上海問屋 DN-84738(セラミックハウジングイヤホン)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/31 /2014 (Sat)

上海問屋にて1,299円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ボーズ、IE2などイヤフォン5機種の直販価格を6月2日から期間限定値下げ

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  05/30 /2014 (Fri)

ボーズは、直営店と直販サイトにおいて、「IE2 audio headphones」などイヤフォン5機種を値下げする「Bose Summer Campaign 2014」を、6月2日から9月15日まで実施する。
概要は以下の通り。

・キャンペーンの対象店舗は、ボーズ直営店と直販サイト。
・期間は6月2日~9月15日だが、予定数に達した場合は早期終了する。

製品名:キャンペーン価格 ← 通常価格

IE2 : 8,500円  ←  9,400円
MIE2 :11,500円  ←  13,000円
MIE2i:11,500円  ←  13,000円
SIE2 :10,500円  ←  12,000円
SIE2i:13,500円  ←  15,000円

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

サエク、PCOCC-A導体のポータブル用ステレオミニケーブル等を6月上旬発売

Category: 新製品ニュース  05/30 /2014 (Fri)

サエクコマースは、PCOCC-A導体を使用したポータブルオーディオ機器向けのステレオミニケーブル「MM-903」と、ステレオミニ-RCAケーブル「MR-903」を6月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

ステレオミニケーブル「MM-903/MR-903」シリーズ
・ケーブル長はいずれも0.15m/0.5m/1mの3種類を用意。
・ポータブルオーディオ機器の高音質化に対応するために開発されたというステレオミニケーブル。
・スマートフォンやポータブルオーディオ機器と、ヘッドフォンアンプなどの接続に利用できる。
・両端ステレオミニプラグの「MM-903」と、ステレオミニ-RCAの「MR-903」をラインナップ。
・導体構造は、左右独立ツイストペアケーブル構造を採用。
・導体にはPCOCC-Aを使用し、広い再生帯域と高S/N、高解像度の再生を実現。
・導体と外装の隙間を埋める介在には静電気に強い絹糸を使い、導体に隙間なく巻く特殊な製法を用いている。
・絶縁材はフッ素化樹脂、仕上げ材はオレフィン系樹脂を使用。
・端子はオリジナルの金メッキプラグを採用。


ネットワークオーディオ向けLANケーブル「Camelot CAT Lightningケーブル」
・PCやネットワークオーディオ機器と、ルータなどを接続するオーディオ用LANケーブル。
・ケーブル長は、0.5m/1.2m/1.8m/3m/5mを用意。
・伝送速度10Gbpsに対応するカテゴリー6Aの導体を採用。
・ケーブルの途中には、電波干渉やラインノイズを除去するという波形整形回路を搭載。
・端子は24K金メッキ特殊プラグを採用。
・ケーブル外径は9mm。
・回路部分の外形寸法は60×77mm(直径×長さ)。

価格については記事の表が上手くまとめているので省略。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Astell&Kern第2世代「AK120II」、6月13日発売で価格は約20万円

Category: 新製品ニュース  05/30 /2014 (Fri)

アユートは、5月15日に概要を発表したiriver Astell&Kernブランドのハイレゾポータブルプレーヤー新機種「AK120II」の日本での発売日と価格を決定。
概要は以下の通り。

・発売日は6月13日。
・直販価格は208,000円(税込)。
・「AK100II」の発売については、ファームウェアの最終調整の兼ね合いで7月中旬頃の発売予定。

・モデル名は「Astell&Kern AK120II 128GB ストーンシルバー」。
・デュアルDACを搭載したスタジオリファレンスモデルとして発売された「AK120」の第2世代モデル。
・フラッグシップモデル「AK240」(直販税込:293,143円)の機能の一部継承。

・DACはAK240と同じ、シーラス・ロジックの「CS4398」を左右独立のデュアルモノラル2基を搭載。
・グランドも左右独立している。
・内蔵メモリは128GBで、最大128GBのカードが利用できるmicroSDXCカードスロットも1基搭載。

・再生可能なファイルはWAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。
・PCMは最大384kHz/32bitまで再生可能。
・ただし、ネイティブ再生は192kHz/24bitまで。それ以上はダウンコンバートしながら再生。

