Victor HP-6のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/31 /2014 (Sun)

知人からの借り物です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

上海問屋 DN-10689(レッドウッド)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/30 /2014 (Sat)

上海問屋にて1,299円で購入


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ここらでまとめてみようか? いまのイヤホンドライバーの種類と特徴を!

Category: レビュー記事紹介  08/29 /2014 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】イヤモニとの相性が抜群のAstell&Kernの第二世代モデル『AK120II』

Category: レビュー記事紹介  08/28 /2014 (Thu)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NOBLE Audio、2種類の音質を楽しめるイヤモニター「Switch」を8月28日発売

Category: 新製品ニュース  08/28 /2014 (Thu)

宮地商会は、米NOBLE Audio製のユニバーサル型インイヤーモニター「Switch」シリーズを8月28日より発売する。
概要は以下の通り。

・発売されるのは「SWITCH NOBLE FR」と「SWITCH NOBLE PR」の2モデル。
・いずれもバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバを2基搭載。
・スイッチの切り替えで異なる音質を楽しめるのが特徴。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は両モデルとも75,000円前後(税込)。

・イヤーピースを装着する(耳型の採取が不要な)ユニバーサルタイプのインイヤーモニター。
・スイッチでドライバ構成を切り替えることにより、1台で2種類の音質を楽しめるのが特徴。
・いずれもケーブルは着脱式で、イヤフォン接続側の端子は2ピン。


「SWITCH NOBLE FR」
・“フルレンジ”を意味するF設定(スイッチを上)にすると2ドライバ駆動(50Ω)となり、音質は「バランスが良く繊細で包括的。すべての周波数帯域に素直に反応する」という。
・R設定(リファレンス/スイッチを下)にするとシングルドライバ駆動(30Ω)に切り替わり、「解析度、分解度が良く応答が早い。鮮明さにおいて特に解析度の良い音がする」という。

「SWITCH NOBLE PR」
・P設定(ピュア/スイッチ上)にすると、2ドライバ駆動(240Ω)で「透明、繊細、精密。透明度と精密度が特徴」になるという。
・スイッチを下にすると、前述のFRモデルと同様に、シングルドライバ駆動(30Ω)のR設定(リファレンス)になる。

価格は高いですが面白い機構を持つイヤホンです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミックスウェーブ、イヤフォンケーブル「Supernova」のFit Ear向け、2.5mm 4極バランスモデルを9月5日発売

Category: 新製品ニュース  08/28 /2014 (Thu)

ミックスウェーブは、イヤフォン用交換ケーブルの新製品として、Fit Earのイヤフォンで利用でき、AK240などでバランス駆動できる2.5mm 4極入力プラグを採用した「2.5mm Balanced Supernova for Fit Ear」(BEA-2082)を9月5日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は28,500円前後。
・「Supernova」は、導体に銀線を使っているのが特徴。「しなやかで、取り回しが良く、確かな情報量を届けてくれる」という。
・長さは120cm。
・Astell&Kernの「AK240」、「AK120ll」、「AK100ll」からのバランス駆動に対応。
・入力プラグは2.5mm 4極プラグを採用。
・Fit Earのリケーブル対応モデルで利用できる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーテク、ケーブルリール内蔵のイヤフォン用キャリングケースとケーブルホルダーを9月12日発売

Category: 新製品ニュース  08/28 /2014 (Thu)

オーディオテクニカは、イヤフォン用アクセサリとして、ケーブルリール内蔵のキャリングケース「AT-HPP300」と、巻取り式ケーブルホルダー「AT-CW5」を9月12日に発売する。
概要は以下の通り。


イヤフォンケース「AT-HPP300」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1,000円前後。
・カラーはブラック、ブルー、レッド、シルバー、ホワイトの5色。
・イヤフォンを保護しながら持ち運べるセミハードタイプのファスナー付きキャリングケース。
・内部にスリット付きリールを備え、プラグをスリットに収めてケーブルをリールに巻き付けることで、イヤフォンを簡単に収納できる。
・リール部は、ハウジングが大きいイヤフォンも収納できるよう深めに設計されており、様々なイヤフォンに対応。
・スリットはストレート型/L型プラグの両方に対応し、プラグを巻き付けないようストッパーを設けて断線を防止している。
・収納部にはイヤフォンを傷付けにくいラバー素材を採用。
・カラビナが付属し、バッグやベルトループなどに取り付けて手軽に持ち運べる。
・外形寸法は90×90×40mm(縦×横×厚さ)。
・重量は約58g。


