オーテク、世界初ダイナミック型を対向配置したイヤフォン「ATH-CKR9/10」を4月25日発売

Category: 新製品ニュース  03/31 /2014 (Mon)

オーディオテクニカは、2基のダイナミック型ユニットを向かい合わせに配置した、世界初の“DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERS”を搭載したイヤフォン「ATH-CKR9」と「ATH-CKR10」の2機種を4月25日に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・どちらのモデルもDUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERSという新しい機構を採用しているのが特徴。
・13mm径のダイナミック型ドライバを、向かい合わせに配置したもので、2つの振動板は同時に動く。
・同じ動作をするのではなく、片方のドライバには逆位相の信号を入力する事で、互いに逆の動き方をする。
・これにより、「相互変調の無い、広帯域に渡って高い音の再現性を確保。
・高い音圧でイヤフォンらしからぬ“次元の高い再生音”を実現する」としている。
・この機構は2機種で共通。低域特性を最適に調整するベース・アコースティックレジスターも搭載。

「ATH-CKR10」
・価格は43,200円。
・ハウジングに高剛性のチタンを採用。
・ユニットの土台となるヨークに純鉄を使い、効率良く磁気を伝達。解像度の高い再生を実現する。
・出力音圧レベルは110dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~40kHz。
・インピーダンスは12Ω。
・ケーブルは着脱できない。Y型で長さは1.2m。
・スタッカード撚り線と不要振動を抑えるアルミニウムスリーブプラグが使われている。
・入力プラグは金メッキ仕上げのステレオミニでL型。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・重さは16g。

「ATH-CKR9」
・価格は32,400円。
・ハウジングに切削アルミニウムを採用。
・出力音圧レベルは109dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~35kHz。
・インピーダンスは12Ω。
・ケーブルは着脱できない。Y型で長さは1.2m。
・入力プラグは金メッキ仕上げのステレオミニでL型。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・重さは12g。

面白い構造のイヤホンです。
オーテクの場合、チタン採用イヤホンよりステンレスの方が気になります。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーテク、14mmドライバ+ハイブリッドハウジング「ATH-CKR7」などCKRシリーズ3機種を4月25日発売

Category: 新製品ニュース  03/31 /2014 (Mon)

オーディオテクニカは、カナル型イヤフォン「ATH-CKR」シリーズとして、ハイブリッド構造のハウジングを採用した「ATH-CKR7」など3機種を4月25日に発売する。
概要は以下の通り。

「ATH-CKR7」
・価格は16,200円。
・専用設計の14mm径ダイナミック型ドライバを採用。
・ハウジングの前後には、高域用と低域用のアコースティックレジスターを搭載。それぞれの音域を調整し、最適な音質を実現する。
・ハウジングの素材に、切削ステンレスとアルミニウムという2つの異なる素材を使っているのが特徴。
・違う素材を組み合わせる事で、音質の向上と不要振動を抑制、クリアな音を再生できる。
・ステンレスハウジング一体型のスタビライザーも採用し、音の歪みを抑制。
・再生周波数特性は5Hz~28kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は200mW。
・ケーブルは1.2mのY型で、着脱はできない。
・ケーブルを除いた重量は約10g。
・入力はステレオミニ。
・イヤーピースはXS/S/M/Lを同梱。
・ポーチも付属。

「ATH-CKR5」
・価格はが6,480円。
・新開発の13mm径ドライバを搭載。
・鮮明な中高域と、迫力ある低音再生ができる。
・カラーはブラック、ブルー、ブラウン、シルバー、レッド、ホワイトを用意。
・ハウジングの内部、ドライバの背面に輪っか状の真鍮製スタビライザーを採用しているのが特徴。音の雑味の原因となる不要振動を抑え、クリアな再生が可能。
・再生周波数特性は5Hz~25kHz。
・出力音圧レベルは103dB/mW。
・最大入力は200mW。
・インピーダンスは16Ω。
・ケーブルはY型で1.2mで、着脱はできない。
・ケーブルを省いた重量は約8g。
・入力は金メッキのステレオミニ。
・イヤーピースはXS/S/M/Lを同梱。
・ポーチも付属。

