ミックスウェーブ、JHAudioのカスタムモニターイヤフォンを5月1日から取り扱い開始

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  04/29 /2010 (Thu)

ミックスウェーブは、米JHAudio製品の取扱いを5月1日より開始する。
概要は以下の通り。

・バランスド・アーマチュアユニット搭載のモニターイヤフォン「JH 16Pro」と、「JH 13Pro」、「JH 11Pro」を取り扱い。

・価格はオープンプライス。
・想定売価は、ユーザーの耳型に合わせて成型する(インプレッション)代金込み。
・16Proが16万8,000円前後、13Proが16万円前後、JH 11Proが13万3,000~13万5,000円前後。
・音質チェック用に、製品版と同じハウジングを使ったデモンストレーションキットも用意。
・インプレッションは同社指定の業者で行なうため、購入の場合は同社に問い合わせることが必要。
・JHAudioは、Ultimate Ears(UE)創設者のジェリー・ハービー氏がUEを売却後、'09年に設立。

・16Proはバランスド・アーマチュアユニットを8基(低域×4/中域×2/高域×2)搭載する3ウェイ構成。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・従来のインイヤーモニターに比べ軽量とし、耳への負担が少ない。
・感度は118dB/mW。
・インピーダンスは18Ω。

・13Proは、低域/中域/高域それぞれ2基の3ウェイ/6ユニットを搭載。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は119dB/mW。
・インピーダンスは28Ω。

・11Proは、低域×2/中域×1/高域×1の3ウェイ/4ユニット。
・周波数特性は10Hz~17kHz。
・感度は119dB/mW。
・インピーダンスは18Ω。

16proが欲しい。
画像などは記事で。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

タイムロード、ULTRASONE“PROシリーズ”のオープン型最上位機種「PRO2900」を発売

Category: 新製品ニュース  04/29 /2010 (Thu)

(株)タイムロードが取り扱うULTRASONEのヘッドホン“PROシリーズ”に、オープン型の最上位モデル「PRO2900」が6月初旬に発売される。
概要は以下の通り。

・価格は税込で69,300円。
・本機はPROシリーズの密閉型トップモデル「PRO900」と並ぶ、オープン型のトップモデルに位置づけられる最新機種。
・40mm口径のマイラー/チタンドライバーを搭載し、優れた解像度と再現性を備えている。
・開放型ならではの伸びやかな音ヌケと空間再現力も特徴にしている。
・「S-LOGIC」ナチュラル・サラウンドサウンド・システムの採用により、自然な音の響きと定位感を持たせている。
・ドライバーから発生して人体に到達する電磁波を低減する独自技術「Ultra Low Emission」も採用。

・再生周波数帯域は8~35,000Hz。
・インピーダンスは40Ω。
・出力音圧レベルは95dB。
・本体質量は295g。
・コードは着脱式となっており、1.5mのストレートコードと3.0mのカールコードが付属。
・プラグ形状はカールコードがノイトリック製6.3mmステレオ標準プラグ、ストレートコードが3.5mmステレオミニプラグ。



・現行モデルの「DJ1PRO」「PRO550」「PRO750」「PRO900」「PRO900-Balanced」は、それぞれ現在のイヤーカップ、およびヘッドバンドに若干つやのある塗装からスムースラバー塗装という、触感的に滑らかで、見た目の質感も高品位なフィニッシュに変更される。
・PRO500/750はダークブルーからグレー系のカラーになる。価格は現行据え置き。
・カラーリング変更に合わせて、現行のモデルは現行在庫をもって販売終了。


・今回の新製品投入に時期を合わせてPRO650、PRO2500の両モデルが生産完了。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ロジクール、子供向けUEイヤフォンの直販価格を59%値下げ

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  04/29 /2010 (Thu)

ロジクールは28日、同社の直販サイト「ロジクールオンラインストア」の販売価格を改定した。

・2009年7月に発売されたUltimate Earsの子供用カナル型(耳栓型)イヤフォン「LoudEnough(ラウドイナフ)」などが対象。

子供向けボリューム制限機能付イヤフォン
・4,800円 → 1,980円(約59%OFF)

