beyerdynamic、ホームリスニングを追求したテスラドライバ搭載ヘッドフォン「AMIRON HOME」を1月下旬発売

Category: 新製品ニュース  01/18 /2017 (Wed)


ティアックは、テスラドライバーを搭載した独beyerdynamicの新製品として、ホームリスニング用のヘッドフォン「AMIRON HOME(アミロン ホーム)」を1月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。店頭予想価格は72,000円前後。
・昨年10月に製品発表されていたが、詳細な発売日と仕様が明らかとなった。
・「快適なホームリスニングの在り方を改めて追求し開発した」という、開放型のヘッドフォン。

・ホームリスニングに最適なチューニングを施したというテスラドライバを採用。
・「明瞭な低域、クリアな中高域を再生するとともに、高周波数帯での共鳴と余分な振動を極力抑えることに成功。様々なジャンルの音楽においてバランスの良いサウンドをお届けする」という。

・再生周波数特性は5Hz~40kHz。
・全高調波歪率は0.05%以下。
・感度は102dB(1mW/500Hz)。最大感度は125dB(200mW/500Hz)。
・インピーダンスは250Ω。

・ヘッドバンドにはアルカンターラマイクロファイバーを、イヤーパッドにはマイクロベロアを採用。
・肌触りや形状にこだわり、長時間のリスニングも快適にできる装着感を追求。
・ケーブルを含まない重量は340g。
・セミハードケースが付属する。

・ケーブルは両出しで、長さは3m。
・着脱式で、ヘッドフォン側の端子はステレオミニ。
・3mのケーブルも同梱。
・入力端子は金メッキ仕上げのステレオミニ。標準プラグへの変換アダプタも付属。
・また、別売でバランス接続用のケーブル「B CABLE T1 2G」も用意。入力端子は4ピンのXLR。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

JBL、4,880円で約11時間再生できるBluetoothヘッドフォン「T450BT」と有線接続の「T450」を1月24日発売

Category: 新製品ニュース  01/18 /2017 (Wed)

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのエントリーライン「Tシリーズ」のオンイヤーヘッドフォンとして、有線接続の「T450」と、Bluetoothの「T450BT」を1月24日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス、直販価格は「T450」が2,880円、「T450BT」が4,880円。
・「JBLの本格サウンドを手軽に楽しめる」という低価格モデル。
・オンイヤータイプで、コンパクトに折りたたむ事も可能。
・カラーはどちらのモデルもブラックとホワイト。

・ドライバは32mm径で、ハウジングは密閉型。
・再生周波数特性は20Hz~20kHz。
・感度は「T450」が101dB/mW、「T450BT」が102dB/mW。
・インピーダンスはどちらも32Ω。

・有線接続の「T450」は、ケーブルにマイク付き1ボタンリモコンを装備。
・スマートフォンと接続してのハンズフリー通話や、曲の一時停止・再生操作も可能。
・ケーブルはフラットタイプ。
・本体のみの重量は約140g。

・Bluetooth対応の「T450BT」は、Bluetooth 4.0に対応。
・プロファイルはA2DP v1.2、AVRCP v1.4、 HFP v1.5、HSP v1.2をサポート。
・ハウジングにボタンを備え、通話応答、音量調節のほか、曲の操作も可能。
・連続使用時間は最大約11時間。
・充電所要時間は約3時間。
・本体のみの重量は約155g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Philips、軽量90gで32mm径ドライバ搭載のBluetoothヘッドフォン「SHB4405」を1月下旬発売

Category: 新製品ニュース  01/18 /2017 (Wed)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、Philipsブランドのオンイヤー型Bluetoothヘッドフォン「SHB4405」を1月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,000円前後。
・カラーはブラックとホワイト。
・90gと軽量な設計ながら、32mm径のダイナミック型ユニットを搭載し、豊かな重低音再生が可能。

・再生周波数帯域は9Hz~22kHz。
・インピーダンスは24Ω。
・出力音圧レベルは103dB。

・ハウジングは密閉型。
・オンイヤータイプのBluetoothヘッドフォンで、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応。
・コーデックはSBCのみサポート。

・連続再生時間は約9時間、待ち受け時間は約300時間。
・50cmのUSB充電ケーブルが付属。

・ソフトなイヤークッションにより、長時間でも快適に装着できる。
・フラットに折り畳めるスイーベル機構も採用し、可搬性も高めた。

・楽曲の再生・停止や曲送り・曲戻し、音量設定が可能なコントロール機能も装備。
・マイクも備え、音楽再生から通話に切り替えるハンズフリーコール機能、通話の保留やラストナンバーリダイアルも可能。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Philips、「SHE9730」を1月下旬発売。ハイレゾ対応で約5,000円

Category: 新製品ニュース  01/17 /2017 (Tue)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、Philips(フィリップス)ブランドのハイレゾ対応イヤフォン「SHE9730」を1月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,000円前後。
・カラーはブラックとホワイト。

・コストパフォーマンスの高さで人気の“97シリーズ”新モデル。
・新たに搭載した「LMCドライバー」により、「フィリップスブランドの特徴である豊かな低域とクリアな中域に、明瞭な高域を加えた自然な音の再生を実現する」としている。
・再生周波数帯域は6Hz~40kHzで、ハイレゾ対応モデル。

