予約、支払いを行なうと、特別価格で販売。
・「IE-C1」が49,800円、「IE-C2」が59,800円、「IE-C3」が99,800円でそれぞれ購入できる。
・この2店舗では、6月下旬から先行販売を実施する。さらに、音楽演奏を楽しむ高校生や大学生を対象とし、学生応援特別価格での販売も検討している。

・シーメンスの補聴器関連ビジネスを手掛ける、Sivantos(シバントス)と共に開発した製品。
・補聴器で培ってきた3Dプリンタの筐体成形技術をイヤフォンに応用。日本製で、「熟練した技を持つ技術者“匠”が1人ひとりの耳の形に合わせ、丁寧に作りこむ」という。

・日本製であるため、耳型が工場に到着してから約7営業日で工場から商品を出荷するスピーディーな提供も特徴。
・さらに、耳へのフィッティングに関して、商品の紹介受取日から30日以内は無償で再作(リメイク)を行なう。

・オーダー時にそれぞれのモデルに対し、遮音性と装着感が選択できるのも特徴。
・密閉度と遮音性がより高い「プロ・ミュージシャン」、通常リスニングに最適な遮音性と装着感を両立させた「スタンダード」、外の音がより聞こえるように密閉度を下げた「スポーツ」から選択できる。

・デザイン面のシンプルさ、フォルムの美しさも紹介。
・一般的なカスタムイヤフォンは、耳孔の周囲に蓋のように覆いかぶさる形状で、筐体が大きく、耳から盛り上がる事も多いが、IE-C1/C2/C3では、細身ながら十分な遮音性の高さを持っているという。

・オーダー時にはカラーの選択もでき、メタルレッド/マゼンタ/パープル/メタルブルー/グリーン/イエロー/オレンジ/ブロンズ/パールホワイト/メタルブラック/ギャラクシー/ブラックの12色を用意。左右を別カラーにすることもできる。

・ケーブルは着脱可能で、端子はMMCX。長さは1.2m。
・ケーブルもブラック/ホワイト/レッドから選択できる。
・入力プラグはステレオミニ。バランス接続ケーブルへの対応なども、今後検討していくとしている。
・出力音圧レベルとインピーダンスは、C1が107dB/mW、70Ω、C2が115dB/mW、75Ω、C3が113dB/mW、12Ω。


・カスタムイヤフォンをオーダーする際は、ユーザーの耳型採取が必要となるが、その販売方法でもSivantosが協力。
・シーメンスの補聴器を取り扱っている、全国900店舗の補聴器販売店で、耳型の採取とオーダーができるという。
・既に耳型を持っている人は、持ち込んでの注文は可能だが、「(耳型の)シリコンは時間が経過するとサイズが変わってしまう事もあるため、できれば注文時に新しく採取していただく事をオススメする」という。

かなり興味のある製品です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

HIFIMAN JAPAN設立。ヘッドフォンなどを展開へ

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  06/16 /2015 (Tue)

中国HIFIMANは、日本におけるセールス、マーケティング、カスタマーサポート業務の強化のため日本国内拠点HIFIMAN JAPANを設立。6月16日より業務を開始した。
概要は以下の通り。

・製品関連情報の発信や、製品アフターサービスなどを行なう予定。
・HiFiMANはハイレゾオーディオプレーヤーや、平面型振動板を採用したヘッドフォンなどを展開。
・日本ではトップウイングが輸入代理店として、ハイレゾプレーヤーやヘッドフォンを発売していたが、5月を持って代理店契約を終了。

・HIFIMAN JAPANでは、これまでの取引先との互恵関係を維持するとともに、昨今のビジネス環境変化に対応するため新たなパートナーシップも模索し、展開すると説明。
・フラッグシップヘッドフォン「HE1000」や「HE400S」などの新製品情報も随時発表する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ゼンハイザー、折り畳みに対応したMOMENTUM第2世代ヘッドフォン「MOMENTUM G」を7月9日発売

Category: 新製品ニュース  06/16 /2015 (Tue)

ゼンハイザージャパンは、ヘッドフォン「MOMENTUM(モメンタム)」シリーズの第2世代モデル2製品を7月9日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「MOMENTUM G」が42,000円前後、「MOMENTUM On-Ear G」が27,000円前後。
・カラーはいずれもIVORY(アイボリー)とBLACK(ブラック)の2色を用意。

・デザイン性などで人気ヘッドフォン「MOMENTUM」の第2世代モデル。
・音質や装着感、素材などを見直したほか、新たにヘッドバンド部の折り畳みも可能になった。
・MOMENTUM Gはアラウンドイヤー型、MOMENTUM On-Ear Gはオンイヤー型。

・製品名の「G」は、Galaxy対応を指しており、Galaxyスマートフォンなどで使えるマイクを装備。
・なお、同製品とともに5月の「春のヘッドフォン祭 2015」で参考出展されていたiPhone対応モデルは「近日発売予定」としている。

・いずれも密閉ダイナミック型。
・再生周波数帯域は16Hz~22kHz。
・インピーダンスは18Ω。
・感度はMOMENTUM Gが113dB、MOMENTUM On-Ear Gが112dB。
・重量は、MOMENTUM Gが約220g、MOMENTUM On-Ear Gが約170g。
・ケーブルは片出し(右側)で、長さは1.4m。
・プラグはステレオミニのL型。
・キャリングケースが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ゼンハイザー、Bluetooth搭載「URBANITE XL WIRELESS」などを7月9日発売

Category: 新製品ニュース  06/16 /2015 (Tue)

