【レビュー記事】AKGのプロ向けモニターヘッドホン新フラグシップ機「K812」が辿り着いた頂点を聴く

Category: レビュー記事紹介  02/26 /2014 (Wed)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ORB、乾電池駆動のポータブルヘッドフォンアンプを2月下旬発売

Category: 新製品ニュース  02/26 /2014 (Wed)

ジェーエイアイは、ORBブランドのポータブルヘッドフォンアンプ「JADE next」を2月下旬より発売する。
概要は以下の通り。

・店頭予想価格は29,400円前後。
・カラーはDark Navy/Ruby Red/Blackの3色。
・単4乾電池2本で駆動できる小型のポータブルヘッドフォンアンプ。
・電源電圧を10Vまで昇圧し、300Ωなどの高インピーダンスなヘッドフォンも駆動できる「ハイインピーダンスモード(HiZo)」と、低インピーダンスイヤフォン向けで電池を長持ちさせる「ノーマルモード(ECO)」を選択できる。
・アルカリ電池利用時の連続動作時間はECOで約12時間、HiZoで約5時間。
・電池駆動の弱点という中/低域の駆動能力を向上させるため、電源に1,000μFの電解コンデンサを導入。
・電源出力インピーダンスを下げ、高度なパワーレスポンスを実現した。
・音質に影響度が高い部品には、DIP(Dual in line package)品を採用。「透明でシャープな高域と、芳醇な中/低域を表現する」という。
・入力端子はステレオミニ×1。
・出力端子はヘッドフォン×1。
・推奨ヘッドフォンインピーダンスは16Ω~300Ω。
・全高調波歪率はハイインピーダンスモードで0.07%以下。
・出力はハイインピーダンスモードで20mW×2ch(32Ω)、ノーマルモードで2mW×2ch(32Ω)。
・裏蓋を開くことで、立てかけた状態でも使用可能。ポータブルプレーヤーのスタンドとしても利用できる。
・外形寸法は77×120×19mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約165g。

面白そうな機種です。漆塗りモデルは?
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JBL、可動域の広い光沢ハウジング採用のDJスタイルヘッドフォン「BassLine」を3月上旬発売

Category: 新製品ニュース  02/26 /2014 (Wed)

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのDJスタイルヘッドフォン「BassLine」を3月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9,980円前後。
・カラーはBLACK、BLUE、RED、WHITE。
・縦180度、横90度に回転するデュアル・ローテイティング・イヤカップを採用した密閉型のヘッドフォン。
・ハウジングが反転し、片耳モニターもでき、DJ用ヘッドフォンとしても利用可能。
・太めのヘッドバンドを採用し、バンド部分に大きなJBLロゴを配置。
・ハウジングはロゴマークのある中央部分がアルミ製、その周囲が光沢のある樹脂製。
・40mm径ドライバを搭載し、「音楽のエネルギーを損なわずに、JBLならではのクリアな高音と、迫力のあるタイトな低音を実現する」としている。
・ケーブルは着脱可能で、ヘッドフォン部分の端子はステレオミニ。
・付属ケーブルは1.2mで、スマートフォン用のマイクリモコンも装備。
・プレーヤー側の入力端子は4極ステレオミニ。
・ハウジングはヘッドバンドの内側に折りたたむ事もでき、コンパクトにして持ち運びも可能。
・キャリングポーチも付属。
・再生周波数帯域は10Hz~22kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・感度は117dB/30mW。
・本体のみの重量は210g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NOBUNAGA、TripleFi 10用交換ケーブル「TR-UE1」を発売開始

Category: 新製品ニュース  02/26 /2014 (Wed)

WiseTechは、イヤフォン用アクセサリのNOBUNAGA Labsブランドより、Ultimate Earsの「TripleFi 10」専用交換ケーブル「TR-UE1」を2月26日に発売した。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,980円前後。
・2月19日に発売されたゼンハイザーIE80/IE8用交換ケーブル「TR-IE1」(実売2,980円)に続く、NOBUNAGAブランドの低価格帯リケーブル第2弾。
・Ultimate EarsのTripleFi 10専用。
・導体には銅を使用。
・耳かけ式の装着に対応させるため、イヤフォン接続側のケーブルに形状固定用ワイヤを装備。
・イヤフォン側の端子は金メッキピンで、耐久性を高めるためモールディング加工が施されている。
・入力端子は金メッキのステレオミニ。ケーブルへの負担を軽減するため約45度に傾斜。
・ケーブルの長さは120cm。
・インピーダンスは0.5Ω以下。
・仕上げに48時間のクライオ処理を行なっている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 2/26

