2013年のAV機器業界はハイレゾ音源が熱かった!

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/28 /2013 (Sat)

ASCII.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュース ヘッドホンTOP10

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/28 /2013 (Sat)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

2013年発売、ヘッドフォンまとめ Vol.01

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/28 /2013 (Sat)

東京ヘッドフォンマガジンに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Westone、カスタムイヤフォン「ES」にMMCX採用の6機種を12月27日発売開始

Category: 新製品ニュース  12/27 /2013 (Fri)

テックウインドは、Westoneのカスタムイヤフォン「ESシリーズ」の新モデル6機種を12月27日に発売した。
概要は以下の通り。

・耳型を採取し、作成するカスタムイヤフォン。
・耳型が必要だが、採取料は別料金。
・製品は米コロラド州のWestone工場で手作りされる。
・ハイエンドのESシリーズ4機種に加え、手軽にカスタムイヤフォンが楽しめるエントリーモデルのACシリーズ2機種を用意。
・全モデルに共通する特徴として、ケーブルの着脱ができ、端子にMMCXを採用したのが特徴。
・既存のESシリーズ、ACシリーズは2ピンのコネクタだが、これを有償でMMCXに交換する有償サービスも実施する。
・新ESシリーズに採用するドライバは、従来のES5/ES3X/ES2/ES1と同じだが、ケーブルを含めた繊細な調整により、「全体的なサウンドパフォーマンスはさらに向上した」という。
・制作時に注文できるカラーパターンやフェイスプレートにもデザインが追加されている。
・フェイスプレートにユーザー独自のデザインを施す場合などは有料。
・ESシリーズとACシリーズの違いとして、ESシリーズはカナル(耳栓)部分に、独自のシリコン素材「フレックスカナル」を採用している点。
・この素材は耳穴に触れると、その温度で柔らかくなり、密閉感を高めるほか、長時間使用しても疲れにくい。
・ACシリーズのハウジング素材はアクリル。

ES50
・ドライバ構造:5基 (低音×1、中音×2、高音×2)
・再生周波数帯域:8Hz~20kHz
・価格:138,000円

ES30
・ドライバ構造:3基(低音×1、中音×1、高音×1)
・再生周波数帯域:20Hz~18kHz
・価格:128,000円

ES20
・ドライバ構造:2基(低音×1、高音×1)
・再生周波数帯域:20Hz~18kHz
・価格:98,000円

ES10
・ドライバ構造:1基
・再生周波数帯域:20Hz~18kHz
・価格:68,000円

AC20
・ドライバ構造:2基(低音×1、高音×1)
・価格:65,000円

AC10
・ドライバ構造:1基
・価格:52,000円

画像などは記事で。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】深夜でも迫力の9.1chサラウンドを。ソニー「MDR-HW700DS」

Category: レビュー記事紹介  12/27 /2013 (Fri)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】'13年登場の「Lightningでミニマムなヘッドホンアンプ」2大機種を徹底比較!

Category: レビュー記事紹介  12/27 /2013 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】CHORDジョン・フランクスCEOに聞く - ハイレゾ対応ポタアン「HUGO」の魅力

Category: レビュー記事紹介  12/27 /2013 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】評論家が絶賛する比類なきフラグシップ - Philips “Fidelio”「X1」

Category: レビュー記事紹介  12/27 /2013 (Fri)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ポタフェス関連記事

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/24 /2013 (Tue)

各種ニュースサイトでポタフェス関連の記事が掲載されています。

価格.comマガジン

ASCII.jp

ITmedia LifeStyle


AV Watch
・Ultimate Ears、ミックスウェーブ、ラディウス、JVCケンウッド、Atomic Floyd、城下工業、カナルワークス、その他

・beats by dr.dre、オヤイデ、ヒビノインターサウンド、ラトックシステム、ディーアンドエムホールディングス、eme audio、フォステクス、アユート、その他