・DSDは最大5.6MHzまで再生可能。
・ネイティブ再生ではなく、PCM 176.4kHz/24bitへリアルタイム変換しながら再生。
・負荷のかかるDSDのリアルタイムPCM変換再生でも、良好な操作・再生レスポンスを実現するため、デュアルコアCPUを搭載。

・デュアルDAC構成でクロストークやSN比、ダイナミックレンジなどを改善。
・その音をロスなくイヤホン・ヘッドホンへ伝達するため、ディスクリート構成のアンプを採用。
・通常のステレオミニアンバランス出力に加え、2.5mm 4極のバランス出力端子も搭載。

・出力レベルはアンバランス時で2.1Vrms(L/R)、バランス時で2.3Vrms(L/R)。
・出力インピーダンスはアンバランスで2Ω、バランスで1Ω。
・ラインアウトモードも備え、アンプやスピーカーなどと接続、据え置きプレーヤーのように屋内で活用する事も想定。

・ステレオミニ出力は光デジタル出力も兼ねており、DACやDAC内蔵アンプと接続も可能。
・USB DAC機能も搭載しており、96kHz/24bitまでのPCMデータに対応。専用ドライバをインストールせずに利用できる。
・DSD128(5.6MHz)の再生も可能だが、96kHz/24bitに変換して再生。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】本日発売!5,000円のSHUREイヤホン「SE112」の実力をチェック

Category: レビュー記事紹介  05/29 /2014 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ヤマハ、50mmドライバで約3万円のヘッドフォン「HPH-PRO400」を6月中旬に発売

Category: 新製品ニュース  05/29 /2014 (Thu)

ヤマハは、ヘッドフォンの「HPH-PRO」シリーズの新モデルとして、「HPH-PRO400」を6月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は31,000円前後。
・カラーはエボニーブラックとアイボリーホワイトを用意。
・スタイリッシュなデザインが特徴で、音楽鑑賞だけでなく、DTMやDJユーザーにも訴求するHPH-PROシリーズの新モデル。
・最上位の「HPH-PRO500」は50mm径ドライバを搭載しているが、新モデル「HPH-PRO400」も、同サイズの50mm径ユニットを採用。
・磁気回路にはネオジウムマグネットを採用。
・耳を覆うアラウンドイヤータイプで、ハウジングは密閉型。
・PRO500とPRO400の大きな違いはハウジングの素材。PRO500はアルミニウム製だが、PRO400はABS樹脂製となる。
・インピーダンスは22Ω。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・最大入力は1,000mW。
・出力音圧レベルは105dB。
・ケーブルの着脱が可能で、3mのケーブルと、1.2mのケーブルを同梱。短いケーブルにはマイクリモコンを備える。
・なお、PRO500は左右のハウジングにケーブル入力を備えているが、PRO400は左ハウジングのみ。
・重量は289g。
・イヤーパッドにはソフトなウレタン素材を採用。
・ヘッドバンドにはクッション性の高い素材使用。
・ハウジングは平らにはならないが、内側に折りたたむ事が可能。

・なお、既発売の下位モデル「HPH-PRO300」に、新色のアドバンスレッドを追加する。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は24,000円前後。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ゼンハイザー、ポータブルヘッドフォン「MOMENTUM On-Ear」に新色“Samba”を追加。6月5日発売。

Category: 新製品ニュース  05/29 /2014 (Thu)

ゼンハイザージャパンは、オンイヤータイプのヘッドフォン「MOMENTUM On-Ear」に新色のSambaを追加。6月5日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は既存カラーと同じ22,000円前後。
・MOMENTUM On-EarはこれまでIvory、Blue、Green、Pink、Black、Brown、Redが発売されており、Sambaの追加で8色展開となる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Appleがヘッドフォンの「Beats」を30億ドルで買収

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  05/29 /2014 (Thu)

米Appleは28日(現地時間)、ヘッドフォン/イヤフォンやスピーカーを手がけるBeats Electronics(Beats)と定額制音楽配信サービスのBeats Musicを買収すると発表した。
概要は以下の通り。

・買収総額は30億ドル。
・Beatsのブランドは今後も継続し、Apple Storeや小売店で展開。
・定額制音楽配信のBeats Musicは、無料のiTunes Radioとは別に展開。
・この買収により、Beats創業者のジミー・アイヴォンとヒップホップアーティストのDr.DreがAppleに加わる。
・日本国内でBeats製品を取り扱っている完実電気は、「国内でのBeats製品展開は当面変わらない」としている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

