Category: 新製品ニュースの記事List (Entry順)

| | OLD ≫

パイオニアのLightningイヤフォン「RAYZ Plus」を5月22日から一般販売開始

Category: 新製品ニュース  05/22 /2017 (Mon)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、iPhoneなどのLightning端子と直結するパイオニアブランドのイヤフォン「RAYZ Plus」の一般販売を22日から開始した。
概要は以下の通り。

・主にヨドバシカメラ・ビックカメラで販売。
・実売17,000円前後。
・音楽再生アプリ「HF Player」もアップデートされ、アプリの課金を行なわなくても、RAYZのユーザーはDSD/FLAC再生機能が利用可能になる。
・ただし、RAYZ Plusではハイレゾで再生にはならない。

・RAYZ Plusは9.2mm径のダイナミック型ユニットを搭載したイヤフォン。
・4月21日からau公式アクセサリー「au+1 collection」取扱店にて先行販売がスタートしていたが、22日から一般販売も開始。

・リモコン部に48kHz/24bit対応のDACを搭載。
・Lightning端子と直結し、デジタルデータをリモコン部でアナログに変換し、再生する。

・ノイズキャンセリング機能も備え、ユーザーの耳に合わせてノイズ低減量などを調整するキャリブレーション機能なども備える。
・Lightning接続用充電ポートをケーブルに装備し、充電しながら通話や音楽再生が楽しめる。
・充電ポートを省いた「RAYZ」というモデルも展開。

・発売に合わせ、「HF Player」も更新。
・RAYZがアプリの無料アンロック対象の機器となり、ハイレゾでの再生にはならないが、DSD/FLACの再生が可能になる。
・さらに、HF Playerが持つリニア位相FIRイコライザで16,000以上の個別バンドで高精細なHDイコライゼーションと、ユーザーがカスタマイズしたEQプリセットの名称の保存、プロのミュージシャンが作成したイコライジングも選択可能になる。
・また、RAYZのアプリ内からもスマートボタンを経由してHF Playerを立ち上げられる設定が追加される。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

AKG初のノイズキャンセル+Bluetoothヘッドフォン「N60C WIRELESS」を5月26日発売

Category: 新製品ニュース  05/22 /2017 (Mon)

ハーマンインターナショナルは、AKGブランド史上初のBluetooth対応ノイズキャンセリングヘッドフォン「N60NC WIRELESS」を5月26日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は32,880円前後。
・AKG(アーカーゲー)のノイズキャンセルヘッドフォン「N60NC」をBluetooth対応とし、ワイヤレス化した新モデル。
・BluetoothのコーデックにはSBC、AACに加え、aptXに対応し、「AKGサウンドをBluetooth接続でも可能にした」という。
・Bluetooth 4.0に準拠し、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。

・ノイズキャンセリングは「N60NC」同様のハイブリッド方式を採用。
・騒音収集マイクをハウジングの外側に配置するフィードフォワード方式と、ドライバユニット側に配置するフィードバック方式を組み合わせている。
・さらに独自のノイズ信号回路により、「クラス最高レベル」の騒音低減率を実現した。

・40mm径のダイナミックドライバーを搭載し、再生周波数帯域は10Hz~22kHz。
・本体重量は199gと軽量で、独自の3D-Axis機構により折り畳み可能。付属のキャリングポーチで持ち運べる。

・バッテリ駆動時間は約15時間(NC、Bluetooth併用時)。
・1.2mのヘッドフォンケーブルも付属し、有線接続に対応。
・パッシブモードを搭載しており、電源オフ時やバッテリ切れの際にも通常のヘッドフォンとして利用できる。
・有線接続のノイズキャンセルヘッドフォンとしても利用可能で、その場合のバッテリ駆動時間は約30時間。
・充電用ケーブルやフライトアダプタも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

BA×2+ダイナミック型で6,999円、ピンクゴールドのハイブリッドイヤフォンを5月12日発売開始

Category: 新製品ニュース  05/16 /2017 (Tue)

ドスパラは、バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを2基、ダイナミック型ドライバを1基搭載したハイブリッドイヤフォン「DN-914777」を12日に発売した。
概要は以下の通り。

・直販サイト「上海問屋」限定で、直販価格は6,999円(税込)。
・カラーはピンクゴールド。

・7.8mm径のダイナミック型ドライバとBAユニット2基を備えるカナル型(耳栓型)イヤフォン。
・音の傾向は「広い音場感に中高域の鮮明さがありつつ、心地よい低音まで楽しめる」としている。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は103dB。

・ケーブルにはリモコンマイクを備え、音量調整/楽曲再生/曲送りなどの操作や、ハンズフリー通話が可能。
・ケーブルはY型で長さは約120cm。
・重量は約24g。
・3サイズ(S/M/L)のイヤーピースが付属。

気になる機種ですが、リモコンマイクは不要な気もします。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ShureのイヤフォンをiPhoneのLightning端子に直結できるDAC内蔵ケーブルを5月19日発売

Category: 新製品ニュース  05/16 /2017 (Tue)

シュア・ジャパンは、iPhoneなどのLightning端子にShureのイヤフォンを直結するためのケーブル「RMCE-LTG」を5月19日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は11,800円。
・MMCX端子を採用したSEシリーズのSE215、SE315、SE425、SE535、SE846に最適化された設計。

・iPhone 7/7PlusなどのLightning端子に直結できるケーブルで、ケーブルの途中にあるユニットにDACとヘッドフォンアンプを搭載。
・イヤフォン側はMMCX端子になっており、Shureのイヤフォン、SEシリーズを接続可能。
・ハンズフリー通話を可能にするためのLAM(Lightning Audio Module)も集約。

・DACには、Cirrus Logicのハイクラスチップを採用。48kHz/24bitまでのデータに対応。
・ヘッドフォンアンプはコンパクトながら、「最小のノイズフロアとクロストークを実現し、優れたダイナミックレンジを提供する特別設計」だという。
・スマホ内にアンプで増幅しない事で、「クロストークが低減されステレオイメージが大幅に向上している」という。
・電源はバスパワー。