ケーブルホルダー「AT-CW5」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は700円前後。
・カラーはブラック、ブルー、ブラウン、ライトグリーン、レッド、ホワイトの6色。
・イヤフォンケーブルを巻き付けて、ケーブルの長さを最大40cm程度調整可能なホルダー。
・フラットケーブルでも利用できる。
・レザー調の素材を採用し、表面の凹凸によりケーブルのズレを抑える。
・開閉しやすく、しっかりケーブルをホールドできるスナップボタンを備え、ワンタッチで着脱可能。
・背面にはクリップを備え、ポケットやバッグに留めてぶらつきを防げる。
・スナップボタンで留めたときの外形寸法は57×24×13mm(縦×横×厚さ)。
・重量は約8g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DMR、英ROCK JAWのヘッドホン「ACERO」とイヤホン「ALFA GENUS」を取扱い開始

Category: 新製品ニュース  08/27 /2014 (Wed)

(株)DMRは、イギリスのブランド「ROCK JAW」(ロック・ジョー)の正規代理店となり、国内での取り扱いを開始した。
概要は以下の通り。

・第一弾として、ヘッドホン「ACERO」とイヤホン「ALFA GENUS」を9月下旬に発売する。
・なお、一般販売に先駆け、8月30日からFUJIYA AVIC限定で先行販売を数量限定、特価で開始する。

ヘッドホン「ACERO(アセロ)」
・価格は18,800円。
・独自のボイスコイル技術によりチューニングした50mmのダイナミックドライバーを搭載したオーバータイプのヘッドホン。
・ヘッドバンド部にはスチールフレーム、ハウジングには黒檀を採用。
・イヤーカップの装着感にもこだわった。
・ケーブルは着脱可能で、1.5mのケーブルが付属。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは42Ω。
・音圧レベルは105dB。

イヤホン「ALFA GENUS(アルファ・ジーネス)」
・価格は9,800円。
・8mmダイナミックドライバーを搭載。
・フィルター交換を行えるのが特徴で、これにより低域を強調したりモニターライクな音にしたりなど、ユーザーの好みでチューニングできる。
・フィルターは1セットを同梱。
・ハウジングはアルミニウムと黒檀のハイブリッド仕様。
・ケーブル長は1.2m。
・S/M/Lのイヤーピースとケーブルクリップを付属。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・音圧レベルは108dB。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】平面型とダイナミック型のいいとこ取り!HiFiMANのバランス対応ヘッドフォン『HE-560』

Category: レビュー記事紹介  08/27 /2014 (Wed)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】2万円以下の高級イヤホン選び【14年夏】 どんなジャンルでも高音質なのは……

Category: レビュー記事紹介  08/27 /2014 (Wed)

日経トレンディに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】NOBLE FR(WIZARD)、遊びココロ満載のFR切り替えスイッチ

Category: レビュー記事紹介  08/26 /2014 (Tue)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】『iPhone』の音にカツ!JVC初ハイレゾ対応のDAC内蔵ポタアン『SU-AX7』

Category: レビュー記事紹介  08/25 /2014 (Mon)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ファイナルオーディオデザイン<イヤホン組立体験>で、非売品ニューモデルを作ってきた

Category: レビュー記事紹介  08/25 /2014 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

サンワ、40mm径ドライバを搭載したNFC/aptX対応のBluetoothヘッドフォンを直販サイト限定で8月25日から発売

Category: 新製品ニュース  08/25 /2014 (Mon)

サンワサプライは、NFC対応のBluetoothヘッドフォン「400-HS035」を直販サイトの「サンワダイレクト」限定で8月25日に発売した。
概要は以下の通り。

・直販価格は6,462円。
・NFCに対応し、対応するスマートフォンなどをかざすだけでBluetoothペアリングが可能なワイヤレスヘッドフォン。
・Bluetooth 4.0に準拠し、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。
・コーデックはaptXをサポート。
・通信距離は最大約10m。

・ネオジウムマグネットを採用した40mm径のドライバユニットを搭載し、「立体感のあるダイナミックなサウンドが楽しめる」という。
・ハウジングは耳を覆うオーバーイヤー型で、イヤーカップ径は7.3cm。
・左側のハウジングにリモコンを備え、音量調節や再生/一時停止、曲送り/曲戻しの操作が可能。
・マイクを内蔵し、スマートフォンでの通話も行なえる。

・本体にリチウムポリマーバッテリを内蔵し、約2.5時間の充電で最大約22時間の通話や、約20時間の音楽再生(aptX利用時は約19時間)が可能。
・待ち受け時間は約200時間。
・充電はUSBケーブルを使用する。
・重量は約197g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NAPOLEX(ナポレックス)CTX-3のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/24 /2014 (Sun)