記事にはスピーカーの値下げについても掲載されていますが、ここでは省略。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】重低音を追求する「SOLID BASS」イヤフォン最上位を聴く

Category: レビュー記事紹介  04/29 /2010 (Thu)

AV Watchに「ATH-CKS90」のレビュー記事が掲載されていましたので紹介します。
「ATH-CKS90NC」や「ATH-WS70」のレビューも掲載されています。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーディオテクニカ、小型NCヘッドフォンの白モデルを5月21日発売

Category: 新製品ニュース  04/29 /2010 (Thu)

オーディオテクニカは、ノイズキャンセルヘッドフォン「ATH-ANC1」のホワイトモデル「ATH-ANC1 WH」を5月21日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後。
・コンパクトな密閉型ヘッドフォンとNCユニットで構成する製品。
・2009年11月にブラックモデルを発売していた。
・ノイズキャンセルはアナログ方式で、周囲の騒音を85%以上低減させる(最大-18dB)としている。
・NCがOFFの状態でも通常のヘッドフォンとして利用できるスルー機能も備えている。

・ヘッドフォンのドライバユニットは36mm径で、NC専用の設計を採用。
・再生周波数帯域は10Hz~20kHz。
・出力音圧レベルはNC ON時が105dB/mW、OFF時が98dB/mW。
・インピーダンスはON時が130Ω、OFF時が37Ω。
・ハウジングを回転させ、ヘッドバンドを折りたたむことでコンパクトに収納できる。
・電源は単4電池1本で、連続使用時間は約40時間。
・プラグは金メッキのステレオミニ。
・ケーブルは両出し/長さ1.2m。
・電池やケーブルを除く重量は約100g。
・0.5mの延長ケーブルや航空機用プラグアダプタ、キャリングポーチが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

イヤホン購入

Category: イヤホン・ヘッドホン購入  04/25 /2010 (Sun)

購入したイヤホンは以下の通りです。

ATH-CKS90LTD
「audio-technica ATH-CKS90LTD」。amazonにて8,622円。

HS-930i
「creative HS-930i」。amazonにて8,800円。

Aurvana In-Ear2
「creative Aurvana In-Ear2」。amazonにて8,800円。


Comments (8) | Trackbacks (0) | TOP

デノン、約8,000円の「AH-C560」などイヤフォン2機種を5月中旬より順次発売

Category: 新製品ニュース  04/24 /2010 (Sat)

デノンコンシューマーマーケティングは、カナル型(耳栓型)イヤフォン2機種を発売する。
概要は以下の通り。

AH-C560
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は8,000円前後。
・5月中旬発売。
・ダイナミック型ユニットを採用したイヤフォン。
・カラーはシルバーとブラック。
・振動板の前後の音圧バランスを調整する、独自の「アコースティックオプティマイザー」技術を採用。
・ハウジングは、アルミ合金と樹脂の複合素材とする事で、不要な振動も防いでいる。
・ユニットは11.5mm径で、ネオジウムマグネットを採用。迫力のあるサウンドを実現した。
・ケーブルはY型でOFC線を使用。
・長さは1.3m。
・コードのこすれ音を軽減する「ラジアルカスケードダンパー」を備える。
・入力プラグはL型のステレオミニで、金メッキ仕上げ。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は110dB/mW。
・最大入力は250mW。
・再生周波数帯域は5Hz~24kHz。
・コードを除いた重量は5.2g。
・イヤーピースはS/M/Lの3サイズを用意するほか、低反発タイプも付属。
・クリップ、キャリングケースも同梱。


AH-C260
・デザイン性の高さが特徴。
・カラーはブラック、ホワイト、ゴールドの3色。
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は3,000円前後。
・6月中旬の発売予定。
・「アコースティックオプティマイザー」に加え、異種樹脂素材によるハイブリッド仕様のハウジング、ラジアルカスケードダンパーなど、低価格ながら上級機の技術を採用。
・ダイナミック型ユニットは9mm径で、ネオジウムマグネットを採用。
・ケーブルはY型の1.3m。
・入力プラグはステレオミニのL型で金メッキ処理。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズ。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は103dB/mW。
・最大入力は100mW。
・再生周波数帯域は20Hz~23kHz。
・コードを除いた重量は2.2g。
・クリップとケーブルホルダも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オヤイデ、完売したiPodドックケーブルをコネクタロック搭載モデル「HPC-D3.5b」として再販