タイムロード、ハイブリッドやBA×4基など「Audiofly」イヤフォン上位機種を6月2日発売

Category: 新製品ニュース  05/28 /2014 (Wed)

タイムロードは、オーストラリアAudioflyのイヤフォンの上位モデル、「パフォーマンス・シリーズ」4機種を6月2日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は全てオープンプライスで、店頭予想価格はAF120が24,000円前後、AF140が34,000円前後、AF160が43,000円前後、AF180が53,000円前後。
・AF120は9mm径のダイナミック型ユニットと、1基のバランスド・アーマチュア(BA)ユニットを搭載したハイブリッド型。
・AF140は9mm径ダイナミック型と、2基のBAユニットを搭載した3ドライバーのハイブリッド型。
・AF160はBAユニットのみを3基搭載。
・AF180はBAユニットのみを4基搭載。

・4モデルに共通する特徴は、ケーブルに耐久性と柔軟性を併せ持つというAudiofex SLケーブルを採用している点。長さは1.6m。

・上位モデルのAF160と180は着脱が可能。
・端子には独自仕様のMMCXコネクタを採用。
・そのため、「サードパーティー製MMCX対応ケーブルは適合しない場合がある」という。

・入力端子は金メッキ仕上げのステレオミニでL型プラグ。
・イヤーピースはComplyフォームタイプと、ドーム型/トリプルフランジ型のシリコン製ピースを同梱。
・キャリングケースはAF120/140がキャンバス素材のウォレット、AF160/180は本皮素材のウォレット。


各機種の詳細スペックは記事は上手くまとめているので省略。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ORB、ポータブルアンプ「JADE next」のfhanaコラボモデルを300台限定で6月16日発売

Category: 新製品ニュース  05/28 /2014 (Wed)

ジェーエイアイは、ORBブランドのポータブルヘッドフォンアンプ「JADE next」の限定モデルとして、アーティストfhana(ファナ/最初のaの上に「'」)とコラボレーションした「JADE next fhana model」を6月16日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は31,000円前後。
・300台限定。
・「JADE next fhana model」は、アニメ主題歌などでも知られる4人組アーティスト・fhanaとコラボレーションした限定モデル。
・専用カラーのサファイアパープルに、fhanaのロゴマークを刻印。
・パッケージはfhanaによる特別デザインで、fhanaが登場するゆるふわ日常漫画「ファナ☆メンたちの日常」の特別編も特典として付属。
・発売に際してfhanaからメッセージが寄せられており、ORBの製品情報サイトに掲載されている。
・fhanaがレコーディングを行なっているスタジオにも、ORBのケーブルが使用されている。

・デザイン以外の仕様はJADE nextと共通。
・単4電池2本で動作するポータブルヘッドフォンアンプ。
・電源電圧を10Vまで昇圧して、300Ωなどの高インピーダンスなヘッドフォンも駆動できる「ハイインピーダンスモード(HiZo)」と、低インピーダンスイヤフォン向けで電池を長持ちさせる「ノーマルモード(ECO)」を選択できることなどが特徴。
・入力端子はステレオミニ×1。出力端子はステレオミニのヘッドフォン×1。
・推奨ヘッドフォンインピーダンスは16Ω~300Ω。
・全高調波歪率はハイインピーダンスモードで0.07%以下。
・出力はハイインピーダンスモードで20mW×2ch(32Ω)、ノーマルモードで2mW×2ch(32Ω)。
・アルカリ電池利用時の連続動作時間はECOで約12時間、HiZoで約5時間。
・外形寸法は77×120×19mm(幅×奥行き×高さ)。
・重さは約165g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

音茶楽、イヤフォン「Flat4-玄/緋弐型」と「Donguri-楽」の発売日を決定

Category: 新製品ニュース  05/28 /2014 (Wed)

音茶楽は、6月上旬発売予定としていたカナル型(耳栓型)イヤフォン3モデルの発売日を決定した。
概要は以下の通り。

・「Flat4-玄弐型(KURO TypeII)」と「Flat4-緋弐型(AKA TypeII)」は6月7日、「Donguri-楽(RAKU)」は6月14日より発売。
・いずれもフジヤエービックと音茶楽Sound Customize店舗で販売。

