【レビュー記事】JVCの“エクスクルーシブ”ウッドドームイヤホン「HA-FX1100」レビュー

Category: レビュー記事紹介  12/31 /2014 (Wed)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

音茶楽 Flat4-玄弐型(KURO Type II)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  12/29 /2014 (Mon)

フジヤエービックにて45,360円で購入


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ZERO AUDIO ZH-BX700-CDのレビュー

Category: イヤホンレビュー  12/28 /2014 (Sun)

ソフマップにて5,980円で。中古品です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】フィリップス“Fidelio“「X2」レビュー。 進化したフラグシップ開放型ヘッドホン

Category: レビュー記事紹介  12/26 /2014 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ドスパラ、スマホ直挿しの小型ヘッドフォンアンプを発売開始。出力2系統で3,499円

Category: 新製品ニュース  12/26 /2014 (Fri)

ドスパラは、小型のポータブルヘッドフォンアンプ「DN-12356」を12月26日に発売した。
概要は以下の通り。

・直販サイトの上海問屋限定販売となっており、直販価格は3,499円(税込)。
・スマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーのステレオミニ出力に直接挿して使用する、アナログ接続のポータブルヘッドフォンアンプ。
・ポケットなどに入れても邪魔になりにくい小型筐体を採用。
・ステレオミニのヘッドフォン出力を2系統備え(1系統は充電端子兼用)、2つのヘッドフォン/イヤフォンで同時に音楽を聴ける。
・本体にボリュームは備えておらず、プレーヤー側で調整。

・充電池を内蔵し、約2時間の充電で約12時間使用可能。
・充電は付属のUSBケーブルを使用。
・対応するヘッドフォンのインピーダンスは16~150Ω。

・SN比は96dB以上。
・ゲインは10dB以上。
・外形寸法は4.5×1.6×1.1cm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は10g。
・イヤフォンと3サイズ(S/M/L)のイヤーピースが付属。

携帯ゲーム機で使うのも良いと思います。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ハイレゾプレーヤー「Fiio X3」の新ファームウェア「FW3.3」を公開

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/25 /2014 (Thu)

小柳出電気商会(オヤイデ)は、ハイレゾ音源に対応したデジタルオーディオプレーヤー「FiiO X3」の新ファームウェア「FW3.3」を公開した。
アップデート内容は以下の通り。

・M3Uプレイリストに対応
・microSDカードのexFATフォーマットに正式対応
・5バンドEQとイコライザプリセット機能を搭載

・フォルダベースのアルバムアート表示に対応
・マルチチャンネルレコーディングの楽曲再生に対応(フォーマットは検証中)
・再生画面においてID3タグ付けされた曲名表示に対応

・スリープタイマー機能搭載
・UTF-8とUnicodeのLRC歌詞ファイルに対応
・microSDカード抜き差し時の自動ライブラリ更新(ライブラリ設定自動時)

・アーティストごとの「すべての楽曲」表示オプションの追加
・raw AACファイル再生に対応
・MacやUnixベースのパソコンと接続した際に生成される隠しファイル問題の修正

・アルバムにおける曲順の最適化
・シャッフルモード時のランダマイズの最適化
・NTFSカードフォーマットの再生時にm4aとFLACファイルが不意にスキップしてしまう問題の修正

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】AKG「K612 PRO」レビュー 技術的にもサウンド的にもAKGらしさを備えたモデル

Category: レビュー記事紹介  12/25 /2014 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

高橋敦が選ぶ「ポタフェス2014冬」“超”個人的ベスト5!