知人からの借り物です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

上海問屋 DN-10688(竹ハウジング)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/23 /2014 (Sat)

上海問屋にて1,299円で購入


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JVC、回転イヤーサポート採用の防水スポーツイヤフォンを9月上旬発売

Category: 新製品ニュース  08/22 /2014 (Fri)

JVCケンウッドは、JVCブランドのスポーツ用イヤフォン新モデルとして、新開発の機構「ピボットモーションサポート」でフィット性を高めたイヤホン2モデルを9月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格はやスマホ用リモコンを備えた「HA-ETR40」が3,200円前後、リモコン無しの「HA-ETX30」が2,300円前後。
・カラーは「HA-ETR40」がブラック、レッドの2色、「HA-ETX30」がブルー、ブラック、ピンク、ホワイトの4色。

・いずれも、スポーツ時の利用を想定したカナル型(耳栓型)イヤフォン。
・汗や雨に強く、水洗いもできるいIPX5/7相当の防水仕様。

・ハウジング上部にラバー素材を用いた新機構「ピボットモーションサポート」を採用。
・イヤーサポート部を耳に合わせて回転させることで、耳のサイズや形状に合わせてフィットでき、快適で安定した装着感を実現する。

・両機種の主な違いは、「HA-ETR40」のみスマートフォン用のリモコンを備える点やカラー、ケーブルの長さなど。
・ケーブルの長さが「HA-ETR40」は0.6m、「HA-ETX30」は1.2m。

・ドライバユニットはダイナミック型で、ネオジウムマグネットを搭載。
・再生周波数帯域は「HA-ETR40」が10Hz~22kHz、「HA-ETX30」が10Hz~21kHz。
・出力音圧レベルは104dB/mW、インピーダンスは16Ω、最大入力は200mWで共通。

・スポーツに集中しやすいという、遮音性の高い密閉型イヤーピースを採用。
・さらに「HA-ETR40」は、周囲の音を聞き取りやすいという低遮音のイヤーピースも同梱。ランニングなど屋外でのスポーツ時などにも利用できる。
・イヤーピースのサイズはいずれもS/M/Lの3種類。

・「HA-ETR40」は、ケーブル部に防滴仕様のリモコンを装備。スマートフォンでの通話や、音楽再生/停止の操作が行なえる。
・ケーブル長は0.6mで、0.6mの延長ケーブルも付属。
・プラグは4極ステレオミニ。

・「HA-ETX30」のケーブル長は1.2mで、プラグはステレオミニのL型。
・ケーブルを除く重量は、いずれも約6.6g。
・ケーブルの擦れ音を抑えるクリップも同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Wisetech、最上位と同じコネクタのMMCX交換ケーブル「Re:Cable SR2 Mk3」を8月27日から100本限定で発売

Category: 新製品ニュース  08/22 /2014 (Fri)

Wisetechは、イヤフォン/ヘッドフォン向けの交換ケーブル「Re:Cable SR2 Mk3」を限定100本で、8月27日に発売する。
概要は以下の通り。

・MMCX対応のケーブル。
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は19,800円前後。
・既発売の「Re:Cable SR2 MK2」をさらにグレードアップしたという限定モデル。

・フラッグシップモデル「SR3」で採用されている着脱式ワッシャー対応のMMCXコネクタと、入力部に金メッキ仕様のノイトリック製L型ステレオミニプラグを採用。
・安定性と耐久性が向上した。
・カラーリングもブラックに変更。

・音質についてWisetechは、「銀特有の伸びのある高域と、非常に広いステレオイメージを実現し、壮麗で立体的なサウンドが楽しめる」としている。
・導体は銀ケーブル×8芯(銅ケーブル入り)。
・ハンダにはWBT銀ハンダを使用。
・インピーダンスは0.15Ω以下。
・入力プラグには72時間のクライオ処理を施している。
・ケーブルには耳かけ調整用ワイヤーを採用し、長さは120cm。

・なお、直販サイトのWisetech Directでは、「Re:Cable SR2 MK2」と同じカラーと3.5mmプラグを採用した、シルバーホワイト仕様のモデルを20本限定で販売。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】“あの銘機”を彷彿とさせる新イヤホン「TTPOD T1」にあえて全力で突っ込む!