「ATH-CKR3/3i/3iS」
・価格は「ATH-CKR3」が3,780円、iPhone向けにリモコンマイクを搭載した「ATH-CKR3i」が5,184円、Android/iPhone向けの「ATH-CKR3iS」が4,536円。
・新開発の9.8mm径ドライバを搭載。
・高解像度、高レスポンスなどを追求。鮮明な中高域が再生できる。
・カラーはブラック、ブルー、ブラウン、グレー、レッド、ホワイトを用意。
・ハウジングの内部、ドライバの背面に輪っか状の真鍮製スタビライザーを搭載し、音の雑味の原因となる不要振動を低減。
・再生周波数特性は5Hz~24kHz。
・出力音圧レベルは102dB/mW。
・最大入力は200mW。
・インピーダンスは16Ω。
・ケーブルはY型で1.2mで、着脱はできない。
・ケーブルを省いた重量は約6g。
・入力は金メッキのステレオミニ。
・イヤーピースはXS/S/M/Lを同梱。
・ポーチも付属。

・「ATH-CKR3i」は、iPod/iPhone/iPad向けモデル。
・ケーブルの途中に3ボタンタイプのリモコンマイクを装備。
・再生、一時停止、曲送り/戻しと音量調整、ハンズフリー通話ができる。
・イヤフォンの仕様は「ATH-CKR3」と同じ。

・「ATH-CKR3iS」は、AndroidとiPhone向け。
・リモコンマイクにボリュームコントローラーと1ボタンを装備。
・再生/一時停止と着信応答/終話操作ができる。
・イヤフォンの仕様は「ATH-CKR3」と同じ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーテク、スタイリッシュに充電、音に合わせて振動する無線サラウンドヘッドフォン2機種を4月25日発売

Category: 新製品ニュース  03/31 /2014 (Mon)

オーディオテクニカは、デジタルワイヤレスヘッドフォン2機種を4月25日に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・充電台を兼ねた送信ユニットと、受信機を内蔵したヘッドフォンで構成。
・2.4GHz帯のデジタルワイヤレス伝送に対応し、最大約30mの伝送が可能。
・自動的に最適な送信チャンネルを探し、安定した伝送ができる「ベストチャンネルサーチ」機能も搭載。
・増設用ヘッドフォンも発売し、各モデル最大3台のヘッドフォンを同時利用が可能。
・送信ユニットは充電台を兼ねており、ハウジングを下にしてスタイリッシュにホールドできる。
・ヘッドフォンのハウジングが横に広がらずに設置できるため、テレビ台の脇など、狭いスペースでも設置しやすい。
・送信ユニットには入力として、ステレオミニのアナログ入力を1系統搭載する。
・ヘッドフォン部の主な仕様は共通。
・CCAWボイスコイルを使った40mm径ドライバを搭載し、レスポンスを高めている。
・ハウジング内で音響部と電源部を独立させることで、空気の流れを妨げず、淀みのない明瞭な音を再生できる。
・送信機の外形寸法は103×135×62mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約120g。

「ATH-DWL700」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は20,304円前後。
・V-ACTモードを搭載。入力された音に反応して、低周波の振動が発生する機構で、臨場感と迫力のある再生が可能。映画やゲームの視聴に適している。この機能はON/OFFも可能。
・SRS WOWモードも搭載。立体的なバーチャルサラウンドと、豊かな低音も再生できる。
・再生周波数帯域は15Hz~24kHz。
・内蔵充電池で動作。
・1mW×2chで出力した場合、約10時間の連続使用が可能(V-ACTとSRS WOWモードOFF)。
・充電所要時間は約6時間。
・ヘッドフォン部の重さは約300g

「ATH-DWL500」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は13,824円前後。
・SRS WOWモードやV-ACTモードを省いた機種。
・ブラックとホワイトのカラーバリエーションを用意。
・再生周波数帯域は15Hz~22kHz。
・内蔵充電池で動作。
・1mW×2chで出力した場合、約10時間の連続使用が可能。
・充電所要時間は約6時間。
・ヘッドフォン部の重さは約250g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーテク、SonicFuelのアルミ製ヘッドフォン「ATH-AX5/AX3」の2機種を4月25日発売

Category: 新製品ニュース  03/31 /2014 (Mon)