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  02/26 /2014 (Wed)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
パナソニック、業界初・竹由来の“プラントオパール”使ったスピーカーを3月1日からサンプル発売開始とのこと

audio-technica ATH-ES7(ブラック)
若い男性

SONY MDR-1R mk2(ブラック)
若い男性

JVCケンウッド HA-FX3X
若い男性

iPod付属イヤホン×3
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「DT48 E/200」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Bang & Olufsen BeoPlay H6のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  02/24 /2014 (Mon)

銀座の直営店にてブラックを39,000円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ONKYO IE-HF300のレビュー

Category: イヤホンレビュー  02/22 /2014 (Sat)

フジヤエービックにて14,220円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オペアンプ交換ヘッドフォンアンプ「FiiO E12 DIY」を2月28日より限定発売

Category: 新製品ニュース  02/21 /2014 (Fri)

小柳出電気商会(オヤイデ)は、オペアンプ交換可能なポータブルヘッドフォンアンプ「FiiO E12 DIY」を2月28日より完全限定生産で発売する。
概要は以下の通り。

・価格は26,250円。
・オヤイデ直販のほか、フジヤエービック、eイヤフォンで販売。
・カラーはシルバーとゴールドの2色。

・FiiOヘッドフォンアンプの最上位モデル「E12」をベースに、内部基板上のオペアンプとバッファをソケット式の換装式タイプとした。
・オペアンプはAD8620、AD767、OPA1611、OPA604の4種類を、バッファはBUF634、LME49600、LMH6321の3種類を同梱する。
・トータルで12パターンの組み合わせが楽しめ、音のカスタマイズを簡単かつ気軽に楽しめる。
・市販のオペアンプなども利用できる。

・初期状態ではAD8620とBUF634を搭載する。
・初期状態での製品スペックは、出力が600mW(16Ω)/750mW/(32Ω)/150mW(300Ω)。
・SN比は110dB以上。
・アナログ音声入力/出力(いずれもステレオミニジャック)のみのシンプルな構成。
・バッテリ駆動時間は約12時間。
・充電時間は約2時間。
・外形寸法は65.5×124×14.5mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は159g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】究極ハイレゾポータブル「AK240」の究極ぶりを聴く

Category: レビュー記事紹介  02/20 /2014 (Thu)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

完実、イヤフォン「beats tour」の新色レッドを2月20日発売

Category: 新製品ニュース  02/20 /2014 (Thu)

完実電気は、beats by dr.dreのカナル型(耳栓型)イヤフォン「New beats tour」に新色を追加し、2月20日に発売した。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15,800円前後。
・2013年9月にデザインが刷新された「New beats tour」。発売中のブラック、ホワイトと合わせて3色展開となる。

・また、beatsのヘッドフォンやスピーカーに付属するケーブルも同日より単品販売された。

店頭予想価格は、
・ヘッドフォン用の交換ケーブル「3.5mm オーディオケーブル」(BT CABLE AU)が2,280円前後。
・iOS機器対応リモコン/マイク付き交換ケーブル「インラインリモートマイクケーブル」が3,480円前後。
・StudioやPillを充電する「USB充電用ケーブル」(BT CABLE USB)が2,280円前後。

スピーカーの新色に関する記述もありますが、ここでは省略。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】カスタムIEMの売れっ子、1964 EARS V6-Stage一番人気?のワケ

Category: レビュー記事紹介  02/19 /2014 (Wed)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ハイレゾ音源を手軽に楽しめる! USB接続のユニークなヘッドホン「ATH-D900USB」を試す

Category: レビュー記事紹介  02/19 /2014 (Wed)

日経トレンディネットに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ファイナル、世界初3Dプリンタ造形のチタン製イヤフォンを2月下旬発売

Category: 新製品ニュース  02/19 /2014 (Wed)