Category: レビュー記事紹介  08/22 /2014 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】人気女性声優8人×8色カラバリ総チェック! 推しタイトルをゼンハイザー「MOMENTUM On-Ear」で聴く

Category: レビュー記事紹介  08/21 /2014 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Bluetooth搭載のポタアン/USB DAC「Sound Blaster E3」を8月下旬発売

Category: 新製品ニュース  08/20 /2014 (Wed)

クリエイティブメディアは、Bluetooth対応のポータブルヘッドフォンアンプとしても使える、96kHz/24bit対応USBオーディオインターフェイス「Sound Blaster E3」を8月下旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、直販価格は11,800円。
・対応OSは、Windows Vista/7/8/8.1とMac OS X 10.6.8以上。
・「Sound Blaster E3」は、USB接続のオーディオインターフェイスで、パソコンとのUSB接続時は96kHz/24bitまでのPCM音源に対応。
・DACのSN比は112dB。

・ポータブルヘッドフォンアンプとしても利用可能。
・ステレオミニケーブルでのアナログ接続のほか、付属のUSB On-the-Goケーブルを使用して、iOS 7以上のLightning端子を備えたiPhone/iPad/iPodとUSB接続も可能。
・USB接続時の対応機種は、iOS 7以上のiPhone 5/5s/5c、iPad Air/第4世代 iPad/iPad mini Retinaディスプレイモデル/iPad mini、第5世代 iPod touch。

・Bluetooth 2.1+EDRに準拠し、NFCを使ったBluetoothペアリングが可能。
・対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFPで、SCMS-Tにも対応。
・コーデックはAAC/aptX/SBCをサポート。

・出力はステレオミニのヘッドフォン出力を2系統(1つはマイク入力兼用)搭載。
・ヘッドフォンは最大600Ωまで対応。
・本体にマイクを内蔵し、パソコンでのボイスチャットや、付属の4極アナログケーブルで接続したスマートフォンでの通話も可能。

・850mAhのリチウムポリマーバッテリを内蔵。
・バッテリ駆動時の再生時間はアナログ接続時で最大約17時間、Bluetooth接続時で最大約8時間。
・充電はUSB経由。
・パソコンとの接続時はUSBバスパワーで動作する。

・パソコンのUSBオーディオとして使用する際は、バーチャルサラウンドや重低音の強化などにより、映画や音楽、ゲームなどを迫力の音声で楽しめる「SBX Pro Studioテクノロジー」や、ボイスチャット時の音質調整が行なえる「CrystalVoiceテクノロジー」を利用可能。
・Windowsでは、再生中の音声とマイク入力音声をミックスして録音できる「再生リダイレクト(ステレオミックス)機能」も使用できる。

・本体背面にクリップを備え、ポケットなどに取り付けて使用可能。
・ボリュームコントローラや曲送り/曲戻しボタン、スマホ接続時に通話/再生/一時停止などの操作が行なえるマルチファンクションボタンを搭載。
・外形寸法は約45×60.5×23mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約44g。

・また、Sound Blaster Eシリーズのフラッグシップモデルとして、192kHz/24bitまでの音源対応のDACを搭載する「Sound Blaster E5」も発売予定。
・価格や発売日は未定で、詳細は後日改めて発表される。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】1万円以下のおすすめイヤホン選び(マニア度高め) 

Category: レビュー記事紹介  08/19 /2014 (Tue)

日経トレンディネットに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】Fidue A83、スレンダーでグラマラスなサウンド・プロポーション

Category: レビュー記事紹介  08/19 /2014 (Tue)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

マクセル、大型パッシブラジエータ搭載の低音強化イヤフォン「エムベース」を8月25日発売

Category: 新製品ニュース  08/19 /2014 (Tue)

日立マクセルは、カナル型(耳栓型)イヤフォンの新製品として、独自の音響技術で低域再生を強化した新シリーズ「エムベース」を8月25日に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・大型パッシブラジエータ搭載の「MXH-MB500」と、振動板の振幅を大きくしたロングストロークドライバ搭載の「MXH-MB300」を用意。
・ドライバユニットには軽量なCCAWボイスコイルを採用。
・高磁力のネオジウムマグネットも搭載。
・再生周波数帯域はいずれも20Hz~20kHz。
・最大入力は200mW。
・ケーブルは1.2mのY型。
・プラグは金メッキのステレオミニでストレート型。
・付属するイヤーピースはSS/S/M/Lの4サイズで、抗菌作用を持つ銀イオンを練り込んでいる。
・ケーブルの長さを調整できるキーパーも付属。

「MXH-MB500」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は5,000円前後。
・8mm径のダイナミック型ドライバと、表面積44mm2の大型パッシブラジエータを搭載。
・パッシブラジエータがダイナミックドライバの背圧に共振することで低音を強化。
・カラーはブラックとホワイトの2色。
・ケーブルを含む重量は約15g。
・音圧感度は95dB/mW。
・インピーダンスは11Ω。

