バイオスケール、FitEarのイヤホン専用の交換ケーブルを本日発売

Category: 新製品ニュース  11/28 /2013 (Thu)


(有)バイオスケールは、FitEarのイヤホン用ケーブルとして「BSP-HPCL-UPCEPFM」を本日28日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンだが、実売予想価格は16,590円前後。
・イヤホン本体側の端子に、FitEarのイヤホン対応コネクターを採用したことが特徴。
・プレーヤー/アンプ側が3.5mmステレオミニプラグ。
・ケーブル長は約1.2m。
・ケーブルの導体には7NクラスのソフトタイプのUPCCOF(単結晶無酸素高純素銅) を採用。
・「低域と高域をより明瞭にし、中域のメリハリがキチッと出る」音作りを狙っている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】SHURE密閉型ヘッドホン最上位機「SRH1540」を山之内正が聴く

Category: レビュー記事紹介  11/28 /2013 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 11/28

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  11/28 /2013 (Thu)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
zionote、Styleaudio製USB DAC/ヘッドフォンアンプ「TOPAZ Signature」のチューニングモデルをを12月20日発売とのこと。

audio-technica ATH-XS7(イエロー)
若い男性

SONY MDR-EX85SL(ブルー)
30~40代と思われる男性

iPod付属イヤホン×3
SONY WALKMAN付属イヤホン×3

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「AH-A100」「DN-17」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CHORD Hugoについて

Category: アンプレビュー  11/27 /2013 (Wed)

CHORD(コード) Hugo(ヒューゴ)を試聴する機会がありましたので、大したことは書けませんが簡単に。
まだ試作品で、2月に発売予定とのこと。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

AK120が32bit/192kHz(Float・Integer)再生対応。新ファーム公開

Category: 新製品ニュース  11/27 /2013 (Wed)

アユートは27日、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応プレーヤー「AK120」の最新ファームウェア「1.37」を公開した。
概要は以下の通り。

・新ファームでは32bit/192kHz(Float・Integer)のWAVファイル再生をサポート。
・ただし、24bitへのダウンコンバートをしながらの再生となる。

・フォルダ単位での連続再生機能を追加。
・例えばAフォルダを再生後、Bフォルダの曲を続けて再生できる。
・シャッフル再生の場合はAフォルダ内全曲のシャッフルの後、Bフォルダ内全曲のシャッフルとなり、全てのフォルダを合わせた全曲シャッフルにはならない。

・プレーヤーをPCとUSB接続した際の表示モードを変更。「充電&データ」、「USB-DAC」、「充電&再生」から機能が選べる。
・「充電&データ」を選んだ場合はそこからさらに「USB-DAC」機能か、「充電&再生」を選ぶようになる。
・USBケーブルを接続した状態で「充電&再生」を選んだ際に、電源オフ機能が利用できる。

・ホーム画面にテーマも追加。4種類から選べるようになる。

・不具合対策として、曲冒頭から音が入っている場合の頭切れを改善。
・MP3再生中、バックライトをオフにした時に発生していたノイズも対策。
・DSF形式ファイルがMQSデータベースに反映されない問題も改善。


画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

e☆イヤホン、初のオリジナルヘッドフォンを開発を12月21日発売

Category: 新製品ニュース  11/27 /2013 (Wed)

イヤフォン・ヘッドフォンの専門店である「e☆イヤホン」は、初のオリジナルブランドヘッドフォン「SW-HP11」を12月21日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は18,900円。
・直販サイトで予約を受け付けているほか、店頭でも販売。
・店頭では試聴機も用意。
・製造は城下工業が担当。
・今回の「SW-HP11」は、SOUND WARRIORが販売しているモニターヘッドフォン「SW-HP10」がベース。
・ケーブルは、片出しだった「SW-HP10」から変更、両出しで着脱可能になり、MMCXコネクタを採用。端子は抜けにくく、接続が強固にできるものを採用。
・ケーブル自体も変更。50種類以上のケーブルをテストし、OCCケーブルを新たに用意。
・「一般的なモニターヘッドフォンでは難しかった、低音域のモニタリングと、それにマスキングされることのない中音域を再現する」という。
・ケーブルの長さは1.5m。
・端子はステレオミニで、標準への変換プラグも同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】BA最大4基搭載。オーテク新イヤフォン4機種を聴く