ゼンハイザージャパンは、アラウンドイヤータイプのBluetoothヘッドフォン「URBANITE XL WIRELESS」や、防沫性能とiOS用リモコンを備えたスポーツ向けイヤフォン2モデルを7月9日に発売する。
概要は以下の通り。

URBANITE XL WIRELESS
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は37,000円前後。
・ファッション性の高いデザインの密閉型ヘッドフォン「URBANITE XL」のワイヤレスモデル。
・Bluetooth 4.0+EDRに対応。
・より高音質なaptXコーデックをサポート。
・最大8台までのマルチペアリングに対応し、2台のデバイスを同時接続することも可能。
・ハウジングにタッチすることで、音楽再生/停止や曲送り、ボリューム調整、通話操作が行なえる。
・有線接続も可能で、付属のケーブル(1.2m)を右のハウジングに接続できる。
・プラグはL型4極ステレオミニ。
・再生周波数帯域は16Hz~22kHz。
・インピーダンスは18Ω。
・感度は110dB。
・ヘッドバンドは折りたたむことができる。
・重量は約310g(ケーブルを除く)。
・USB充電ケーブルやキャリングケースが付属。


iOS用リモコン付きのスポーツ向けイヤフォン
・価格はオープンプライス。店頭予想価格はネックバンド式のインナーイヤー型「PMX 686 i SPORTS」と、イヤーフックを備えたカナル型「OCX 686 i SPORTS」が、どちらも13,000円前後。
・ネックバンド式のインナーイヤー型「PMX 686 i SPORTS」と、イヤーフックを備えたカナル型「OCX 686 i SPORTS」は、いずれもスポーツ時の利用を想定し、汗や水に強いIPX 4相当の防沫機能を備える。
・ケーブル途中には、iOS製品対応のリモコンを搭載。
・なお、どちらもGalaxyスマートフォン対応モデル(「PMX 686G SPORTS」と「OCX 686G SPORTS」)が2月に発売されている。
・どちらもドライバはダイナミック型。
・再生周波数帯域は18Hz~20kHz、感度は120dBで共通。
・インピーダンスは、PMX 686 iが30Ωで、OCX 686 iが20Ω。
・ケーブル長は共通で1.2mだが形状が異なり、PMX 686 iは右側片出し、OCX 686 iはY型。
・プラグはいずれもステレオミニ。
・重量はPMX 686 iが約28g、OCX 686 iが約23g。
・ケーブルクリップやキャリングポーチが付属し、カナル型のOCX 686 i は3サイズ(S/M/L)のイヤーピースも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー】フィリップス「Fidelio M2BT」を試し聴き - Apple Watch、XperiaとBluetooth接続したその音は

Category: レビュー記事紹介  06/15 /2015 (Mon)

マイナビニュースに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー】DUNU DN-2000J もうこれファイナルアンサーでよくね?

Category: レビュー記事紹介  06/15 /2015 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Westoneカスタムイヤフォンをエディオン広島本店で6月19日から受注開始

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  06/15 /2015 (Mon)

テックウインドは、米Westoneのカスタムイヤフォンとカスタムイヤーチップをエディオン広島本店で6月19日より受注開始する。
概要は以下の通り。

・中国・四国・九州エリアでは初のカスタムイヤフォン製品取扱。
・エディオン広島本店ではカスタム製品を含む、Westoneの全モデルを取り扱い、試聴可能。

・利用者の耳にフィットするイヤフォンをオーダーメイドする「カスタムイヤフォン」や「カスタムイヤモニター」。
・エディオンでは、6ドライバの「ES60」のほか、ES50/ES30/ES20/ES10などWestoneのカスタムイヤフォン5製品を用意。
・80種類以上のボディカラーや30種類以上のフェースプレートが選択でき、「世界で一つだけのイヤフォンをデザインできる」としている。

・カスタムイヤーチップは、イヤフォン本体ではなくイヤーピースだけをオーダーメイドできる製品。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

グリーティングカードデザインのイヤフォン「KOTORI meets Hallmark」に新11色追加。6月中旬発売。

Category: 新製品ニュース  06/15 /2015 (Mon)

フォステクスカンパニーは、ホールマークとコラボレーションしたイヤフォン「KOTORI meets Hallmark」デザインコレクションの第3弾を6月中旬より順次発売する。
概要は以下の通り。

・価格は4,600円(税込)で、マイク付きリモコンを備えたモデルは5,500円(税込)。
・第3弾のデザインは11種類。

・1世紀に渡り、数百万のグリーティングカードを手がけてきたホールマーク。
・そのグリーティングカードのデザインから、厳選したアートをイヤフォンのハウジングカバーに採用したモデル。

・第3弾では、アニマルモチーフのアルファベットデザインが6種類増加し、全14種類となる。
・イヌやキツネなどのアニマルが、アルファベットを表現しているもので、DOG(イヌ)、FOX(キツネ)、JAGUAR(ジャガー)、KANGAROO(カンガルー)、NUBIAN GOAT(ヌビアンヤギ)、SEAHORSE(タツノオトシゴ)が追加。

・今までのラインナップでは少なかった、黒を基調としたクールな印象のデザインも3種類追加。
・クモ柄やパイソン柄などを用意。

・イヤフォンはダイナミック型。
・再生周波数帯域は20~20kHz。
・インピーダンスは17Ω。
・左右のイヤフォンの音質差を低減、ダイナミックでバランスのとれたサウンドを実現。
・ケーブルの長さは1.2m。XS/S/Mサイズのイヤーピースを同梱。
・製品のケースはアクセサリ箱のようなデザインになっている。

・コントローラー付きモデルには、マイク付きリモコンを装備。iPhoneなどで利用できる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