Category: 新製品ニュース  04/24 /2010 (Sat)

(株)小柳出電気商会は、昨年9月に発売し即完売になったというドックケーブルHPC-D3.5を、コネクタロックを新装備した「HPC-D3.5b」として再販。
概要は以下の通り。

・4月23日よりオヤイデ電気直売店および直販サイト、関西のヘッドホン専門店eイヤホンで限定販売する。
・価格は1,890円(税込)。
・iPodとヘッドホンアンプを接続する専用ケーブル。
・iPodの可変抵抗回路を通らず信号を伝送できるため、高出力な信号の出力が可能。
・iPod/iPhone側でのボリューム調整は行えない。

「HPC-D3.5」からの変更点
・新たにコネクタロックを装備。
・カラーもホワイトからブラックに変更。
・ケーブル長がプラグ下10cmから8cmに短くなっている。
・従来モデルでは3.5mmステレオミニプラグのみ24K金メッキ処理を施していたが、「HPC-D3.5b」ではドックコネクタも金メッキ対応。

・導体、シールドはPCOCC-Aで、絶縁体はPFA。シースはTPEで極端な曲げにも対応可能。
・対応モデルはiPod Touch、iPod nano(第3~5世代)、iPod Classic、iPod video(第5世代)。
・「iPhone 3G/3GSは接続するとエラーメッセージがでるが動作確認はとれている」とのこと。

少し価格は上がりましたが、市販のドックケーブルとしては安いです。
極端に曲げることは出来ますが、当然ながら故障の原因になりますので、注意しましょう。
ちなみに「即完売」なんて聞いたことが無い。しばらく販売していたはず。

画像などは記事で。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

フィリップス、イヤフォン/ヘッドフォン3シリーズを5月1日より順次発売

Category: 新製品ニュース  04/24 /2010 (Sat)

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、カナル型(耳栓型)イヤフォンとヘッドフォンの計3シリーズを5月1日より順次発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は記事の通り。

ここで長々と書くより、記事の方がまとまっていますので、ここには書きません。
それにしても新製品乱発のフィリップスです。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

フィリップス、ヘッドホン発売50周年記念キャンペーンを実施

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  04/24 /2010 (Sat)

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、同社ヘッドホン発売50周年を記念して、抽選で50名に「SHE9755」が当たるキャンペーンなどを実施する。

【キャンペーンの詳細】
■期間:5月1日~6月19日
■プレゼント賞品:イヤホン SHE9755
■応募方法:同社特設サイトのフォームに必要事項を入力

・キャンペーンに先駆けて「フィリップス ヘッドフォンマラソン2010」を実施。
・「SHE9700」や「SHE9551」など6種類のヘッドホンを4月から約80名のブロガーに貸し出して提出されたレビューを読むことができる。

【問い合わせ先】
フィリップスP&A サポートセンター
MAIL/philips_p_a@kagaht.co.jp


私にもレビュー執筆依頼のメールが来ましたが。私は執筆はしません。
自分のブログでレビューします。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

フィリップス、防水仕様などスポーツ向けイヤフォン3製品を6月発売

Category: 新製品ニュース  04/24 /2010 (Sat)

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、スポーツ向けイヤフォン「SHQシリーズ」3製品を6月より発売する。
概要は以下の通り。


価格はオープンプライスで、店頭予想価格は以下の通り。

  種類      型番       防水機能     店頭予想価格

ネックバンド型  SHQ4000/98   ○      4,980円前後

 耳掛け型    SHQ3000/98   ○      3,980円前後

インナーイヤー型 SHQ1000/98   ×      1,980円前後



・カラーはいずれもレッド。

・いずれもジョギングなどスポーツ向けのイヤフォンで、ネックバンド型の「SHQ4000/98」と耳掛け型「SHQ3000/98」はIPX準拠の防水仕様。
・使用後に丸洗いできることが特徴。
・両製品はカナル型(耳栓型)のイヤーピースを採用。

