64 AUDIO、40万円を超えるハイエンドイヤフォン「tia Fourte」。BA 18基搭載モデル「U18 Tzar」を6月23日発売

Category: 新製品ニュース  06/22 /2017 (Thu)

ミックスウェーブは、米64 AUDIOのユニバーサルタイプのイヤフォン新製品として、フラッグシップの「tia Fourte」(ティア・フォルテ)と、ユニバーサルでは世界初という18ドライバ搭載「U18 Tzar」を6月23日に発売する。
概要は以下の通り。

・いずれのモデルにも64 AUDIOのイヤフォンでこれまで採用してきた“第二の鼓膜”と呼ばれる専用モジュールを搭載。
・聴覚障害リスクを抑える「apex(Air Pressure Exchange) Technology」を引き続き採用。
・人間の鼓膜にかかる音圧を吸収する。

tia Fourte
・価格はオープンプライス、店頭予想価格は407,200円前後。

・新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)」を採用しているのが特徴。
・「tia Fourte」は、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)のハイブリッドタイプだが、tiaテクノロジーはBAドライバに投入。
・筐体を密閉にせず、オープンにする事で、ドライバ自体が持つポテンシャルを引き出し、振動板からの音が直接得られる。
・さらに、共振問題も排除、音導管やダンパーも不要になったという。
・音導管を使わず、音導孔を1つにするシングルボア設計を採用。
・口径の大きな音導孔はそれ自体が音響形成チャンバーとして機能し、同じくtiaテクノロジーを採用した高域用BAの周波数レスポンスを助ける効果もある。

・ドライバ構成は低域×1、tia仕様の中域×1、中高域×1、tiaの高域×1の4ウェイ4ドライバ。
・筐体はアルミニウムの無垢材から機械加工で作り上げており、フェイスプレートには耐久性が高く、エレガントなパティナ仕上げ(緑青仕上げ)の銅を採用。
・シェルの内部にはアコースティック・チャンバーを用意。
・「スタジオルームが各部屋に設置してあるスピーカーに対し、最適化されたルームチューニングを持つのと同様に、 各ドライバの為に最適化され、不必要な共鳴を取り除く」とする。
・インピーダンスは10Ω。
・再生周波数特性は5Hz~22kHz。
・感度は114dB。

U18 Tzar
・価格はオープンプライス、店頭予想価格は339,400円前後。
・BAを18ドライバ搭載したユニバーサルイヤフォン。
・「究極のリファレンスサウンドを求めるオーディオ愛好家、ミュージシャン向けに設計された」という。
・BAの構成は、低域×8、中域×8、tia中高域×1、tia高域×1の4ウェイ。
・中高域と、高域向けのBAに、tiaテクノロジーを投入。
・インピーダンスは9Ω。
・再生周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は115dB。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

SONY MDR-XB70のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/18 /2017 (Sun)

ソフマップにて3,002円で購入。中古品です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

価格別レビュー一覧(6/18更新)

Category: レビュー一覧  06/18 /2017 (Sun)

・価格別にレビューリンクを作成しました。リンク先は全て「私が行ったレビュー」です。
・価格は「私が購入した価格」です。
・価格は最安値とは限りません(ER-4Sなど)。
・一部中古で購入したものがあります(HP-S900など)。
・試聴機種、借り物の価格は、ビックカメラ・ヨドバシカメラなど「量販店での販売価格」を記載しました。
・価格帯は私が適当に分けました。
・同じ価格帯の中では「上から安い順(下の方が高い)」に記載しています(価格を公表していない機種は例外です)。
・ページ内検索は「Ctrl + F」で行うことができます。
・購入後、レビューを行っていない機種は、ここに記載されていません。

・画面右側にある「カテゴリー」の「レビュー一覧」からも見れます。



Comments (2) | Trackbacks (2) | TOP

オススメ度別レビュー一覧(6/18更新)

Category: レビュー一覧  06/18 /2017 (Sun)

・レビュー内にあるオススメ度別(☆の数)にレビューリンクを作成しました。リンク先は全て「私が行ったレビュー」です。
・ページ内検索は「Ctrl + F」で行うことができます。
・購入後、レビューを行っていない機種は、ここに記載されていません。