Category: レビュー記事紹介  11/26 /2013 (Tue)

AV Watchに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】“聴き疲れ”しにくい快適さ、ダイナミックモーション「DM008」

Category: レビュー記事紹介  11/26 /2013 (Tue)

ITmedia LifeStyleに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Jabra、FMラジオを内蔵したスポーツ用Bluetooth防滴イヤフォンを11月27日発売

Category: 新製品ニュース  11/25 /2013 (Mon)

GNネットコムジャパンは、Jabraブランドのスポーツ向けBluetooth防滴イヤフォン「Jabra Sport Wireless+」を11月27日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10,800円前後。
・Bluetooth 3.0に準拠した耳掛け型のワイヤレスイヤフォン。
・左右のイヤフォン間のケーブルを首の後ろに回して装着し、スマートフォンなどとBluetoothで接続。
・ケーブルによる煩わしさが軽減され快適にトレーニングなどを行なえる。
・内蔵マイクを使用して、スマホなどでハンズフリー通話が可能。
・FMラジオを内蔵し、単体でラジオを聴くこともできる。
・1.5mからの落下テストや、5,000回の屈曲テスト、防滴テストなどもクリア。
・ネックケーブルの長さを調節するクリップや、7種類のイヤーピースが付属し、好みに合わせた装着ができる。
・連続再生/通話時間は約4時間で、待ち受け時間は最長約120時間。
・購入特典として、トレーニングをサポートするiOS/Androidアプリ「Endomondo Premium」が3カ月間無料で利用可能。
・アプリでは、GPSを利用したルートや距離、時間や消費カロリーなどの測定が可能。
・SNSを通じて、友人とトレーニングの進捗状況などの情報交換や、コミュニケーションを取ることもできる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】オーディオテクニカATH-OX7AMP、アンプ搭載のワケを妄想する

Category: レビュー記事紹介  11/25 /2013 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 11/25

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  11/25 /2013 (Mon)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
ソニー、DSD 5.6MHz/非圧縮FLAC再生に対応した「Media Go 2.6」を発表、とのこと。

audio-technica ATH-WS55X(ブラック)
若い男性

BOSE QuietComfort20
30~40代と思われる男性

SENNHEISER CX175
若い男性

iPod付属イヤホン×4
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「AH-A100」「DN-17」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DUNU Tai Chi DN-19のレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/24 /2013 (Sun)

ヘッドホン祭会場にて13,000円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

アユート、ポータブルアンプ「AK10」とAndroid端末接続用のmicroUSBケーブルを11月29日発売

Category: 新製品ニュース  11/22 /2013 (Fri)

アユートは、Astell&KernブランドのDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「AK10」用の周辺機器として、Android端末との接続用microUSBケーブル「AK10-AKML01」(10㎝タイプ)と、「AK10-AKML02」(80㎝タイプ)を11月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・80cmタイプは直販限定。
・直販価格は、10cmタイプが1,480円、80cmタイプが1,580円。
・10cmのタイプはポータブル用、80cmタイプはホームユース用とされている。
・Android端末との組み合わせでは、GALAXY S3/Note2(最大16bit/44.1kHz)、Note3(最大24bit/96kHz)で動作確認が行なわれている。
・Android製品との接続は、全ての接続機器の動作を保証はしていない。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

e☆イヤホン、UEのカスタムIEM最上位を12月の「ポタフェス」で限定販売。購入者が音決め

Category: 新製品ニュース  11/22 /2013 (Fri)

イヤフォン/ヘッドフォン販売店のe☆イヤホンは、取り扱っているロジクール・Ultimate Earsのカスタムインイヤモニター最上位モデル「Personal Reference Monitor」の注文を、12月21日と22日に秋葉原で開催するイベント「ポタフェス」にて受け付ける。
概要は以下の通り。