・「Flat4-玄弐型(KURO TypeII)」と「Flat4-緋弐型(AKA TypeII)」は、ユーザーの外耳道の長さに合わせて選べるイヤフォン。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格はどちらも45,360円(税込)。

・既発売の「Flat4-玄」をベースにしたモデルで、位相補正チューブの長さや、チューブの制振塗装を変更。
・10mm径のダイナミック型フルレンジユニット2基を水平対向で配置する独自のFlat4(Full-range 2-element 4-way effect)を採用し、振動をキャンセルして深い低音を実現。

・中高音域改善のため、ハウジングにパイプのような位相補正チューブを搭載。
・この位相補正チューブの有効長を、「Flat4-緋弐型」では従来の28mmではなく、長めの30mmとした。

・「Flat4-玄弐型」は従来と同じ28mm。
・よりユーザーに合ったタイプを選べるという。
・また、位相補正チューブの制振塗装として、より制振効果の高い弐型塗装を施した。


・「Donguri-楽(RAKU)」は、音茶楽の新ブランド「茶楽音人(Surround)」の第1弾モデル。
・価格はオープンプライスで、直販価格は15,120円(税込)。
・カラーバリエーションは、江戸紫(えどむらさき)、濃墨(こずみ)、白磁(はくじ)、紅赤(べにあか)の4色。
・10mm径のダイナミック型ユニットを搭載。
・トルネード・ターボ方式と呼ばれる音響方式を採用しているのが特徴。
・ユニットのフレームやプロテクターには音速が早くQ(共振の先鋭度)が低い液晶ポリマーを採用。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

タイムロード、Audioflyイヤフォン「AF33」などに新色8機種を7月発売。11機種は生産完了

Category: 新製品ニュース  05/28 /2014 (Wed)

タイムロードは、オーストラリア・Audiofly製カナル型(耳栓型)イヤフォン「プレミアムシリーズ」の「AF33」、「AF45」、「AF56」に、7月より新色の計8モデルを追加する。
一方で、AF33/AF45/AF56のカラーバリエーション計11モデルを生産完了とすることも発表した。
概要は以下の通り。

新カラーバリエーション
・「AF33」、「AF45」、「AF56」は、2013年5月11日より発売しているAudioflyのカナル型イヤフォン。
・いずれもユニットはダイナミック型。
・スマートフォン用のマイク/リモコン「Clear-Talk」が付いたモデルもラインナップ。

追加されるカラーは、
・AF33(マイク付き)のSnare White、Piano Black、Kingswood Blue、Coral。
・AF45(マイク付き/無し)のWax BlackとBakelite White。
・AF45(マイク付き)のBottle Green。
・AF56(マイク付き)のEdison Black。

・現行モデルAF56のVintage White、AF56MのVintage White/Blue Tweed、AF78、AF78Mは継続販売。



生産完了モデル

対象は、

・AF33(マイク付き/マイク無し)のCorset White、Slycat Black、HiRise Purple。
・AF33(マイク無し)のLounge Yellow、Selvage Blue、IshGreen。
・AF45(マイク付き/無し)のStout Black。
・AF45(マイク無し)のWhite Knight、Extra Virgin、Brown Sound。
・AF56(マイク付き/マイク無し)のVino。

これらのモデルは国内在庫が無くなり次第、販売終了となる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】AKG「K3003」レビュー 他に代えのない孤高のリファレンス・イヤホン

Category: レビュー記事紹介  05/27 /2014 (Tue)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エレコム、エレクトロサウンド特化の重低音イヤフォンを6月中旬発売

Category: 新製品ニュース  05/27 /2014 (Tue)

エレコムは、重低音再生能力を強化した「GrandBass System」搭載のイヤフォン2モデルを6月中旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格はAV機器用の「EHP-CA3580」が3,980円、スマートフォン用マイクなどを備えた「EHP-CS3580」が4,480円。
・カラーはブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色。
・15.4mmの大口径ドライバを搭載したダイナミック型イヤフォン。
・通話用マイク/リモコン以外の仕様は「EHP-CA3580」と「EHP-CS3580」で共通。