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/24 /2014 (Wed)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【2000~5万円】コスパ高・高音質イヤホン総まとめ プロが価格帯、音楽ジャンル別におすすめを選んだ

Category: レビュー記事紹介  12/22 /2014 (Mon)

日経トレンディに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

サンコー、シリコン筐体の「寝ながら使える快適イヤフォン」を発売開始。直販1,280円

Category: 新製品ニュース  12/22 /2014 (Mon)

サンコーは、柔らかいシリコン製筐体のカナル型(耳栓型)イヤフォン「寝ながら使える快適イヤフォン」を12月22日に発売した。
概要は以下の通り。

・直販価格は1,280円(税込)。
・一般的なイヤフォンに比べて装着時に耳から出っ張らず、「装着したまま横になっても痛くなりにくい」というイヤフォン。
・本体やイヤピースは柔らかいシリコン製で、普段イヤフォンを使い慣れていない人でも快適に使用できる。

・7mm径のドライバを搭載。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・音圧感度は92±3dB。

・ケーブル長は1.2mで、プラグはステレオミニ。
・イヤフォン部の外形寸法は、8×16mm(直径×高さ)。
・重量は8g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ortofon e-Q8のレビュー

Category: イヤホンレビュー  12/21 /2014 (Sun)

フジヤエービックにて33,237円で購入


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

無印良品 HPS-MJ11のレビュー

Category: イヤホンレビュー  12/21 /2014 (Sun)

無印良品にて1,980円で購入


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー・PR記事】黄金色の超個性派イヤフォン「Heaven VIII」が奏でるリアルな音

Category: レビュー記事紹介  12/19 /2014 (Fri)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NOBUNAGA、約6,700円のTripleFi 10用交換ケーブルを12月26日発売

Category: 新製品ニュース  12/19 /2014 (Fri)

WiseTechは、イヤフォン用アクセサリのNOBUNAGA Labsブランドの交換ケーブルとして、Ultimate EarsのTripleFi 10用の「TR-10PRO」を12月26日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,700円前後。
・「高級リケーブルメーカーで使用されているものと同型」という銀メッキ仕様の4芯OFCケーブルを採用。
・48時間のクライオ処理も施されている。
・ワイヤーも入っており、耳かけ式の装着に対応。
・ケーブルの長さは120cm。
・入力プラグはL型のステレオミニで、金メッキ仕上げ。
・イヤフォン接続側の端子も金メッキ処理されている。
・ハンダにはWBTの無鉛銀ハンダを使っている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ZERO AUDIO、デュアルダイナミックドライバ方式のアルミ製イヤフォン「DUOZA」を12月22日発売

Category: 新製品ニュース  12/19 /2014 (Fri)

協和ハーモネットは、「ZERO AUDIO」ブランドの新製品として、ダイナミック型のデュアルドライバ方式を採用したカナル型(耳栓型)のイヤフォン「DUOZA(デュオザ)」(ZH-DWX10)を12月22日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12,000円前後。
・ダイナミック型のカスタマイズドドライバを2基搭載したカナル型イヤフォン。
・2種類のドライバをタンデムマウントすることで、パワフルな重低音から高域まで臨場感豊かに再生する。

・ハウジングはアルミ削り出し。
・ケーブルを筐体のサイドに配置したSSR(Side Strain Relief)デザインにより、最適なウェイトバランスで安定した装着感を実現する。
・ハウジング前方部の色は左右で異なり、右がルビーレッド、左が艶消しブラック。

・ケーブルの導体には伝送ロスを抑えたOFC(無酸素銅)を採用。
・絡まりやタッチノイズを軽減する「からみ防止スライダー」と、イヤフォンのL/Rを区別する左右識別ドットも搭載。
・ケーブル長は1.2m(Y型)。
・プラグは金メッキのL型ステレオミニ。

・再生周波数帯域は7Hz~24kHz。
・出力音圧レベルは100dB/mW。
・最大入力は150mW。
・インピーダンスは20Ω。
・ケーブルを除く重量は8.3g。
・S/M/Lサイズのシリコンイヤーピースとキャリングバッグが付属する。

楽しみな機種です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

補聴器の技術で様々な耳にフィットするBlueGearのイヤフォン「CS-2」を2015年1月から輸入販売開始

Category: 新製品ニュース  12/19 /2014 (Fri)

zionoteは、イヤフォンなどを手掛けるBlueGearブランド製品の輸入販売を2015年より開始。第一弾として、イヤフォンの「CS-2」を1月に発売予定。
概要は以下の通り。