・インナーイヤー型の「SHQ1000/98」は防水仕様ではない。

・3モデルとも抗菌加工が施されている。

・ユニットは3モデルともダイナミック型で、ネオジウムマグネットを使用。
・ユニット径は「SHQ4000/98」と「SHQ3000/98」が9mm、「SHQ1000/98」が13.5mm。

・「SHQ4000/98」と「SHQ3000/98」のイヤフォン部の仕様は共通。
・再生周波数帯域は15Hz~20kHz。
・感度が102dB。
・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は20mW。

・「SHQ1000/98」の再生周波数帯域は30Hz~20kHz。
・感度110dB。
・インピーダンス16Ω。最大入力10mW。
・プラグは金メッキのステレオミニ。

・ケーブル長はいずれも1.2mで、「SHQ4000/98」は片出し、「SHQ3000/98」と「SHQ1000/98」はY型。
・重量は「SHQ4000/98」が36g、「SHQ3000/98」が32.3g、「SHQ1000/98」が12.6g
・3サイズのイヤーピースやキャリングケース、ケーブルクリップが付属。


まとめにくい記事である。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

日本オーディオ協会、「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO」を11月21日から開催

Category: 日記・雑談  04/18 /2010 (Sun)

日本オーディオ協会は4月14日、大型イベント「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO」の開催を発表。
概要は以下の通り。

・会期は2010年11月21日(日)~11月23日(火・祝)の3日間。
・会場は秋葉原UDX 2Fアキバスクエアと4F UDXマルチスペース及びUDXシアター、さらに富士ソフトアキバプラザの5F~7F。
・入場料は無料。
・昨年の来場者数は公表数で25,300人、推計で30,000人とされているが、今年の目標来場者数は40,000人を掲げている。
・ポスターやフライヤー、公式ガイドブックなどを用いてプロモーション活動を推進し、動員数の増加を図っていく。

だいぶ先のイベントですが紹介します。
記事はこちら。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

イーサプライズ、米BOQARIのカナル型イヤフォンを4月15日発売

Category: 新製品ニュース  04/18 /2010 (Sun)

イーサプライズは、米国BOQARI(ボークアリ)ブランド製品の取扱を開始。
4月15日よりカナル型(耳栓型)イヤフォン「Q1」(Q1WC)と、ヘッドセット「QM1」(Q1MWC)を4月15日よりAmazon.co.jpで発売する。

Q1
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13,500円前後。
・メタルハウジングを採用するカナル型イヤフォン。
・カラーはブラック、シルバー、ゴールド、ピンクの4色。
・レアアースマグネットを搭載し、クリアな高域から立体感ある中域、深みのある低域まで再現できる。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・感度は86±3dB。
・インピーダンスは16Ω。
・プラグはステレオミニで、ケーブル長は1.1m。
・イヤーピースはシリコンで、XS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・ダブルフランジ(S/M/L)のイヤーピースも同梱。
・キャリングケースが付属。

Q1M
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14,500円前後。
・「Q1」と同様のカナル型イヤフォンに、マイクも搭載したヘッドセット。
・ケーブル中間部にマイクを備えている。
・カラーはブラックのみ。
・プラグは3.5mmミニプラグで、iPhoneやBlackBerry、Skypeなどで利用できる。
・イヤフォン部の仕様はQ1と同じ。

どちらかと言えば女性向け(?)かも。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーディオテクニカ、ヘッドフォン4製品のケーブルに関する問題を4月12日発表

Category: その他イヤホン・ヘッドホン等の情報  04/18 /2010 (Sun)

オーディオテクニカは12日、同社が販売しているヘッドフォン4製品において、特徴の1つであるケーブルの「左右独立アース線(4芯)構造」と実際の製品が異なっていたことを明らかにした。
概要は以下の通り。

・対象となるのは「ATH-AD2000」、「ATH-AD1000PRM」、「ATH-A900LTD」、「ATH-A900Ti」の4製品。
・音質向上のために「左右両出し左右独立アース線(4芯)構造」を採用したと謳っていたが、実際の製品では、左右ハウジングへのケーブル分岐部において、左右アース線が接続された状態で製造されていたことが判明した。
・安全上の心配はないという。
・該当品は、同社に送付することでケーブルの無償交換が行なわれる。
・同社が預かる期間は約10営業日。
・既にケーブルが交換済みの製品については、L側ヘッドパッド部のアーム内側に、番号シールが貼られている。