オーディオテクニカは、「SonicFuel」シリーズのポータブルヘッドフォン「ATH-AX5」と「ATH-AX3」の2機種を4月25日に発売する。
概要は以下の通り。

「ATH-AX5」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格はAX5が10,778円前後。
・カラーは、ブラックとガンメタリックの2色。
・専用設計の40mm径ドライバを搭載した密閉型ヘッドフォン。
・ハウジングにアルミニウムを採用し、「クリアな中高域と、引き締まった低域を再生する」という。
・イヤーパッドは大型のアラウンドイヤータイプで、遮音性と装着感を高めている。
・ヘッドバンドも新形状を採用。
・ケーブルは片出しで、表裏2色のフラットケーブルを採用。
・ケーブル長は1.2m。
・プラグは金メッキのL型ステレオミニ。
・出力音圧レベルは105dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~25kHz。
・最大入力は1,000mW。
・インピーダンスは55Ω。
・ケーブルを除いた重量は約140g。
・キャリングポーチが付属する。


「ATH-AX3」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,458円前後。
・カラーは、ブラック、ネイビー、レッドの3色。
・新設計の40mm径ドライバを搭載。
・ハウジングは樹脂製の密閉型。
・アラウンドイヤータイプの大型イヤーパッドや新形状のヘッドバンドを採用。
・ケーブルは片出しのフラットタイプ。
・ケーブル長は1.2m。
・プラグは金メッキのL型ステレオミニ。
・出力音圧レベルは104dB/mW。
・再生周波数帯域は10Hz~24kHz。
・最大入力は1,000mW。
・インピーダンスは55Ω。
・重量は約140g(ケーブル除く)。
・キャリングポーチが付属する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】“世界初”機構搭載イヤホン・オーディオテクニカ「ATH-CKR10」「ATH-CKR9」

Category: レビュー記事紹介  03/31 /2014 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】Klipsch STATUSは、かっこ良すぎて損をしているヘッドホン

Category: レビュー記事紹介  03/31 /2014 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】1.5テスラで低音を強力ドライブ!FOSTEXの密閉型ヘッドフォン『TH900』

Category: レビュー記事紹介  03/31 /2014 (Mon)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】平面磁気ドライバーが独自の世界を描く、HiFiMANのヘッドフォン『HE-6』

Category: レビュー記事紹介  03/31 /2014 (Mon)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ハイレゾ音源だってばっちり イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売5万円以上編)

Category: レビュー記事紹介  03/31 /2014 (Mon)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

audio-technica ATH-CKX9のレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/30 /2014 (Sun)

じゃんぱらにて4,980円。中古です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

SONY MDR-EX600のレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/30 /2014 (Sun)

eイヤホンにて6,000円で購入。中古(週末特価品)です


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【ゴン川野のPC Audio Lab】高解像度で耳に優しい!?ドイツの名門Beyerdynamicのヘッドフォン『T1』

Category: レビュー記事紹介  03/27 /2014 (Thu)

@DIMEに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JBL、スマホタッチでペアリング、指先タッチで操作可能なBluetoothヘッドフォンを4月上旬発売

Category: 新製品ニュース  03/26 /2014 (Wed)

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetoothヘッドフォン新製品「SYNCHROS(シンクロス) S400BT」を4月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は24,624円。
・カラーはブラックとホワイトの2色。
・Bluetooth 4.0に対応した密閉型のヘッドフォン。

・プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFPに対応。
・コーデックはSBC/aptXをサポート。
・NFCにも対応し、右ハウジングに対応スマートフォンなどをタッチするだけでペアリングが可能。

・左ハウジングにタッチコントロール機能が搭載。上下に指でなぞると音量が増減、タッチで再生/一時停止といった操作が可能。
・マイクも内蔵しており、スマートフォンと連携してハンズフリー通話も可能。
・ケーブルは着脱式で、バッテリが無くなった場合は、パッシブ型のヘッドフォンとして利用可能。
・付属ケーブルの長さは1.2m。

・ドライバは40mm径。
・再生周波数特性は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・感度は115dB/30mW。

・内蔵バッテリで動作し、充電時間は約2時間、音楽再生は約15時間可能。
・付属のケーブルを用いてUSB経由で充電する。
・重量は本体のみで275g。
・専用キャリングケースを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】パイオニア「DJE-2000」「DJE-1500」レビュー“DJ向け”ハイブリッド型イヤホンの実力は?