・専用の機材を使って、購入者が音を決めてから注文。
・この機材が用意されるポタフェス会場での限定販売。
・会場での価格は218,000円。
・12月23日には、e☆イヤホンの大阪日本橋本店にも機材を用意し、受注を行なう。
・混雑緩和のため、注文には事前予約が必要。
・予約受付ページは、e☆イヤホンのポタフェス特設サイトからアクセスでき、ポタフェス会場/日本橋本店で注文する時間を指定。
・音の調整時間も含め、1人30分までの制限時間がある。


Personal Reference Monitor
・ユーザーの耳型(インプレッション)をとって作成を依頼するカスタムインイヤモニターの最上位モデル・
・低域×2、中域×2、高域×1の5 BA(バランスド・アーマチュア)ユニットを内蔵した3ウェイ構成。
・最大の特徴は、音もカスタマイズできる事。
・左右それぞれの高域、中域、低域の量をダイヤルで調整できる専用機材があり、音を聴きながら注文者がダイヤルを操作し、ベストな音を探す。
・各帯域の音は数値化(基準値は50)され、その数値を元にオーダーしたイヤフォンが作られる。
・オーダ時にはユーザーが持参したプレーヤーを使う事ができる。
・ポタフェスと大阪日本橋本店での音決め時にも、普段使っているプレーヤーを利用できる。
・注文時にはユーザーの耳型が必要(UEに既にカスタム制作を依頼した事がある場合は、その耳型が保管されている)。
・ポタフェスの会場では当日耳型を採取する事も可能。費用は5,000円を予定。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

マス工房、ポータブル型とバランス対応据え置き型ヘッドフォンアンプの受注開始

Category: 新製品ニュース  11/20 /2013 (Wed)

マス工房は、ポータブルヘッドフォンアンプ「model395」と、据置型でバランス出力対応のヘッドフォンアンプ「model394」の受注を開始している。
概要は以下の通り。

共通
・12月より順次納品予定。

ポータブルヘッドフォンアンプ「model395」
・直販価格は「model395」が89,250円(送料別)。
・単4電池4本で動作する、小型のポータブルヘッドフォンアンプ。
・「ドラムの横でベースをプレイする時、きちんとモニター出来るヘッドフォンアンプが欲しい」というスタジオミュージシャンからの依頼で、'99年に作られた「model209」がベース。
・電源は単4電池4本で駆動。
・電池交換用の蓋は、通常底面だが、特注で上面にする事もできる(価格は同じ)。
・入出力はアナログのステレオミニを各1系統搭載。
・無歪最大出力は30mW(32Ω負荷/1KHz/T.H.D+N 0.5%時)、最大出力(P-P)3.0V、(RMS)1.0V。
・ゲイン切り替えも可能。
・外形寸法は125×68×27mm(縦×横×厚さ)。
・重量は電池を含むと255g、電池無しでは208g。


バランス出力対応の据置型ヘッドフォンアンプ「model394」
・価格はは525,000円(送料別)。
・初期ロット5台に限り、42万円(送料別)で受注。
・2014年12月末まで、25台限定生産。
・「録音スタジオでのモニターとしても使えるよう、何も足さず、何も引かずにヘッドフォンをドライブする事を目標にした」という製品。
・入力から出力までをバランス構成としたモデル。
・入力はバランス(XLR-3-31同等)×2、アンバランス×2。
・出力はバランスステレオ(XLR-4-31同等)×1、L/Rで端子が分かれたバランス出力×1(XLR-3-31同等/標準ステレオフォンプラグ×2も接続可能)。
・内部には、プロ用ミキサーにも使われるという特注のコンダクティブプラスチック抵抗フェーダーを採用。
・ゲイン切り替えも行なえる。
・最大出力レベルは、アンバランス出力(P-P) Hi 12V/Low 9W。バランス出力(P-P)はHi 24V/Low 18V。
・海外での使用も想定したワールドワイド電源(AC100V~240V、50/60Hz)を採用。
・外形寸法は285×258×52mm(幅×奥行き×高さ/ゴム足や突起を含む)。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ユキム、Carot Oneの真空管搭載ポータブルヘッドフォンアンプを11月25日発売