・CHORD、その他


ファイルウェブ
・Deff Sound、中村製作所、Bispa、TCG/Astrotec

・DMR、neu

・城下工業

・オーディオテクニカ、パイオニア、ファイナルオーディオデザイン、JVC、フルテック、オンキヨー

・ディーアンドエムホールディングス

・Ultimate Ears、オヤイデ電気、KEF JAPAN、V-MODA、iBasso Audio

・SHURE、マクセル、Numark、nocs

・Philips、SENNHEISER、AIAIAI、Scullcandy

・beats、MONSTER、SOL REPUBLIC

・タイムロード、フォステクス、ハーマンインターナショナル

・ナスペック、ラトックオーディオラボ

・エミライ、アユート、トップウイング、eme-audio

・beyerdynamic、ラディウス、SAEC、ACOUSTIC REVIVE、その他

・SOUL、ミックスウェーブ、オルトフォン、Sensaphonics、カナルワークス、コンプライ

・ATOMIC FLOYD、Jay Bird、Klipsch、Rooth

・ORB、KORG、ワイズテック、オラソニック、日本ディックス、xDuoo、ムジカアコースティック


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

~ 特 集 ~  ポタフェスで気になった物

Category: 特集  12/22 /2013 (Sun)

12/21~12/22に秋葉原で開催されたポタフェスで個人的に気になった物を紹介します。
他にも色々ありましたが、気になった物だけです。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Victor HP-D555のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  12/21 /2013 (Sat)

フリマで2,000円で入手。中古品です。
イヤーパッドはATH-ES55の物(だったはず)に交換済。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Bose on-ear headphonesのレビューは掲載しません

Category: 管理人から  12/21 /2013 (Sat)

以前ジャンク品で入手したBose on-ear headphonesについて、この機種は豊富な低音域が特徴的ですが、私の個体はレンジが狭く、カマボコであるのが特徴的でした。
よって、私の持つ個体は偽物であると判断したため、レビュー掲載は中止します。
よろしくお願いいたします。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

デノン、初のUSB DAC/ヘッドフォンアンプを2月発売

Category: 新製品ニュース  12/20 /2013 (Fri)

ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドの新製品として、デノン初となる単体USB DAC兼ヘッドフォンアンプ「DA-300USB」を2014年2月に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は60,375円。
・カラーはシルバー。
・フラッグシップSACDプレーヤー「DCD-SX1」の技術を小型筐体に凝縮したというモデル。
・DSD 2.8MHz/5.6MHzの再生に対応。
・伝送方式はASIOドライバによるネイティブ再生と、DoPに対応。
・PCM入力は24bit/192kHzまで。
・対応OSはWindows XP/Vista/7/8。Mac OS X 10.6.4以降。
・PCM信号の場合は独自の「Advanced AL32 Processing」により、ハイビット/ハイサンプリング化して処理。
・16bitの信号も32bit精度にハイビット化し、サンプリングレート44.1kHzの場合は16倍、192kHzの場合は4倍にオーバーサンプリング。
・DACチップには、上級SACDプレーヤーにも搭載されているという32bit/192kHz対応のチップを採用。
・PCからのノイズ混入を防ぐため、デジタル・アイソレータを搭載しているのも特徴。
・入力端子として、USB×1、光デジタル×2、同軸デジタル×1を搭載。光/同軸デジタル入力は、最大24bit/192kHzまで対応する。
・出力は、標準ステレオのヘッドフォン端子×1、RCAのアナログ出力×1。
・ヘッドフォン出力は55mW(32Ω)。
・ヘッドフォンアンプ部分の電圧増幅段には、ハイスピード/ローノイズな高速オペアンプを採用。
・出力バッファにはディスクリート回路を採用。
・入力切替にはタッチセンサーを採用。有機ELディスプレイを前面に備え、筐体は横置き、縦置きに対応。
・設置する向きに合わせて、ディスプレイの表示向きも自動で変化する。
・縦置き、横置き時に利用できるフットも付属する。
・外形寸法は170×182×57mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は1.5kg。
・電源は付属のACアダプタを使用。
・停止状態で30分操作をしないと自動的にスタンバイモードへ移行する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ラトック、ESS DAC搭載フルバランスポータブルアンプを2014年1月下旬発売