・大口径ドライバや切削無垢アルミボディ、大型チャンバーなどにより、重低音再生能力を強化した「GrandBass System」を採用。
・テクノやダンスミュージック、R&Bなどに最適な高音質を実現したという。
・大型チャンバーにより低域のキレと深みを向上したほか、切削無垢アルミボディにより、不要な共振を抑制。
・振動板の表裏にマグネットを配置する「前置きマグネット配置」方式により、ドライバの振動スピードを高め、感度を従来比で約4dB向上。

・デザインにおいても骨格をそのままにした形状や、ケーブルのラインにグリッドを採用。リズム感とデジタル音源をイメージ。
・装着感にも配慮。奥行きを2段階に調整できる「デプスフィットイヤーパッド」により、フィット感と密閉性を向上し、低域再生能力を高めている。
・再生周波数帯域は10Hz~22kHz。
・感度は100dB/1mW。

・インピーダンスは16Ω。
・ケーブル長は1.2m。
・スマートフォン用の「EHP-CS3580」には着信応答/終話スイッチとマイクを備えたリモコンスイッチをケーブル中程に備える。
・プラグはL字型のステレオミニ。

・重量は12g(マイク部は3g)。
・イヤーチップはS/M/Lの3種類。
・専用ポーチも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 5/26

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  05/26 /2014 (Mon)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
5000円のAmazon Bluetoothスピーカーは初めての人におススメ!とのこと

audio-technica ATH-WS55(ブラック)
若い女性

audio-technica ATH-ES700(ブラック)
若い男性

beats by Dr.Dre. mixr(ブラック)
若い男性

DENON AH-C300
若い男性

DUNU DN-1000
若い男性

JVCケンウッド HA-FX3X
若い男性

iPod付属イヤホン×4
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「C5S/Titan」「DN-84738」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】全方位型イヤホンをお求めの方へ、OSTRY KC06はいかが?

Category: レビュー記事紹介  05/26 /2014 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】オープンかクローズドか ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(実売3万円~5万円編)

Category: レビュー記事紹介  05/26 /2014 (Mon)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】AKG「K550」レビュー。よくコントロールされた、穏やかな低域感と品位の高い質感描写が持ち味

Category: レビュー記事紹介  05/26 /2014 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

「nano iDSD」がポータブル機初の「DSD 256」対応

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  05/26 /2014 (Mon)

iFI-Audioは、発売中のポータブルUSB DAC/ヘッドフォンアンプ「nano iDSD」をDSD256(11.2MHz、12.4MHz DSD)対応とするファームウェアを24日より提供開始した。
概要は以下の通り。

・14日に公開したWindows用の新ドライバVer.2.20.0と組み合わせて利用することで、DSD 256対応となる。
・ポータブルのUSB DAC/ヘッドフォンアンプとして初のDSD 256(11.2MHz、12.4MHz DSD)に対応。
・Windowsでは、ASIO 2.2に正式対応。
・DoP方式も引き続き利用できるため、モバイルアプリやMac上でもnano iDSDを利用可能。
・新ファームウェアでは、USB 3.0ポートに完全対応し、新Mac各機種のUSB 3.0ポートとの互換性の問題も解消。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

スター・ウォーズとコラボした「STREET by 50」ヘッドフォンを7月上旬発売

Category: 新製品ニュース  05/26 /2014 (Mon)

モダニティは、「スター・ウォーズ」のキャラクターとコラボレーションした米SMSオーディオのヘッドフォン「STREET by 50 スター・ウォーズ ファーストエディション」4モデルを7月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は21,000円。
・オンイヤー型ヘッドフォン「STREET by 50」をベース。
・映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する、レベル・アライアンス、ストーム・トゥルーパー、ギャラクティック・エンパイヤー、ボバ・フェットの4種類のキャラクターを象徴する色と紋章を配置したデザインを採用。
・40mm径のダイナミック型ドライバを搭載。「低中域に寄ることなく、高域までバランスよく調整されたクリアで迫力のあるサウンドが楽しめる」としている。