ファイナルオーディオデザイン事務所は、NTTデータエンジニアリングシステムズ、プロポックスと協力し、量産品としては世界初という3Dプリンタで造形された64チタン製筐体のイヤフォン「final audio design LAB I」(FI-LAB01)を2月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・販売はダイレクトショップのみ。
・直販価格は16万円。
・今回の製品は、日本と海外で合計150セット限定での発売。日本への割り当ては30セット。
・デュアル・バランスド・アーマチュアユニットを搭載したイヤフォン。
・2基のユニットはフルレンジで、ネットワーク回路は使っていない。
・筐体が3Dプリンタで造形されたのが特徴。
・今回のイヤフォン開発では、3Dプリンタによる金属造形において、量産品に求められる精度と、金属表面の光沢仕上げを実現しているのが特徴。
・最終製品の形状、コスト、精度、表面の平滑度など、様々な要素を考慮して出力データを最適化。
・素材には64チタンを使っており、不要共振の少ない、クリアな音質を実現した。
・デュアルBAだが、どちらのユニットもフルレンジとしたのはネットワークを入れる事で、音の生々しさが失われるのを避けるため。
・低域の不足を解消しながら、生々しい音を実現したという。
・ユニット自体は「自社製品ではないが、特別にオーダーしたものを使っている」という。
・筐体内部の空気の流れを最適化するBAM(Balancing Air Movement)機構も採用。
・音道の出口には、ステンレス製メッシュフィルタを配置し、中高音のバランスを整えている。
・イヤーピースは遮音性の高いタイプと、共振音の少ないタイプの2種類用意。
・ケーブルは1.2mで、タッチノイズを抑えたフラットタイプ。
・重量は約26g。
・革製のキャリングケースも付属。

非常に高いです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【トピック】これから始める“ハイレゾ”超入門

Category: レビュー記事紹介  02/19 /2014 (Wed)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NOBUNAGA、低価格リケーブル第1弾「TR-IE1」を発売開始

Category: 新製品ニュース  02/19 /2014 (Wed)

WiseTechは、イヤフォン用アクセサリのNOBUNAGA Labsブランドの新製品として、ゼンハイザーの「IE80/IE8」に対応した交換用ケーブル「TR-IE1」を、2月19日に発売した。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,980円前後。
・IE80、IE8用の交換ケーブル。
・NOBUNAGAブランドの低価格交換ケーブル「TRシリーズ」の第1弾との位置付け。
・今後もシリーズ展開を予定。
・他のイヤフォン対応製品を発表していく。
・耳かけ式の装着に対応させるため、形状記憶加工を施している。
・48時間のクライオ処理も行なっている。
・導体は銅。
・イヤフォン接続側の端子はモールディング加工され、耐久性を高めている。
・端子は金メッキ仕上げ。
・入力端子はケーブルへの負担を軽減するため、約45度に傾斜させている。
・プラグは金メッキ仕上げ。「使いやすさと独創性を追求した」という。
・ケーブルの長さは120cm。
・インピーダンスは0.5Ω以下。

ずいぶんと安いイヤホン用ケーブルです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ドスパラ、24bit/96kHz対応DAC搭載で7,999円のポータブルアンプを発売開始

Category: 新製品ニュース  02/19 /2014 (Wed)

ドスパラは、24bit/96kHz対応のUSB DAC機能を備えたポータブルヘッドフォンアンプ「DN-10756」を2月19日に発売した。
概要は以下の通り。

・直販サイトの上海問屋限定販売。
・直販価格は7,999円。
・外形寸法86×57×13mm(縦×横×厚さ)のコンパクトなヘッドフォンアンプ。
・重量は約77g。
・ステレオミニのアナログ音声入力を1系統備え、ヘッドフォン出力はステレオミニ×2系統搭載。2人同時に音楽を聴く事が可能。
・最大出力は300mW×2ch。
・インピーダンスは8~300Ωに対応。
・USB入力も備え、PCと接続し、USB DACとして24bit/96kHzまでの音声データに対応。
・電源は5V 500mAの内蔵リチウムイオンバッテリを使用。
・USB端子を使って約2時間で充電でき、動作時間は約60時間。
・USB充電ケーブル、ステレオケーブル、ポーチ、シリコンバンドを同梱。
・マニュアルも付属するが英語。

ヘッドホン出力が2つあるポタアンは珍しいです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ニュマーク、AKAI Professionalのモニターヘッドホン/アクティブスピーカーを2月28日発売

Category: 新製品ニュース  02/19 /2014 (Wed)

(株)ニュマークジャパンコーポレーションは、同社が取り扱う“AKAIProfessional”ブランドのヘッドホン「MPC HEADPHONES」とアクティブモニタースピーカー「RPM800」「RPM500」を2月28日に発売する。
概要は以下の通り。

MPC Headphones
・価格はOPEN価格。予想実売価格は24,800円前後。
・ネオジウムマグネット採用の50mmドライバーを搭載したヘッドホン。
・DTMなどで必要な波形再生精度にこだわった音づくり。
・ボディはガンメタル加工されたアルミとスチールを使った頑丈なつくり。
・インピーダンスは16Ω。
・プラグ部は2.5mmステレオミニジャック(記事のままです。おそらく3.5mmだと思います。)で、6.3mm変換アダプターが付属。
・ケーブルは両出し式で、長さは2.1m。
・通常ケーブルのほか、リモコンマイク内蔵ケーブルも同梱。
・本体質量は約383g。