・画面右側にある「カテゴリー」の「レビュー一覧」からも見れます。


Comments (40) | Trackbacks (0) | TOP

メーカー別レビュー一覧(6/18更新)

Category: レビュー一覧  06/18 /2017 (Sun)

・メーカー別にレビューリンクを作成しました。リンク先は全て「私が行ったレビュー」です。
・メーカーはアルファベット順に並べ、メーカーの読み方も記載しました(一般的ではない読み方も多少あります)。
・ページ内検索は「Ctrl + F」で行うことができます。
・購入後、レビューを行っていない機種は、ここに記載されていません。

・画面右側にある「カテゴリー」の「レビュー一覧」からも見れます。


Comments (18) | Trackbacks (1) | TOP

ゼンハイザー初のBTイヤフォン「MOMENTUM In-Ear ワイヤレス」を7月6日発売

Category: 新製品ニュース  06/14 /2017 (Wed)

ゼンハイザージャパンは、同社初のネックバンド型Bluetoothイヤフォン「Momentum In-Ear ワイヤレス」(M2 IEBT)を7月6日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は24,000円前後。
・有線イヤフォン「MOMENTUM In-Ear」と同じダイナミック型ドライバユニットや素材を採用したBluetooth 4.1対応イヤフォン。
・高音質コーデックのAACとaptXもサポート。
・「MOMENTUM In-Earの音質をそのままワイヤレスで届ける」とする。

・NFC対応でスマートフォンなどとワンタッチでペアリング可能。
・天然レザー(シープスキン)を採用したネックバンド部には、音量や曲送り/曲戻しなどの操作ボタンを搭載。
・マイクも内蔵し、スマホとワイヤレス連携してハンズフリー通話が行なえる。
・着信時にネックバンドが震えるバイブレーションアラーム機能も備える。

・周波数特性は15Hz~22kHz。
・音圧レベルは112dB。
・リチウムイオンバッテリを内蔵し、USB充電に対応。1.5時間の充電で10時間使用できる。
・重量は約53g。
・XS/S/M/Lの4サイズのイヤーピースや、キャリングケースなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

AKG、ハイブリッドNC搭載で2万円を切る小型筐体イヤフォン「N20NC」を6月17日発売

Category: 新製品ニュース  06/14 /2017 (Wed)

ハーマンインターナショナルは、ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能(NC)を搭載したAKGのイヤフォン「N20NC」を6月17日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、直販価格は19,880円。
・カラーはブラック。
・2015年に発売した小型ハウジングのイヤフォン「N20」の音質を継承し、NC機能も加えた新モデル。

・騒音集音用マイクをハウジング外側に配置するフィードフォワード方式と、 鼓膜に近いドライバユニット側に配置するフィードバック方式の両方を用いたハイブリッド方式。
・AKG独自のキャンセリング信号回路と合わせて「クラス最高レベルの騒音低減率」としている。
・NC機能の連続使用時間は最大20時間。
・バッテリとノイズキャンセリングモジュールはケーブル中間部に備える。
・電源をオフにした場合も、通常のイヤフォンとして利用できる。

・ハウジングはオーバル型のデザイン。
・ハウジング部分から音筒が斜めに伸びる「アングルド・イヤチップ構造」をN20NCのために新設計し、装着感と遮音性を高めている。

・新開発の10mm径ダイナミック型ドライバと、振動版の振幅時に発生する背圧を最適化する「ベンチレーション・システム」を搭載。
・「サイズを感じさせないワイドレンジ再生と広々とした空間表現を実現。
・豊かで厚みのある低域と、クリアで伸びやかな中高域が、残響音さえ余すことなく再現する」としている。

・ケーブル部に「4極プラグ対応スマートホン用マイク付ユニバーサル3ボタンリモコン」を装備。
・背面スイッチでAndroid用/iOS用の切り替えができる。
・ケーブルは「ハイブリッド・シース」構造で、 ケーブルのYコネクタから下部は、柔軟性が高く断線しにくい布製被覆、上部は衣類などの摩擦によるノイズを抑えるラバー被覆。
・ケーブル長は1.2m。