Category: 新製品ニュース  12/19 /2013 (Thu)

ラトックシステムは、ESSのDACを搭載し、入力から出力までフルバランス構成の回路を採用したポータブルヘッドフォンアンプ「REX-KEB02AK」を2014年1月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後。
・販売代理店はアユート。
・24bit/192kHzまで対応する同軸デジタル、光デジタル入力を各1系統搭載したポータブルアンプ。
・出力はアンバランスのステレオミニ×1に加え、2.5mmモノラルミニミニ×2のバランス出力も装備。
・別売のモノラルミニミニケーブルと、リケーブル対応のイヤフォン/ヘッドフォンなどを組み合わせ、屋外でもバランス駆動が楽しめる。
・ケーブルはオプション品として、「RCL-KEBSH1C/CR」(Shure SEシリーズ用)や「RCL-KEBSE1」(SENNHEISER製 HD25-1 II用)などがある。
・入力は光デジタルと同軸デジタル。
・DACは、ダイナミックレンジが広く、高速クロック(80MHz)からマスタークロックを生成し、リクロックによるジッタ除去が特徴のESS製2ch DAC「ES9018K2M」を採用。
・AVアンプなどにも使われる「ES9018」を、モバイル向けにしたDACで、「これまでの ポータブルオーディオ機器を凌駕する音楽再生が楽しめる」(ラトック)という。
・好みに合わせ、ユーザーが内蔵DACのデジタルフィルタを、Slow/Sharpで変更でき、音の違いが楽しめる。
・バランス駆動回路には、TI製「TPA6111」をフルバランス構成によるBTL接続で、L/Rそれぞれに使用。
・チャンネルセパレーションに優れたバランス駆動を行ない、イヤフォンやヘッドフォンのクロストーク特性や分離感、定位感、表現力が向上する。
・アンバランスのシングルエンド出力向けには、TIの「TPA6138A2」と、独立したアナログフィルタを搭載。
・バランスとアンバランスの出力回路には、どちらも出力コンデンサを使用しないOCL回路を採用。
・出力はバランスが1.7Vrms/131mW(22Ω時)、アンバランスが1.62Vrms/38mW(68Ω時)。
・外形寸法は69.2×102.2×23.4mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約250g。
・内蔵バッテリは国産のリチウムイオン充電池(3.7V/1,200mA)。
・フル充電で約10時間の連続再生が可能(同軸入力/バランス接続/300Ω負荷/ボリューム12時位置)。
・付属のUSB出力対応ACアダプタで充電でき、所要時間は約3時間。
・PCのUSBポートなど、出力電流の小さいUSBポートからの充電では、3時間以上必要になる。

以前試聴した限りでは、かなりの性能がある機種だと記憶しています。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】シンプルなダイナミック型だが侮れない音「DM008」

Category: レビュー記事紹介  12/19 /2013 (Thu)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

アユート、1,980円の音質調節対応ポータブルアンプと980円のUSBインターフェイスを本日発売

Category: 新製品ニュース  12/19 /2013 (Thu)

アユートは、ポータブルヘッドフォンアンプ「UNI-HPM-2」と、USBオーディオアダプタ「UNI-KWU-Z022」を12月19日に発売した。
概要は以下の通り。

共通
・販売は直販サイトのアキハバラe市場、アキハバラe市場楽天支店や、全国のユニットコムグループ各店など。

ポータブルヘッドフォンアンプ「UNI-HPM-2」
・直販価格は1,980円。
・スマートフォンやポータブルプレーヤーとの組み合わせを想定。
・天面に高音と低音の調整ダイヤルを備え、好みの音に調節が可能。
・ボリューム調整もできる。
・ステレオミニの入力端子と出力端子を各1系統備える。
・出力は70mW×2ch(32Ω)。
・SN比は95dB以上。
・再生周波数帯域は18Hz~50kHz。
・歪率は0.1%(10mW)。
・シャツやポケットにセットできる金属クリップが付属。
・外形寸法は70×42×14mm(縦×横×厚さ)。
・重量は約30g(電池含まず)。
・電源は別売の単4電池1本。
・接続用のステレオミニケーブルや収納ポーチが付属。