Category: 新製品ニュース  11/20 /2013 (Wed)

ユキムは、Carot Oneの真空管搭載ポータブルヘッドフォンアンプ「NIK58」を11月25日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで店頭予想価格は89,800円。
・初回生産120台には、Carot Oneのイヤフォン「TITTA」が付属。

・Philips製の真空管「JAN6111WA」を採用したポータブルヘッドフォンアンプ。
・「真空管を見せかけだけのデバイスにせず、電圧をかけ、持ち味を音質面に十分反映させる設計にこだわったため、通常のポータブルアンプと比べ、バッテリの持ちは悪くなったが、狙い通りホットで鳴りの良いサウンドとなった」という。
・入力端子はステレオミニ1系統。
・独AVINITYのステレオミニケーブル(40cm)が付属。
・ヘッドフォン出力を装備する。
・出力は388mW×2ch。
・再生周波数帯域は25Hz~150kHz。
・USB経由で充電し、充電時間は約5.5時間、電池持続時間は約3.5時間。
・外形寸法は85×58×23mm(縦×横×厚さ)。
・重量は150g。

事前情報どおり、価格は89,800円です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 11/20

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  11/20 /2013 (Wed)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
全域F2.8の高倍率ズーム機「OLYMPUS STYLUS 1」の発売日が11月29日に決定とのこと。

audio-technica ATH-CKS77(ブラック)
30~40代と思われる男性

SONY MDR-NC60
若い男性

SONY MDR-EX35LP(ブルー)
若い男性

iPod付属イヤホン×7
SONY WALKMAN付属イヤホン×4

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「Tai Chi DN-19」「DN-17」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】iOS 7で実現! iPhoneからハイレゾ出力する方法を徹底ナビ

Category: レビュー記事紹介  11/19 /2013 (Tue)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】個性的な“真空管ポタアン”Carot One「NIK58-TUBE」を岩井喬が聴いた

Category: レビュー記事紹介  11/19 /2013 (Tue)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。

※インターナショナルオーディオショウで展示されていました。

スペック
・5.5時間充電、3.5時間駆動
・フィリップスのJAN6111WA真空管を使用
・入/出力はステレオミニ
・スイッチングボリューム
・11月下旬発売
・価格は89,800円


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 11/19

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  11/19 /2013 (Tue)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
木目が美しい筒型のケーブル収納ボックス「CableBin」、トリニティから11月22日発売。価格が高い。

JVCケンウッド HA-FX3X
30~40代と思われる男性

SONY XBA-4SL
30~40代と思われる男性

iPod付属イヤホン×4
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「Tai Chi DN-19」「DN-17」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

50 CENTプロデュースのBluetoothヘッドフォン2モデルを12月中旬発売

Category: 新製品ニュース  11/18 /2013 (Mon)

モダニティは、ヒップホップ・アーティスト「50 CENT」プロデュースの米SMSオーディオ製ヘッドフォン2モデルを12月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・いずれも、40mm径のダイナミック型ドライバを搭載した密閉型ヘッドフォン。
・「低中域に寄ることなく高域までバランスよく調整され、クリアで迫力のあるサウンド」を実現する。
・ヘッドバンドには、強度と柔軟性を兼ね備え、耐久性に優れた独自開発のポリマー樹脂を採用。
・イヤーパッドには、クッション性の高い独自開発のソフトレザーを使用し、装着性と遮音性を高めている。
・折り畳み機構を備え、携帯性にも優れる。