・ケーブルの長さは127cm。
・ケブラー素材を使って芯線の強度を高め、ケーブル全体の強度も高めている。
・耳掛け式の装着に対応するため、ワイヤーフォームフィット機能も搭載。

・ケーブル途中のユニットには3ボタンのリモコンも搭載。
・ボリューム調整や再生制御、Siriの起動なども行なえる。

・マイクも搭載し、ハンズフリー通話も可能。
・このマイクも、Shureのマイク技術が投入されており、ノイズを抑えたクリアな通話が可能。


画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

RHA、Bluetooth対応イヤホン「MA750 Wireless」「MA650 Wireless」を発表

Category: 新製品ニュース  05/16 /2017 (Tue)

英RHAは、イヤフォン「MAシリーズ」2機種をBluetooth対応とした新モデル「MA750 Wireless」と「MA650 Wireless」を発表した。
概要は以下の通り。

・発売時期は6月中旬~下旬。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「MA750 Wireless」が19,500円前後、「MA650 Wireless」が11,500円前後。
・5月18日より独ミュンヘンで開催される「HIGH END 2017」に展示される。
・日本国内ではナイコムが取り扱う。

・「MA750/650」の音質はそのままに、aptX/AACの高音質コーデックやNFCペアリングへの対応、IPX4相当の防滴仕様、連続再生12時間などが特徴。
・「MA750 Wireless」のドライバは「モデル560.1」。「MA650 Wireless」のドライバは「モデル380.1」。

・周波数特性はいずれも16Hz~22kHz。
・3ボタンのリモコンも備える。
・重量は、「MA750 Wireless」が41g。「MA650 Wireless」が33g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ラディウス、約5,000円でaptX/AAC対応のスポーツBluetoothイヤフォン「HP-BTF01x」シリーズを5月下旬発売

Category: 新製品ニュース  05/16 /2017 (Tue)

ラディウスは、スポーツ向けのBluetoothイヤフォン「HP-BTF01x」シリーズを5月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,380円前後(税込)。
・カラーは、ブラック、ライムグリーン、コーラルピンクの3色。
・汗や水しぶき、急な雨などから保護するIPX5相当の防滴仕様を備え、本体は15gで耳にフィットしやすいスポーツ向けのBluetooth 4.1イヤフォン。
・付属のイヤーフックを装着することでリスニング時の本体脱落を防止。

・コーデックはSBCやMP3のほか、低遅延のaptXやAACにも対応。
・対応スマホなどとの接続で、動画観賞もストレスなく楽しめる。
・プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応。
・8台までの機器とのマルチペアリングと、音楽再生機器(A2DP)と通話(HFPまたはHSP)それぞれ1台に同時接続できるマルチポイントに対応。

・ユニットはダイナミック型で、10mm径の新ドライバを搭載。
・フラットな音づくりで街中などの雑踏の中でも楽曲の輪郭がぼやけることなくリスニングを楽しめる。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・出力音圧レベルは93±3dB。

・コントローラ部でボリューム操作や再生/一時停止、曲送り/戻し、着信/終話が行なえる。
・内蔵バッテリでの連続再生時間は約9時間で、充電は約2時間。
・イヤーフック(S/M/L)やイヤーピース(S/M/L)、ケーブルクリップ、ポーチなどが付属。

画像などは記事で。



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

DITA、「ダイナミック型シングルの究極」を謳う最上位イヤフォン「Dream」を5月13日発売

Category: 新製品ニュース  05/16 /2017 (Tue)

アユートは、シンガポール・DITAブランドのフラッグシップイヤフォン「DITA Dream(ディータ・ドリーム) Titanium Black」(DREAM-BLK)を5月13日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。直販サイトでの価格は、219,980円(税込)。
・「ダイナミック型シングルドライバイヤフォンの究極を具現化した」という製品。
・チタン製のハウジングは日本で加工。
・音響工学に基づいた設計で、アコースティックチェンバーに精度の高い最適化を施し、徹底的にエアーフローとダンピングを制御。
・内側は高精度に切削するだけで無く、全ての接触面を限りなく平面に研磨。空気の流れによる制動能力が最大化するように設計。

・ハウジング内のフロントウエーブガイドにより、正確な位相の制御や、音導管に正確な音情報の伝送ができる。
・硬度と密度が均等になるように設計・製造したアコーステックダンパーを配置。

・ドライバは10mm径。カーボンコーティングを施したマルチコート・マイラー振動板を採用。
・高純度OFCを採用したボイスコイル、高磁力のリングマグネットとポールピースも備え、レスポンスやパワーハンドリングを高めている。

・出力端子にも特徴があり、プラグ状で交換が可能な「Awesome コネクター」を採用。
・3.5mm 3極のシングルエンドに加え、Astell&Kernプレーヤーなどとのバランス接続に利用できる2.5mmの4極端子に交換する事もできる。
・オプションで4.4mmの交換用プラグも近日発売予定。

・ケーブルは、Van den Hulの導体テクノロジー「3T(True Transmission Technology)」を導入した“3T”導体をコアに使用。
・安定性の高いアモルファス(無結晶)構造で、結晶粒界歪みの発生を防ぎ、信号レベルの大小問わず高い解像度を実現。
・イヤフォンとケーブルは着脱可能で、端子にはDITAのイヤフォンでは初めて、カスタムイヤフォンで使われる2ピン端子を採用。
・ケーブルの長さは1.2m。

・再生周波数特性は10Hz~25kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・音圧レベルは102dB。
・イヤーピースはスモールボアタイプのS/M/L、ミディアムボアタイプのS/M/L、ラージボアタイプのS/M/Lを同梱。
・ミディアムボアがリファレンスチューニングで、スモールボアでは高域が若干マイルドに、ラージボアでは高域が若干強調される。
・プレミアムレザーキャリングケースなども同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

パイオニア、実売1,700円の耳掛け型スポーツイヤフォン「E3」を5月下旬発売

Category: 新製品ニュース  05/09 /2017 (Tue)