USBオーディオアダプタ「UNI-KWU-Z022」
・直販価格は980円。
・パソコンのUSBポートに挿して、ステレオミニのヘッドフォン出力とマイク入力を増設できる。
・対応OSはWindows 7以降。
・対応OSであれば標準ドライバで動作し、専用ドライバのインストールが不要。


「UNI-HPM-2」はボリュームコントロール付ポタアンとしては、最も安い部類になります。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

音やデザインを変更できるヘッドフォン「CUSTOM ONE PRO」のホワイトモデルを12月下旬発売

Category: 新製品ニュース  12/18 /2013 (Wed)

概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。
・2012年にブラックモデルを発売しているが、今回のホワイトモデルを追加。

・また、ハウジング部のカバーやイヤーパッドなど、デザイン変更可能なカスタムパーツ20種類以上を用意。
・音もデザインも変更可能にした「セルフカスタマイズヘッドフォン」としている。

カスタムパーツ
・ハウジングのカバーが、Gold Girl、Skullsなど11種類用意。
・価格は1,575円。

・イヤーパッドとヘッドバンドは、ブラック、ホワイト、ベージュ、ブラウンの4色。
・ブラックが2,100円、その他の色が3,150円。

・そのほか、リングやヘッドフォンケーブル(1,800円)、ヘッドセット(6,300円)などをラインナップ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

バイオスケール、UPCCOF導体採用のヘッドホン用ケーブル3機種を12月21日発売

Category: 新製品ニュース  12/18 /2013 (Wed)

バイオスケールは、ヘッドホン用各種ケーブルを12月21日より発売する。ラインナップと各製品の詳細は以下のとおり。12月21日、22日に開催される「ポタフェスin AKIBA」にも出展される。
概要は以下の通り。


BSP-HD25-UPCMX(HD25専用コネクター → TinyXLR-5PINプラグ)
・予想実売価格は15,540円前後。
・バイオスケール製のBTL出力ポータブルヘッドホンアンプとHD25専用のヘッドホンケーブル。
・導体には7NクラスのソフトタイプUPCCOFを採用。
・同社製の各種変換ケーブルとも使うことができる。


BSP-HD25-UPCMM(ステレオミニプラグ対応のHD25用アタッチメントケーブル)
・予想実売価格は7,350円前後。
・ヘッドホン用ステレオミニプラグケーブル。
・アタッチメント方式のため、手軽にリケーブルできる。
・導体はUPCCOFを採用。
・ヘッドホン側は3.5mmステレオミニ。


BSP-HPCL-UPEREPFM(FitEar社イヤホン用ケーブル)
・予想実売価格は16,590円前後。
・FitEar社イヤホン専用ケーブル。
・e☆イヤホンオリジナルモデル。
・導体は7NクラスのソフトタイプUPCCOF。
・プラグはオリジナルの銅ロジウムメッキ採用ステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Carot One、超小型セパレートアンプセット「Tube P.P」を12月20日に発売

Category: 新製品ニュース  12/18 /2013 (Wed)

ユキムは、伊Carot Oneの小型セパレートアンプセットとして、既に単品発売している真空管ヘッドフォン/プリアンプ「FABRIZIOLO」と、新開発のパワーアンプ「DIEGOLO」を組み合わせた「Tube P.P」を12月20日に発売する。
概要は以下の通り。