・周波数特性は12Hz~22kHz。
・感度は96dB/mW。
・インピーダンスは16Ω。
・プラグは4極ステレオミニのストレート型。
・ケーブルを除く重量は15g。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・キャリングケースやフライトアダプタ、充電用USBケーブル、クリーニングツールも付属する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Xiaomi、約3,500円のハイレゾ対応イヤフォンを6月16日発売

Category: 新製品ニュース  06/14 /2017 (Wed)

TJCは、中国Xiaomi(小米、シャオミ)の国内正規代理店として、ハイレゾ対応イヤフォン「Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD」(MI-AUHD01SV)を16日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は3,498円(税込)。
・直販サイトのStarQ onlineのほか、Amazon、Yahoo! ショッピング、楽天市場でも順次発売予定。
・カラーはシルバー。

・9mm径ドライバを搭載したカナル型(耳栓型)イヤフォン。
・グラフェンコート振動板を採用。
・再生周波数帯域は20Hz~40kHzで、ハイレゾ再生に対応。
・「低音から高音までダイナミックな音楽性を引き出す」としている。

・出力音圧レベルは 98dB/mW。
・インピーダンスは32Ω。
・ハウジングを耳に対して45度傾け、装着性を高めた。
・ボタンやスピーカーの寿命試験などを含む、700項目を超える品質試験をクリア。

・ケーブルの長さは1.25mで、入力プラグは金メッキのステレオミニ。
・マイクも内蔵。
・重量は17g。
・XS/S/M/Lサイズのイヤーピースや蓋付きプラスチックケース、ポーチなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

qdc、独自設計BAドライバのカスタムイヤフォン「4CS」と「3CH」を6月14日発売

Category: 新製品ニュース  06/12 /2017 (Mon)

ミックスウェーブは、中国qdc製のカスタムイヤフォン(カスタムIEM)「4CS」と「3CH」を6月14日より発売する。
概要は以下の通り。

共通
・販売代理店はe☆イヤフォンとフジヤエービック。
・qdcのユニバーサルイヤフォン「4SS」をカスタムIEM化、3CHもユニバーサル型の「3SH」をカスタム化した製品。
・qdcは、バランスド・アーマチュアドライバー(BA)を採用したカスタムIEMの開発に努めている。
・中国のプロフェッショナル・オーディオ市場では、ステージモニター用のカスタムIEMとして70%のシェアを誇るという。


「4CS」
・価格は96,389円。
・レコーディング・エンジニアやプロデューサー、ミュージシャンなど音に精度を求めるユーザー向けに設計された「Studio シリーズ」の4ドライバーモデル。
・4基のBAドライバは、それぞれqdcが独自に設計したもの。
・Low/Low-Mid×1、Mid×1、Mid-High/High×2を搭載。
・サウンドデザインは、「音像、定位感、各楽器のディティール感などが掴めるよう、リファレンスモニター傾向のチューニングを施している」という。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・入力感度は106dB。
・インピーダンスは17Ω。
・イヤフォン側の端子はqdc独自の2pin。
・3.5mmミニ端子のIEM Cableや、キャリングケース、クリーニングツールなどが付属。

「3CH」
・価格は68,982円。
・リスニングモデルの「HiFiシリーズ」の3ドライバーモデル。
・3基のBAドライバは、それぞれqdcが独自に設計したもの。
・Low×1、Mid/High×2の3ドライバ構成。
・「サウンドデザインはオーディオファイル(音楽愛好家)向け。リスニング用途のモデルとして、 ジャンル問わず相性が良い」としている。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・入力感度は106dB。
・インピーダンスは82Ω。
・イヤフォン側の端子はqdc独自の2pin。
・3.5mmミニ端子のIEM Cableやキャリングケース、クリーニングツールなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Panasonic RP-HC200のレビュー

Category: NCヘッドホン・イヤホンレビュー  06/11 /2017 (Sun)

ハードオフにて540円で購入。中古品です。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