スピーカーに関しては省略します。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】“Fidelio”最上位モデル「X1」に最適なヘッドホンアンプを野村ケンジが検証

Category: レビュー記事紹介  02/19 /2014 (Wed)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 2/18

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  02/19 /2014 (Wed)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
宇多田ヒカルがハイレゾに。24bit/96kHz「First Love」を3月10日からmoraとe-onkyo musicで配信、とのこと。

JVCケンウッド HA-FX3X
若い男性

Pioneer SEーA1000
若い男性

SONY XBA-10
若い男性

iPod付属イヤホン×4
SONY WALKMAN付属イヤホン×3

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「IE-HF300」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】 気軽にハイレゾを楽しめる192/24対応DAC&アンプ内蔵USBヘッドホン オーテク「ATH-D900USB」

Category: レビュー記事紹介  02/17 /2014 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ソニーのDSD対応PCMレコーダー「PCM-D100」でレコードをアーカイブ

Category: 特集  02/17 /2014 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

金メダリスト・羽生結弦選手は「ガチのイヤホンマニア」 

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  02/17 /2014 (Mon)

J-CASTモノウォッチに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

audio-technica ATH-EM9Dのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  02/16 /2014 (Sun)

ハードオフにて5,250円で購入。中古品です


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DENON AH-C400のレビュー

Category: イヤホンレビュー  02/15 /2014 (Sat)

eイヤホンにて9,980円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】オーディオテクニカ“IMシリーズ”用6N-OFCリケーブルの実力を検証!

Category: レビュー記事紹介  02/14 /2014 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】「nano iDSD」でハイレゾデビュー

Category: レビュー記事紹介  02/13 /2014 (Thu)

ケータイ Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

小型アンプ「AK10」のMac用アップデートツールを公開

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  02/13 /2014 (Thu)

アユートは、iPhoneなどと接続できる小型のDAC/ヘッドフォンアンプ「Astell&Kern AK10」のMac OS用ファームウェアアップデートツールを公開した。
概要は以下の通り。

・対応OSはMac OS X 10.6.5以降。
・MacからAK10をファームウェア「Ver.1.10」にアップデートするためのツール。
・Windows用は2013年12月に公開されていたが、Mac用は後日公開とされていた。

・AK10をVer.1.10に更新することで、従来必要だったCamera Connection Kitを使わずに、Lightningケーブルで直接接続したiPhone/iPod touchから、24bit/96kHzまでのデータをネイティブ再生が可能。

・24bit/96kHzの動作確認がされている再生アプリは「ONKYO HF Prayer」(有料版)と、「FLAC Player」(有料版)。
・デフォルトの「音楽」アプリで再生した場合は24bit/48kHzまで。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

フォステクス、グリーティングカードのデザインを採用したコラボイヤフォンを3月中旬発売

Category: 新製品ニュース  02/13 /2014 (Thu)

フォステクスカンパニーは、カスタムヘッドフォンブランドのKOTORIから、グリーティングカードのデザインを採用したカナル型(耳栓型)イヤフォン「KOTORI 101 meets Hallmark」を3月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は4,600円。
・iPhone/iPod対応マイク付きコントローラモデルも用意し、価格は5,500円。

・グリーティングカードなどを販売する日本ホールマークとコラボレーション。
・同社の保有する数百万のグリーティングカードのデザインの中からセレクトしたものを、ハウジング部分にプリントしたカナル型イヤフォン。
・アクセサリー箱のようなジュエルボックス型パッケージを採用。プレゼントギフトにも最適としている。

・フォステクス独自の音響技術により周波数特性による左右の音質の差を極限まで減らし、低域から高域までダイナミックでバランスの取れたサウンドを実現。
・最大入力は20mW。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは17Ω。
・出力音圧レベルは110dB。
・ケーブル長は1.2mで、プラグはステレオミニ。
・3サイズ(XS/S/M)のイヤーピースが付属。

・マイク付きコントローラモデルは、「Made for iPod/iPhone/iPad」ロゴを取得。
・着信応答や音量調整、早送り、一時停止や、音声アプリなどの操作が行なえる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 2/13

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  02/13 /2014 (Thu)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
『iPhone 6』のリーク写真? イヤホンジャックギリギリの薄さに大画面化、とのこと。

audio-technica ATH-CKS55(ホワイト)
若い男性

JVCケンウッド HA-FX3X
若い男性

iPod付属イヤホン×6
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「AH-C400」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【PR記事】“音”だけで勝負する。フォステクス初の真空管ヘッドフォンアンプ「HP-V1」とカナル型イヤフォン「TE-05」に込めた思い

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  02/12 /2014 (Wed)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