Tube P.P
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は59,800円前後。
・単品発売している「FABRIZIOLO」(オープン/実売28,000円前後)に、小型のパワーアンプを組み合わせたセパレートアンプセット。
・小型ながらセパレート構成という設計であるが、筐体や電源部が完全に別々となる。
・新開発のパワーアンプ「DIEGOLO」は、ステレオミニのライン入力のみを備えたシンプルな仕様。
・出力は12W×2ch(4Ω)。
・スピーカー端子には、Ethernetで使われるRJ45端子を採用。
・スピーカーターミナルがアンプと別筐体になっており、そのターミナルBOXにLANケーブルで接続する形。LANケーブルの長さを変える事で、設置の自由度を高められる。
・アンプ部はデジタルアンプで、TripathのTA2024を使用。
・電源は付属のアダプタを使用。
・外形寸法は67×118×27mm(幅×奥行き×高さ)。
・スピーカーターミナルBOXは67×41×27mm(同)。
・真空管ヘッドフォン/プリアンプ「FABRIZIOLO」は、ヘッドフォンアンプと、真空管を採用したプリアンプ部で構成。
・入力端子はアナログRCAとステレオミニが各1系統。
・出力は、ステレオミニのヘッドフォンとプリアウトを各1系統備える。
・ヘッドフォンアンプ部のSN比は92dB。
・出力は3W×2ch(33Ω)。
・周波数特性は15Hz~100kHz。
・入力インピーダンスは10kΩ。
・プリアンプ部は真空管の「6DJ8/6922」シリーズまたは「12AU7」シリーズに対応。
・製品に真空管を1個付属。
・電源はACアダプタを使用。
・外形寸法は67×125×80mm(幅×奥行き×高さ/真空管含む)。

La Serie Limitata
・価格はオープンで、店頭予想価格は79,800円前後。
・搭載する真空管を希少価値の高いものに交換した、日本限定バージョン。
・初回30セット限定。
・「Tube P.P」で使っている真空管を交換した限定モデル。
・「FABRIZIOLO」の真空管はMullard製の「ECC82」とし、低歪み・低ノイズなナショナルセミコンダクター製オペアンプ「LME49990」も2基搭載。
・「FABRIZIOLO La Serie Limitata MullardECC82 Great Britain」の文字と、台数限定のシリアル・ナンバーが刻印されたスペシャルリングプレートを装備。
・限定セットのみのスペシャル・オプションとして、独AVINITY製のステレオミニケーブル(非売品)も付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 12/18

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  12/18 /2013 (Wed)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
シャープ、IGZO採用10.1型Win 8.1タブレット「Mebius Pad」を正式発表とのこと。

BOSE Quiet Comfort 15
若い男性

SHURE SE215(ブラック)
若い男性

iPod付属イヤホン×3
SONY WALKMAN付属イヤホン×1

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「Bose on-ear headphones」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【2013年12月】イヤフォン/ヘッドフォンついての集計結果

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/17 /2013 (Tue)

以前、AV Watchで実施されていたアンケートの結果が発表されました。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

予算5万円! 絶対に買って損しないオーディオ&ビジュアル機器10選

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/17 /2013 (Tue)

日経トレンディネットに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ナイコム、英グラスゴーのイヤホン専業ブランド「RHA」の取り扱いを12月17日より順次開始

Category: 新製品ニュース  12/16 /2013 (Mon)

(株)ナイコムは、英グラスゴーに本拠を置くヘッドホン・イヤホン専業メーカー「RHA」と日本における総輸入代理店契約を締結した。12月17日より順次取り扱う。
概要は以下の通り。

MA750i/MA750
・価格は「MA750i」が17,220円、「MA750」が14,910円。
・RHA独自のエアロフォニックデザインを使用した、同社トップエンドモデルとなるカナル型イヤホン。
・手作業で製造された"560.1”ダイナミック型ドライバーを搭載。
・ハウジングは削り出しステンレスを採用。
・装着方法は耳かけ式。
・シリコン製イヤーピースについては、デュアル・デンシティシリコンイヤーピースと、ダブルフランジシリコンイヤーピースの2種類を採用。
・それぞれS、M、Lサイズを2ペアずつ同梱。加えて形状記憶イヤーピース2ペアも同梱。
・再生周波数帯域は16Hz~22kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は100dB。
・質量は36g。
・「MA750i」はApple認証済みの3ボタンリモコンを搭載。
・「MA750」はリモコンなしの通常モデルとなる。
・ケーブル長は1.35m。