オンキヨー&パイオニア マーケティングジャパンは、パイオニアブランドのスポーツ向け耳掛け型イヤフォン「E3」(SE-E3)を5月下旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1,700円前後。
・カラーは、レッド、ブルー、ブラック、アクアの4色。

・10mm径のダイナミック型ドライバを採用したイヤフォン。
・柔らかい素材を使ったイヤーフックを備え、運動しながらでも外れにくく、安定した装着感を実現。
・IPX2の防滴対応で、運動中の汗や雨を気にせず使える。

・再生周波数帯域は8Hz~22kHz。
・出力音圧レベルは100dB。

・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は100mW。

・ケーブル長は1.2mで、入力プラグはステレオミニ。
・ケーブルを除く重量は16g。
・S/M/Lの3サイズのイヤーピースが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Westone、シングルBAの新ユニバーサルイヤフォン「UM1 J」を発表。発売日や価格は未定

Category: 新製品ニュース  05/09 /2017 (Tue)

テックウインドは2日、Westone Laboratoriesのユニバーサルイヤフォン「UM1 J」を発表した。
概要は以下の通り。

・発売日や価格は未定。
・バランスド・アーマチュア(BA)ドライバを1基のエントリーモデルとして展開。

・ジャンルを選ばずサウンドを楽しめるように設計された、独自のシングルBAドライバを使用。
・コネクタにはWestoneのMMCX Audioを採用し、リケーブルに対応。
・人間工学的に基づいたデザインのコンパクトなシェルは、耳への疲労を軽減し、長時間の聴取に対応。

・再生周波数帯域は20Hz~16kHz。
・入力感度は114dB@1mW。
・インピーダンスは19Ω@1kHz。

・ケーブルは長さ132cmのY型で、MMCX Audioによるリケーブルに対応。
・各種イヤーチップやクリーニングツールが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

GRADO、「一番美しく、音色的に心地よい」ココボロ材採用の限定ヘッドフォン「GH2」を4月29日発売

Category: 新製品ニュース  04/24 /2017 (Mon)

ナイコムは、米GRADOの限定ヘッドフォン「GH2」を4月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・限定150台で、価格は69,800円。
・4月29日、30日に東京・中野サンプラザで開催される「春のヘッドホン祭2017」にて国内初展示を実施。

・リミテッドモデルの第1弾として発売された「GH1」は、ニューヨーク・ブルックリンの工場近くで伐採されたメープル材をハウジングに採用。
・第2弾となる「GH2」では中央アメリカ産のココボロ材を使用。

・木目が美しい硬材で、高級な楽器、家具、チェスセットなどに使われている。
・GRADOではこの木材を、「これまで使用した中で一番美しく、音色的に心地よい素材」と位置づけ。

・最上級ココボロ材との相性を第一に開発された、専用ダイナミックドライバを搭載。
・47mm径で、ハウジングはオープンエア形式。

・再生周波数特性は14~28kHz。
・チャンネルバランスは0.05dB。

・インピーダンスは32Ω。
・ボイスコイルにはUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅線を使っている。

・感度は99.8dB。
・ヘッドバンドは本皮貼り。

・ケーブルには、HPLC(high purity long crystal)無酸素銅線を使用。
・長さは約1.7m。
・入力プラグはステレオミニ。
・ケーブルを含まない重量は約190gで、総重量は約300g。
・標準プラグへの変換アダプタも同梱。

興味深い機種です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オーテク、Bluetoothヘッドフォン「ATH-AR3BT」とBluetoothイヤフォン「ATH-CKS550BT」に新色ブルー&レッド追加。4月21日発売

Category: 新製品ニュース  04/06 /2017 (Thu)

オーディオテクニカは、Bluetoothヘッドフォンの「ATH-AR3BT」とBluetoothイヤフォン「ATH-CKS550BT」に、それぞれ新色としてブルーとレッドを追加する。
概要は以下の通り。

共通
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格はいずれも1万円前後。
・4月21日発売。

Bluetoothヘッドフォン「ATH-AR3BT」
・Sound RealityシリーズのBluetoothヘッドフォン。
・40mm径ドライバを採用し、ハウジングは密閉型。
・既存のブラック/ゴールド、ホワイト/シャンパンゴールドと合わせて4色展開となる。
・BluetoothのプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応。
・コーデックはSBC、AAC、aptXをサポート。
・NFCでのペアリングに対応。
・マイクを備え、ハンズフリー通話も利用可能。
・ステレオミニ入力も備え、有線接続も可能。
・再生周波数帯域は5Hz~35kHz。
・ハウジング部の折り畳みも可能。
・内蔵バッテリで約30時間動作する。
・重量は190g。

Bluetoothイヤフォン「ATH-CKS550BT」
・SOLID BASSシリーズのネックバンド型Bluetoothイヤフォン。
・2つのマグネットを対向配置した、9.8mm径「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」を搭載。
・エアフローベース・ベンディングシステムも搭載し低域の出力効率を高めている。
・カラーは、既存のブラックゴールドと、ホワイトと合わせて4色展開となる。
・Bluetoothの対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。
・コーデックはSBCのみ。
・内蔵バッテリでの音楽再生の連続使用時間は約5時間。
・ネックバンドにリモコンや通話用のマイクも内蔵。
・ケーブルを除く重量は約32g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ビックカメラ、白いオーテクのハイレゾイヤフォン「ATH-HR7iS」を4月14日から独占販売

Category: 新製品ニュース  04/05 /2017 (Wed)

ビックカメラは、オーディオテクニカのリモコンマイク付きハイレゾイヤフォン「ATH-HR7iS」ホワイトモデルを、14日よりビックカメラグループで発売する。
概要は以下の通り。

・ビックカメラ、コジマ、ソフマップのオーディオ製品取り扱い店で販売。
・価格は9,880円。
・なお、4月7日オープンの「ビックカメラ名古屋JRゲートタワー店」では、オープン記念として同日より先行販売を行なう。