Category: レビュー記事紹介  03/24 /2014 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

イヤホンの売れ筋はフィリップス「SHE97xx」が安定トップ。eイヤホンに聞く

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  03/24 /2014 (Mon)

日経トレンディネットに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】50セント・プロデュース、STREET by 50 DJの真価

Category: レビュー記事紹介  03/24 /2014 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】驚きの無音空間! オススメ「ノイズキャンセリングヘッドホン」6種を比較してみた

Category: レビュー記事紹介  03/24 /2014 (Mon)

アメーバニュースに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Dita audio Answerのレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/23 /2014 (Sun)

ヘッドホン祭会場にて49,800円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

東芝エルイートレーディング RZE-S70のレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/23 /2014 (Sun)

ヨドバシカメラ横浜店にて9,980円でゴールド色を購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DENON DA-300USBのレビュー

Category: アンプレビュー  03/23 /2014 (Sun)

フジヤエービックにて43,470円で購入。


Comments (1) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】増税前にいかがでしょう イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売3万~5万円編)

Category: レビュー記事紹介  03/20 /2014 (Thu)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

クリエイティブ、NC+BTヘッドフォン「Aurvana Gold」を3月下旬発売。Platinumは4月発売。

Category: 新製品ニュース  03/20 /2014 (Thu)

クリエイティブメディアは、ノイズキャンセル対応のBluetoothヘッドフォン/ヘッドセット「Creative Aurvana」シリーズ2モデルの発売日を決定した。
概要は以下の通り。

共通
・高音質ヘッドフォンブランド「Aurvana(アルバナ)」のプレミアムモデル。
・2013年11月に製品発表していたが、今回発売時期が決定した。
・「Creative Aurvana Platinum(HS-AVNPLT)」は4月発売、「Creative Aurvana Gold(HS-AVNGLD)」は3月下旬に発売
・いずれも、Bluetooth接続のワイヤレスヘッドセットでNFCによるBluetoothペアリングやAACやapt-Xなどの高音質コーデックをサポート。
・対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。
・Platinum/Goldの両モデルとも、アクティブノイズキャンセリング(NC)機能を備える。
・音楽再生用に2台のBluetoothデバイスを同時接続する「Creativeマルチポイント接続」に対応。
・また、2台のPlatinum/Gold間で利用可能なワイヤレス機能「ShareMe」もサポートし、例えばAurvana Platinumに対し、友人がAurvana Goldを持っている場合、GoldからPlatinumにワイヤレス接続して、音楽をシェアできる。
・アナログ接続端子も備えており、有線接続のヘッドセットとして利用可能。
・インピーダンスは32Ω。
・バッテリ駆動時間は音楽再生時で最大15時間、音声通話時で最大21時間。
・充電はマイクロUSB経由で行なう。

「Creative Aurvana Platinum(HS-AVNPLT)」
・上位モデル
・4月発売。
・価格はオープンプライスで、直販価格は30,651円(税別28,381円)。
・50mmドライバを搭載。
・利用シーンにあわせて選択できる3モードのアクティブNC機能「Tri-Mode ANC」を搭載。
・航空機内や屋外、電車内などの状況に合わせてノイズキャンセリングの効果を調整。
・最大約90%のノイズ低減を図る。
・再生周波数帯域は10Hz~25kHz。
・重量は約332g

「Creative Aurvana Gold(HS-AVNGLD)」
・3月下旬発売。
・価格はオープンプライスで、直販価格は24,800円(税別23,620円)。
・40mmドライバ搭載。
・アクティブNCを搭載。Tri-Mode ANCには対応しない。
・ノイズ低減は最大約85%。
・再生周波数帯域は15Hz~22kHz。
・重量は約292g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

TSUTAYA、SkullcandyとSPICY CHOCOLATEのコラボヘッドフォンを3月23日から限定販売

Category: 新製品ニュース  03/20 /2014 (Thu)

TSUTAYAなどを運営するCCCは、米SkullcandyとレゲエアーティストのSPICY CHOCOLATEのコラボレーションによるヘッドフォン2モデルを、各モデル500個限定で、全国のTSUTAYA約100店舗やオンラインサイトで3月23日から発売する。
概要は以下の通り。