・ヘッドバンドには、強度と柔軟性を兼ね備えた独自開発のポリマー樹脂を採用。
・イヤパッドは、肉厚でクッション性の高いソフトレザーを使用し、装着性と遮音性を強化。
・ハウジングは密閉型。
・ケーブルは着脱式で、マイク付きリモコンを搭載し、再生・停止・選曲スキップ・通話切り替えなどの操作が可能。
・プラグは金メッキのステレオミニ。
・折り畳みも可能で、キャリーケースに収納して持ち運びができる。
・重量は160g。
・キャラクターをイメージしたデザインのハードシェル・キャリーケースや、ポスター、ステッカーが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Bowers & Wilkins(B&W) P5のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  05/25 /2014 (Sun)

フジヤエービックにて21,800円で購入。B級品です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DUNU DN-1000のレビュー

Category: イヤホンレビュー  05/24 /2014 (Sat)

フジヤエービックにて21,800円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

SHURE「SE112」発売日が5月29日に決定

Category: 新製品ニュース  05/23 /2014 (Fri)

シュア・ジャパンは、シングル・ダイナミックドライバーのカナル型イヤホン「SE112」の正式な発売日を発表した。
概要は以下の通り。

・当初「6月」としていたが、5月29日(木)に発売することをアナウンスした。
・5月22日から予約受付もスタート。
・「SE112」はシングルダイナミック型MicroDriverを搭載した、同社SEシリーズのエントリークラス・イヤホン。
・実売5,000円前後という非常に手頃な価格ながら「SE112はSE215にとてもよく似たサウンドを実現している」(同社説明員)という高CPさが大きな特徴のひとつ。
・いわゆる「SHUREがけ」(ケーブルを耳に掛ける方式)はもちろん、通常のイヤホンのように装着することも可能。
・ケーブルは着脱ができない仕様となるが、ケーブル接合部には断線防止アッセンブリーを採用。ケーブルを強く固定し、安定性と耐久性を強化している。
・ケーブルの長さは127cm。
・ソフトフレックスタイプの高遮音性イヤーピースを採用。サイズはS、M、Lの3種類を同梱。
・本体カラーはグレーの1色のみ。
・感度は105dB SPL/mW。
・インピーダンスは16Ω(1kHz)。
・再生周波数帯域は25Hz~17kHz。
・最大ノイズ減衰量は最大37dB。
・キャリングポーチも同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

自分らしさにこだわって、イヤホン&ヘッドホンの正しい選び方

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  05/23 /2014 (Fri)

マイライフニュースに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】このイヤホンを買え 1万円でパワフルな低域が楽しめるSHUREの名機

Category: レビュー記事紹介  05/23 /2014 (Fri)

産経アプリスタに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

最大11.1ch DTS Headphone:X対応ヘッドフォン「RP-HX750」を6月13日発売

Category: 新製品ニュース  05/21 /2014 (Wed)

パナソニックは、最大11.1chのサラウンドをヘッドフォンで体験できる「DTS Headphone:X」に対応したヘッドフォン3製品を6月13日より発売する。
概要は以下の通り。

共通
・DTS Headphone:Xhは、DTSによる最新サラウンド技術。
・ステレオヘッドフォンで、最大11.1chのサラウンドを実現するもの。
・「ヘッドフォンで聴いた音が頭の中で鳴るのではなく、自分の周りをスピーカーが取り巻いているかのように頭の外にサウンドが広がる」とする。
・DTS Headphone:Xの効果を楽しむためには、専用エンコードが行なわれたコンテンツを対応アプリ「DTS Headphone:X Music Live」で再生する必要がある。
・コンテンツは別売で、アプリの対応OSは、Android 4.1以降とiOS 7.0/7.1。
・いずれも、耳を包み込むアラウンドイヤータイプの密閉型ヘッドフォン。
・3モデルの違いはドライバユニットなど。
・DTS Headphone:Xを利用しない場合は、通常のステレオヘッドフォンとして利用可能。
・いずれも、密閉型のオーバル型イヤーパッドの採用により、ハウジングの密閉性を向上。低音再生能力を高めている。
・ケーブルは1.2mのフラットタイプ。
・インピーダンスは32Ω。

「RP-HX750」
・50mmドライバ搭載。
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は1万円前後。
・大口径ドライバの採用のほか、大型ハウジングを採用。「空間をビートの効いた重低音で満たす」とする。
・制振スタビライザーの搭載により、不要振動を抑えて高音質化を図っている。
・カラーはシルバーのみ。
・柔らかい素材でやさしい装着感というコンフォートイヤーパッドを採用
・ケーブルは片出し。
・再生周波数帯域は7Hz~27kHz。
・音圧感度は100dB/mW。
・ケーブルを含む重量は304g。