・ユニットはダイナミック型で8.6mm径。
・多層ポリマーダイヤフラムを採用したLMC(レイヤードモーションコントロール)ドライバーを搭載。
・過剰な周波数を吸収し軽減することで、滑らかでフラットな周波数特性を生み出し、バランスのとれた自然な高域再生を実現する。

・本体のターボバス孔(空気孔)で空気の流れをコントロールし、低域再生を強化。
・人間工学に基づき設計した角度付きのアコースティックパイプが耳にフィットし、自然な付け心地を実現する。

・同パイプにフィットする3サイズのイヤーピースが付属し、外部雑音を大幅に低減。
・小さな音量でも利用でき、再生機側のバッテリ消費も抑えられる。

・感度は103dB。
・最大入力は30mW。
・インピーダンスは16Ω。

・重量は14g。
・ケーブル長は1.2m。
・ファスナー付きキャリングケースとケーブルキーパーも付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

フォステクス、実売7,950円でケーブル交換可能なイヤフォン「TE04」を1月下旬発売

Category: 新製品ニュース  01/16 /2017 (Mon)

フォステクスカンパニーは、実売7,950円(税込)で、ケーブル着脱が可能なイヤフォン「TE04」を1月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。実売予想価格は7,950円。
・カラーはジェットブラック、ターコイズブルー、カーマインレッド、クリアホワイト。

・筐体は装着感を追求した、独自設計の樹脂製。
・ユニットは8mmのダイナミック型で、CCAWボイスコイル、ネオジムマグネットを採用。

・周波数特性は10Hz~25kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は94dB(1kHz、1mW)。
・最大入力は5mW。

・ケーブルは伝送ロスや歪みを抑えるOFC(無酸素銅)。
・着脱が可能で、別売の6Nケーブル 「ET-H1.2N6」にアップグレード可能。
・フォステクスでは「他社製交換ケーブルとの互換性は保証しない」としている。

・ケーブルの長さは1.2mで、リモコンマイクを装備。
・長さ調整に便利なスライダー機能付きのケーブルも同梱。
・レザー調ポーチも付属する。
・イヤーピースはXS、S、M、L。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Philips、周りの音も聞けるオープン型イヤフォン「SHE4205」を1月下旬発売。リモコンマイク付きで約2,500円

Category: 新製品ニュース  01/16 /2017 (Mon)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、Philips(フィリップス)ブランドのオープン型イヤフォン「SHE4205」を1月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,500円前後。
・カラーはブラック(BK)とホワイト(WT)の2色を用意。

・12.2mm径のドライバを搭載したオープン型のインナーイヤフォン。
・「イヤフォン本体をバッズ型にすることにより、交通機関のアナウンスなどが聞き取りやすく、外出先でも気軽に使用できる」としている。
・ベースチューブ方式の採用により低域の強化を図っている。

・楽曲の再生/停止などのリモコン操作やスマートフォンのハンズフリー通話に対応するマイク付きケーブルを含めて13gの軽量設計。
・イヤフォンケーブルには、長期間の使用が可能というストレインリリーフ構造を採用するなど、耐久性を向上。
・イヤフォン本体のデザインには、光沢のアクセントを加えたメタリック仕上げを採用。

・再生周波数帯域は9Hz~23kHz。
・出力音圧レベルは105dB。
・インピーダンスは16Ω。

・最大入力は30mW。
・ケーブル長は1.2m。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Pioneer SE-CE511のレビュー

Category: イヤホンレビュー  01/15 /2017 (Sun)

ヨドバシカメラにてブラックを780円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

Pioneer SE-CE521のレビュー

Category: イヤホンレビュー  01/08 /2017 (Sun)

Amazonにてブラックを2,000円で購入。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

オススメ度別レビュー一覧(1/15更新)

Category: レビュー一覧  01/08 /2017 (Sun)

・レビュー内にあるオススメ度別(☆の数)にレビューリンクを作成しました。リンク先は全て「私が行ったレビュー」です。
・ページ内検索は「Ctrl + F」で行うことができます。
・購入後、レビューを行っていない機種は、ここに記載されていません。

・画面右側にある「カテゴリー」の「レビュー一覧」からも見れます。


Comments (40) | Trackbacks (0) | TOP

価格別レビュー一覧(1/15更新)

Category: レビュー一覧  01/08 /2017 (Sun)

・価格別にレビューリンクを作成しました。リンク先は全て「私が行ったレビュー」です。
・価格は「私が購入した価格」です。
・価格は最安値とは限りません(ER-4Sなど)。
・一部中古で購入したものがあります(HP-S900など)。
・試聴機種、借り物の価格は、ビックカメラ・ヨドバシカメラなど「量販店での販売価格」を記載しました。
・価格帯は私が適当に分けました。
・同じ価格帯の中では「上から安い順(下の方が高い)」に記載しています(価格を公表していない機種は例外です)。
・ページ内検索は「Ctrl + F」で行うことができます。
・購入後、レビューを行っていない機種は、ここに記載されていません。

・画面右側にある「カテゴリー」の「レビュー一覧」からも見れます。



Comments (2) | Trackbacks (2) | TOP

NEXT≫