・価格は、低域のボリュームを調整できる「CRUSHER Realtree」が15,540円。ヘッドバンド部分にテキスタイルを採用した「HESH 2 Realtree」が9,030円。
・Skullcandyのポリシーである"高いファッション性とオリジナリティあふれるサウンドコーディネイト"に、ジャパニーズレゲエアーティストのSPICY CHOCOLATEが共感して実現したというコラボレーション。
・既存機種のデザインを変更した限定モデル。
・低域のボリュームコントロールを行なえるデュアルドライバーが特徴の「CRUSHER Realtree」と、スタイリッシュな外観の「HESH 2 Realtree」の2モデルをラインナップ。
・いずれのモデルも、木や森をモチーフにした迷彩柄が特徴の米国のブランド「Realtree」のプリントを施している。
・TSUTAYAの店頭では、2つの限定モデルを、2月にリリースされたSPICY CHOCOLATEのベストアルバム収録楽曲と共に試聴することが可能。
・取扱い店舗は同社のサイトに掲載。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ファイナル、BA+ダイナミックのハイブリッドヘッドフォン第2弾「PANDORA HOPE IV」を4月上旬発売

Category: 新製品ニュース  03/19 /2014 (Wed)

ファイナルオーディオデザインは、ヘッドフォン第2弾モデルとして、バランスド・アーマチュアとダイナミック型ドライバを両方搭載した「PANDORA HOPE IV」(FI-PA4BD)を4月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は46,800円前後。
・昨年12月から発売している、同社初のヘッドフォン「HOPE VI(PI-PA6BD)」と同様、ダイナミック型のドライバと、イヤフォンで使われるバランスド・アーマチュア(BA)ユニットを搭載したハイブリッドタイプのヘッドフォン。
・新モデルの「HOPE IV」では、50mm径のダイナミック型ユニットと、自社開発のBAユニットを搭載。
・2ドライバによる広帯域再生と、筐体内の空気の流れや、振動板前後の圧力を最適化するBAM機構を組み合わせ、「ハイレゾ音源の特長を生かす、クリアな音質と広く奥行きのあるサウンドステージを実現した」という。
・ユニット背面の空気圧バランスを取るため、1.5mm厚のアルミ製バックプレートも装備。
・筐体は硬質ABS。
・不要振動を抑制する効果もある漆黒のマット塗装を施している。
・イヤーパッドは、HOPE VIと比べて軽量化しつつ、厚みを増したウレタンを採用。
・フィット感と共に、音質面でもHOPE IVに最適化。
・感度は105dB。
・インピーダンスは8Ω。
・ケーブルは1.5mで着脱可能。
・ヘッドホン側のコネクタは金メッキ仕上げのモノラルミニプラグで両出し。90度回転式のロック機構も採用。
・重量は約410g。

画像などは記事で。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 3/19

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  03/19 /2014 (Wed)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
ウォークマン「NW-ZX1」と「F880」がDSD再生に対応。ただし、24bit/176.4KHzへPCM変換して再生するとのこと。

beats Solo HD(ブラック)
若い男性

KOSS THE PLUG(ブラック)
30~40代と思われる男性

SONY MDR-XB60EX(ブラック)
若い男性

iPod付属イヤホン×3
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「RZE-S70」「Answer」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

マッドキャッツ、iPhoneマイク付き着脱ケーブル採用のカラフルなヘッドホン「Kunai Mobile」を発売開始

Category: 新製品ニュース  03/18 /2014 (Tue)

マッドキャッツ(株)は、iPhone用マイク付きの着脱式ケーブルを採用するなどしたヘッドホン“TRITTON クナイ モバイル ステレオ ヘッドセット for iPod, iPhone & iPad”(Kunai Mobile)「MC-KUN-MFI」を発売した。
概要は以下の通り。