「RP-HX550」
・40mmドライバ搭載。
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は6,000円前後。
・ダイナミックな重低音再生が特徴。
・カラーはホワイト、ブラック、ゴールドの3色。
・柔らかい素材でやさしい装着感というコンフォートイヤーパッドを採用
・ケーブルは片出し。
・再生周波数帯域は8Hz~26kHz。
・音圧感度は96dB。
・ケーブルを含む重量は260g。

「RP-HX350」
・36mmドライバ搭載。
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は3,000円前後。
・全帯域でパワフルな音を実現。
・カラーはブルー、ブラック、ホワイト、レッド、パープルの5色。
・再生周波数帯域は9Hz~25kHz。
・音圧感度は107dB/mW。
・ケーブルを含む重量は195g。

久しぶりに面白そうな機種です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

B&O playとペプシがコラボ。サッカー選手をイメージした新ヘッドフォンを6月5日発売

Category: 新製品ニュース  05/21 /2014 (Wed)

完実電気は、デンマークB&O playブランドのヘッドフォン「H6」と「Form 2i」の限定モデルとして、ペプシとコラボし、ストリートアーティストのデザインを採用した「H6 LE」と「Form 2i LE」を追加する。
概要は以下の通り。

共通
・ペプシは“FOOTBALL+ART CAPSULE COLLECTION”と題して、「APPAREL」、「TECH」、「ACCESSORIES」、「MUSIC」、「FOOTWEAR」、「LIFESTYLE SPORTS」という6つのカテゴリで、ストリートアーティストとのコラボモデルを発表。
・その中の「MUSIC」カテゴリで、コラボ相手としてB&O playのH6とForm2iが選ばれた。
・限定デザインは、“LIVE FOR NOW”をテーマにストリートアーティストが手がけている。
・“FOOTBALL+ART CAPSULE COLLECTION”のコラボ商品は、リオネル・メッシ、ロビン・ファン・ペルシ、セルヒオ・アグエロなど、6人のサッカー選手がアピールしていくという。

「H6 LE」
・発売日は6月5日。
・価格は41,715円。
・カラーはBlueのみ。
・ブラジル代表のDF、David Luiz選手をイメージし、ブラジルのアーティストRicardo Aknがデザイン。
・40mm径ドライバを採用した密閉型ヘッドフォン。
・複数人で楽しむためのデイジーチェーン接続に対応。
・インピーダンスは30Ω。
・再生周波数帯域は20Hz~22kHz。
・マイク付きリモコンを備えたケーブルを採用。

「Form 2i LE」
・発売日は6月5日。
・価格は18,426円。
・カラーはBlue、Black、Whiteの3色。
・「Form 2i LE」のBlueは、イングランド代表MF、Jack Wilshire選手をイメージし、イギリスのイラストレーター・Hattie Stewartがデザイン。
・ Blackは、オランダ代表FW、Robin Van Persie選手をイメージし、オランダのアーティストMerijin Hosがデザイン。
・Whiteのイメージはスペイン代表DF、Sergio Ramos選手。デザインしたのはバルセロナに拠点に置くグラフィティアーティストのZosen。
・セミオープン型のダイナミック型ヘッドフォン。
・シンプルな形状が特徴。
・再生周波数帯域は20Hz~21kHz。
・重量は約90g。
・マイク付きリモコンを備えたケーブルを採用。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 5/18

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  05/21 /2014 (Wed)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
都内、明日も午後は雨のようです。

KOSS PORTA PRO
若い男性

Marshall Major(ホワイト)
若い女性

SHURE SE535LTD
30~40代と思われる男性

SONY XBA-10
若い男性

iPod付属イヤホン×6
SONY WALKMAN付属イヤホン×3

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「P5」「DN-1000」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【ゴン川野のPC Audio Lab】盛り上がり方がハンパじゃなかった「春のヘッドフォン祭2014」

Category: レビュー記事紹介  05/20 /2014 (Tue)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】高級イヤフォンDN-2000は「売れる音」がわかっている

Category: レビュー記事紹介  05/19 /2014 (Mon)

ASCII.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