・14mm径のダイナミック型ドライバを搭載したハイレゾ対応イヤフォン。
・大口径ドライバとDLC(Diamond-Like Carbon)振動板の採用により、鮮明な中高音域再生を実現。

・ハウジングには、切削ステンレスとアルミニウムを採用。
・ステンレスハウジング一体型スタビライザーで不要な振動を防ぎ、音の歪みを抑える。

・再生周波数帯域は5Hz~40kHz。
・出力音圧レベルは103dB/mW。

・最大入力は200mW。
・インピーダンスは16Ω。

・ケーブルにリモコンマイクを搭載。
・スマートフォンに繋いで音楽・動画再生や一時停止などの操作や、通話に対応する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

“ほとんどを木で作った”ヘッドフォン「Konohazuk H3」、3月29日から一般販売開始

Category: 新製品ニュース  03/29 /2017 (Wed)

コノハズクは、“ボディのほとんどを木で作った”というヘッドフォン「Konohazuk H3」の一般販売を3月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。直販サイトでの価格は29,800円(税込)。
・昨年春にクラウドファンディングで資金調達に成功し、製品化したもので、支援者への販売は既に行なっていた。

・公式オンラインストアのほか、 Amazon Launchpadストア、 実店舗はビックカメラの旗艦4店舗(池袋本店/有楽町店/新宿西口小田急店/新宿東口店※ビックロ)などで販売。
・販売箇所は順次拡大していく予定。

・Konohazukのオーディオ用ヘッドフォン第1弾製品として、昨年の3月よりクラウドファンディングで支援を募り、資金調達に成功したもの。
・Konohazukは、2009年に楽器ブランドbeating(ビーティング)として創業。
・カホンなどの木製楽器を手掛けており、2015年より木製ヘッドフォンの開発を本格化した。

・40mm径のドライバユニットを搭載した、密閉型のオンイヤーヘッドフォン。
・ボディに国産のブナ材を使用。
・ハウジングは無垢材からの削り出しで、職人の磨きを経て完成する。
・木目や色が製品によって異なり、使い込めば風合いも変化する。

・ヘッドバンドにも木材を使用しているのが特徴。
・ブナを薄く貼り合わせた合板を特殊な工法で曲げて側圧を持たせている。
・様々な頭の大きさや耳の傾きに柔軟に追従するという独自ジョイント機構を採用。
・装着しているうちに馴染む性質も持ち、柔らかいイヤーパッドとの組み合わせで、長時間のリスニングでも耳が痛くならない。

・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・最大入力は1,000mW。
・ケーブル長は1.5mで、プラグはL型ステレオミニ。
・ケーブルは着脱可能。
・各部の部品もモジュール式で、劣化部分を手軽に交換できる。
・重量は145g。

先行販売では本体のみで2万円、木製箱付きで2.2万円、木製箱+本革ケーブルホルダー付きで2.4万円でした。
個人的には「デザインや作りは最高レベル。音は残念賞」という印象です。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Anker、Lightning接続で5,999円のハイレゾDAC内蔵防水イヤフォンを3月28日発売

Category: 新製品ニュース  03/28 /2017 (Tue)

アンカー・ジャパンは、iPhoneなどに直結できるLightning端子を備えたイヤフォン「Anker SoundBuds Digital IE10」を3月28日より発売する。
概要は以下の通り。

・直販価格は5,999円(税込)。
・28日は300個限定で20%オフの4,799円(税込)。
・カラーはグレー。

・ステレオミニのヘッドフォン出力を持たないiPhone 7などで利用可能な、Lightning接続のイヤフォン。
・48kHz/24bit対応のDACと、10mmドライバを搭載。
・IPX3防水対応で、3つのイコライザモード(バランス、クリアボイス、スーパーバス)も利用可能。

・ケーブル部にリモコンマイクを備え、iPhoneのハンズフリー通話に利用可能。
・ケーブル長は約1.2m。
・Lightningコネクタ部は約6.5mmの厚さがあり、薄いiPhoneケースなどを使っている場合はうまく接続できない場合がある。

・ハウジングはアルミニウム仕上げ。
・重量は約15g。
・イヤーピースはS/M/Lの3種類と、低反発イヤーピースが付属。
・装着安定性を高めるイヤーフックもS/M/Lの3サイズを同梱。
・シャツクリップやトラベルポーチなども付属する。

・初めて使う際に「Appがインストールされていません」とiPhone画面上にポップアップ表示されるが、現在販売中のモデルは製品自体に音質改善を実施しているため、アプリのインストールは不要。
・インストールしてもiOS機器やイヤフォンに影響はない。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

AKG、1万円を切るプロ向けヘッドフォン「K92」など3機種を3月24日発売

Category: 新製品ニュース  03/22 /2017 (Wed)

ハーマンインターナショナルは、オーストリアAKGのプロフェッショナルシリーズ・ヘッドフォン「K92」、「K72」、「K52」を3月24日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はいずれもオープンプライス。直販サイトでの価格は、「K92」が9,880円、「K72」が7,880円、「K52」が5,880円。
・いずれも密閉型のアラウンドイヤーヘッドフォン。

・搭載しているユニットは、AKGの技術を惜しみなく投入したという新設計の40mm径ダイナミック型。
・「エントリークラスながら音のディティールを高いレベルで再現でき、密閉型ハウジングと合わせて、自宅やスタジオなど場所を選ばずに集中して音楽が楽しめる」という。

・3モデルで音のチューニングが異なる。
・「K52」は「解像度が高く、中庸なサウンドバランスと広いサウンドステージを実現しながら、ベーシックなAKGサウンドを楽しめる」。
・「K72」は「低音域の押し出し感を高めた」。
・「K92」は「よりワイドレンジ再生を実現した」。

・インピーダンスは32Ωで共通。
・プロ向けの利用も想定しながら、低インピーダンス設計。ポータブルプレーヤーやスマートフォンでも十分な音量がとれる。

・上位モデルと同様に、装着するだけでヘッドバンドの長さを調整できるセルフアジャスト機能を採用。
・軽量デザインと耳を覆う大型イヤーパッドの組み合わせで、快適な装着感を実現。
・長時間のリスニングやモニタリングでも疲れにくい。