・予定価格は36,000円(税込)。
・直販ストアのzionoteDirect登録メンバー限定で、モニター販売を2014年12月19日から実施。

・BlueGearは、「補聴器の世界的メーカーと、最新のイヤフォン技術が融合してできたブランド」という。
・補聴器のノウハウを用いて、様々な大きさや形の耳で、高いフィット性が得られるという形状が特徴。
・着脱も簡単で、「動いたりケーブルの引っ張りでも外れにくく、傷みも無いように考え抜かれたデザイン」だという。

・ドライバはバランスド・アーマチュアユニットを2基搭載。
・再生周波数帯域は20Hz~19kHz。
・感度は109dB。
・インピーダンスは22Ω。

・ケーブルを耳の後ろに回す装着タイプで、ケーブルは断線を防ぐ耐久性を備える。
・断線した場合も着脱が可能で、ケーブルを交換できる。
・ケーブルの長さは138cm。
・入力端子はステレオミニ。
・シリコンとComplyのイヤーピースを同梱する。
・重量は約16g。

面白い形状です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

プレミアムヘッドホンガイド、本日より配布開始

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/19 /2014 (Fri)


無料で配布されるフリーマガジン、プレミアムヘッドホンガイドの最新版vol.13が本日から配布開始となりました。

配布箇所
・ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、ジョーシンといった家電量販店
・フジヤエービックやeイヤホンなどの専門店
・タワーレコードの一部店舗など

数量限定ですが、これまでの配布数を考えれば、すぐに無くなる物ではないです。
広告は多いですが、無料なので明日もらいに行きます。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

パイオニア、約8,000円のNFC対応Bluetoothのアルミハウジングヘッドフォンを2015年2月上旬発売

Category: 新製品ニュース  12/18 /2014 (Thu)

パイオニアは、NFC対応のBluetoothヘッドフォン「SE-MJ561BT」を2015年2月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8,000円前後(税込)。
・カラーはシルバーとブラウンの2色。

・NFCに対応し、対応するスマートフォンなどをかざすだけでBluetoothペアリングが可能なワイヤレスヘッドフォン。
・Bluetooth 4.0に準拠し、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。
・コーデックはSBC/AACをサポート。
・SCMS-Tにも対応し、スマホのワンセグ音声を受信可能。
・通信距離は最大約10m。
・8台までの機器を記憶できるマルチペアリングに対応。

・40mm径ダイナミック型ドライバを搭載。
・ハウジングはアルミ製の密閉型で、ヘッドバンドとイヤーパッドにはレザータイプ素材を採用。
・ポリウレタンのクッション材を使用し、装着性を高めている。

・ハウジング部に操作ボタンとマイクを備え、ボリューム調節や再生/一時停止、曲送り/曲戻しの操作と、スマートフォンでのハンズフリー通話が可能。
・フラットに折り畳めるスイーベル機構も備える。

・本体にリチウムイオンバッテリを内蔵し、約3時間の充電で最大約15時間使用可能。
・連続待ち受け時間は約200時間。
・充電は付属のUSBケーブルを使用する。
・重量は約160g。

・なお、発売に先駆け、パイオニア プラザ銀座では12月18日より先行展示を行なっている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ラトック、ポタフェスで多様な接続ができる開発中ポータブルアンプを展示

Category: 新製品ニュース  12/18 /2014 (Thu)

ラトックシステムは、12月20日と21日に開催される「ポータブルオーディオフェスティバル2014 in 秋葉原」(通称:ポタフェス)において、開発中の最新ポータブルヘッドホンアンプを展示すると発表した。
概要は以下の通り。