送付先や問合せ先は下記の通り。

送付先
・〒194-8566 東京都町田市成瀬1348
・株式会社オーディオテクニカ成瀬事業所 ATH-AD2000係 宛
・Tel.042-739-9154

問合せ先
・Tel.0120-998-496
・受付時間:月~金(休日除く)9:00~17:30
・Fax.042-739-9137
・Eメール:ad2000@audio-technica.co.jp

記事はこちら。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

東芝、64GBのSDXCカードを4月17日発売。実売65,000円を4月17日発売

Category: 日記・雑談  04/18 /2010 (Sun)

東芝は4日、SDメモリーカードの上位規格「SDXCメモリカード」の64GBモデル「THNSU064GAA2BC」の発売日を、4月17日に決定した。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万5,000円前後。
・4月19日からは直販サイト「Shop1048(ショップトウシバ)」でも発売予定。

容量は凄いですが、高すぎ。
USBメモリなら3~4分の1くらいの価格です。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

センチュリー、実売2,380円のBluetoothヘッドセットを発売

Category: 新製品ニュース  04/11 /2010 (Sun)

センチュリーは、Bluetoothヘッドセット「ワイヤレスイヤホンマイク」(BH20A)を発売した。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,380円前後。
・マイクを内蔵したBluetoothユニットとカナル型(耳栓型)イヤフォンが一体となった、左耳装着型のヘッドセット。
・付属する右用のイヤフォンケーブルを接続することでステレオ再生も可能。

・BluetoothのプロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFPに対応。
・SCMS-Tの著作権保護にも対応し、携帯電話などのワンセグ音声もワイヤレスで聴くことができる。

・電源は内蔵リチウムポリマー電池で、連続通話は3.5時間、待受時間は90時間。
・充電はUSB経由で行なう。
・外形寸法は51.8×8.5×15.7mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は本体が8g、右用のイヤフォンが6g。
・ケーブル長は55cm。
・付属イヤーピースはS/M/Lの3サイズ。
・イヤーフックも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】ファイナルオーディオデザイン初のBAイヤホン「FI-BA-SS」を聴く

Category: レビュー記事紹介  04/11 /2010 (Sun)

ファイルウェブにファイナルオーディオのBAイヤホン「FI-BA-SS」のレビュー記事が掲載されていましたので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

COWON、3,980円のカナル型イヤフォン「CE1」を4月9日発売

Category: 新製品ニュース  04/11 /2010 (Sun)

コウォンジャパン(COWON)は、カナル型(耳栓型)イヤフォン「CE1(CE1-WH)」を4月9日に発売する。
概要は以下の通り。

・直販価格は3,980円。
・カラーはホワイト。
・ポータブルプレーヤーなどを多く販売している同社は、製品に付属するイヤフォンを別途販売はしているが、イヤフォン単独で開発・販売するのは、今回の「CE1」が初めて。

・10mm径のダイナミック型ユニットを採用したカナル型イヤフォン。
・ハウジング前面に備えた「Air Hole」により、低音の質感を調整し、堅くて迫力のあるサウンドを追求。
・中高音を調整する「Air Duct設計」により、自然なサウンドを表現する。
・ユニット前面部と音響ノズル部にダンピングフィルターを適用することで、「全体的に柔らかくて最適化されたサウンドを提供する」。

・入力インピーダンスは16Ω。
・定格出力は3mW。
・最大入力は20mW。
・音圧レベルは101dB(1mW)。
・再生周波数帯域は10Hz~22kHz。
・ケーブルの長さは1.2m。
・入力プラグはステレオミニ。
・シリコンイヤーピースはS/M/Lの3サイズを用意。

ブラックを発売して欲しい。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】2010年4月特集:個性派イヤホン&ヘッドホン

Category: レビュー記事紹介  04/11 /2010 (Sun)

ファイルウェブに多数のイヤホン・ヘッドホンのレビュー記事が掲載されていましたので紹介します。
記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ファイナルオーディオ、初のアーマチュアイヤフォンを4月中旬発売