・ケーブルの入力端子はステレオミニのストレート。「K92」の端子のみ、金メッキ仕上げ。
・ケーブルの長さは3mで、「K52」のみ2.5m。
・標準への変換プラグも付属。

・再生周波数帯域と感度は、「K92」が16Hz~22kHzで98dB/mW、「K72」が16Hz~20kHzで97dB/mW、「K52」が18Hz~20kHzで95dB/mW。
・ケーブルを含まない重量は、いずれも200g。

この手の形の密閉型は珍しいです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ナガオカ、90kHzまで再生できる5,480円のハイレゾ対応イヤフォンを3月27日順次発売

Category: 新製品ニュース  03/15 /2017 (Wed)

レコード針などのオーディオ/ビジュアル関連アクセサリー販売を手がけるナガオカトレーディングは、90kHzまでの高域再生が可能なハイレゾ対応イヤフォン「P609」を3月27日より順次発売する。
概要は以下の通り。

・価格は5,480円。
・カラーは計6色。
・ブラック、ロイヤルブルー、インディゴ、シルバーの4色は3月27日発売。
・レッドとシャンパンゴールドは4月中旬に発売する。

・高域再生能力は90kHzまでカバーしつつ、5,480円とリーズナブルな価格を実現。
・ドライバのサイズは6.8mm径。
・アルミ製ハウジングで不要な振動を抑え、重低音から高音帯域まで忠実に再現。
・再生周波数帯域は4Hz~90kHz。

・インピーダンスは16Ω。
・音圧感度は96dB。
・ケーブル長は120cm。
・S/M/Lサイズのイヤーピースが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

qdc、ハウジングからケースまで24K金メッキ銅筐体を採用した特別モデル「1LE」(QDC-4369)を3月15日発売

Category: 新製品ニュース  03/14 /2017 (Tue)

ミックスウェーブは、中国qdcの1周年を記念したイヤフォン特別モデル「1LE」(QDC-4369)を3月15日に発売する。
概要は以下の通り。

・生産数は888台で、そのうち日本で販売されるのは40台。
・ユニバーサルタイプで、高剛性な銅筐体に24K金メッキを施した高級感のあるデザインが特徴。
・ケースにはシリアル番号も刻印されている。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は41,300円前後。

・qdcがカスタマイズした特注のバランスドアーマチュアユニットを1基搭載したイヤフォン。
・イヤフォンの筐体は金メッキを施した銅筐体で、ケースもイヤフォンと同様に24K金メッキ仕上げの銅を使用。
・ケースの重さは約210g。

・再生周波数特性は20Hz~20kHz。
・入力感度は100dB。
・インピーダンスは10Ω。
・入力端子はステレオミニ。
・イヤーピースはシリコンタイプとダブルフランジの2種類を同梱し、変換アダプタも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

チタンドライバでハイレゾ対応、低域も強化したイヤフォン「EN700BASS」を3月17日発売

Category: 新製品ニュース  03/14 /2017 (Tue)

IC-CONNECTは、チタン複合振動膜ドライバを採用した中国SIMGOT製のハイレゾイヤフォン「EN700BASS」を3月17日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13,800円前後。
・カラーはレッド、ブラック、グレー。
・10mm径ダイナミックドライバを搭載したカナル型(耳栓型)イヤフォン。
・チタン複合振動膜やネオジウム磁石を採用。

・再生周波数帯域は15Hz~40kHzでハイレゾ再生対応。
・感度は101dB/mW。
・インピーダンスは16Ω。
・多数の耳型データを元に設計し、装着性を高めた薄型ハウジングや、8芯無酸素銅線を使ったケーブルも採用。

・同ブランドの既発売イヤフォン「EN700」に大幅な改良を加えた機種・
・音質向上と低域再生強化を図った。
・「より深い低域とハイレゾ規格にも対応する高解像なサウンドを両立させた」としている。

・ケーブルは耳掛けタイプで、長さは1.2m。
・断線を防ぐため、400デニールのデュポン社ケプラー繊維を編み込み、耐久性を向上。
・入力プラグはストレートのステレオミニ。
・イヤーピースや専用ケースなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

RHA、アルミハウジングで実売3,480円のイヤフォン「MA350」を3月18日発売

Category: 新製品ニュース  03/14 /2017 (Tue)

ナイコムは、英RHAの新製品として、カナル型(耳栓型)のエントリーイヤフォン「MA350」を3月18日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3,480円前後。
・ダイナミック型ドライバ「130.5」を搭載したイヤフォン。
・ハウジングには高品質アルミを使用し、さまざまな耳の形への理想的なフィットを追求した筐体デザイン「Aerophonic」(エアロフォニック)も採用。
・RHAの国内ベストセラーイヤフォン「MA750」や「CL750」のデザインを受け継ぎ、ドライバから耳への自然なエアフローでより純度が高く、歪みの少ない音楽再生が行なえる。

・再生周波数帯域は16Hz~22kHz。
・感度は103dB。
・インピーダンスは16Ω。
・ケーブルの長さは1.3mで、タングルフリーのファブリックカバーを施している。

・入力プラグはL字型金メッキステレオミニ。
・重量は11g。
・デュアルデンシティシリコンイヤーピース×3ペア(S/M/Lサイズ)や、衣服用クリップ、キャリーポーチを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

テスラドライバ搭載、beyerdynamic新イヤフォン「XELENTO REMOTE」を3月下旬発売

Category: 新製品ニュース  03/09 /2017 (Thu)

ティアックは、テスラドライバを搭載した独beyerdynamicの新イヤフォン製品「XELENTO REMOTE」(エクセレント リモート)を3月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12万円前後。
・2009年に登場したフラッグシップモデル「T1」に搭載された、1テスラ(=10,000ガウス)を超える強力な磁束密度を生み出すテスラテクノロジーを投入したイヤフォン。
・ドライバのサイズは「T1 2nd Generation」の1/16。

・再生周波数帯域は8Hz~48kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・出力音圧レベルは110dB。