・ポタフェスで展示が予告されたのは、ポータブルアンプシリーズの新モデルで、iOS機器とのLightning接続や、Android端末との接続を示唆するイラストが予告ページに掲載。
・AV Watchでは開発中アンプの写真も入手。
・詳細は不明だが、ソース側だけでなく、イヤフォン/ヘッドフォン側も豊富な接続が可能なモデルになる模様。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】オーディオテクニカが“高音質”を徹底追求したポータブルヘッドフォン「ATH-MSR7」を聴く

Category: レビュー記事紹介  12/17 /2014 (Wed)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ハイレゾをより高音質に楽しむ! この冬、予算2万円台で選ぶ高級ヘッドホン・イヤホン

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/16 /2014 (Tue)

価格.comに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

内部基板が見えるクリスタル形状のハイブリッドイヤフォン「TTPOD T2」の取扱いを発表

Category: 新製品ニュース  12/16 /2014 (Tue)

WiseTechは16日、10mm径ダイナミックドライバ1基とバランスド・アーマチュア(BA)ドライバ2基を搭載した、中国TTPODのハイブリッドイヤフォン「TTPOD T2」の取扱いを発表した。
概要は以下の通り。

・本国でも発売前で、国内での発売日や価格は未定。
・ハウジングのカラーは左右で異なり、レッド/グレー、グリーン/グレー、ブルー/グレー、パープル/グレーの全4種類をラインナップ。

・10mm径のダイナミック型ユニットと、2基のBAドライバ(ED-29689、TA7801)を搭載したイヤフォン。
・ハウジングはクリスタルのようなデザインで、内部基板が透けて見えるのが特徴。

・インピーダンスは30Ω。
・感度は105dB。

・再生周波数帯域は8Hz~26kHz。
・ケーブルの長さは1.25m。
・入力プラグはストレートタイプのステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

UCOTECH、手触りや装着感にこだわったアルミ筐体のイヤフォン「IM300Aise」を2015年1月9日発売

Category: 新製品ニュース  12/16 /2014 (Tue)

zionoteは、UCOTECHのスマートフォン対応カナル型(耳栓型)イヤフォン「UCT-IM300Aise」を2015年1月9日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は14,500円(税込/予価)。
・カラーは、ダークブラウン、ゴールド、ブルー、ピンクの4色。
・フランス語で"楽しさ"を意味する「Aise」と名付けられたカナル型イヤフォン。
・音質や装着感、見た目などに楽しさを感じることがコンセプト。
・ユニットは8mm径のダイナミック型を搭載。
・ハウジングにはアルミニウムを採用し、ヘアライン加工とアノダイジング処理を施すなど、手に取った感触や光沢感などにこだわっている。

・スマートフォン向けにケーブル部分にリモコンを備え、再生/一時停止などの操作が可能。
・ケーブル長は1.2mのY型。
・感度は110dB。
・インピーダンスは16Ω。
・再生周波数帯域は10Hz~20kHz。
・最大入力は30mW。
・重量は約7g。
・3サイズ(S/M/L)のイヤーピースと、牛革ケースが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

完実電気、SOL REPUBLIC新ヘッドフォン「Tracks Air」と B&O BeoPlay H2の新色グリーンを12月18日発売

Category: 新製品ニュース  12/16 /2014 (Tue)

完実電気は、米SOL REPUBLICのBluetoothワイヤレスヘッドフォン「Tracks Air」を12月18日に発売する。
また、デンマークB&O Playブランドのヘッドフォン「BeoPlay H2」の新色グリーンを、同じく12月18日に発売する。
概要は以下の通り。

Bluetoothヘッドフォン「Tracks Air」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,800円前後(税込)。
・Tracksシリーズのコンセプトをそのままに、モトローラとのパートナーシップにより生まれたというBluetoothワイヤレスヘッドフォン。
・カラーはガンメタルとペーパーホワイト、ヴィヴィッドレッド、エレクトロブルーの4色。
・Bluetooth 3.0に準拠し、「A2サウンドエンジン」とBluetoothにより、クリアでリッチなサウンドをワイヤレスで楽しめる。
・スマートフォンなどとのNFCペアリングにも対応。
・対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP。
・aptXとAACの各コーデックもサポート。
・通信距離は最大50m。
・ハウジング部をヘッドバンドから取り外すことも可能。
・内蔵バッテリでの連続使用時間は約15時間。
・重量は約214g。
・1ボタンの「クリアトークケーブル」(1.3m)や、キャリングケースなどが付属。