・カラーはマットブラック、マットレッド、マットブルー、マットオレンジの4色。
・価格は7,600円(税抜)。
・iPhoneユーザーをターゲットにし、Made for iPhone/iPod/iPad認証を取得。
・マイク内蔵のリモコン付きケーブルを採用し、楽曲操作や着信通話などを行える。
・40mmドライバーを搭載。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・インピーダンスが16Ω。
・全高調歪率(THD)は1%以下。
・ポップなカラーバリエーションも特徴のひとつ。本体カラーと異なる2色のイヤーカップカバーも付属。
・同社は、ゲーム用周辺機器における大手メーカーである米Mad Catz Interactive, Inc. の日本法人。
・「TRITTON」は、2010年にMad Cats傘下となったオーディオブランド。
・設立以来、高性能ゲーミングヘッドセット、およびゲーミングオーディオ機器の開発生産にフォーカスしてきた。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

デノン「DA-300USB」のヘッドホンアンプを検証、人気ヘッドホン6機種と組み合わせテスト

Category: レビュー記事紹介  03/18 /2014 (Tue)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 3/18

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  03/18 /2014 (Tue)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
動画配信など「無料音楽で満足」が増加傾向、音楽への支出は1,500円/月、とのこと。

audio-technica ATH-CKS90
30~40代と思われる男性

audio-technica ATH-IM50(ホワイト)
若い男性

SONY MDR-EX1000
30~40代と思われる男性

iPod付属イヤホン×6
SONY WALKMAN付属イヤホン×4

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「RZE-S70」「Answer」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Westoneの3ユニットBAイヤフォン「W30」を3月20日発売。実売39,800円

Category: 新製品ニュース  03/17 /2014 (Mon)

テックウインドは、米Westone Laboratoriesのカナル型(耳栓型)イヤフォン「Universal W30」を3月20日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は39,800円前後。
・2013年12月のWシリーズ4製品の発表時には12月中の発売を予告していたが、「W30」のみ出荷開始が遅れていた。
・「W30(Universal W30)」は、低/中/高域のそれぞれに各1基のBAドライバを搭載した3ウェイ構成のカナル型イヤフォン。
・レスポンスの良い低域、解像度の高い中域、明瞭な高域が特徴。
・MMCXコネクタを採用し、ケーブル交換(リケーブル)に対応するほか、MFi(Appleの認証プログラム)対応のリモコン/マイク付きケーブルを同梱。
・カラーバリエーションを楽しめる3色(ブラック/レッド/ブルー)のフェースプレートが付属し、左右違う色にしたり、その日のファッションにあわせたカラー変更などが行なえる。
・再生周波数帯域は20Hz~18kHz。
・入力感度は107dB。
・インピーダンスは30Ω。
・パッシブノイズ減衰は25dB。
・ケーブルは脱着可能なEPICケーブル1.2mと、MFi対応のリモコン付きケーブル。
・重量は12.7g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

AUDIOTRAK、MMCX対応の銀線ハイエンドリケーブル「Re:Cable SR3」を3月25日発売

Category: 新製品ニュース  03/17 /2014 (Mon)

WiseTechは、MMCXに対応したAUDIOTRAKのイヤフォン/ヘッドフォン向け交換ケーブルのハイエンドモデル「Re:Cable SR3」を3月25日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は23,400円前後。
・ShureのSEシリーズなど、MMCX対応のイヤフォンでリケーブルが可能。
・従来のSR2シリーズのDNAを引き継いだという後継モデル。
・純度99.99%の銀線を8芯で使用。
・ハンダもWBT銀ハンダを使用。
・MMCXプラグは新開発で、着脱可能なワッシャー付き。接続と伝送の安定性が増加した。
・ケーブルは120cm。
・固定用ワイヤーを入れ、耳かけタイプの装着にも対応。
・被膜には、熱伝導率に対しても強い性質を持つ、TPEを二重に加工して使い、耐久性を高めている。
・仕上げには、マイナス156度で72時間におよぶクライオ処理を施し、電気抵抗値を抑え、通電効果を向上させた。
・入力プラグはステレオミニで、Neutrik製「NTP3RC-B」を使用。金メッキ仕様。

音の変化についてWiseTechは、
・バランスド・アーマチュア(BA)型イヤフォンでは、BA特有の鮮明さを加速させるとともに、エネルギッシュな力強さも確保。カスタムIEMに負けないモニターイヤフォンへとブラッシュアップ。
・ダイナミック型では、芯のある力強さを保ちつつ、物足りないと感じられる中高域を見事に補い、まるでリファレンススピーカーを聞いているような空間表現を可能にする」としている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