・なお、テスラテクノロジーを導入したイヤフォンとしては、Astell&Kernとbeyerdynamicがコラボした「AK T8iE」という製品も存在するが、「XELENTO REMOTEの為に再び開発されたテスラドライバ」を搭載しており、「AK T8iE」とも音はまったく異なる。
・「ジュエリーを連想させる」というデザインで、ドイツ工場においてハンドメイドで生産。
・装着感も追求した形状としている。

・ケーブルは着脱可能で、イヤフォン側の端子はMMCX。
・入力端子はステレオミニ。
・付属ケーブルは3ボタンリモコン付きで、長さは1.3m。
・リモコン無しのケーブルも1本同梱。

・ケーブルには高純度銀メッキ銅線を採用。
・外部ノイズを低減するアウタージャケットを採用。
・信号ロスを抑制し、限りなくピュアな信号伝達が可能。

・ケーブルを除く重量は7g。
・イヤーピースはシリコンがXS~3XLの7サイズで、Complyイヤーピースも3サイズ同梱。
・ノズルの先端に取り付ける交換用グリル、キャリングケース、収納ケース、ケーブルクリップなどを同梱。

個人的に非常に楽しみな機種です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

TORQUE、ノズル交換で音が変わる12,800円のイヤフォン「t103zV2」を3月中旬発売

Category: 新製品ニュース  03/09 /2017 (Thu)

モダニティは、付属のパーツを付け替えて音質をカスタマイズできる米国TORQUEブランドのイヤフォン新製品として「t103zV2」を3月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は12,800円。
・独自開発されたノズルバルブ「Passive Acoustic Valve」を交換する事で、音の変化が楽しめるイヤフォン。
・同様の機構を備えた「t096z」(29,800円)を既に発売しているが、「t103zV2」はより価格を抑えながら、音のカスタマイズが楽しめる。

・Passive Acoustic Valveは、「Reference」「Deep」「Clear」の3種類を同梱。
・色分けされており、「ロックと親和性の高いブラックノズル」、「ヒップホップ等低音の利いた音質と馴染むイエローノズル」、「ジャズとマッチするレッドノズル」と使い分けが可能。
・なお、「t103zV2」は3種類だが、「t096z」は6種類のバルブを同梱する。
・バルブには互換性があり、t096zに付属するその他3種類の別売ノズルだけを追加で購入可能。

・筐体には、マシン加工されたアルミと真鍮を使用。
・ドライバは10mm径のダイナミック型。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は90dB/1mW。

・再生医周波数特性は20Hz~20kHz。
・マイクリモコンをケーブルに備える。
・ノズルに加え、3サイズのシリコンイヤーピース、ダブルとトリプルフランジのピース、ロック式イヤーチップ、 キャリングポーチを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ゼンハイザー、実売18,500円のaptX対応Bluetoothヘッドフォン「HD 4.40BT」を3月16日発売

Category: 新製品ニュース  03/09 /2017 (Thu)

ゼンハイザージャパンは、Bluetoothヘッドフォン「HD 4.40BT」を3月16日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。店頭予想価格は18,500円前後。
・ヘッドフォン「HD 4.30」のBluetoothモデル。
・Bluetooth 4.0に対応し、コーデックはSBCに加え、aptXもサポート。
・NFCにも対応し、対応するスマートフォンなどと手軽にペアリングできる。

・Bluetoothヘッドフォンだが、有線接続にも対応。
・長さ1.4mのケーブルも付属。
・入力端子はステレオミニ。

・再生周波数特性は18Hz~22kHz。
・インピーダンスはパッシブ利用時で18Ω。
・音圧レベルは113dB。
・重量は約220g。

・充電式で、フル充電で25時間の使用が可能。
・折りたたみ可能で、コンパクトに収納可能。
・キャリングポーチや充電用USBケーブルを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

上海問屋、Lightning端子直結のハイブリッドイヤフォン「DN-914409」を3月1日発売

Category: 新製品ニュース  03/01 /2017 (Wed)

ドスパラは、バランスド・アーマチュア(BA)ユニットとダイナミック型を両方搭載したハイブリッドタイプのLightningイヤフォン「DN-914409」を3月1日より発売した。
概要は以下の通り。

・直販サイト「上海問屋」限定販売で、価格は6,999円(税込)。
・MFi認証を取得。
・iOS機器のLightning端子に接続するカナル型(耳栓型)イヤフォン。

・11.5mm径のダイナミック型ドライバとBAユニットを各1基搭載したデュアルドライバ構成。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・最大入力は5mW。
・感度は108dB/1mW。

・ケーブルには48kHz/24bit対応のDACとアンプ内蔵のリモコンマイクを備える。
・デジタル接続でノイズが少なく音の劣化も抑える。
・音量調整/楽曲再生/停止/曲送りなどの操作や、ハンズフリー通話が可能。
・ケーブルはY型で長さは約1.2m。
・イヤーピースは3サイズ(S/M/L)を同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ゼンハイザー、サウンドと使いやすさ追求したNCヘッドフォン「PXC 480」を3月2日発売

Category: 新製品ニュース  02/23 /2017 (Thu)

ゼンハイザージャパンは、ノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォン「PXC 480」を3月2日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は36,000円前後。
・「ゼンハイザーのプレミアムサウンドと最高の使いやすさを兼ね備えた」というノイズキャンセリング(NC)ヘッドフォン。
・NC機能はナチュラルなサウンドバランスを追求し、「長時間の時間でも聴き疲れがない」という。

・ダイナミック型ユニットを採用した密閉型。
・NC機能は最大50時間利用可能。
・再生周波数特性は17~23kHz。
・インピーダンスはNC ON時で150Ω、OFF時で45Ω。
・音圧レベルは109dB。

・約220gと軽量かつ折り畳み式で可搬性に優れる。
・シンプルなデザインで、「スーツなどのビジネスシーン、カジュアルなシーンのどちらにもフィットする」という。
・ケーブル長は1.4mで右側片出し。マイク付きリモコンも備える。
・入力プラグはステレオミニでL型。
・キャリングケース、充電用ケーブルなどを同梱。