「MXH-MB300」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は3,000円前後。
・ダイナミック型の8mm径ドライバを搭載。
・「ロングストロークドライバ」により振動板の振幅を大きくすることでハウジング内部の空気を押し出す力を高め、低音を増強した。
・カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色。
・ケーブルを含む重量は約12g。
・音圧感度は96dB/mW。
・インピーダンスは10Ω。

面白そうな機種です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エレコム、耳に合わせて装着感をパーツで調整できるイヤフォン「Fittone(フィットーン)」を8月下旬発売

Category: 新製品ニュース  08/19 /2014 (Tue)

エレコムは、耳の大きさに合わせて選べるフィッティングパーツで装着感を調整できるカナル型(耳栓型)イヤフォン「Fittone(フィットーン)」2モデルを8月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はマイク付きモデルの「EHP-CS3531」が3,170円、マイク無しモデル「EHP-CA3531」が2,280円。
・カラーはそれぞれ、ブラック、レッド、ブルー、ホワイト、ピンク、ミックスの6色。

・耳の大きさに合わせて付け替え可能な3サイズ(S/M/L)のフィッティングカバーと、4サイズ(XS/S/M/L)のイヤーピースが付属。
・耳にぴたっとフィットして長時間の装着でも痛くなりにくいという構造が特徴。
・シリコン製のフィッティングカバーはハウジングを覆うような形状で、耳にフィットする4つのポイントに沿うように設計されており、「より高密度でクリアな音声を実現する」という。

・9mm径のダイナミック型ドライバを搭載。
・「EHP-CS3531」は、ケーブル途中にコンデンサマイク内蔵リモコンスイッチを搭載。
・スマホでのハンズフリー通話のほか、着信応答/通話終了、音楽の再生/停止、ボリューム調整の操作が可能。
・ケーブル長は1.2mで、絡まりを防ぐスライダーも装備。
・プラグはステレオミニのL型で、マイク付きモデルは4極。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・音圧感度は100dB/1mW。
・最大許容入力は10mW。
・MサイズのフィッティングカバーとSサイズのイヤーピース装着時の外形寸法は、17.8×21.3×18.7mm(幅×奥行き×高さ)。マイク/リモコン部が7.4×7.3×41.2mm(同)。
・ケーブルを除く重量は約6g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】情報量が多く粒立ちがいいbeyerdynamicのヘッドフォン『T90 Jubilee』

Category: レビュー記事紹介  08/18 /2014 (Mon)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

KOSS PRO/4X Plusのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/17 /2014 (Sun)

知人からの借り物です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JVCケンウッド HP-DX3のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/16 /2014 (Sat)

秋葉原のソフマップにて2,980円で購入。中古品です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

当面のレビュー掲載について

Category: 管理人から  08/16 /2014 (Sat)

現在、知人から7個のイヤホン・ヘッドホンを借りており、ぜひレビューを書いてほしいと依頼がありました。
当面の間は、「私が購入したイヤホン・ヘッドホン」と「借りているイヤホン・ヘッドホン」を一つずつ掲載して行きます。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

「ハイエンドショウトウキョウ2014」は「オーディオ・ホームシアター展」と同日程・近隣開催に

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  08/15 /2014 (Fri)

オーディオイベント「ハイエンドショウトウキョウ2014」の日程と会場が発表された。
概要は以下の通り。

・会場を例年の東京交通会館から青海フロンティアビルへと変更。
・10月17日(金)から19日(日)までの3日間で開催される。

・これまで使用していた有楽町の東京交通会館から、青海フロンティアビル(東京テレポートセンター)へと会場を変更。
・(社)日本オーディオ協会による「オーディオ・ホームシアター展」と同じ会期にして近隣施設で開催することによって、オーディオビジュアルファンが両方のイベントに参加しやすいようにした。なお、共同開催ではない。


会場
・青海フロンティアビル(新交通ゆりかもめ線「テレコムセンター駅」隣接・徒歩0分)

会期
・10月17日(金) 10:00~19:00
・10月18日(土) 10:00~19:00
・10月19日(日) 10:00~16:00

出展予定社
・逸品館
・聖新陶芸
・オーディオデザイン
・ネットワークジャパン
・リリック
・城下工業
・Hiro acoustic
・ヨシノトレーディング
・カジハララボ(チームフォース)
・サエクコマース(チームフォース)
・ポーカロライン(チームフォース)
・ZYXマーケティング(チームフォース)
・トライオード
・DYNAUDIO JAPAN
・六本木工学研究所
・コニシス研究所

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