Bluetooth搭載の「SYNC by 50」
・価格は25,800円。
・Bluetooth 3.0+EDRに準拠したオンイヤー型のワイヤレスヘッドフォン。
・コーデックはaptXをサポート。
・対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。
・本体にマイクを内蔵し、スマホなどでハンズフリー通話が可能。
・ハウジング部には操作ボタンを備え、再生/停止や選曲スキップ、ボリューム調整ができる。
・通信距離は最大10m。
・マルチペアリングに対応し、最大8台まで登録できる。
・充電式リチウムイオンバッテリを内蔵し、連続再生時間は約10時間。
・充電は付属のUSBケーブルを使用し、充電時間は約4時間。
・iPhone/iPod/iPadにBluetoothで接続している時には、ディスプレイにバッテリの残量が表示される。
・着脱式ケーブルが付属し有線接続のヘッドフォンとしても利用可能。
・ケーブル部のリモコンで、再生/停止、選曲スキップなどの操作ができる。
・本体の重量は約200g。
・カラーはシャドウ・ブラックとクール・シルバーの2色。
・キャリーケースなどが付属。


アクティブ・ノイズキャンセル搭載の「STREET by 50 ANC」
・価格は29,800円。
・フィードバック方式による消音率約90%のアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載したオーバーイヤー型ヘッドフォン。
・遮音性の高いイヤーパッドを採用。
・充電式リチウムイオンバッテリを内蔵し、約70時間の連続再生が可能。
・充電は付属のUSBケーブルを使用し、充電時間は約2.5時間。
・ケーブルは着脱式で、マイク付きリモコンを搭載し、再生/停止、選曲スキップなどの操作が可能。
・アクティブ・ノイズキャンセルを使用せずに音楽を聴くこともできる。
・本体の重量は約300g。
・カラーはシャドウ・ブラックとクール・シルバーの2色。
・金メッキの航空機内用変換プラグやキャリーケースなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)、大暴れのこけし風味に大変貌

Category: レビュー記事紹介  11/18 /2013 (Mon)

BARKSに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

スポーツ向けイヤホン、売れ筋上位はデノンやボーズが並ぶ。ビックに聞く

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  11/18 /2013 (Mon)

題名通りの記事が日経トレンディネットに掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 11/18

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  11/18 /2013 (Mon)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
Jabra、350mlジュース缶とほぼ同サイズ&重さのBluetoothスピーカーを発売中、とのこと。

creative Aurvana In-Ear2
若い男性

JVCケンウッド HA-FX3X
若い男性

SHURE SE215(ブラック)
30~40代と思われる男性

iPod付属イヤホン×2
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「Tai Chi DN-19」「DN-17」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DUNU I3C-Sのレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/17 /2013 (Sun)

ヘッドホン祭会場にて10,000円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Final audio design heaven IV(AK100スペシャルセット付属)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/17 /2013 (Sun)

ヘッドホン祭会場にて9,800円で購入。
Astell&Kern AK100 FADスペシャルセットに付属するheaven IVです。
通常の物とは音やデザインが違います。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ゼンハイザー、ヘッドフォン購入で最大1万円のキャッシュバックを11/14~1/13まで実施

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  11/14 /2013 (Thu)

ゼンハイザーは、対象ヘッドフォン/イヤフォンの購入者全員を対象としたキャッシュバックキャンペーンを14日より開始した。
概要は以下の通り。

・期間は11月14日から2014年1月13日まで。
・ヘッドフォンの最上位モデル「HD 800」を購入した場合のキャッシュバック額は1万円。
・キャッシュバック額が5,000円の対象モデルは、ヘッドフォンの「HD 700」や「HD 650」、「Amperior Blue」、イヤフォン「IE 80」など6製品。
・キャッシュバック額が2,000円となるのは、ヘッドフォン「HD 598」や、イヤフォン「IE 60」など5製品。
・実店舗の無いネットショップでの購入は対象外だが、Amazonは対象となる(マーケットプレイス販売分は対象外)。
・キャッシュバックは1人につき1製品(1点)のみ。

対象製品は下記の通り。

10,000円キャッシュバック
・HD800

5,000円キャッシュバック
・HD650
・HD700
・RS220
・Amperior Silver
・Amperior Blue
・IE80

2,000円キャッシュバック
・HD598
・HD25-1II
・RS160
・RS170
・IE60

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ヤマハ銀座店にヘッドホン&DTオーディオコーナーがOPEN