Bluetooth機能は無く、電源は内蔵充電池のようです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

軽さと装着性を追求した、シングルBAイヤフォン「BRAINWAVZ B100」が2月24日発売

Category: 新製品ニュース  02/23 /2017 (Thu)


桜木電子は、香港・BRAINWAVZ(ブレインウェイブズ)のイヤフォン「B100」を2月24日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7,400円前後(税込)。
・カラーはブラック。
・バランスド・アーマチュア型ドライバ1基を搭載したイヤフォン。
・軽さとフィット感を追求した設計が特徴。

・形状記憶ケーブルを耳に掛けて装着する方式。
・導体は高純度のOFCを使用。
・「ボーカルに焦点を当てたクリアかつ良バランスな音質」としている。

・再生周波数帯域は15Hz~22kHz。
・感度は110dB/mW。
・インピーダンスは50Ω。

・ケーブルはY型で長さ1.3m。プラグは金メッキのステレオミニ。
・イヤーピースはS/M/Lサイズが付属するほか、Comply製のイヤーピースも同梱。
・持ち運び用のハードケースも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ソニー、NCと重低音ブースター搭載のBluetoothヘッドフォン「MDR-XB950N1」を3月11日発売

Category: 新製品ニュース  02/23 /2017 (Thu)

ソニーは、重低音再生にこだわった「EXTRABASS」ヘッドフォンの最上位機種として、Bluetooth対応でノイズキャンセリング機能も備えた「MDR-XB950N1」を3月11日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は27,000円前後。
・「EXTRABASS」シリーズの最上位ワイヤレスヘッドフォン。
・「MDR-XB950BT(2014年発売)」をベースに、新たにノイズキャンセリング機能を搭載。

・カラーは「ブラック」と、ファッショントレンドのアースカラーを採り入れた「グリーン」の2色展開。
・大学生~20代の男性をターゲットユーザーとしている。

・40mm径のダイナミック型ユニットを搭載した密閉型ヘッドフォン。
・ハウジング部に備えたダクトや、気密性の高い肉厚なイヤーパッドで低域再生を強化。
・内蔵アンプでさらに低域を強調する「エレクトロベースブースター」も備え、「クラブフロアにいるようなグルーブ感」が楽しめる。

・「MDR-XB950N1専用」のiOS/Androidアプリ「Sony | Headphones Connect」を3月上旬より提供予定。
・対応OSはiOS 9.0以上とAndroid 4.2.0以上。
・エレクトロベースブースターの量感を±10段階で調整したり、「Virtualphones Technology」(VPT)による5種類のサラウンド効果を選べる。
・VPTは再生している2ch音源に残響効果などを付与するもので、「Outdoor Stage」と「Concert Hall」、「Arina」、「Club」、「OFF」を用意。
・これらの音響処理をヘッドフォン側で行なうために、新規開発の回路を内蔵。
・ハウジング部の[BASS EFFECT]ボタンでオン/オフを切り替え可能。
・一度設定した内容はヘッドフォン側で記憶し、プレーヤーを別のBluetooth対応ウォークマンなどに替えても好みの音質を引き継いで聴ける。
・また、スマホの音楽配信サービスアプリにイコライザ機能などが備わっていない場合も有効。

・ノイズキャンセリング機能のオン/オフもできる。
・ノイズキャンセリング機能はフィードフォワード方式。
・周囲の騒音を分析して、3つのノイズキャンセリングモードの中から自動で選択・変更する「フルオートAIノイズキャンセリング」に対応。

・NFCを備え、対応スマートフォンとワンタッチでBluetoothペアリングできる。
・高音質コーデックのAAC/aptXをサポートするが、LDACには対応しない。
・バッテリ持続時間は約22時間(NC/Bluetoothオン時)。
・充電時間は約7時間で、1時間の充電で約3時間利用可能。

・スイーベル機構を採用し、折り畳みも可能。
・1.2mのヘッドフォンケーブルが付属し、パッシブの有線ヘッドフォンとしても利用可能。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・重量は290g。
・キャリングポーチが付属。


画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

SONY、重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズの新製品を3月11日発売

Category: 新製品ニュース  02/23 /2017 (Thu)

ソニーは、重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズのワイヤレスヘッドフォンと有線ヘッドフォン、カナル型イヤフォンを3月11日より発売する。
概要は以下の通り。

・今回のEXTRABASSシリーズの各製品は、いずれも25歳以下の若年層をメインターゲット層として想定。
 
「MDR-XB650BT」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は17,000円前後。
・30mm径のダイナミック型ユニットを搭載したオンイヤータイプの密閉型ヘッドフォン。
・カラーはブラック、ブルー、レッドの3色。
・重低音の量感を強化する「ベース・ブースター」設計を採用。ハウジング部のダクトや気密性の高いイヤーパッドで低域再生能力を高めた。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・NFCを備え、対応スマートフォンとワンタッチでBluetoothペアリング可能。
・高音質コーデックのAAC/aptXをサポート。
・バッテリ持続時間は約22時間。内蔵バッテリは4時間の充電で約30時間のワイヤレス再生が可能。
・有線接続には対応しない。
・ヘッドバンドとスライダー部には金属素材を採用し、堅牢性と快適な装着性を両立。
・スイーベル機構を採用し、折り畳みも可能。
・重量は190g。
・充電用USBケーブルが付属。

「MDR-XB550AP」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は6,000円前後。
・オンイヤータイプで有線の密閉型ヘッドフォン。
・30mm径のダイナミック型ユニットを搭載。
・重低音の量感を強化する「ベース・ブースター」設計を採用して低域再生能力を高めている。
・再生周波数帯域は5Hz~20kHz。
・2014年発売の「MDR-XB450」の後継モデル。
・ヘッドバンドとスライダー部に金属素材を採用して堅牢性を高めた。
・ケーブルにはスマートフォン用リモコンマイクを備える。
・重量は180g。
・カラーはグリーン、ブラック、グレイッシュホワイト、ブルー、レッドの5色展開。