MA600i/MA600
・価格は「MA600i」が11,655円、「MA600」が10,500円。
・上位モデルと同様にエアロフォニックデザインを採用。
・ドライバーはダイナミック型“320.1”を搭載。
・ハウジングには航空機グレードのアルミニウム合金を採用。
・耳掛けと通常方式の2ウェイ装着が可能。
・イヤーピースについては、デュアル・デンシティシリコンイヤーピースをS、M、Lの3サイズ(2ペアずつ)、ダブルフランジシリコンイヤーピースをS、Mの2サイズ(1ペアずつ)を同梱。
・再生周波数帯域は16Hz~22kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は100dB。
・質量は20g。
・本機も3ボタンリモコン搭載の「MA600i」とリモコンなしの「MA600」をラインナップ。
・ケーブル長は1.35m。


MA450i
・価格は5,775円。
・同社のエントリー機となる軽量モデル。
・本機もエアロフォニックデザインを採用。
・ドライバーには“130.5”ダイナミック型ドライバーを搭載。
・ハウジングは上位モデルと同じく航空機グレードのアルミニウム合金を採用。
・イヤーピースは、デュアル・デンシティシリコンイヤーピースをS、M、Lの3サイズ(2ペアずつ)、ダブルフランジシリコンイヤーピースはSサイズ(1ペア)を同梱。
・再生周波数帯域は16Hz~22kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は100dB。
・質量は14g。
・本機は3ボタンリモコン搭載モデルのみのラインナップ。
・ケーブル長は1.35m。

MA750は好評な機種なので、購入予定です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ソニーMDR-10シリーズを一気に試す! それぞれの実力は?

Category: レビュー記事紹介  12/16 /2013 (Mon)

ASCII.jpに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ラディウス、「High-MFD構造」で感度を高めたイヤフォンなど3モデルを12月下旬発売

Category: 新製品ニュース  12/16 /2013 (Mon)

ラディウスは、カナル型(耳栓型)イヤフォンの「Ne」シリーズを発表。第1弾として、新構造の「High-MFD」を採用した「HP-NEF31」など3モデルを12月下旬より発売する。
概要は以下の通り。

共通
・Ne(New ear)シリーズは、「ラディウスの持つ上質で信頼性の高い製品造りを大切にした音へのこだわりを受け継いだ」という製品。
・上位モデルの「HP-NEF31」は、ドライバユニットの前方にマグネットを配したHigh-MFD構造で高音質化を図っている。
・3機種共通の特徴として、従来モデルよりも耳の奥にフィットするという新イヤーピースや、イヤーピースの装着位置を変えられる機構なども採用。
・同社イヤフォンの音質に最適化した音楽プレーヤーアプリ「Ne AUDIO」とも連携可能。
・いずれもドライバユニットはダイナミック型。

HP-NEF31
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3,980円前後。
・新構造の「High-MFD」は、ダイナミックドライバのボイスコイルから漏れる磁束をマグネットの反発磁力によって閉じ込め、磁束密度を高めることで感度/音質を向上させる技術。
・平均感度は同社の従来製品に比べ約4dB改善し、音質面ではトランジェント(過渡)特性が向上した。
・カラーはブラック、レッド、シルバーの3色。
・ユニット径は13mm。
・ドライバユニット/ハウジング部には、振動板の振動抑制を軽減するという「ダブルプレシジョンアコースティックレジスター構造」や、不要パーツを省くことで振動板の実効面積を最大限に拡大するという「リングレスダイアフラムボンディング方式ドライバ」も採用。
・根元よりも先端が太い新形状の「ディープマウントイヤーピース」により、装着の安定性も向上。
・イヤーピースの装着位置を2段階で調節できる「アジャスタブルポート」により、耳にフィットする。
・再生周波数帯域は4Hz~25kHz。
・出力音圧レベルは105dB/mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケーブルはY型で、長さは120cm。
・プラグはステレオミニ。
・ケーブルを含む重量は約14g。
・イヤーピースはXS/S/Mサイズが付属。