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  11/14 /2013 (Thu)

ヤマハミュージックジャパン(株)は、ヤマハ製楽器などの販売を行うヤマハ銀座店の1階に、ヘッドホンを含むデスクトップオーディオ製品の試聴・販売コーナーを開設した。
概要は以下の通り。

・発売中の製品はもちろん、12月以降発売予定の製品も順次用意される予定。
・店内では、11月30日(土)までの期間限定で、デスクトップオーディオ製品を一挙に体験できる特別展示も開始。
・展示では“Sync My Sytle”をキャッチコピーとして、“Active”・“Wear”・“Relax”・ “Vivid”・“Smart”の5つのデスクトップオーディオ使用スタイルを提案。
・インテリアシーンに向けた新スタイルのオーディオも併せてアピールしている。
・11月17日(日)・24日(日)の2日間は、キッズダンサーによるダンスパフォーマンスイベントも開催予定。
・Bluetoothポータブルスピーカー「PDX-B11」を使用して、POP、HOUSE、TAPの3ジャンルのダンスを楽しめる内容となる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CEntrance、バランス出力/iPhone/PC/ハイレゾ対応ポータブルアンプ「HiFi-M8」を11月22日発売

Category: 新製品ニュース  11/14 /2013 (Thu)

ミックスウェーブは、CEntrance(セントランス)の、バランス駆動対応/DAC内蔵ポータブルアンプ「HiFi-M8」(ハイファイメイト)と「HiFi-M8 LX」を11月22日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は各78,000円前後。
・各モデルに、出力端子の異なるバリエーションモデルを用意。
・入力端子は、PC接続用のUSB端子を装備。
・24bit/192kHzまでのハイレゾ音楽に対応し、USBでの伝送には、低ジッタを実現する独自のUSBテクノロジーを採用。
・PCだけでなく、Android端末との接続も想定。XMOSのデュアル・マイクプロセッサを搭載。

・「HiFi-M8」にはiOS機器のiPod/iPhone/iPadを接続するためのUSB端子も装備。
・それらに保存された音楽をデジタル伝送し、「HiFi-M8」の内蔵DACでアナログ変換・増幅し、高音質に再生できる。

・「HiFi-M8 LX」は、iOS用USB入力の代わりに、光デジタル入力を装備。
・光デジタル出力を持つハイレゾプレーヤーなどと組み合わせる事ができる。

・「HiFi-M8」と「HiFi-M8 LX」のどちらも、出力端子にバリエーションモデルを用意。
・組み合わせるヘッドフォン・イヤフォンに合わせて選択できる。

・「HiFi-M8 RSA」と「HiFi-M8 LX RSA」には、4ピンのバランス出力を装備。
・対応するイヤフォン/ヘッドフォンをバランス駆動できる。
・ステレオの標準ジャック、ステレオミニと光デジタル出力の兼用端子も1系統備える。

・「HiFi-M8 CMB」と「HiFi-M8 LX CMB」には、XLR 3ピン×2のバランス出力を搭載。
・端子の中央がステレオ標準ヘッドフォン端子にもなっている。

分かりづらいですが、入力端子と出力端子が各2パターンずつあり、それぞれの組み合わせで、計4通りの出入力のポタアンがあるという事です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

街中で見かけたイヤホン・ヘッドホン 11/14

Category: 街中で見たイヤホン・ヘッドホン  11/14 /2013 (Thu)

私が街中で見かけたイヤホンやヘッドホンを紹介します。
イメーション、TDKのアウトドア向け防塵防水Bluetoothスピーカーを11月28日発売との事。最近、ポータブルスピーカーが流行っています。

SHURE SE535(メタリックブロンズ)
30~40代と思われる男性

SONY MDR-EX50LP(レッド)
若い男性

SONY MDR-ZX100(ブラック)
若い女性

iPod付属イヤホン×2
SONY WALKMAN付属イヤホン×2

本日使用したイヤホン・ヘッドホン
「heaven IV」「I3C-S」 「P7」


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