「MDR-XB510AS」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は6,000円前後。
・IPX5/7相当の防水性能を備え、スポーツ利用でもEXTRABASSシリーズならではの重低音再生が楽しめる有線イヤフォン。
・「MDR-XB70」(2014年発売)の後継モデルで、12mmドライバを搭載。
・再生周波数帯域は4Hz~24kHz。
・ケーブルにはスマートフォン用リモコンマイクを搭載。
・装着性向上の為、本体形状をエルゴノミックデザインに刷新、3サイズのアークサポーターが付属。
・ケーブルを除く重量は9g。
・カラーはブラック、レッド、ブルー、グリーンの4色。


「MDR-AS410AP」「MDR-AS210」
・EXTRABASSシリーズとは別に、汗やしぶきに強い防滴仕様の耳掛け型スポーツ向けイヤフォンのラインナップも刷新。こちらも3月11日発売。
・オープンプライスで、店頭予想価格はカナル型(耳栓型)「MDR-AS410AP」が4,000円前後、インナーイヤー型「MDR-AS210」が2,000円前後。

・カナル型「MDR-AS410AP」は、耳のサイズに合わせて調整できる「アジャスタブルイヤーループ」や、絡みにくいセレーションコードを採用。
・ケーブルにはスマートフォン用リモコンマイクを搭載する。
・9mm径のダイナミック型ドライバを搭載し、再生周波数帯域は5Hz~24kHz。
・ケーブルはY型/長さ1.2m。
・カラーはホワイト、ブラック、イエロー、ピンク、ブルーの5色。

・インナーイヤー型の「MDR-AS210」は耳掛けの部分にループハンガーを備える。
・13.5mm径ユニットを搭載し、再生周波数帯域は17Hz~22kHz。
・ケーブルはY型/長さ1.2m。
・重量は約12g。
・カラーはブラック、ピンク、ブルーの3色。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Skullcandy、震えるワイヤレスヘッドフォン「CRUSHER WIRELESS」を4月7日発売

Category: 新製品ニュース  02/23 /2017 (Thu)

Skullcandy Japanは、サブウーファを左右に追加して低域再生や振動を強化したBluetoothヘッドフォン「CRUSHER WIRELESS」を4月7日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は21,800円。
・カラーはBLACKとGLAY TANの2種類。
・Bluetooth 4.2準拠のヘッドフォン。
・低域再生に合わせて本体が振動するヘッドフォン「CRUSHER」のワイヤレスモデル。
・中高域を再生する40mm径ドライバに加え、34mm径のサブウーファも搭載した2ウェイ仕様。

・サブウーファは「ステレオハプティックベース(Stereo Haptic Bass)」と名付けられ、自社開発の振動回路によって45〜75Hzの低域信号に反応。
・左右ハウジングで異なる振動を生み出す。
・振動の強さは無段階調節が可能で、左ハウジング下部に備えたスライダーで直感的に調整可能。
・一番下まで下げると振動オフになる。
・また、選曲操作や音量調整用のボタンも備える。

・同社の振動する有線ヘッドフォン「CRUSHER」(2012年発売)では、55Hz以下の低域に反応し、左右とも同じ振動を生み出していた。
・CRUSHER WIRELESSでは新たに左右独立で振動するよう改良。
・音楽だけでなく映画やゲームなどの音声も、より立体的に再生できる。
・ヘッドバンドとスライダーは金属素材を採用して堅牢性を高めた。
・イヤーパッドはPUレザーを使い、形状記憶タイプで装着性を高め、音漏れ防止も図っている。
・スマートフォンなどと連携してハンズフリー通話も行なえる。

・内蔵バッテリはUSB充電に対応。
・約2時間でフル充電でき、連続再生時間は最大40時間(振動最大、音量80%時)。
・付属のリモコンマイク付きケーブルでプレーヤーなどと有線接続し、パッシブのヘッドフォンとしても使用可能。
・その際も、バッテリ残量があれば低域による振動が楽しめるという。
・バッテリ残量が無い場合は振動しない。
・付属品は、充電用USBケーブルと、リモコンマイク付きケーブル、専用ポーチ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

完実電気、通勤・クリア・運動などサウンド切替できるBluetoothヘッドフォン「Beoplay H4」を3月2日発売

Category: 新製品ニュース  02/20 /2017 (Mon)

完実電気は、通勤や運動など用途に合わせてサウンドを調整できるB&O PLAYのBluetoothヘッドフォン「Beoplay H4」を3月2日発売する。
概要は以下の通り。

・価格は32,900円(税込)。
・カラーはチャコールグレー。

・ラムスキンやアルミニウムなどの素材を用い、B&O PLAYのデザイントレードマークであるミニマルな表情を持たせたというBluetoothヘッドフォン。
・ドライバは、Bang & Olufsenのエンジニアがチューニング。オールラウンドなサウンドを目指した、40mm径のダイナミック型。

・Bluetooth Ver.4.2に準拠。コーデックはAACとSBCをサポート。
・ハウジングに備えたボタンで通話の応答/終了や音楽再生/停止、音量調節などが行なえる。

・スマートフォン向けのアプリ「BeoPlay」を用いて、サウンド選択が可能。
・Commute(通勤・通学)、Clear(クリア)、Workout(ワークアウト)、Podcastの4種類のサウンドプロフィールから好みの音質で楽しめる。

・イヤークッションやヘッドバンドは柔らかいラムスキンを採用。
・イヤークッションの内側は、形状記憶フォームで耳の形に合わせてフィットする。

・再生周波数帯域は20Hz~22kHz。
・付属のケーブル(1.2m)による有線接続にも対応。

・インピーダンスは20Ω。
・重量は235g。

イコライザ内蔵のBluetoothヘッドフォンと言ったところでしょうか。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

【レビュー記事】AKGの新ハイブリッドイヤホン「N30」をN40と比較試聴!姉妹機の音はどんな風に違うのか?

Category: 新製品ニュース  02/16 /2017 (Thu)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