HP-NEF21
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,980円前後。
・HP-NEF21は、HP-NEF31とは異なり「High-MFD構造」を搭載しない。
・ディープマウントイヤーピースや、アジャスタブルポートは採用。
・ユニット径は10.4mm
・カラーはブラック、レッド、シルバーの3色。
・パワフルな再生を可能にするという「リングレスダイアフラムボンディング方式」や、「プレシジョンアコースティックレジスター構造」も採用。
・再生周波数帯域7Hz~24kHz。
・出力音圧レベルは98dB/mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケーブルはY型で長さは120cm。
・プラグはステレオミニ。
・ケーブルを含む重量は約14g。
・同梱のイヤーピースはXS/S/Mサイズ。

HP-NEF11
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1,880円前後。
・HP-NEF11は、HP-NEF31とは異なり「High-MFD構造」を搭載しない。
・ディープマウントイヤーピースや、アジャスタブルポートは採用。
・ユニット径は8.8mm。
・カラーはブラック、レッド、シルバー、ブルー、ホワイトの5色。
・再生周波数帯域は10~22kHz。
・出力音圧レベルは98dB/mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケーブルはY型で長さは120cm。
・プラグはステレオミニ。
・ケーブルを含む重量は約11g。
・同梱のイヤーピースはXS/S/Mサイズ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

小型アンプAK10、新ファームウェア「1.10」を本日公開

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  12/16 /2013 (Mon)

アユートは16日、iPhoneやPCなどと接続できるコンパクトなDAC兼ヘッドフォンアンプ「Astell&Kern AK10」の新ファームウェア「1.10」を本日公開した。
概要は以下の通り。

・iPhoneと直接接続し、24bit/96kHzのハイレゾ音源を再生できるようになった。
・従来はiPhone 5/第世代iPod touchと接続した場合、標準の「音楽」アプリを用いて、24bit/48kHzまで再生できた。
・アップルの周辺機器である「Camera Connection Kit」を使わず、直接接続でハイレゾデータが転送・再生できるのが特徴。
・ただし、「音楽」アプリで再生した場合は24bit/48kHzのままで、24bit/96kHzの動作確認がされているのは「ONKYO HF Prayer」(有料版)と、「FLAC Player」(有料版)の2つ。
・今回公開されたのはWindows用。Mac用のダウンロードツールは、後日公開される。
・PCとの接続によるUSB DACとしては、従来から最大24bit/96kHzまで対応している。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

上海問屋、6N OFC導体採用のケーブル3種類を発売開始

Category: 新製品ニュース  12/16 /2013 (Mon)

上海問屋は、6N OFCを導体に採用したケーブル3種類を12月16日に発売した。
概要は以下の通り。

「DN-10264」
・10cmのステレオ延長ケーブル。
・価格は1,999円。


「DN-10266」
・1mのL型ステレオ延長ケーブル。
・価格は2,999円

「DN-10265」
・10cmのステレオ→RCA変換ケーブル。
・価格は2,499円。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】Ultimate Ears Reference Monitors、こいつは音のリトマス紙

Category: レビュー記事紹介  12/16 /2013 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 12/16

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  12/16 /2013 (Mon)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
「プレミアムヘッドホンガイド」最新号vol.11、配布開始、とのこと。

BOSE Quiet Comfort 15
30~40代と思われる男性

SONY MDR-XB610(オレンジ)
若い女性

SONY MDR-XB90EX
若い男性

iPod付属イヤホン×4
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「Bose on-ear headphones」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

SONY DR-4Mのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  12/15 /2013 (Sun)

ハードオフにて4,980円。中古品(ジャンクではない)です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