BeoPlay H2の新色グリーン
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22,248円前後(税込)。
・40mm径のダイナミック型ドライバを搭載した密閉型ヘッドフォン。
・「ヘッドフォンを現代的な解釈で捉え直した」というデザインが特徴。
・服のような質感を持たせるために、ヘッドバンドとイヤーカップに布素材を採用。
・12月11日よりブルーとシルバーの2色が発売されており、18日よりグリーンもラインナップに加わる。
・耐久性の高い複合材料と布素材の組み合わせによる約150gの軽量設計も特徴。
・耳に触れるクッション部には柔らかい本革ラムスキンを使用。
・ケーブルは1.2mで、マイク付きの3ボタンインラインリモコンを備える。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

携帯ゲーム機風マイクを備えた「レトロGB イヤホンマイク」を12月19日発売

Category: 新製品ニュース  12/16 /2014 (Tue)

デイテル・ジャパンは、レトロ携帯ゲーム機風デザインの小型リモコンマイクを備えたイヤフォン「レトロGB イヤホンマイク」(DJ-RGBEM-GG)を12月19日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は2,138円(税込)。
・ゲーム機や音楽プレーヤーなどとの組み合わせを想定した、リモコンマイク付きのイヤフォン。
・リモコンマイク部のデザインに特徴があり、「1980年代に発売されたレトロ携帯ゲーム機をイメージした。
・あの懐かしい“初代GB”と同じように本体側面の音量調節ダイヤルでボリュームを変更できる」という。

・音量調整ダイヤルだけでなく、再生/一時停止、受話/終話、ミュートなどが可能なボタンも搭載。
・ゲーム機のスピーカーのように見える部分にマイクを備える。

・リモコンマイク部とイヤフォン部は着脱可能になっており、他のイヤフォンを接続する事も可能。
・リモコンマイク部の下にケーブルの巻取り機構も備え、ケーブルの長さを約55~140cmまで5段階で調節可能。
・入力はステレオミニ。

・イヤフォン部はカナル型で、10mm径のダイナミック型ユニットを搭載。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・出力音圧レベルは107dB~113dB。
・最大入力は3mW。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

アユート、ポタフェスでJH Audioとの新たなコラボ製品を参考展示

Category: 新製品ニュース  12/16 /2014 (Tue)

アユートは12月16日、「ポタフェス2014」の展示概要を発表した。
概要は以下の通り。

・今回は会場となる「ベルサール秋葉原」の1階に“Astell&Kern”ブランドの大型ブースを設ける。
・「AK240」などハイレゾ対応プレイヤーやヘッドフォンアンプ」、beyerdynamicの「T5p」をベースにした「AKT5p」などを展示。
・また、モニターイヤフォンで知られるJH Audioとのコラボ製品である「AKR03」の後継機種となる「Layla」(レイラ)、および「Angie」(アンジー)を世界に先駆けて参考展示する予定。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】2台同時接続が便利! 軽さ153gのボーズBTヘッドフォン

Category: レビュー記事紹介  12/15 /2014 (Mon)


ASCII.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】デノンのポタアン「DA-10」モニターレポート【第2回】4名の読者が音質や使い勝手をレビュー

Category: レビュー記事紹介  12/15 /2014 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】LIVEZONE R41遂に上陸、まずはLZ 4ユニバーサルをチェック

Category: レビュー記事紹介  12/15 /2014 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

高音質志向が進むポータブルアンプの一番人気は「PHA-2」 ソフマップに聞く

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/15 /2014 (Mon)

日経トレンディネットに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