Category: 新製品ニュース  04/11 /2010 (Sun)

ファイナルオーディオデザイン事務所と、エフ・アイ・ティは、ファイナルオーディオデザインブランドの新製品として、初のバランスドアーマチュアユニット採用カナル型(耳栓型)イヤフォン「FI-BA-SS」を4月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は98,000円程度の見込み。
・数量限定販売。

・同ブランドで初めて、バランスドアーマチュアユニットを採用したイヤフォン。
・アーマチュア型の高級イヤフォンでは、複数のユニットを内蔵したマルチウェイ型が多いが、ファイナルオーディオデザインではネットワークに起因する位相や、時間軸のズレに注目し、あえてシングルユニットを選択している。

・シングルユニットでも、レンジの広さなどを確保するため、バランスドアーマチュアユニットをカスタムし、新開発したBAM(Balancing Air Movement)機構を組み合わせる事で、筐体内部の空気の流れを最適化。
・バランスドアーマチュアの繊細さを活かしたまま、低音やダイナミックレンジの拡大、楽器の持つ実在感を再現した。
・これらの技術を投入した、より低価格なモデルの展開も予定されている。

・イヤーパッドはS/M/L/の3サイズを同梱。
・素材配合の異なる100以上のサンプルを用意し、音質的に誇張感の少ないものを作り上げた。
・感度は112dB。
・インピーダンスは16Ω。
・コード長は1.4m。
・重量は20g。
・プレーヤーも同梱できるキャリングケースが付属。

数量限定ですか。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オヤイデ、FiiOの新ヘッドフォンアンプ情報を公開。近日発売予定

Category: 新製品ニュース  04/11 /2010 (Sun)

オヤイデ電気は、FiiOのポータブルヘッドフォンアンプの新モデル「E7」の情報を公開した。
概要は以下の通り。

・近日発売予定だが、具体的な発売日や価格はアナウンスされていない。
・低価格なポータブルヘッドフォンアンプを手掛ける中国メーカー、FiiOの新製品。
・ステレオミニのアナログ音声入力と、2系統のヘッドフォン出力を備え、バッテリを内蔵したポータブルヘッドフォンアンプとして使用できる。
・最大で80時間の駆動が可能。

・「E7」の特徴は、USB DAC機能も備えてPCの音も再生できる。
・TIの「PCM2706」をUSB DACとして内蔵するほか、メインDACにはWolfsonの「WM 8740」とADのオペアンプを組み合わせて使用している。

・ヘッドフォンアンプのプリアンプとパワーアンプには、TIの「OPA2338」と「TPA6130A」を採用。
・「既発売のE5やE1で実証済みの高音質、高解像度、低歪、パワフルな出力を実現する」(オヤイデ)という。

・ヘッドフォンアンプとして世界初という有機ELディスプレイを装備。
・3段階のバスブースト機能も使用できる。
・筐体は陽極酸化アルミニウムによるヘアライン仕上げ。
・自動キーロック機能やスリープタイマー機能も備えている。

これは買う予定です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

完実電気、「Turbine Pro」などMonster Cable製イヤフォンを発売

Category: 新製品ニュース  04/11 /2010 (Sun)

完実電気は、取り扱う米Monster Cableのカナル型イヤフォン/ヘッドセットの新製品を発表。
4月15日発売の「Turbine Pro」などをラインナップする。価格は下表の通り。

MH TRB-P IE CPR
・4月15日
・39,800円前後

MH TRB-P IE GLD
・4月15日
・29,800円前後

カナル型(耳栓型)イヤフォン「Turbine」(タービン)シリーズの高級モデル。
・「秋のヘッドフォン祭 2009」や、CES 2010で発表されていた。
・Copperは、プロユースを想定したフラッグシップモデルで、フルレンジをフラットに再生するというモデル。
・Goldは、広帯域な再生をしながら、低域のエネルギーを存分に送り出す“高性能ハイファイモデル”と位置づけ。
・いずれもユニットはダイナミック型。
・イヤーピースは、遮音性を高めた「スーパーチップ」(S/Lサイズ)と、ソフトタイプ(S/M/L)、フォームタイプの3種類が付属。
・2種類のキャリングポーチや、クリップなども同梱。

新製品は以上2つです。
発売中の機種は記事を参照。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

イヤホン購入

Category: イヤホン・ヘッドホン購入  04/04 /2010 (Sun)

購入したのは「SENNHEISER CX980」と「SENNHEISER MX980」です。
いずれもサウンドハウス通販で「SENNHEISER CX980」が15,800円、「SENNHEISER MX980」が12,800円で購入。
現在はいずれも3,000円程度、値上がりしています。


CX980
「CX980」

MX980
「MX980」


最近仕事が忙しく、先週は終電で帰る方が多い状況です。
今週も日によっては更新できない日の方が多そうです。


Comments (4) | Trackbacks (0) | TOP

「オーディオテクニカ ATH-CKS90」のレビュー記事を紹介

Category: レビュー記事紹介  04/04 /2010 (Sun)

ファイルウェブに「オーディオテクニカ ATH-CKS90」のレビュー記事が掲載されていましたので紹介します。
大したことは書いていませんが。

レビュー記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

米Yamaha、初のカナル型イヤホンEPH-50/30/20の3機種を発売

Category: 新製品ニュース  04/04 /2010 (Sun)

米Yamaha Electronics Corporationは、同社初のカナル型イヤホンを発表した。
概要は以下の通り。

・発表されたのはエントリーモデルの「EPH-20」(希望小売価格29.95ドル)とミドルクラスの「EPH-30」(希望小売価格49.95ドル)、プロ機のクオリティを持つ「EPH-50」(希望小売価格99.95ドル)の3機種。

・オーディオ機器で培ったヤマハのノウハウを活かし、ナチュラルな音と遮音性を備えている。

EPH-50
・直径13.6mmドライバーを搭載。
・インピーダンスは16Ω。
・出力音圧レベルは104dB。
・再生周波数帯域は20~21,000Hz。
・耐久性の高い構造を採用。
・6.2mmプラグアダプターも同梱し、ホームオーディオ機器でのリスニングも想定。
・カラーはブラック/ホワイトの2色。

EPH-30
・直径9.0mmドライバーを搭載。
・インピーダンスは16Ω。
・出力音圧レベルは110dB。
・再生周波数帯域は20~21,000Hz。

EPH-20
・ブラック/ホットピンク/インディゴブルー/ライムグリーン/レッドベリーブラウンの5色のラインナップ。
・エントリーモデル。
・直径10.7mmドライバーを搭載。
・インピーダンスは17Ω。
・出力音圧レベルは103dB。
・再生周波数帯域は20~21,000Hz。


「EPH-30」はどこかで見たデザインです。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

(レビュー記事)B&Wのヘッドフォン第1弾「P5」を聴いてみる

Category: レビュー記事紹介  04/04 /2010 (Sun)

「Bowers & Wilkins(B&W) P5」のレビュー記事が「AV Watch」に掲載されていましたので紹介します。

レビュー記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

サンコー、音楽プレーヤー内蔵のBluetoothヘッドセットを4月2日発売

Category: 新製品ニュース  04/04 /2010 (Sun)

サンコーは、Bluetoothヘッドセットとオーディオプレーヤーを一体化した「BluetoothヘッドフォンMP3プレーヤー」(BLHEAD02)を4月2日より発売する。
概要は以下の通り。

・直販価格は4,980円。
・ネックバンド型のBluetooth 2.0ヘッドセットに、オーディオプレーヤー機能を搭載した製品。
・microSDカード(最大16GB)に収めたMP3/WMA/WAVファイルを再生できるほか、対応携帯電話を利用したハンズフリー通話も行なえる。
・ステレオミニミニの入力端子を備えており、付属ケーブルを利用して有線ヘッドフォンとしても利用可能。
・なお、Bluetoothの対応プロファイルはHSP/HFPのみで、音楽のワイヤレス伝送は行なえない。

・バッテリを内蔵し、Bluetooth利用時の連続再生時間は8~10時間。
・待受時間は約20~25時間。
・未使用時の待機時間は約200時間。
・充電は約2.5時間。

・外形寸法は135×245×60mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約80g。
・USBケーブルとオーディオケーブルが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP